USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jun 2, 2021 5:38 PM ET

食品システム6アクセラレータは、起業家支援の需要の高まりを満たすためにリーダーシップチームを成長させます


食品システム6アクセラレータは、起業家支援の需要の高まりを満たすためにリーダーシップチームを成長させます

iCrowd Newswire - Jun 2, 2021

FS6チームは、COVID-19によって大きな打撃を受けた食品・農業産業を支援する能力を拡大する2人の新しいメンバーを歓迎します

食品システム6(FS6)は、食品および農業生態系における起業家支援の需要の高まりに対応するために、組織に2つの新しいリーダーシップの役割をもたらしました。激動の1年後、初期の食品事業に資源、メンターシップ、投資を展開する必要性はこれまで以上に顕著であり、FS6はそれらのニーズを満たすために戦略的に位置付けられています。 FS6のシーザー・アサド最高経営責任者(CEO)は、「工業化食品システムの結果がむき出しになっているのを見ると、全国のインパクト主導の食品起業家からの需要は史上最高です」と述べています。私たちのチームを拡大することは、FS6の能力を指数関数的に増やし、私たちの時代の最も差し迫った課題に取り組む – 人々を中心に、コミュニティに根ざした正当で活気に満ちた食品システムを構築します。組織は、組織をスケーリングするインフラストラクチャを管理するために最高執行責任者であるパトリック・アハーンと戦略的開発ディレクター(キム・カリス)を招き、寄付者と支持者の成長するネットワークを支援しました。パトリックとキムは、持続可能な食糧システムと資源開発の堅牢な背景を持つFS6に来ます。チームが成長するにつれて、Food System 6は初期段階の起業家への提供を増やし、新しい投資モデルに関するより多くの資金提供者に従事し、米国および世界中でより持続可能で公平な食品システムを作成するための集団的努力を増幅することができます。その他の背景については、www.foodsystem6.org/team で見つけることができます  「FS6は、その影響を拡大し、起業家支援に対する需要の高まりに対応するために戦略的に位置付けられています」とパトリック・アハーンは言います。「最高業務責任者として、この可能性を実現するために、システム、プロセス、インフラストラクチャを構築し、合理化する上でチームを支援することを楽しみにしています。  これらの新入社員は、6月22日に開催されるFS6の資金調達とフォーラムイベント「インパクトの革新:第6の食品システムのためのソリューション」にちょうど間に合います。新たに拡大されたチームのリーダーシップの下、FS6は2022年にコミュニティが支援するアクセラレータプログラムの構築を支援するために250,000ドルの募金キャンペーンを開始しています。この募金活動は、FS6の資源、支援、トレーニング、コミュニティ構築の強固なネットワークを拡大するというビジョンを打ち出し、食品廃棄物、食糧不安、気候変動、汚染など、世界で最も差し迫った課題のいくつかを解決する起業家に提供します。   「我々はこれまで以上に第6の食糧システムの実現に近づいているが、FS6がこの重要な瞬間を満たすためには、より多くの資本と投資が必要になるだろう」とキム・カリスは言う。「私は、ドナーのネットワークを拡大し、パートナーシップを強化し、食品システムイノベーターの次のコホートを支援するために協力することを楽しみにしています。  フードシステム6アクセラレータプログラムの詳細と参加方法については、6月22日にフォーラムイベント「インパクトの革新:第6の食品システムのためのソリューション」に参加してください。チケットを登録する際には、寄付をすることで、コミュニティ主催のコホートに対するビジョンを打ち出すことができます。ここに登録する:https://www.eventbrite.com/e/innovating-for-impact-solutions-for-a-sixth-food-system-tickets-152134184441 fs6_meet_cohort__horiz_2

 

食品システム6(FS6)について  フードシステム6(FS6)は、インパクト主導の起業家が私たちが食べ物を成長させ、生産し、配布する方法を変革するのを支援することを使命とする非営利のビジネスアクセラレータです。組織は、ビジネスや組織の幅広いニーズを通じて起業家を指導することによって、起業家を指導する包括的なプログラムを実行します。FS6はまた、食品システムの再定義に関連する独自の資本ニーズに関する利害関係者の教育にも取り組んでいます。FS6は7つのコホート/51社を支援しており、そのうち30%が非営利団体、50%が女性設立、40%がBIPOC主導またはBIPOCサービスを提供しています。FS6ポートフォリオは、米国21カ国、6カ国を代表し、2014年以来90%の生存率を誇っています。FS6 ポートフォリオの詳細については、こちらを参照してください: https://www.foodsystem6.org/portfolio.html

Contact Information:

Melissa Rouse
melissa@foodsystem6.org



Tags:    Japanese, United States, Wire