header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

動画編集ソフトウェア市場の規模、動向、成長要因、地域セグメント収益分析、2020 2028年レポートおよびデータ

Sep 13, 2021 8:00 PM ET

ビデオ編集ソフトウェアの技術開発、メディアおよび映画業界の堅調な成長、幅広いビデオ編集ツールの可用性が世界市場の成長を促進する重要な要因です。

市場規模:2020年に20億4000万米ドル、市場成長:CAGR 5.6%の市場動向:より強化されたユーザーフレンドリーなビデオ編集ソフトウェアを立ち上げるための投資を増やす

レポートとデータの最新のレポートによると、世界のビデオ編集ソフトウェア市場規模は2028年に31億5000万米ドルに達し、5.6%の安定したCAGRを登録する見込みです。オーバー・ザ・トップ(OTT)プラットフォームの採用の増加、YouTuberやソーシャルメディアのインフルエンサーの増加、クラウドベースのビデオ編集ソフトウェアの採用の増加などの主な要因が、世界市場の収益の増加を促進しています。

ビデオ編集ソフトウェアを使用すると、ユーザーは変更や編集、ビデオクリップとファイル形式を変換、クリップを編集、フレームトリミング、色のクロスの溶解、音の追加、トリミング、様々なツールを使用して色を調整することができます。ビデオ編集ソフトウェアは、デジタル形式でポストプロダクションや新しいビデオを編集する過程で役立ち、世界中の急成長市場の一つです。これらのソフトウェアは、コマーシャルやプロモーションビデオ、短編映画やテレビ番組のビデオだけでなく、個人的な使用のための初心者によって編集するための専門家によって広く使用されています。ビデオ編集の基礎を持つ初心者を支援するためにオンラインで利用可能ないくつかのビデオ編集プログラム。さらに、ソーシャルメディアのハンドラー、YouTuber、インフルエンサーによる動画編集アプリケーションの使用が急激に増加し、動画の品質を向上させてきました。メディアおよびエンターテインメント分野の急速な成長、高速インターネットの需要の増加、ビデオオンデマンドの採用の増加、ソーシャルメディアやOTTプラットフォームでのビデオコンテンツの制作の増加、ブランドとソーシャルメディアインフルエンサー間のコラボレーションの増加は、世界市場の成長を後押しする要因です。しかし、ソフトウェアの著作権侵害の発生率の増加や、ビデオ編集ソフトウェアやオープンソースソフトウェアの様々な無料バージョンの可用性などの要因は、今後のビデオ編集ソフトウェア市場の成長を妨げると予想されます。

ビデオ編集ソフトウェア市場で事業を展開する主なプレーヤーは、オートデスク社、アドビ社、サイバーリンク社、コーレル株式会社、アップル社、アビッドテクノロジー社、テックスミス株式会社、MagixソフトウェアGmbH、アークソフト、株式会社ワンダーシェアテクノロジーグループ株式会社です。

レポートのサンプルを入手 @ https://www.reportsanddata.com/sample-enquiry-form/111

レポートの主なハイライト:

  • クラウドベースの編集ソフトウェアは、いつでもどこからでも弾力性があり、迅速で、簡単にアクセスできるため、クラウドベースのセグメントは予測期間中に最大の収益シェアを占める見込みです。
  • アプリケーションセグメントの中で、商業セグメントは、高速インターネットの普及、YouTubeチャンネルとOTTプラットフォームの出現、企業、ブランド、インフルエンサー間のコラボレーションの増加、メディアやエンターテイメント業界の急速な成長、ショートフィルム用の優れたビデオ編集ソフトウェアの広範な使用により、予測期間中の大幅な収益シェアを占めることが期待されています。 プロモーションコンテンツ、広告。
  • 北米は、主要な市場プレーヤーの存在、様々なビデオ編集ソフトウェアの可用性、OTTプラットフォームとオンデマンドビデオサービスの高い採用、高度に熟練したビデオエディタの出現、ビデオ編集ソフトウェアのアップグレード版を立ち上げるための継続的な取り組みなどの要因により、予測期間中に最大の収益シェアを占める見込みです。
  • アジア太平洋地域のビデオ編集ソフトウェア市場は、急速に成長する家電セクター、メディアおよびエンターテイメント業界、高速インターネットサービス、スマートフォン、スマートデバイスの需要の増加、ソーシャルメディア蒸しの急速な成長、OTTプラットフォームとビデオオンデマンドの採用の増加により、2021年から2028年の間に急速な収益CAGRを登録する見込みです。さらに、可処分所得の増加とソーシャルメディアのインフルエンサーやYouTuberの増加は、アジア太平洋地域の市場成長を促進しています。


