USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
May 29, 2021 1:00 PM ET

世界の機械嗅覚市場のリスク要因、経済変動、将来の分析における要因は、2027年までに|株式会社スミス・インテクション社、香り技術、香料株式会社、香料科学株式会社、電子センサー技術、


世界の機械嗅覚市場のリスク要因、経済変動、将来の分析における要因は、2027年までに|株式会社スミス・インテクション社、香り技術、香料株式会社、香料科学株式会社、電子センサー技術、

iCrowd Newswire - May 29, 2021

世界の機械オルファクション市場

機械の嗅覚は嗅覚の自動刺激技術です。この技術は、電気の鼻、および嗅分計を使用して動作します。これらは、予測期間中の市場の成長を促進すると予想される軍事および防衛部門の敵の安全保障目的で広く使用されています。自動システムやロボットの使用が含まれます。

技術開発の増加と機械嗅覚の革新は、世界の機械嗅覚市場の成長を後押しすることが期待される重要な原動力です。例えば、2019年3月、アーバリー・テクノロジーズは新しいデジタル自動車コンソーシアムを立ち上げました。さらに、教育、ヘルスケア、軍事・防衛、マーケティング、食品・飲料など、さまざまな業界における嗅覚機械の需要の増加は、この予測期間中の市場成長にプラスの影響を与えます。

しかし、意識の欠如と高いコストは、世界的な機械の嗅覚市場の成長を妨げることが期待される抑制要因です。

このレポートのサンプルコピーのリクエスト @ https://qualiketresearch.com/request-sample/Machine-Olfaction-Market/request-sample

市場セグメンテーション

世界の機械オルファクション市場は、E-鼻、香りシンセサイザーなどのタイプに分かれています。さらに、市場は食品飲料、マーケティング、エンターテイメント、教育、ヘルスケア、軍事・防衛、コミュニケーション、その他などのエンドユーザーに分かれています。

また、世界の機械オルファクション市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東・アフリカなど5つの地域に分かれています。

市場の主要企業

このレポートでは、エノーズ・カンパニー、スミス・検出社、香り技術、香料技術、香料株式会社、香料科学株式会社、電子センサー技術、AMS AG、アルファMOS SA、エアセンス・アナリティクスGmbHなど、さまざまな主要なプレーヤーについて議論されています。

市場分類

タイプ別

アプリケーション別

地域別

このレポートの割引を受ける @ https://qualiketresearch.com/request-sample/Machine-Olfaction-Market/ask-for-discount

ヴィシャル・タクール
研究支援スペシャリスト
クオリケットリサーチ
6060 N セントラル エクスピー #500, TX 75204, 米国
sales@qualiketresearch.com
ウェブサイト: https://qualiketresearch.com

Contact Information:

Vishal Thakur
Research Support Specialist
QualiKet Research
6060 N Central Expy #500, TX 75204, U.S.A
sales@qualiketresearch.com
Website: https://qualiketresearch.com



Keywords:    Machine Olfaction Market,Machine Olfaction Market Size,Machine Olfaction Market Share,Machine Olfaction Market Demand,Machine Olfaction Market Future,Machine Olfaction Market Scope,
Tags:    iCN Internal Distribution, Japanese, News, Research Newswire