USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 
Jul 14, 2021 5:19 PM ET

高メルト強度(HMS)ポリプロピレン市場概要、主要ベンダー、ビジネス動向、2026年までのドライバー予測の詳細な議論


iCrowd Newswire - Jul 14, 2021

High Melt Strength (HMS) Polypropylene Market

レポートとデータの新しいレポートによると、世界の高メルト強度(HMS)ポリプロピレン市場は、2026年までに142億6000万米ドルに達すると予測されています。ポリプロピレンは、いくつかの加工技術と互換性があり、様々な用途で使用されている汎用性の高い熱可塑性材料です。高溶融強度(HMS)ポリプロピレンは、直接重合のプロセスによって製造される。

高溶融強度(HMS)ポリプロピレンは、ポリプロピレンに比べて分子量分布が広く、溶融強度が高いという特性があります。高い溶融強度は、押出し、ブロー成形、発泡、熱成形などのストレッチフローで優れた加工性をもたらす製品に大幅に改善された弾力性を提供します。また、非常に低密度で、良好な機械的特性を生成します。

主な参加者には、ボレアリスAG、ボルージュ、ブラスケム、ロッテケミカル、エクソンモービル、ダウケミカル、リヨンデルバーゼル、トータルペトロケミカル&リファイニング、クレイバレー、オネクサスなどがあります。

レポートのサンプルコピーを取得するには@ https://www.reportsanddata.com/sample-enquiry-form/1653

特に二酸化炭素とブタンとの「直接ガス」の目的のために設計された高い溶融強度(HMS)ポリプロピレンは、自動車の座席と衝撃クッション、スポーツシューズ、保護包装に使用されます。

高溶融強度(HMS)ポリプロピレンフォームは100%リサイクル可能であり、特により良い環境フットプリントが求められている分野、広い範囲のアプリケーションに適しています。自動車、建築、建設、包装、フードサービス産業からの高溶融強度(HMS)ポリプロピレンの需要の増加が、ここ数年で目撃されています。

このレポートの目的上、レポートとデータは、成形技術、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて、世界の高融解強度(HMS)ポリプロピレン市場にセグメント化されています。

成形技術の見通し(数量、キロトン、2016-2026年、売上高、10億米ドル、2016-2026年)


アプリケーションの見通し(数量、キロトン、2016-2026年および売上高、10億米ドル、2016-2026年)


エンドユーザーの見通し(数量、キロトン、2016-2026年、売上高、10億米ドル、2016-2026年)


地域の見通し(数量、キロトン、2016-2026年、売上高、10億米ドル、2016-2026年)


完全レポート @
https://www.reportsanddata.com/report-detail/high-melt-strength-hms-polypropylene-marketを参照

報告書からのさらなる重要な調査結果は示唆している

密度、および使用される材料が電子レンジとリサイクル可能の両方でなければならないように、それは包装に使用される傾向がある良好な耐熱性を示しています。

  • アジア太平洋地域は、2018年に33.1%の最大のシェアを占めました。インドや中国などの新興国、日本のような先進国は、高融解強度(HMS)ポリプロピレンの主要な消費者です。中国は、今後数年間で最大の生産国になるために、世界中の他の国々と比較して、最も速いペースでHMSプロピレン容量を成長させると予想されています。

  • コンテンツのテーブル:

    第1章。市場のあらすじ
    市場定義
    1.2. 研究範囲と前提
    1.3. 方法論
    市場評価手法
    第2章。エグゼクティブサマリー
    2.1. 概要スナップショット,2018 -2026
    第3章。指標指標
    第4章。高メルト強度(HMS)ポリプロピレン市場セグメンテーション&インパクト分析
    4.1. 高融解強度 (HMS) ポリプロピレン市場材料セグメンテーション分析
    4.2 産業見通し
    4.2.1. 市場指標分析
    4.2.2. 市場の要因分析
    4.2.2.1. エンドユース産業の成長
    自動車および建設部門からの需要の増加
    4.2.2.3. 製品のリサイクル可能なプロパティ。
    4.2.3 市場抑制分析
    4.2.3.1. 原材料の変動価格
    4.3. 技術的な洞察
    4.4. 規制の枠組み
    4.5. ETOP分析
    4.6. ポーターの五力解析
    4.7. 競合指標空間分析
    4.8. 価格動向分析

    続けた。。。

    レポートのカスタマイズを要求 @ https://www.reportsanddata.com/request-customization-form/1653

    私たちのレポートを読んでいただきありがとうございます。レポートに関する詳細な情報を受け取ったり、カスタマイズに関するお問い合わせを行う場合は、当社にご連絡いただき、ニーズに合わせてレポートを作成してください。

    その他のレポートを参照する –

    アミノ樹脂市場規模

    導電性ポリマー市場シェア

    軽量材料市場の成長

    バイオベースポリプロピレン(PP)市場動向

    我々について:
    レポートとデータは、シンジケート・リサーチ・レポート、カスタマイズされた調査レポート、コンサルティング・サービスを提供する市場調査およびコンサルティング会社です。当社のソリューションは、業界全体の人口統計を越えて消費者行動の変化を見つけ、ターゲット化し、分析し、クライアントがよりスマートなビジネス上の意思決定を支援するという目的に専念します。ヘルスケア、テクノロジー、ケミカル、パワー、エネルギーなど、複数の業界で関連性の高い事実に基づく研究を保証する市場インテリジェンス調査を提供しています。当社は、お客様が市場に存在する最新のトレンドを認識できるように、一貫して研究提供を更新しています。

    ジョン・ワトソン
    事業開発責任者
    直通線:1-212-710-1370
    電子メール: sales@reportsanddata.com
    レポートとデータ |ウェブ: www.reportsanddata.com

    Contact Information:

    John Watson
    Head of Business Development
    Direct Line: +1-212-710-1370
    E-mail: sales@reportsanddata.com
    Reports and Data | Web: www.reportsanddata.com





    Keywords:    High Melt Strength (HMS) Polypropylene Market,High Melt Strength (HMS) Polypropylene Market Size,High Melt Strength (HMS) Polypropylene Market Share,High Melt Strength (HMS) Polypropylene Market Growth,High Melt Strength (HMS) Polypropylene Market Outlook,High Melt Strength (HMS) Polypropylene Market Demand
    Tags:    Extended Distribution, Japanese, News, Research Newswire