header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


発泡テープ市場予測は2028年までに142億4000万米ドルに達するとレポートとデータ

Sep 21, 2021 10:52 PM ET

レポートとデータの新しいレポートによると、世界のフォームテープ市場は2028年までに142億4000万米ドルに達し、6.50%のCAGRを登録する見込みです。これらのテープは、窓の密閉、太陽屋根の作り、騒音のキャンセル、および他の多くのために様々な目的のために建設業界で使用されている特殊材料です。

テープの市場は、紫外線を証明する家を作るために若い人口の間で都市化と意識の高まりの影響を受けています。泡テープは非常に低いおよび高温を支えることができる。クッション、シーリング、および様々な業界でのひつぎに使用されます。これらのテープは、市場で様々な形状や厚みで利用可能です。研究者たちは、リサイクルされた材料で構成され、自然界で生分解性のグリーンテープを開発しました。このようなテープを作るために使用される原材料のコストは非常に高く、市場の抑制を生み出しています。

上記の要因は、市場の成長の機会を共同で生み出す一方で、泡テープの重要な影響などの要因は市場に限界を加えます。ただし、各要素は、予測期間中に市場に特定の影響を与えます。革新的な取り組みにより粘着テープ市場での一貫した発展により、絶縁泡テープの効率が向上しました。

急激な人口増加と急速な都市化により、アジア太平洋地域では、絶縁製品の市場が急速に推進しています。中国や日本のような国の経済の台頭は、壮大な政治、社会、経済の状況によるもの。APAC地域の建設産業や紙印刷産業は、住宅や商業空間の建設にこれらのテープを使用しています。

「泡テープ市場」レポート@https://www.reportsanddata.com/sample-enquiry-form/1962 のPDFサンプルを受け取る

このレポートの目的のために、レポートとデータは、樹脂の種類、フォームの種類、技術、エンドユーザー、および地域に基づいて、世界のフォームテープ市場にセグメント化されています。

樹脂タイプの見通し(長さ、百万メートル;売上高、10億米ドル。2018-2028)

  • ゴム
  • シリコーン
  • アクリル
  • 余人

泡の種類の見通し(長さ、百万メートル;売上高、10億米ドル。2018-2028)

  • アクリル
  • PE
  • PU
  • 余人

技術タイプの見通し(長さ、百万メートル;売上高、10億米ドル。2018-2028)

  • 水ベース
  • 溶剤ベース
  • ホットメルトベース

エンドユーザーの見通し(長さ、百万メートル;売上高、10億米ドル。2018-2028)

  • 紙と印刷
  • 電気・電子
  • 自動車
  • 建築と建設
  • 余人

地域の見通し (長さ, 百万メートル;売上高、10億米ドル。2018-2028)

北アメリカ

米国

ヨーロッパ

英国

フランス

アジア太平洋地域

中国

インド

日本

メア

ラテン アメリカ

ブラジル

レポートのカスタマイズを要求 @ https://www.reportsanddata.com/request-customization-form/1962

報告書からのさらなる重要な調査結果は、次のことを示唆しています。

紙および印刷業界は、2018年に36.4%の最大の市場シェアを占めました。泡テープ材料は非常に安価であり、簡単にリサイクルすることができます。この材料は、良好な絶縁性、高強度、水分を吸収し、柔軟性、低誘電率を有し、容易に圧縮することができる。泡テープが長期間にわたって機械的特性を保持するように、新しい技術が導入されています。

ホットメルトベースの技術は、予測期間中に7.1%の最高のCAGRを目撃すると予測されています。自動車、電気、電子、紙、印刷などの分野で使用されているこの技術が台頭しています。

シリコーン型セクターは、2018年に39.0%の最大の市場シェアを占めました。中国は、人口の増加と工業化により、この地域の紙や印刷産業と共に増え続ける建設業界により、発泡テープ製品の最大の消費者となりました。中国は、低コストの労働力により粘着テープの生産と消費、そして他国と比較して経済の拡大に伴う都市化の台頭で世界のリーダーとなりました。

アジア太平洋地域は、予測期間中に7.8%の最高CAGRを目撃すると予想されています。インド、中国、台湾、韓国、日本などの国々は、急速に成長に追いついています。フォームテープ市場。粘着テープの製造と消費は北米からアジアにシフトしています。

主要参加者3M社、テサSE、デンココーポレーション、リンテック株式会社、インターテープポリマーグループ、エイブリーデニソン株式会社、スカパグループPlc、ハルコ、3F、シールキングインド株式会社など。

今すぐレポート@https://www.reportsanddata.com/checkout-form/1962 のあなたの排他的なコピーを購入

コンテンツのテーブル:

第1章。市場のあらすじ

市場定義

1.2. 研究範囲と前提

1.3. 方法論

市場評価手法

第2章。エグゼクティブサマリー

2.1. 概要スナップショット, 2020 – 2028

第3章。指標指標

第4章。泡テープ市場のセグメンテーションとインパクト分析

4.1 泡テープ市場材料セグメンテーション分析

4.2 産業見通し

4.2.1. 市場指標分析

4.2.2. 市場の推進要因分析

続ける。。。

世界のフォームテープ市場レポートを購入する主な理由:

市場の構造を記述する新しいアプローチと最新の開発動向

高度な市場破壊構造

履歴データと将来の市場範囲

統計、成長刺激装置、市場動向に基づく詳細な市場分析

比喩的、数値的、理論的な表現による統計データ表現

レポートは、ビジネス活動と営業活動の洞察を提供します

主要な競争力のあるプレーヤーと地域の分布は、将来の市場分析を見つけるのに役立ちます

レポートは、投資家の意思決定プロセスを強化します

完全な研究研究@https://www.reportsanddata.com/report-detail/foam-tape-market を参照

レポートのカスタマイズは、読者に最大限の有用性と理解度の向上を保証するために、ユーザーの要件に従って利用可能です。

レポートとデータによる類似の研究レポート:

エアレス包装市場、包装タイプ(袋&ポーチ、ボトル&瓶、チューブ)、材料タイプ(プラスチック、ガラス)、エンドユース(パーソナルケア&ホームケア、ヘルスケア、食品&飲料)、地域予測別

パーソナルケア包装市場製品タイプ別、材料タイプ別(プラスチック、ガラス、金属、紙、その他)、包装タイプ(プラスチックボトル&容器、ガラス瓶&容器、金属容器、折りたたみカートン、段ボール箱、チューブ&スティック、キャップ&クロージャ、ポンプ&ディスペンサー、その他)、用途別、地域別2028年までの地域予測

フレキシブルパッケージング市場規模、シェア&分析、原材料別(紙、アルミ箔、プラスチック、バイオプラスチック)、エンドユース産業別(食品・飲料、医薬品)、地域別、2027年までの予測

お 問い合わせ: ジョン・W 事業開発責任者 直通線:1-212-710-1370 電子メール: sales@reportsanddata.com レポートとデータ |ウェブ: www.reportsanddata.com ニュース: www.reportsanddata.com/market-news

Contact Information:

Contact Us:

John W
Head of Business Development
Direct Line: +1-212-710-1370
E-mail: sales@reportsanddata.com
Reports and Data | Web: www.reportsanddata.com
News: www.reportsanddata.com/market-news
Keywords:  Foam Tape Market,Foam Tape Market Size,Foam Tape Market Share,Foam Tape Market Demand,Reports And Data