USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Apr 20, 2021 3:17 PM ET

一方通行のパッケージで大陸を横断する自動車部品を移動することは持続可能ではない理由


一方通行のパッケージで大陸を横断する自動車部品を移動することは持続可能ではない理由

iCrowd Newswire - Apr 20, 2021

世界の自動車産業の変化は、CHEPの再利用可能な容器が段ボールよりも環境的、運用的、経済的に持続可能であることを示しています。

自動車産業は急速な変化を遂げています。環境規制や消費者の懸念に基づく電動化への動きは、多くの全く異なるコンポーネントが必要になることを意味します。パンデミックによる混乱に加えて、これは世界中のサプライチェーンの大きな変化を余儀なくされ、大陸間輸送の複雑さにますます焦点を当てています。 業界の多くが、一方向のパッケージングが長い輸送フローに適していると考える理由は理解できます。段ボールはプラスチック製の箱よりも環境問題の方がはるかに少なく、リサイクルすることができます。そして、空のリターンフローを必要としない、購入または交換することは比較的安いようです。 しかし、長い輸出/輸入の旅のための一方行の段ボールの問題は、CO2排出量と廃棄物の削減だけでなく、運用面でも費用対効果が低いという点で重要です。 一方道より良い方法がある 一方向のパッケージは、見た目ほど持続可能ではありません。実際、包装のライフボールの上にプラスチックよりもはるかに多くの温室効果ガスを具現化します。適切に処分することの難しさもあります(その多くは埋め立て地に終わり、腐敗して温室効果ガスがさらに多くなります)。 複雑な輸出の旅のために重要なこととして、隠れたコスト、CAPEX、追加のストレージ、より大きい手動処理、および製品の損傷のリスクの問題もあります。 たとえば、グローバルな Tier 1 サプライヤーである Tenneco は、CHEP と協力して、パッケージング システムの総所有コストを分析し、隠れたコストの最大の領域は、単独使用のパッケージから取得したものです。[脚注2] CHEPの拡張性とグローバルネットワークにより、需要の変化に関係なく、一方向パッケージとは異なり、顧客が必要なパッケージを常に提供できます。そして、彼らの再利用可能な包装は、空の逆流のための料金を取り除く、世界中で継続的に流通しています。 堅牢な再利用可能なプールパッケージは、複雑な大陸間フローからリスクを取り出し、旅の損傷や中断は、生産ラインが高価な停止に来ることを意味する可能性があります。CHEPのバリューチェーン分析では、顧客の流れを見て、コストを削減し、透明性と持続可能性を高め、輸出/輸入サプライチェーンをより迅速かつシンプルかつ安全にする最も効率的な方法を計算するのに役立ちます。 世界に40の製造施設を持つ自動車業界の主要なシステム開発者およびサプライヤーの1つは、一方向のパッケージングロジスティクスの設備投資と持続可能性への影響を懸念していました。 そこで、彼らはCHEPオートモーティブの専門家と協力して、1年間、1車線の間、CHEPの再利用可能なコンテナを試し、触媒を南アフリカからドイツに輸送しました。これは、物理的な廃棄物を約193トン削減しただけでなく、信頼性、持続可能性、費用対効果の目標をすべて達成しました。彼らはまた、製品の損傷、旅行量、倉庫、海上貨物の最適化の減少の面で追加の利点を発見しました。このソリューションは、サプライチェーン全体で拡張できるようになりました。 持続可能性は自動車業界の未来の中核であり、CHEPの再利用可能なプールパッケージは、大陸間輸送のための最も環境的および経済的に持続可能な方法です。 CHEPについて CHEPは30年以上にわたり、再利用可能な自動車包装ソリューションの世界的リーダーであり、お客様が世界中で製品を移動するのを支援してきました。CHEPは、すべての大陸の大手OEMおよびTier1と連携し、60以上の自動車サービスセンターから世界中の5,000社以上の顧客と協力しています。 脚注 1: https://www.theguardian.com/environment/2010/mar/31/plastics-cardboard 脚注 2:https://packagingrevolution.net/automotive-packaging-role-continues-to-evolve-in-global-supply-chains/

Contact Information:

charlieseath@brandimpactgroup.co.uk
44 7852586195




Tags:    Japanese, United States, Wire