header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


エネルギー市場の見通し、産業の需要と供給、予測、トップメーカー分析レポートへの廃棄物

Sep 22, 2021 3:48 PM ET

Emergen Researchの現在の分析によると、世界のエネルギー市場への廃棄物は2027年までに541億6000万米ドルの価値がある。この市場の成長は、よりクリーンなエネルギー源に対する需要の増加に伴い、発展途上国における急速な都市化と工業化に起因する可能性があります。産業および輸送部門の間で再生可能エネルギー源の採用が高まっており、廃棄物の成長をエネルギー市場に押し上げることが期待されています。持続可能な都市生活の必要性の高まりと化石燃料発電への依存の最小化は、予測期間中のシステムの需要を促進すると予測されています。

このレポートは、廃棄物からエネルギー市場の収益動向、業界動向、消費者動向、市場規模、市場シェア、市場収益成長ドライバー、予測に関する詳細な洞察と、各要因とドライバーの影響に関する詳細な洞察を提供します。また、2020~2028年の予測期間中に廃棄物の潜在的な成長を抑制または制限し、エネルギー市場規模に制限すると予想されるさまざまな要因の分析も提供します。このレポートには、市場における主要な廃棄物からエネルギーへのプレーヤーのプロファイル、雇用されている戦略、合併、買収、最近の動向、契約、契約、新製品開発と発売、セグメント収益、投資の詳細、財務が含まれています。また、エネルギー市場のトッププレーヤー、メーカー、ベンダーに関する廃棄物の詳細と、市場に展開されているさまざまな戦略とこれらの戦略の目的も含まれています。

無料サンプルPDFコピー(カスタマイズされたサンプルPDFファイルは、あなたの特定の要件に従って配信 )@https://www.emergenresearch.com/request-sample/228 

世界の廃棄物からエネルギー市場の収益成長は、主に大手企業が製品ポートフォリオの拡大、新規および未開拓の国内外市場への参入、戦略的合意と契約におけるエネルギー市場のプレーヤー、メーカー、ベンダーへの投資の増加、廃棄物からエネルギー市場への競争の激化に焦点を当てることによって引き起こされます。

また、主要国および発展途上国の各セクター/産業における需要と展開が急速に高まり、これらの国々のエネルギー市場シェア貢献に関する廃棄物の成長を支えています。また、政府の好都合な政策、技術の進歩、様々な地域・国の着実な経済成長により、廃棄物市場シェアの貢献は、今後も予測期間中も着実に傾くと予想されます。

レポートの主なハイライト

  • 2019年9月、三菱重工業株式会社のグループ会社である三菱重工業サーマルシステムズは、ステートグリッド省エネルギーサービス株式会社と合弁会社を設立し、中国における省エネルギー投資プロジェクトの技術コンサルティング業務を行いました。
  • 熱技術は、ガス化・焼却技術の発展により、2019年に52.1%の最大のシェアを占めました。
  • 焼却熱技術は、熱技術セグメントの成長に重要な貢献者です。埋め立て地の廃棄物の量を減らし、埋め立て地からのメタンガスの生産を防ぎ、廃棄物からエネルギーを発生させます。例えば、スウェーデンのような寒い国は、廃棄物焼却炉から暖房ニーズの8%を生成します。

廃棄物市場における主要ベンダーは次のとおりです。

スエズ、日立ゾセン・イノバAG、中国エバーブライト・インターナショナル・リミテッド、コバンタ、廃棄物管理有限公司、ヴェオリア、三菱重工業、エクセル・エナジー社、ランボル・グループA/S、バブコック・アンド・ウィルコックス・エンタープライズなど。

Emergen Researchは、テクノロジーと地域に基づいて、世界の廃棄物をエネルギー市場にセグメント化しました。

  • 技術の見通し(売上高、10億米ドル、2017-2027)
    • 生物技術
      1. バイオガスプラント
      2. 埋め立てガス
      3. 発酵
    • 熱技術
      1. 熱分解
      2. 焼却
      3. ガス
    • 物理技術

目立つCompanies@の目次、表と図、およびアウトラインが詰め込まれたレポート全体にアクセス https://www.emergenresearch.com/industry-report/waste-to-energy-market

エネルギー市場シェアと世界の廃棄物エネルギー市場への収益貢献に関しては、北米は予測期間中に他の地域市場に対する優位性を維持することが期待されています。メジャーの存在この地域の国々の企業は、エネルギー市場シェアに対する廃棄物の急速な増加を支える重要な要因です。

エネルギー産業への廃棄物に関する市場インテリジェンスレポートには、競争環境の広範な調査も含まれています。これは、予測年を通じて市場に存在すると予想されるビジネスおよびマーケティング戦略を評価します。また、近年の企業の進歩を理解するために、市場全体の成長を促進する最近の進歩やその他の要因の調査も含まれています。

廃棄物産業の地域的業績

北米廃棄物エネルギー市場の収益成長は、2020年の他の地域市場よりも比較的高かった。北米廃棄物エネルギー市場の収益は、トップマーケットプレーヤー、メーカー、ベンダーの堅調なプレゼンスと、地域の国々における良好な政府の政策と規範に支えられ、予測期間中も引き続き支配的であり続けると予想されています。

アジア太平洋地域の廃棄物からエネルギー市場への収益は、2020年に最も速い成長率を示しており、この傾向は予測期間中も続くと予想されています。アジア太平洋地域の廃棄物からエネルギー市場への収益の伸びは、中国、インド、韓国からの大幅な市場収益貢献によって促進されます。中国は、エネルギー市場のトッププレーヤー、メーカー、ベンダーへの廃棄物の堅牢なハブであり、他の地域市場のより経済的なコストで原材料や労働力に簡単にアクセスできます。

