header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


ワイン市場、包括的分析、機会評価、将来の見積もり、主要産業セグメントが2027年の力強い成長に向けて準備

Dec 15, 2021 5:19 PM ET

市場概要

MRFR(マーケットリサーチフューチャー)は、2019年から2024年の間に、赤ワイン市場2020が5.19%のCAGRを調達できると主張しています(評価期間)。MRFRはまた、市場規模が2024年末までに1472億9000万米ドルに達する可能性があることを明らかにしている。我々は、コロナウイルス病の流行後の市場のすべての広範な主要な開発と組み合わせて、報告書と一緒にCOVID-19影響分析を提供します。

キーブースターと抑止力

赤ワインは、一般的に強烈な赤から強力なバイオレット、時には濃い茶色の色合いに至るまで、飲料の年齢に応じて、色が濃いブドウ品種から生成されます。赤ワインの色は、ブドウの皮膚に存在するアントシアニン色素によるものです。赤ワインの生産は、一般的にブドウの皮から味だけでなく、色の抽出を含みます。赤ワインは、特定の期間後に適度に消費される健康上の利点のホストを提供します。これらの健康上の利点のいくつかは、より良い骨密度を含める, 高い免疫, 心臓脳卒中の可能性の低下.これらの利点を考慮して、赤ワインは様々な国の健康志向の人々の間で人気を集めています。可処分所得の増加とエキゾチックなアルコール飲料に興味を持つ若者の急増は、赤ワイン産業の成長を誘発する可能性もあります。

ライフスタイルの進化、都市化率の急上昇、社交やイベントでの赤ワインの好みの高まりは、世界市場にとって有望な未来を描いています。赤ワインはまた、その健康上の利点のために高齢者の間で非常に人気があり、またハードドリンクを消費しないことを好むミレニアル世代の間で.近年、赤ワインの消費量は世界的に大きな成長を遂げ、先進国と発展途上国の両方で生産率が上昇しています。また、赤ワイン市場における革新的なフレーバーの導入においても、技術革新が重要な役割を果たします。

すべての地域には、広範な流通チャネルを持ついくつかの国内ベンダーがあり、グローバル企業は未開拓の国への参入を目指しています。製品の差別化は、より広範な質量の間でブランド認知度を高めるのに役立つため、製品開発は依然として企業が採用する重要な戦略の1つです。ほとんどの企業は、世界中の消費者の注目を集めるために、新しいパッケージスタイルとデザインを模索しています。例えば、2020年2月、スラ・ヴィンヤーズはインド初の缶ワインを発売しました。一流のワインメーカーは、ブランドの新しい330 ml缶にディアスパークラーを導入しました。新製品は、主に時間に追われた消費者にワインケータリングを飲む準備ができているとして販売されており、今回の発売により、インドの缶ワインの新たなトレンドを活用することを目指しています。

 

Wine Markets

 

「ワインマーケット」の無料サンプルコピーを入手@

https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1655

 

主なプレーヤー

世界的な業界で有名な候補者には、ディアジオplc(英国)、グルーポペニャフラーS.A.が含まれます。 (アルゼンチン)、カステルグループ(フランス)、アコレードワインズ(オーストラリア)、コンパグニア・デル・ヴィーノSRL(イタリア)、ペルノ・リカール(フランス)、カビロ(イタリア)、バカルディ・リミテッド(バミューダ)、アンビクスSA(ギリシャ)、ワイングループ(米国)、コンステレーション・ブランズ(米国)、ヴィーニャ・コンチャ・イ・トロS.A(チリ)、ワイン・エステーツ(オーストラリア)、オーストラリア・ウィロ・ユール・ユー・ガリー(チリ) グルッポ・カンパリ(イタリア)、いくつか言及する。

 

市場セグメンテーション:

赤ワイン産業は、タイプ、梱包タイプ、流通チャネルの観点から分類されています。

世界の ワイン市場 で利用可能な赤ワインの主なタイプは、まだ赤ワインだけでなく、スパークリング赤ワインが含まれています。

包装タイプに関しては、赤ワイン市場は缶やボトルに分割することができます。

市場調査で議論されている主要な流通チャネルは、小売とフードサービスです。小売ベースのチャンネルは、専門店、スーパーマーケット、ハイパーマーケットなどです。

アクセスレポート @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/wine-market-1655

 

地域分析

赤ワイン市場の地理的分布には、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、アジア太平洋地域、北米、RoW/他の世界が含まれます。

北米は、一般大衆の高い購買能力と、著名なエンドユーザーであることが判明した外食産業のために、近い将来、赤ワインの最強市場として浮上する可能性が最も高い。メルローとシラーズは、この地域で最も人気のある赤ワインの2つであり、カベルネ・ソーヴィニヨンとピノ・ノワールも、これらのブランドに対する意識を高める中で勢いを増しています。

APACは、可処分所得の急増を目の当たりにする人々の間で赤ワインの消費量が増加し、予測タイムラインで最も高い開発率を登録することができます。レクリエーション活動のための人々の支出力の高まり、若者の人口の拡大は、その後の数年間で赤ワインの需要を促進する可能性もあります。インドは、ワイン消費に関して、この地域の重要な市場として急速に出現しており、レビュー期間中に堅調な成長率を記録する可能性があります。韓国、ベトナム、フィリピンは他のいくつかの有望な市場であり、香港がワインに対して課税される輸入税を持っていないという事実も市場の成長を促進します。

 

注:私たちの研究チームは、Covid19とその様々な業界への影響を研究しており、必要に応じて市場と産業のより良い分析のためのCovid19フットプリントを検討します。詳細については、タッチで心から取得します。

91 20-48532201

Contact Information:

+91 20-48532201
Keywords:  Wine, Wine Market, Wine Market Forecast, Wine Market Growth, Wine Market Trends, Wine Market Size, Wine Market Segments