header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


CRMソフトウェア市場の需要、分析、ビジネス収益、機会、戦略、成長促進要因、COVID-19の分析

Oct 20, 2021 5:14 PM ET

市場ハイライト

 

最近発表された調査レポート「マーケット・リサーチ・フューチャー(MRFR)」では、世界のCRMソフトウェア市場が繁栄しており、レビュー期間中に指数関数的に成長する準備が整っており、予測期間中に350億米ドルの実質的な市場評価と約6%の健全なCAGRを記録していると主張しています。

 

主要なドライバーと主な課題

 

CRMソフトウェアは、企業が使用する不可欠なツールとして登場しました。ダイナミックで相互接続された世界での地位を維持する必要性が高まっており、近年、業界の大規模な拡大につながっています。小規模または大規模なすべての企業は、顧客の行動をよりよく理解し、ビジネス関係を強化し、売上を伸ばそうとしています。エンゲージメントレベルは、通常、会社によって異なります。しかし、すべての企業は、市場での地位を高めるために、この課題に取り組んでいます。この要因は、CRMソフトウェアの需要を押し上げ、今後数年間の市場成長を助けるに違いない。

 

一時、コスト障壁が市場を悩ませ、大規模企業だけが手頃な価格のCRMソリューションを提供しました。しかし、特定のニーズに応じて調整された最新のCRMパッケージの可用性により、あらゆる規模の企業が恩恵を享受しています。CRM システムを使用する大きな利点は、顧客のメンテナンス プロセスの円滑化で、顧客の増加を促すものです。これは、堅実で有益な組織を示しており、世界中の市場需要をさらに刺激します。

 

モノのインターネット (IoT) は、顧客サービスの未来と見なされる CRM のトップトレンドの 1 つです。IoTは、CRMが組織にとってより良い機能を果たすのを助け、売上を伸ばして顧客サービスを強化するため、CRMに対する強い需要の背後にある主な理由となっています。この種の統合の例には、接続されたデバイスから得られた情報を研究する機能が含まれており、問題は報告され、リモートで即座に処理されます。

 

無料サンプル @ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/4943

 

セグメンテーション:

 

世界のCRMソフトウェア市場は、展開、組織の規模、アプリケーション、および垂直によって分析されます。組織規模に基づいて、CRMソフトウェア市場は中小企業と大企業に分かれています。組織の規模に基づいて、CRMソフトウェア市場はクラウドとオンプレミスに区分されます。しかし、クラウドベースの展開サブセグメントは、CRMソフトウェア市場の最大市場シェアを保持すると予想され、また、クラウドベースのCRMモジュールの展開の増加により、予測期間中に最も高いペースで成長する予定です。アプリケーションに基づいて、CRMソフトウェア市場は、販売、マーケティング、製造、ソーシャルネットワーキング、顧客サービス、サプライチェーン、流通などにセグメント化されています。しかし、垂直に基づいて、市場はヘルスケア、IT&テレコミュニケーション、製造、メディア&エンターテイメント、BFSI、エネルギー&ユーティリティなどに分類されています。

 

地域の見通し

 

北米、アジア太平洋地域(APAC)、欧州、その他の世界(RoW)は、CRMソフトウェア市場を形成する主要地域です。

 

世界のCRMソフトウェア市場で最大のシェアを持つ北米がトップの地位を獲得しました。米国(米国)は、カナダと共に、インテリジェントコネクテッドデバイスの普及とともに技術の進歩の増加に支えられ、地域市場をリードしています。それに加えて、この地域は、高度な技術の迅速な実装に道を譲る確立されたインフラストラクチャで知られています。また、クラウドベースのCRMモジュールの人気の高まりは、地域の市場成長を誘発するもう一つの重要な要因です。

 

CRMソフトウェアのAPAC市場は、ソーシャルコンピューティングと同様に、Webベースのインターフェースの使用が増加したため、長年にわたって大幅に成長してきました。銀行や金融サービス分野におけるCRMソフトウェアの導入の増加は、地域市場にも利益をもたらします。ソーシャルCRMやモバイルCRMの高い人気もAPAC市場を支持して働いています。

 

様々な産業におけるクラウドの急速な取り込みと高い工業化と都市化は、今後数年間でヨーロッパ市場をより高みに引き上げるに違いない。市場機会を感じ、フットプリントを拡大することを目指して、この地域のいくつかの企業は、コラボレーションや合併・買収などの戦略にふけっています。製品イノベーションは、地域の焦点のもう一つの顕著な分野です選手。

 

競合分析

 

MRFRによって識別される世界のCRMソフトウェア市場で機能するトップマーケットプレーヤーは、SAP AG(ドイツ)、Salesforce.com(米国)、オラクルコーポレーション(米国)、マイクロソフトコーポレーション(米国)、アムドックス(米国)、アドビシステムズ株式会社です。 (米国)、コンバージス・コーポレーション(米国)、インフォー・グローバル・ソリューションズ(米国)、ファーウェイ・テクノロジーズ(中国)、SASインスティテュート(米国)、および セージ・グループ・Plc(英国)、SYNNEXコーポレーション(米国)、ベリント・システムズ(米国)、シュガーCRM(米国)、IBMコーポレーション(米国)、NICE Ltd.(イスラエル)、ネットスイート(米国)、IMSヘルス(米国)、ZOHOコーポレーション(インド)、インフュージョンソフト(米国)など主要市場のプレーヤーは、競争ダイナミクスと世界市場での地位を維持するために数多くのビジネス成長戦略を採用することが期待され、これはまた、レビュー期間中にCRMソフトウェアの全体的な市場成長に貢献することが期待されています。

 

完全レポート @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/crm-software-market-4943の参照

 

世界のCRMソフトウェア市場調査レポート:組織規模別(中小企業、大企業)、展開(クラウド、オンプレミス)、アプリケーション(製造、カスタマーサービス、ソーシャルネットワーキング、サプライチェーン、流通)、および垂直-2023年までの予測

1 646 845 9312

Contact Information:

+1 646 845 9312
Keywords:  CRM Software Market, CRM Software Market Analysis, CRM Software Market Size, CRM Software Market Share, CRM Software Market Growth, CRM Software Market Research