header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


インドタイル接着剤市場の成長、規模、シェア、動向、セグメンテーション別需要、トップキープレーヤー、2027年までに分析

Oct 12, 2021 12:36 PM ET

地域分析:

インド向けタイル接着剤市場は、2017年から2023年にかけて9.09%のCAGRで拡大し、1億3,676万米ドルに達する見込みです。成長市場は、建設活動のブーム、セラミックタイルの消費の増加、商業活動の増加、住宅建設活動の増加に起因しています。さらに、可処分所得の上昇とこの地域の人々の生活水準の上昇により、フローリング、壁被覆、カウンタートップ、その他の用途を含む、住宅と商業ビルの両方で装飾的で美的に楽しいタイルの需要が高まっています。

これに加えて、主要プレーヤーはタイル接着剤の研究開発のための彼らの収入のかなりの塊をマークしています。彼らは、より良い接着性と長期の接着能力を提供する新しい製品の範囲を発明し、製品の需要の増加に対応するために製造能力を拡大しています。この市場の主なプレーヤーは、ピディライト・インダストリーズ・リミテッド、ヘンケル、ハンツマン、フォスロック、ボスティック、MYKラティクレテ・インディア・Pvt株式会社、マペイ建設製品インドPvt Ltd.、アルデックス・エンデュラ、シカ・インディア・プライベート・リミテッドなどです。

市場調査の未来は、2016年から2023年までの情報を含む「インドタイル接着剤市場」に関するクックドリサーチレポートを発表する予定です。

市場調査未来(MRFR)は、ピディライトIndIndiatries Ltd.を含むインドタイル接着剤市場の主要企業として以下の企業を認識しています。 MYKラティクレテインディアPVT株式会社、サンゴバンウェーバー、フォスロックインディア、BASFインド株式会社、ハンツマンコーポレーション、カジャリアセラミックスリミテッド、ボスティック、H.Bフラーカンパニー、シカインディア、ADREXグループ、ヘンケルAG&Co.KGaAなど。

無料Sample@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/4655 を入手する

市場ハイライト:

タイル接着剤は、接着機構(接着剤と基材の間に発達した)と凝集機構(接着剤自体の中で開発された)を使用して、2つの基質の結合を可能にする物質です。それらは最終的な柔軟性、高い結合強さ、衝撃および影響および化学抵抗を有する。タイル接着剤は、床や壁に住宅、商業、機関の建物にタイルをインストールするために使用されます。インドタイル接着剤市場は、2017-2023年の間に9.08%のCAGRで成長することにより、2023年末までに1億3,676万米ドルに達すると予測されています。セメンティシャスタイル接着剤は、比較低価格のために、タイル接着剤の3つの主要なタイプの中で最大のシェアを占めています。インドのタイル接着剤の住宅、商業、機関向けアプリケーションの中で、住宅セグメントが市場を支配しています。

アクセス完了レポート @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/india-tile-adhesive-market-4655

セグメント分析:

インドタイル接着剤市場は、タイプ、建設活動、アプリケーション、地域に基づいてセグメント化されています。タイプに基づいて、市場はセメンティシャスタイル接着剤、エポキシタイル接着剤、および分散タイル接着剤に分かれています。セメンティシャスタイル接着剤は、インドのタイル接着剤の全体的な需要の面で、市場の最大のシェアを保持しています。インドのセメント接着剤の主な用途は、壁タイル接着剤とセラミック床接着剤です。耐水性セメントとポリマー改変セメントの両方は、この市場でのセメントタイル接着剤の需要を支持している内部および外部の用途に適しています。セニティシャリタイル接着剤は、予測期間を通じて到達するために9.21%の最高CAGRで成長すると推定されています。エポキシタイル接着剤は、この市場でタイル接着剤のもう一つの重要なタイプです。そのアプリケーションは、契約で指定されているプロジェクトで見つけることができます。それは増加した顔料/結合剤の比率とタイルのよりよい付着を示し、増加した結合期間を達成するのを助ける。分散接着剤は、この市場でタイル接着剤の全体的な需要のほぼ25%のシェアを占めています。分散タイル接着剤は、インドタイル接着剤市場における3つのタイル接着剤の需要の最小シェアを保持しています。

建設活動に基づいて インドタイル接着剤市場 は、新しい建設と修理&改装に分類されています。その中で、新築セグメントは、大規模な中所得層の願望の高まり、インドと政府の人口動態の変化により、市場の80%以上のシェアを占めています。第12次5年計画において、インフラ活動への支出をGDPの10%に引き上げるというインドのコミットメント。

最後に、アプリケーションに基づいて、インドタイル接着剤市場は、住宅、商業、機関にセグメント化され、住宅セグメントは予測期間中に市場を支配すると予測されています。インド政府が立ち上げた野心的なプログラムの数として、急速な都市化と繁栄する住宅建設活動により、このセグメントは価値で1億1160万米ドルに達すると推定されています。

関連 Report@https://www.marketresearchfuture.com/reports/polyolefin-market-1695

https://www.marketresearchfuture.com/reports/uv-adhesives-market-1722

https://www.marketresearchfuture.com/reports/e-coat-market-1911

https://www.marketresearchfuture.com/reports/concrete-admixtures-market-1994

https://www.marketresearchfuture.com/reports/liquid-nitrogen-market-2133

91 20-48532201

Contact Information:

91 20-48532201
Keywords:  India Tile Adhesive Market, India Tile Adhesive Market Report, India Tile Adhesive Market Share, India Tile Adhesive Market Size, India Tile Adhesive Market Trends, India Tile Adhesive Market Analysis, India Tile Adhesive Market Research, India Tile Adhesive Market Growth