USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 27, 2021 4:57 PM ET

T のセキュリティ トークン オファリング (ST) ?


T のセキュリティ トークン オファリング (ST) ?

iCrowd Newswire - May 27, 2021

Max DilendorfNFTの販売を考えていますか?その場合、場合によっては、証券取引所委員会(SEC)に有価証券を登録するか、登録免除の資格を得るか、または将来の訴訟にさらされるリスクを伴う有価証券の売却を構成する可能性があることに注意してください。 実際、NBAのトップショットプラットフォームのクリエイターであるプラットフォーム開発者の「Dapper Labs」は最近、未登録の証券として非偽造トークン(NFT)を販売したとして訴えられました。請求のメリットはさておき、これは、現在の発行元が直面している潜在的な責任の顕著な例です。つまり、既存の発行体である「NT」は、過去に、その株を購入した人々による未登録の証券を売却する場合の訴訟に曝されるリスクがあります。 したがって、NFTの販売を考えている人は、SECの登録免除の1つで企業が迅速に資金調達を行い、米国の証券法規制に準拠することを法的に可能にするプロセスであるセキュリティトークン提供(STO)と呼ばれるものを通じて検討する必要があります。 SEC免除の資格を得た後、トークン化プラットフォームでトークンを発行し、代替取引システム(ATS)を通じて二次市場で取引することができます。 米国の資金調達段階で提供されるデジタル化されたユニットのほとんどは証券と見なされるため、一般的に「セキュリティトークン」と呼ばれています。そして、トークンの投資家への提供は、STOと呼ばれています。 米国の規制環境はすでにSTOを許可しており、さらなる発展が見込まれています。トークン化プロセスは、企業、証券、税法に関連する複雑さや、ブロックチェーン上のデジタル証券の概念が事前に存在する制限により困難な作業になる可能性がありますが、このプロセスは、資本調達を求める企業が検討すべき短期的および長期的な利益の両方を提供します。 また、特定のSTが証券法で「Howey Test」として知られているものの下で有価証券の資格を得ることを考えると、STOに適用される規則や規制は、証券とみなされるNFTにも適用されると考えるのが公正です。したがって、NFTは、登録の免除に関する適用される規則および規制、およびSTOのAML/KYC要件を遵守する必要があります。 さらに、506(c) SEC免除の下で提供されるセキュリティトークンの構築は比較的迅速なプロセスであり、一般的に1ヶ月未満かかる場合があります。 例えば、有名な画家を取ります。公正な市場価値が1,000万米ドルの絵画を所有しており、その絵画の所有権を表すNフットを発行したいとします。STOの枠組みの下で、最初のステップは、国境を越えた税務弁護士と話をして、NFTを発行する最良の構造を決定することです。 その後、絵画の所有者は、C社などの適切な法人に絵画のタイトルを転送します。次のステップは、C社の優先株式をトークン化し、各トークンは企業の優先株式への関心を表します。 そこから、画家が募金を選択した登録免除に応じて、証券の二次取引はATSの「tZero」または最近承認された「フィギュア」を介して行うことができます。最終的な結果は、事実上、法的に準拠したNFTの発行です。画家は、証券の未登録の販売に関連する潜在的な責任を回避しながら、絵画と資金調達の所有権を断片化するという彼女の目標を達成します。 証券法に準拠したNFTの提供と販売に関する提案された枠組みの包括的な概要については、ディレンドルフ法律事務所の報告書を 参照してください。

お問い合わせ先

マックス・ディレンドルフ ディレンドルフ法律事務所PLLC 85ブロードストリート、27 ニューヨーク、ニューヨーク10004 T. 212.457.9797 info@dilendorf.com 弁護士広告。 提示された情報は、法的助言ではなく、そのように行動されるべきではなく、最新でない可能性があり、予告なしに変更される可能性があります。 あなたは、最初にあなたの特定の問題に関する資格のある専門的な助言を求めずに、そのような情報に基づいて行動すべきではありません。

Contact Information:

Max Dilendorf
Dilendorf Law Firm PLLC
85 Broad Street, 27th Floor
New York, NY 10004
T. 212.457.9797
info@dilendorf.com



Tags:    Japanese, Legal Newswire, United States, Wire