header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


特殊カーボンブラックマーケット|2027年までに今後の開発と予測に関する規模、シェア、詳細な分析

Oct 12, 2021 11:54 AM ET

印刷用途の増加は、特殊カーボンブラック市場シェアの発展を強化すると推定されています。市場のレポートは、世界市場の見通しを提供するMRFRに従って効率的に分析されます。CAGRの5.28%は、2025年までに2,330.9百万米ドルに達すると推定されています。

印刷業界の拡大と革新は、差し迫った期間に特殊カーボンブラック市場の進歩を強化するために評価されます。次世代車における電池の使用の高化は、特殊カーボンブラック市場に拍車をかけると予測されています。

レポートのサンプル ページを入手して、その他のレポートの Understanding@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/8170

競合分析

消費者の嗜好の急速な変化は、世界市場の進歩を動機づけるために予測されています。グローバル行政の好影響は、市場の世界貿易を促進すると推定される。新しい市場の発見は、今後の期間に成功する可能性をさらに高める可能性が高いです。配信戦略のアップグレードは、近い将来の市場の進歩をさらに後押しすることが期待されています。デジタル化ベースの戦略が運用管理と予測に進出したことで、予測期間の世界市場が変革すると予測されています。将来の進展の可能性を開発するための市場プレーヤーによる投資は、市場の可能性を開く可能性が高い。開発のための異なる道の活性化は、市場開発を開始すると推定されます。市場での競争は、市場での新製品の導入につながる市場の革新を促進すると推定されています。強力な研究開発プロトコルの確立は、将来的に複数の方法で市場に利益をもたらすと推定されています。持続可能性に焦点を当てることは、市場の長期的な拡大に大きく影響を与えるためにも評価されます。

特殊カーボンブラック市場の手ごわい企業は、ビルラカーボン(タイ)、オリオンエンジニアリングカーボンSA(ルクセンブルク)、コンチネンタルカーボンカンパニー(米国)、三菱ケミカルコーポレーション(日本)、フィリップスカーボンブラックリミテッド(インド)、キャボットコーポレーション(米国)、ダイスターシンガポールプテ株式会社(シンガポール)、ヒマドリ専門化学有限公司(インド)、イメリスグラファイト&カーボン(スイス)、オンスクグループ(中国)です。

業界の最新情報:

2021年5月 オリオン・エンジニアリング・カーボンズS.A.は、専門および高性能カーボンブラックの主要なグローバルトレーダーで、特殊カーボンブラック食品の価格を引き上げると宣言しました。価格の上昇は、その特産品の絶え間ない高い呼び出しと突然世界的な原材料とサプライチェーンの費用を増加させることのために不可欠です。この背景とは対照的に、オリオン・エンジニアリング・カーボンズは、2021年7月1日から、または異なる契約が許可されるとすぐに、その日以降のすべての委託に対して、世界で最大20%の特殊カーボンブラックチャージを引き上げます。

2021年2月 フィリップスカーボンブラックは最近、同社がグジャラート州パレジで2つの専門の黒いラインをカスタムメイドしたことを取引所に通知しました。2つの特殊黒いラインは、顧客のニーズの高まりに対応するために、合計約32,000 MTP Aの多種多様な特殊ブラック製品の製造を目的としています。

セグメント分析

特殊カーボンブラック市場のセグメント調査は、グレード、アプリケーション、エンデューなどに基づいて行われます。特殊カーボンブラック市場のグレードセグメントは、食品グレードと導電性グレードにセグメント化されています。特殊カーボンブラック市場のエンドユーザーセグメントは、電気&エレクトロニクス、自動車、建築・建設、包装に区分されています。特殊カーボンブラック市場のアプリケーションセグメントは、接着剤&シーラント、プラスチック、印刷インク、マスターバッチ、塗料とコーティング、およびバッテリーにセグメント化されています。特殊カーボンブラック市場の地域セグメントは、北米、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、その他の地域市場にセグメント化されています。

このレポートvisit@https://www.marketresearchfuture.com/reports/specialty-carbon-black-market-8170の詳細については、こちらを参照してください。

地域の概要

特殊カーボンブラック市場の地域的な検討は、北米、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、その他に区分されています地域市場。アジア太平洋地域市場は、2018年の総シェアの半分以上を占める世界の特殊カーボンブラック市場を支配し、中国とインド全体の包装、自動車、建築および建設産業の回復力のある発展に認定することができます。欧州地域に次ぐ北米の地域市場は、第2の主要株式を報告した。プラスチックおよび食品接触資源における添加物の使用制限に関連する厳格な環境ガイドラインは、これらの地域における特殊カーボンブラック市場の発展に悪影響を及ぼすと予想されます。エレクトロニクス事業からの導電性インクの需要の高まりは、北米とヨーロッパの特殊カーボンブラック市場を後戻しすることが期待されています。ラテンアメリカと中東・アフリカ地域の特殊カーボンブラック市場は、世界市場で比較的小さいシェアを報告しました。これらの地域の特殊カーボンブラック市場は、この地域の発展途上の自動車および建設事業によって引き起こされる健全な進歩を観察することが期待されています。

関連レポートの参照:

https://www.marketresearchfuture.com/reports/dispersing-agents-market-5587

https://www.marketresearchfuture.com/reports/sodium-amide-market-5590

https://www.marketresearchfuture.com/reports/polyphenylene-sulfide-market-5642

https://www.marketresearchfuture.com/reports/calcium-propionate-market-5648

接触:

市場調査の未来

1 646 845 9312

電子メール: sales@marketresearchfuture.com

Contact Information:

Contact:

Market Research Future

+1 646 845 9312

Email: sales@marketresearchfuture.com
Keywords:  Specialty Carbon Black Market, Specialty Carbon Black Industry, Specialty Carbon Black Market Size, Specialty Carbon Black Market Share, Specialty Carbon Black Market Growth, Specialty Carbon Black Market Analysis