業界の主要な傾向を特定するには、以下のリンクをクリックしてください:
https://www.reportsanddata.com/report-detail/video-editing-software-market

この調査では、レポートとデータは、タイプ、アプリケーション、および地域:

タイプ見通し(売上高、10億米ドル、2018年~2028年)

  • オンプレミス
  • クラウドベース


アプリケーションの見通し(売上高、10億米ドル、2018年~2028年)

  • コマーシャル
  • 個人的
  • 余人


地域の見通し(売上高、10億米ドル、2018-2028)

  • 北アメリカ
  • ヨーロッパ
  • アジア太平洋地域
  • ラテン アメリカ
  • 中東・アフリカ


レポートのカスタマイズをリクエスト @
https://www.reportsanddata.com/request-customization-form/111

コンテンツのテーブル:
目次のハイライト:

第1章。市場のあらすじ
市場定義
1.2. 研究範囲と前提
1.3. 方法論
市場評価手法
第2章。エグゼクティブサマリー
2.1. 概要スナップショット、2019-2027
第3章。指標指標
第4章。ビデオ編集ソフトウェア市場のセグメンテーション&インパクト分析
市場材料セグメンテーション分析
4.2 産業見通し
4.2.1. 市場指標分析
4.2.2. 市場の要因分析
4.2.3 市場抑制分析
4.3. 技術的な洞察
4.4. 規制の枠組み
4.5. ETOP分析
4.6. ポーターの五力解析
4.7. 競合指標空間分析
4.8. 価格動向分析
4.9. 顧客マッピング
第5章。競争環境
メーカー別市場収益シェア
5.2. 製造コスト内訳分析
5.3. 合併・買収
5.4. 市場の位置づけ
5.5. 戦略ベンチマーキング
5.6. ベンダーの状況

続ける。。。。。。

最後に、ビデオ編集ソフトウェア市場のすべての側面は、定量的に、また、世界と地域の市場を比較的研究するために定性的に評価されます。この市場調査は、市場の要因、制限、および将来の見通しに基づいて、この市場の全体的な統計調査を提供する市場に関する重要な情報と事実データを提示します。

我々について:

レポートとデータは、シンジケート・リサーチ・レポート、カスタマイズされた調査レポート、コンサルティング・サービスを提供する市場調査およびコンサルティング会社です。当社のソリューションは、業界全体の人口統計を越えて消費者行動の変化を見つけ、ターゲット化し、分析し、クライアントがよりスマートなビジネス上の意思決定を支援するという目的に専念します。ヘルスケア、テクノロジー、ケミカル、パワー、エネルギーなど、複数の業界で関連性の高い事実に基づく研究を保証する市場インテリジェンス調査を提供しています。当社は、お客様が市場に存在する最新のトレンドを認識できるように、一貫して研究提供を更新しています。

その他のレポートを参照 –

光ファイバケーブル市場規模

磁気抵抗RAM(MRAM)市場シェア

船舶交通サービス(VTS)市場動向

一酸化炭素警報市場の成長

化学研磨スラリー市場分析

インターポーザー市場のビジネスチャンス

レーザー干渉計市場の主要企業

ジョン・ワトソン
事業開発責任者
直通線:1-212-710-1370
電子メール: sales@reportsanddata.com
レポートとデータ |ウェブ: www.reportsanddata.com

Contact Information:

John Watson
Head of Business Development
Direct Line: +1-212-710-1370
E-mail: sales@reportsanddata.com
Reports and Data | Web: www.reportsanddata.com


Keywords:  Video Editing Software Market,Video Editing Software Market size,Video Editing Software Market Trends,Video Editing Software Market Growth