header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


ライブワクチン市場規模、収益シェア、主要企業、成長分析、予測20202026

Sep 21, 2021 4:00 PM ET

レポートとデータの現在の分析によると、世界のライブワクチン市場は2018年に151億5000万米ドルと評価され、2026年までにCAGR6.6%で249億5000万米ドルに達すると予測されています。生ワクチンは、ウイルスまたは細菌株を引き起こす疾患に由来し、体を引き起こすこれらの疾患は、繰り返し培養することによってまたは週末に減少し、その後、応答体に注射されると個々の身体に複製され、免疫を発症し、感染症を標的とする。生ワクチン市場は、腸チフスなどの感染症の蔓延が世界中で増加しているために推進されています。推定に従って、約1100万〜2100万人の腸チフスの新しい症例が世界中で登録されています。2017年には、世界中で約1,000万例が結核と診断されました。国民の意識の高まりと政府の好ましいイニシアチブは、発展途上国の市場成長を支えています。例えばインド政府は、主にソーシャルメディアを目指すことで、識字率、金融能力、インドのすべての地理的地域に関係なく100%の人口にアプローチすることを目指すインドでパルスポリオを開始しました。グローバルポリオ撲滅イニシアティブ(GEPI)ファンドは、様々な公的および民間のドナーによって管理されています。さらに、最近のニュースによると、イングランドは2018年にイングランドとウェールズで約931件の新しい症例が登録され、2019年第1四半期に約231例の新しい症例が麻疹と診断されたため、麻疹のない状態ではなくなりました。このような疾病の世界的な負担は、生ワクチン市場の成長に貢献しています。

生ワクチンは短い用量を必要とするため、他のタイプのワクチン接種よりも好ましく、一般的に、生ワクチンの単回投与は、それぞれの疾患に対する生涯免疫を提供することができる。生組換えワクチンなどの先進技術の導入も市場成長を支えています。生きた組換えワクチンは、病気を引き起こす病原体を標的とするタンパク質の産生を担う被害者のDNAから特定の遺伝子を含むウイルスまたは細菌株を使用し、免疫ワクチンを産生する。生組換えワクチンは、天然痘、インフルエンザ、B型肝炎、狂犬病などの感染症に一般的に使用されます。

簡単なワクチンの配達をサポートするユーザーフレンドリーな技術は、過去数年間で立ち上げられました。吸入ワクチン、鼻スプレーとしてのインフルエンザワクチンの送達、パッチ(小さな針を含む)によるワクチンの送達など。このようなワクチンの送達経路は、臨床医の枯渇のある遠隔地での使用に有利である。このような技術の進歩は、市場の成長を後押しすることが期待されています。

世界中での感染症の発生率の上昇、医療に対する国民の意識の高まり、予防接種による病気撲滅のための政府のイニシアチブプログラムの増加、既存の薬物療法に対する耐性の向上は、先進国と発展途上国全体の市場成長に寄与する重要な要因の一つです。しかし、妊娠、臓器移植、免疫機能障害などの様々な病状における関節痛、筋肉痛、禁忌の可能性などのワクチン接種の副作用は、予測期間中に市場の成長を抑制する可能性のある重要な要因の一つです。

レポートのサンプル @ https://www.reportsanddata.com/sample-enquiry-form/2078

このレポートは、市場のパノラマビューと、より良いビジネス意思決定を策定するのに役立つ洞察を提供します。それに加えて、この研究は、確立された企業やプレーヤーが市場をより深く理解し、情報に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。また、市場の成長に影響を与える主な要因についても詳しく説明しています。

市場で事業を展開する主要企業は次のとおりです。

メルク・アンド・カンパニー、グラキソ・スミスクライン・plc.、ファイザー社、アステラス製薬、インベセントバイオソリューションズ、アストラゼネカplc、インドPvt.血清研究所、バラットバイオテクノロジー、サン製薬工業株式会社、チプラリミテッド

このレポートでは、市場の主要市場プレーヤーの広範な分析と、ビジネスの概要、拡張計画、戦略を取り上げていきます。また、合併・買収、合弁事業、パートナーシップ、契約、企業と政府の取引、製品の立ち上げ、ブランドプロモーションなど、市場における最近の戦略的提携にも焦点を当てています。

レポートの割引をリクエスト @ https://www.reportsanddata.com/discount-enquiry-form/2078

このレポートは、市場のダイナミクスと業界のグローバルレベルでの働き。業界をより深く理解するために、世界のライブワクチン市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなどの主要な地理的地域に基づいてさらにセグメント化されています。このレポートはまた、各地域の市場規模、市場成長、市場収益の伸び、経済成長に関する重要な洞察を提供する国ごとの分析を提供します。

ライブワクチン業界が提供する製品タイプとアプリケーションに基づいて、市場は次の項目に分類されます。

タイプ見通し(売上高、百万米ドル、2016-2026)

  • バイラル
  • 細菌

管理ルート見通し(収益、100万米ドル、2016-2026年)

  • 口頭
  • 注射
  • 鼻腔内
  • 注射と経口の組み合わせ
  • パッチ
  • 吸入

アプリケーションの見通し(収益、100万米ドル、2016-2026)

  • 麻疹
  • 流行性耳下腺炎
  • 風疹
  • 水痘
  • 黄熱
  • ロタウイルス
  • BCG
  • 牛痘
  • インフルエンザ
  • 腸チフス
  • 口腔ポリオ
  • 天然痘
  • 水痘
  • 余人

患者使用見通し(収益、100万米ドル、2016-2026年)

  • 大人
  • 子供

地域分析は次の内容をカバーします。

  • 北アメリカ
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • ヨーロッパ
    • ドイツ
    • 英国
    • イタリア
    • フランス
    • ベネルクス
    • ヨーロッパの他の地域
  • アジア太平洋地域
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • 大韓民国
    • その他の太平洋地域
  • ラテン アメリカ
    • ブラジル
    • ラタムの残りの部分
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • A.E.
    • 南アフリカ
    • MEA の残りの部分

レポートの詳細を知るために @ https://www.reportsanddata.com/report-detail/live-vaccines-market

ライブワクチン市場レポートの利点:

  • ライブワクチン分野における機会とリスクのパノラマ概要
  • 業界の最近の技術革新と発展に関する研究
  • 生ワクチン産業の成長パターンの総合的研究
  • ライブワクチン業界の主要企業の競争環境の詳細な評価
  • ライブワクチン市場の推進要因、制約、機会の分析
  • 技術開発の評価と業界の最新動向

レポートのカスタマイズを要求 @ https://www.reportsanddata.com/request-customization-form/2078

私たちのレポートを読んでいただきありがとうございます。カスタマイズやお問い合わせは、当社にご連絡ください。当社のチームは、お客様の要件に応じてレポートを調整します。

その他のレポートを参照 :
砂糖ベースの賦形剤市場レポート

消化器系がん治療薬市場

無数眼薬市場調査

コンパウンド薬局市場成長率

ナロキソンスプレー市場調査

お 問い合わせ:

ジョン・W

事業開発責任者

レポートとデータ |ウェブ: www.reportsanddata.com

直通線:1-212-710-1370

電子メール: sales@reportsanddata.com

Contact Information:

Contact Us:


John W


Head of Business Development


Reports and Data | Web: www.reportsanddata.com


Direct Line: +1-212-710-1370


E-mail: sales@reportsanddata.com


Keywords:  Live Vaccines Market,Live Vaccines Market Size,Live Vaccines Market Share