header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


セレリティIPは、ASUS開発3G、4Gおよび5G標準必須特許の独占エージェントとして発表されました。

Nov 19, 2021 11:35 AM ET

特許収益化のベテラン、チャド・ヒルヤードとティム・バーグハイスが率いる知的財産管理会社Celerity IPは本日、家電大手ASUSTek社(ASUS)が独自に開発し、現在はASUSとイノベーティブソニックが所有していた標準必須特許(SEP)の2つの別々のポートフォリオのライセンスと執行の独占代理人となる契約を締結したと発表しました。 (株)(以下「ポートフォリオ」)。 組み合わされたポートフォリオには、3G、4G、5Gのセルラー標準に不可欠な数千もの特許を含む300以上の特許ファミリーが含まれ、新しい特許が発行され、5G標準の開発が続くにつれて成長し続けています。多くの家族の特許は、ViaとAvanciが運営する携帯電話SEPライセンスプールに独自に審査され、受け入れられています。 Celerity IPは、CEOのチャド・ヒルヤードと社長兼戦略アドバイザーのティム・バーグハイスが率いる。ヒルヤードは以前、ヒルコIPマーチャントバンキングの最高法務責任者を務め、英国での画期的な訴訟の際にPanOptisとUnwired Planetの一般顧問を務めるなど、SPのライセンスと訴訟に大きな責任を負っていました。ヒルヤードは以前、ロックスター・コンソーシアムのチーフ・知的財産顧問も務めていました。 ティム・バーグハイスは、InterDigitalのチーフ・ライセンシング・オフィサーを務め、19年以上勤務していました。InterDigital Berghuisでは、世界最大の携帯電話SEPポートフォリオのライセンスプログラムを計画し、成功を収めました。ベルグハイスの在任中、InterDigitalは年間3億ドルを超えるライセンス収入を達成しました。 Hilyardは、「私たちは、世界クラスのテクノロジー企業が長年にわたり携帯電話基準の開発に投資し、貢献したこれらのポートフォリオと協力できることを光栄に思います」と述べています。Berghuis氏は、「これらは、高品質の資産の規模と深さの両方で顕著なポートフォリオです。これらのポートフォリオを評価するに従って、機会に対する興奮がますます高まりました」 ASUSのゼネラル・カウンセル、ヴィンセント・ホンは「Celerityチームはクラス最高であり、これらのポートフォリオの独占エージェントであることを非常に嬉しく思います」とコメントしました。 Celerity IP,LLCは、市場で重要な特許ポートフォリオの開発、ライセンス、収益化を専門とする知的財産管理会社です。その幹部は、特許ライセンス契約の数十億の交渉と実行において重要な役割を果たしてきました。Celerity IPは、商用訴訟ファイナンスソリューションのリーディングプロバイダーであるGLSキャピタルの子会社です。GLSキャピタルは、法的リスクや規制リスクに依存する多種多様な複雑な状況に投資しています。

Contact Information:

Chad Hilyard at info@celerityip.com