アライド・マーケット・リサーチが発表した新しいレポートによると、「米国の住宅装飾市場:製品タイプ別、 所得グループ、価格、流通チャネル&カテゴリ:機会分析と業界予測、2020-2027年」米国の住宅装飾市場規模は2019年には125,813.0百万ドルと評価され、2027年までに1億58,929.1百万ドルに達すると推定され、20222年から20227年にかけて8.0%のCAGRを登録しました。2019年には、床材セグメントが米国の住宅装飾市場シェアに大きく貢献し、予測期間中に8.4%のCAGRで成長すると予想されています。

米国の家庭用装飾市場は、長年にわたって大きな成長を遂げており、予測期間中は着実なペースで成長すると予想されています。これは、市場プレーヤーが環境意識の高まりにより、環境にやさしい製品の開発に注力しているという事実に起因しています。床材セグメントは、2019年に住宅内装市場全体で最大のシェアを占めており、床材の広い採用により、予測期間を通じて主導的地位を維持することが期待されています。

このレポートのサンプルコピーをhttps://www.alliedmarketresearch.com/request-sample/7140>>>依頼する

米国の家庭の装飾市場は、可処分所得の急増と生活水準の向上によって引き起こされています。さらに、消費者に優しい家庭用製品に対する消費者の親和性の高まりは、家庭用装飾製品の需要を押し上げると予想されます。しかし、低品質・偽造品の入手可能性や、これらの製品の製造に使用される原材料の価格変動が市場の成長を抑制します。逆に、トレンディでユニークな家具の需要の急増は、米国のホームデコ市場の成長に有利な機会を提供することが期待されています。

米国の住宅装飾市場は、製品タイプ、流通チャネル、価格、所得グループ、カテゴリーに基づいてセグメント化されています。製品タイプに応じて、市場は家具、家庭用織物、床材に分かれています。流通チャネルによって、スーパーマーケットやハイパーマーケット、専門店、電子商取引などに細分化されます。価格に基づいて、市場はプレミアムと質量にセグメント化されています。所得グループに基づいて、市場は低中所得、中所得、および高所得に分類されます。カテゴリーに基づいて、市場は環境に優しく、従来に分類されています。

米国の住宅装飾市場分析によると、床材セグメントは2019年に最も高い収益を生み出し、予測期間を通じて支配的であり続けると予想されています。フローリングセグメントも、2020年から2027年にかけて8.4%の最も高い成長率を見込んでいます。

カスタマイズの要求>>>https://www.alliedmarketresearch.com/request-for-customization/7140?reqfor=covid analysis@詳細な COVID-19 影響を取得する

流通チャネルに基づく米国のホームデコード市場予測によると、専門店セグメントは2019年に米国市場に最も貢献しており、2020-2027年まで支配的であり続けると予想されています。しかし、Eコマースセグメントは、予測期間を通じてより高い成長率で成長すると予想されます。

価格に基づいて、マスセグメントは2019年に米国の住宅装飾市場に最も貢献し、2020-2027年まで支配的であり続けると予想されています。しかし、プレミアムセグメントは、予測期間を通じてより高い成長率で成長すると予想されます

所得グループに基づいて、高所得セグメントは2019年に米国の住宅装飾市場に最も貢献し、2020-2027年まで支配的であり続けると予想されています。中所得層は、予測期間を通じて顕著な成長率で成長すると予想されます。

このカテゴリーに基づいて、従来のセグメントは2019年に米国の家庭用装飾市場に最も貢献しており、2020-2027年まで支配的であり続けると予想されています。環境に優しいセグメントは、予測期間を通じて最も高い成長率で成長すると予想されています

このレポートの調達に興味がありますか?ここを訪れる :- https://www.alliedmarketresearch.com/purchase-enquiry/7140

の主な調査結果