header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


脂肪酸市場|成長戦略、ビジネスプロスペクト、新たなトレンド、地域、新技術、2027年までの予測に焦点を当てる

Dec 15, 2021 2:04 PM ET

世界の脂肪酸市場は、栄養補助食品、動物飼料、化粧品、パーソナルケア製品などのこれらの酸の用途領域が拡大し、脂質製剤のキャリアとしての医薬品製造において、主に急激に急増しています。脂肪酸はまた、塗料やワニス、ゴム配合&配合、繊維化学品、殺虫剤、プラスチック製造、紙製品にその用途を見つけます。

農業産業は、殺虫剤の脂肪酸の広範な使用のために脂肪酸グローバルの最大のユーザーと考えられています。さらに、栄養価を高めるために飼料と動物飼料中の脂肪酸の使用の増加は、さらなる高さで市場をエスカレートしています。

市場が今後さらに成長する可能性を認め、最近発表された調査報告書の市場調査未来(MRFR)は、世界の脂肪酸市場がレビュー期間中(2016-2022年)に約9.4%のCAGRで成長する2022年までに22MN以上に達すると予想していると主張しています。

さらに、この多目的な化学は、ゴム製造やプラスチック製造など、その凝固品質のために多くの産業用途でその用途を発見します。

脂肪酸の市場は、応用分野の広い取り込みへの帰属は、常に大きな牽引力を享受しています。 生活水準の向上により、肉の消費が増加し、その結果、脂肪酸の需要をさらに押し上げる動物飼料の需要が押し上げられます。これらの要因は、この市場がすぐに目撃される豊富な計上を先取りします。

市場の成長を促進するその他の要因には、ライフスタイルの変化、経済の改善、人口の増加などがあります。急速な工業化と都市化も市場の成長を牽引する主要な要因の一部です。

 

「脂肪酸市場」の無料サンプルコピーを入手@

https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/2456

 

一方、市場の成長を妨げる要因としては、動物飼料、ゴム産業などのアプリケーション産業に悪影響を及ぼす一部の地域の気候状況の変化が挙げられます。しかしながら、飼料添加物の製品多様化と技術進歩は市場成長を支え、市場プレーヤーに大きなチャンスを与える。

 

Fatty Acid Market

世界の脂肪酸市場 – セグメンテーション

このレポートは、理解を深める3つの主要なダイナミクスに分かれています。

種類別:飽和、一価不飽和、多価不飽和、およびトランス脂肪など。

By アプリケーション: ヘルスケア、食品産業、潤滑油、農薬、繊維産業など。

地域別 : 北米、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、その他の世界

 

世界の脂肪酸市場-地域分析

アジア太平洋地域は、世界の脂肪酸に対する優位性を維持し、ヨーロッパと北米がそれぞれ支配していると推定されています。APACは脂肪酸の最大の生産と消費者を占めています。 マレーシア、中国、インドネシア、インドなどの国々は、アジアの脂肪酸生産において重要な役割を果たしています。インドネシア、中国、マレーシア、インドは世界有数のパーム油生産国であり、原材料の優位性を有しています。

また、これらの国々でコスト競争力のある労働力が確保され、外国人投資家が生産拠点を地域に移すことを奨励しています。工業化の拡大、最大の生産拠点の存在、最小限の規制基準などの要因は、市場の成長をある程度促進します。

欧州地域の 脂肪酸市場 は、世界第2位の市場を占めています。化粧品業界の需要の高まりや医薬品の消費の増加などの要因が、ヨーロッパの脂肪酸需要を押し上げる主な原動力となっています。 さらに、ペルストrp ABやBASFなどの大手メーカーの存在は、欧州地域の成長にプラスの影響を与え、優れた高品質の製品。

欧州や北米などの先進国の厳しい規制規範により、脂肪酸の需要は中国やインドなどの新興国にシフトしています。

 

レポートの詳細の詳細を確認する @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/fatty-acid-market-2456

 

世界の脂肪酸市場- 競合分析

競争の激しい世界の脂肪酸市場は、確立された多数のプレーヤーの存在により断片化しているように見えます。これらのプレーヤーは、買収、コラボレーション、拡大、パートナーシップ、製品&技術の立ち上げなどの戦略的イニシアチブを組み込み、この市場で競争上の優位性を獲得し、市場での地位を維持します。

これらの主要なプレーヤーはまた、流通ネットワーク、生産能力、サプライチェーンを拡大するために、現地だけでなく新興国にも高い投資を行っています。 市場で維持するサプライヤーの戦略は、強力な財政支援を得るです。これらのプレーヤーは、コスト効率の高い製造方法を採用することで、製品のコストを最小限に抑えるように努めています。

 

主要なプレーヤー:

世界の脂肪酸市場をリードする主要なプレーヤーには、BASF SE(ドイツ)、アクゾ・ノーベルN.V(オランダ)、アリゾナ・ケミカルズ(米国)、イーストマン・ケミカル・カンパニー(米国)、アシュランド・インク(米国)、クロダ(インド)、ゴドレイ・インダストリーズ(インド)、オレオンN.V.(ベルギー)、コルゲート・パルモライブ(インド)、フェロ・コーポレーション(米国)などがあります。

 

業界/イノベーション/関連ニュース:

2019年2月05日 —– オーガニック小児栄養のリーディングプロバイダーであるNature’s One(米国)は、脳と目の形成のために幼児期に続く第3学期の間に、特に子宮で、人間の発達のための重要なオメガ3脂肪酸栄養素である世界初の認定有機ドコサヘキサエン酸(DHA)を発売しました。 母乳はこれらの脂肪酸が豊富です。

この革新的なソースは効率的な生体利用吸収を行うことができる DHA のリン脂質の形態.有益なDHAのための自然の1つの有機認証源を使用すると、消費者は最大の利点を持つ純粋なソースを保証することができます。

 

注:私たちの研究チームは、Covid19とその様々な業界への影響を研究しており、必要に応じて市場と産業のより良い分析のためのCovid19フットプリントを検討します。詳細については、タッチで心から取得します。

 

お 問い合わせ:

市場調査の未来(Wantstatsリサーチとメディアプライベートリミテッドの一部)

99 ハドソン ストリート,5Thフロア, ニューヨーク, ニューヨーク 10013, アメリカ

 

 

91 20-48532201

Contact Information:

+91 20-48532201
Keywords:  Fatty Acid Market, Covid-19 Analysis on Fatty Acid Market, Fatty Acid, Fatty Acid Industry, Global Fatty Acid Market, Fatty Acid Market Research, Fatty Acid Market Analysis, Fatty Acid Market Size, Fatty Acid Market Research Report, Fatty Acid Market Forecast, Fatty Acid Market Trends