header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


カーボンナノチューブ市場シェア、産業成長、トレンド、ドライバー、課題、主要企業2027年

Sep 24, 2021 7:56 PM ET

カーボンナノチューブ市場

Emergen Researchの新しいレポートによると、世界のカーボンナノチューブ市場は2027年までに162億2000万米ドルに達する見込みです。カーボンナノチューブ(CNT)市場は、電気・エレクトロニクス、航空宇宙・防衛、エネルギー、ヘルスケア、自動車、繊維などのエンドユーザー産業からの需要の高まりに起因する急速な成長を遂げています。カーボンナノチューブは、従来使用されている材料と比較して、弾力性、堅牢性、電気・熱伝導性、軽量特性を必要とする多くの用途に適しています。

今回の研究は、COVID-19パンデミックが世界のカーボンナノチューブ事業部門に及ぼす不利な影響を解明している。私たちの専門家チームによると、コロナウイルスの流行は、世界経済情勢、そしてその結果、このビジネスの垂直に圧倒的な影響を与えました。パンデミックは、カーボンナノチューブ業界の潜在的な低迷に大きく貢献することが期待されています。伝えられるところによれば、このセクターはCOVID-19のロックダウン制限が施行されて以来、財政的に仲間入りしている。したがって、この報告書は、この分野における多くの企業の進歩を遅らせ、世界的なサプライチェーンを混乱させた金融障害を強調しています。

レポートのサンプルを入手する @https://www.emergenresearch.com/request-sample/125

競合の概要:

世界のカーボンナノチューブ市場レポートでは、世界市場に参加する主要企業の機能メカニズムを綿密に調査しています。これらの企業は、この市場での財務状況を強化するための事業拡大戦略のスルーに従っている、と言われている。報告書によると、これらの企業はカーボンナノチューブ市場全体のシェアの大部分を占めています。したがって、このレポートのこのセクションでは、合併・買収、合弁事業、新規取引、新製品の発売、コラボレーション、技術アップグレードなど、これらの企業が主導する主要な戦略的イニシアチブを強調しています。

アルケマSA、カーボンソリューションズ株式会社、昭和デンコ株式会社、アーリーインターナショナルグループ株式会社、フューチャーカーボンGmbH、ユニディム株式会社、コンチネンタルカーボンカンパニー、クラインカーボン株式会社、ハイペリオン触媒インターナショナル株式会社、Cnt株式会社など。

カーボンナノチューブ市場セグメンテーション:

Emergen Researchは、製品の種類、方法、業界の垂直、地域に基づいて、世界のカーボンナノチューブ市場をセグメント化しました。

  • 製品タイプの見通し(売上高、10億米ドル、2017-2027年)
    • シングルウォールカーボンナノチューブ
    • 多層カーボンナノチューブ
  • 方法の見通し(売上高、10億米ドル、2017-2027)
    • アーク放電
    • グラファイトのレーザーアブレーション
    • 化学気相蒸着(CVD)
  • 業界の業種の見通し(売上高、10億米ドル、2017-2027年)
    • 電気・電子
    • 航空宇宙・防衛
    • エネルギー
    • 医療
    • 自動車
    • 繊維
    • 余人

カーボンナノチューブ市場の地理的地形:

  1. 北米(米国、カナダ、メキシコ)
  2. ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、ロシア、イタリア)
  3. アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア)
  4. ラテンアメリカ(ブラジル、アルゼンチン、コロンビアなど)
  5. 中東・アフリカ(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)

ORDER NOW (カスタマイズされたレポートは、特定の要件に従って配信されます) @https://www.emergenresearch.com/select-license/125

レポートの主なハイライト:

  • 最新のレポートでは、最近のイノベーションや主要なイベントを調査するとともに、世界のカーボンナノチューブ市場に関連する潜在的な機会とリスクに関する詳細な調査を行っています。
  • このレポートは、予測期間にわたって潜在的な成長を示すニッチセグメント/地域を強調しています。
  • このレポートは、この市場で競合する企業が採用した数多くの事業拡大戦略を分析しています。
  • 市場の詳細な概要には、急速に変化する市場ダイナミクスと、現在、過去、および予測の正確な予測が含まれます。

市場規模は、量と価値の面で。

コンテンツのテーブル:

第1章。方法論とソース
市場定義
1.2. 研究範囲
1.3. 方法論
1.4. 研究ソース
1.4.1. プライマリ
1.4.2. セカンダリ
1.4.3. 有料ソース
市場評価手法
第2章。エグゼクティブサマリー
2.1. 概要スナップショット、2019-2027
第3章。主な洞察
第4章。カーボンナノチューブ市場セグメンテーション&インパクト分析
カーボンナノチューブ市場のセグメンテーション分析
4.2 産業見通し
4.2.1. 市場指標分析
4.2.2. 市場の推進要因分析
4.2.2.1. 電気・電子などのエンドユース産業におけるアプリケーションの増加
4.2.2.2. エネルギー貯蔵需要の拡大
自動車産業の成長
4.2.2.4. 技術の進歩
4.2.3 市場抑制分析
4.2.3.1. 代替品の入手可能性
4.2.3.2. 環境問題
4.3. 技術的な洞察
4.4. 規制の枠組み
4.5. ポーターの五力解析
4.6. 競合指標空間分析
4.7. 価格動向分析
4.8. Covid-19 影響分析

続きを読む..!

関連するレポートを見てみましょう:

エネルギー効率の高いガラス Market@https://www.emergenresearch.com/industry-report/energy-efficient-glass-market

再生可能ポリプロピレン Market@https://www.emergenresearch.com/industry-report/renewable-polypropylene-market

ポリソルベート Market@https://www.emergenresearch.com/industry-report/polysorbate-market

液体水素 Market@https://www.emergenresearch.com/industry-report/liquid-hydrogen-market

農業フェロモン Market@https://www.emergenresearch.com/industry-report/agricultural-pheromones-market

お 問い合わせ:

エリック・リー

企業営業スペシャリスト

エマージ研究|ウェブ: www.emergenresearch.com

直通線: 1 (604) 757-9756

電子メール: sales@emergenresearch.com

フェイスブック | リンクイン | ツイッター | ブログ

Contact Information:

Contact Us:


Eric Lee


Corporate Sales Specialist


Emergen Research | Web: www.emergenresearch.com


Direct Line: +1 (604) 757-9756


E-mail: sales@emergenresearch.com


Facebook | LinkdIn | Twitter | Blogs


Keywords:  Carbon Nanotubes Market,Carbon Nanotubes Market Size,Carbon Nanotubes Market Share,Carbon Nanotubes Market Demand,Carbon Nanotubes Market Growth,Carbon Nanotubes Market Trends,Carbon Nanotubes Industry