ヨーロッパの廃棄物からエネルギー市場への収益は、様々な市場の動向の変化と、世界のトッププレーヤー、メーカー、ベンダーによる研究開発イニシアチブに強い焦点を当てて、予測期間中も着実に推移し続けると予想されています。

地理的には、このレポートは主要な地域を調査し、これらの地域における製品販売、価値、市場シェア、成長機会に焦点を当てています。

  • 米国
  • ヨーロッパ
  • 中国
  • 日本
  • 東南アジア
  • インド

また、以下の地域について、個別の地域または国レベルのレポートを提供することもできます。

北米、米国、カナダ、メキシコ、アジア太平洋、中国、インド、日本、韓国、オーストラリア、インドネシア、シンガポール、アジア太平洋、ヨーロッパ、ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア、ヨーロッパ、中南米、ブラジル、アルゼンチン、南米、中東、アフリカ、サウジアラビア、トルコ、中東、アフリカの他の地域

たとえば、お客様向けにレポートをカスタマイズすることができますが、たとえば、レポートに必要なものは何でも、メーカー、アプリケーション、製品タイプを追加または削除できます。us@https://www.emergenresearch.com/request-for-customization/228に連絡して、それを求める

この研究は、次の重要な質問に対する回答を提供します。

  • 2020-2027年の予測期間における廃棄物エネルギー産業の成長率と市場規模はどのくらいですか?
  • さまざまな地域にわたる廃棄物エネルギー市場の発展に影響を与えると予想される主な推進力は何ですか?
  • 世界中の廃棄物産業の運命を決定することが期待される主要な原動力は誰ですか?
  • 勝利戦略で廃棄物エネルギー市場でマークを付けている著名な市場プレーヤーは誰ですか?
  • 2020-2027年の予測期間中に業界の将来を形作る可能性が高い廃棄物産業の動向はどれですか?
  • 業界の発展を妨げると考えられている主な障壁と脅威は何ですか?
  • 廃棄物エネルギー市場における今後の機会は?

コンテンツのテーブル

第1章。方法論とソース

1.1. エネルギー市場の定義に対する廃棄物

1.2. 研究範囲

1.3. 方法論

1.4. 研究ソース

1.4.1. プライマリ

1.4.2. セカンダリ

1.4.3. 有料ソース

1.5 廃棄物エネルギー市場推定手法

第2章。エグゼクティブサマリー

2.1. 概要スナップショット,2021-2028

第3章。主な洞察

第4章。廃棄物とエネルギー市場のセグメンテーション&インパクト分析

4.1 エネルギー市場への廃棄物の材料セグメンテーション分析

4.2. 産業前途

4.2.1 エネルギー市場への廃棄物指標分析

4.2.2. エネルギー市場への廃棄物の推進要因分析

4.2.2.1. 急速な都市化と工業化

4.2.2.2. 二酸化炭素排出量に関する政府規制

4.2.2.3. 呼吸器疾患の罹患率の増加

4.2.2.4. 上昇は室内の空気の質を高める必要がある

4.2.3. エネルギー市場への廃棄物抑制分析

4.2.3.1. エネルギー製品への廃棄物のメンテナンスに伴う高コスト

4.2.3.2. 再生可能エネルギー源の入手可能性

4.3. 技術的な洞察

4.4. 規制の枠組み

4.5. ポーターの五力解析

4.6. 競合指標空間分析

4.7. 価格動向分析

4.8. Covid-19 影響分析

第10章。競争環境

10.1. エネルギー市場収益シェアへの廃棄物メーカー別

10.2. 合併・買収

10.3. 競合企業の位置づけ

10.4. 戦略ベンチマーキング

10.5. ベンダーの状況

10.5.1. 原材料供給業者

10.5.1.1 北米

10.5.1.2. ヨーロッパ

10.5.1.3. アジア太平洋地域

10.5.1.4. 中東・アフリカ

10.5.1.5. ラテンアメリカ

10.5.2. 販売代理店

10.5.2.1. 北米

10.5.2.2. ヨーロッパ

10.5.2.3. アジア太平洋地域

10.5.2.4. 中東・アフリカ

10.5.2.5. ラテンアメリカ

10.5.3. その他

続けた。。。。

廃棄物のエネルギー市場への割引Report@https://www.emergenresearch.com/request-discount/228

なぜ浮き出た研究を選ぶのか?

  1. 強い産業の焦点
  2. 豊富な製品提供
  3. 顧客調査サービス
  4. 堅牢な研究方法論
  5. 包括的なレポート
  6. 最新の技術開発
  7. バリューチェーン分析
  8. 潜在的な市場機会
  9. 成長ダイナミクス
  10. 品質保証
  11. 販売後サポート

より多くのプレスリリースを見るエマージ研究:

太陽エネルギー市場

弾薬市場

軽い武器市場

我々について:

Emergen Researchでは、テクノロジーを活用して進化を続けています。私たちは、今後10年間でより一般的になると予測されている最先端の潜在的に市場を混乱させる可能性のある技術の徹底的な知識ベースを持つ成長市場調査と戦略コンサルティング会社です。

 

お問い合わせ:エリック・リー企業セールススペシャリスト、|研究ウェブ: www.emergenresearch.com ダイレクトライン: 1 (604) 757-9756 電子メール: sales@emergenresearch.com Facebook |リンクドイン|ツイッター|ブログ

Contact Information:

Contact Us: Eric Lee Corporate Sales Specialist Emergen Research | Web: www.emergenresearch.com Direct Line: +1 (604) 757-9756 E-mail: sales@emergenresearch.com Facebook | LinkdIn | Twitter | Blogs
Keywords:  Waste to Energy Market,Waste to Energy Market Size,Waste to Energy Market Growth