USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jul 9, 2021 5:00 PM ET

世界の食物繊維市場のインサイト、主要企業、現在の動向、COVID-19インパクト分析 2027年


iCrowd Newswire - Jul 9, 2021

2020年の食物繊維市場は62億米ドルと評価され、2020年から2027年までのCAGR 10.6%で2027年までに132億2000万米ドルに達すると予想されています。

食物繊維は、その物理的特性に基づいて、可溶性と不溶性の2種類に分類されます。これらは主にズボンから得られ、セルロースおよび非セルロース性多糖類を含む。食物繊維は、体内の廃棄物の動きに役立ちます, 血糖値とコレステロールを下げることによって糖尿病や心臓病のリスクを減らす.

調査報告書のサンプルコピーをリクエストする @ https://qualiketresearch.com/request-sample/Dietary-Fibers-Market/request-sample

市場の推進力

人々の可処分所得の増加は、予測期間中に市場で食物繊維の需要を促進することが期待されています。より健康的なライフスタイルをリードする大衆の増加は、世界の食物繊維市場の成長に不可欠な役割を果たしてきました。食物繊維は、小児科医だけでなく、子供のための食物繊維が豊富な食品を広く推奨するだけでなく、若い子供の成長と発達のために重要です。

COVID-19の市場への影響

COVID-19の流行の増加は、予測期間を通じて世界の食物繊維市場の成長にプラスの影響を与えることを期待しています。COVID-19感染患者のための食物繊維の使用の増加のため。

主なプレーヤー

BENEO、ロンザ、デュポン、ADM、バトリーフーズ、ロケットフレール、イングレディオン株式会社、ピューリス、エムスランドグループ、テート&ライルPLCなど、さまざまな主要プレーヤーがこのレポートで議論されています。

このレポートの詳細については、お問い合わせ @ https://qualiketresearch.com/request-sample/Dietary-Fibers-Market/inquire-before-buying

市場セグメンテーション

ソース別

タイプ別

エンドユース別

処理処理による処理

地域別

地域分析

世界の食物繊維市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東・アフリカに区分されています。北米地域の市場は、栄養強化食品の消費の増加に起因する可能性があり、近い将来に大幅な成長が期待されています。また、近年の経済発展と都市人口の増加により、生活習慣や食事のパターンが大きく変化しています。

このレポートの割引を受ける @ https://qualiketresearch.com/request-sample/Dietary-Fibers-Market/ask-for-discount

ヴィシャル・タクール
研究支援スペシャリスト
クオリケットリサーチ
6060 N セントラル エクスピー #500, TX 75204, 米国
電子メール: sales@qualiketresearch.com
ウェブサイト: https://qualiketresearch.com

Contact Information:

Vishal Thakur
Research Support Specialist
QualiKet Research
6060 N Central Expy #500, TX 75204, U.S.A
Email: sales@qualiketresearch.com
Website: https://qualiketresearch.com



Keywords:    Dietary Fibers Market, Dietary Fibers Industry,Dietary Fibers Market Size,Dietary Fibers Market Share,Dietary Fibers Market Growth ,Dietary Fibers Market Application
Tags:    iCN Internal Distribution, Japanese, News, Research Newswire