header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


計算創造性市場の世界動向、COVID 19アウトブレーク、規模、競合他社戦略、地域分析、2026年までの予測による成長

Dec 15, 2021 11:45 PM ET

計算創造性市場の 概要:

世界の計算創造性市場は、2026年までに11億4,970万米ドルに達すると予測され、予測期間中に25.42%のCagrを登録する見込みです。このレポートでは、市場調査未来(MRFR)は、今後数年間のより良い一見を提供するために、世界の計算創造性市場のセグメンテーションとダイナミクスが含まれています。

世界の計算創造性市場は、技術、コンポーネント、アプリケーションに基づいてセグメント化されています。

競合分析:

世界の計算創造性市場の主要企業は、Ibm(Us)、グーグル(米国)、マイクロソフト(米国)、アドビ(Us)、Aws(米国)、オートデスク(米国)、グリッド(Us)、キャンバ(オーストラリア)、ジュークデック(英国)、ハンタップ(米国)、アンパーミュージック(米国)、自動クリエイティブ(英国)、スクリプトブック(ベルギー)、B12(米国)、ハローゲーム(英国)、アイバ(ルクセンブルク)、オブジェクトアイ(香港)、ファイアドロップ(英国)、明白(フランス)、プリズマラボ(Us)、 シアナップス(英国)、ルーメン5(カナダ)、スカイラム(イギリス)、ロゴジョイ(カナダ)、滑走路(Us)。

無料サンプル @https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/10404リクエスト

セグメント:

  • この技術に基づいて、世界の計算創造性市場は自然言語処理(Nlp)、機械学習とディープラーニング(MlとDl)、コンピュータビジョンに分かれています。機械学習とディープラーニングセグメントは、2019年に市場を支配しました。さらに、このセグメントは、機械学習と機械学習アルゴリズムの採用が増え、計算創造性の様々なアプリケーションを実装することで、予測期間中に最も急成長しているセグメントとして出現することが予想されます。創造的なプロセスと創造的な専門家の効率の改善のための需要の高まりは、計算創造性市場におけるセグメントの急速な成長に貢献しています。自然言語処理セグメントは、自然言語を用いたコンピュータと人間の相互作用を扱う人工知能のサブフィールドです。 コンピュータビジョンセグメントは、コンピュータに視覚世界を解釈して理解するよう指示する人工知能の一種です。
  • コンポーネントに基づいて、世界の計算創造性市場はソリューションとサービスに分類されています。2019年の世界の計算創造性市場を独占したサービスセグメント。その高い成長率は、特にコンサルティング、サポート、メンテナンスサービスに対するサービスの需要が高いことが考えています。サービスセグメントは、プロフェッショナルサービスとマネージドサービスにさらに細分化されています。ソリューションセグメントは、さらにソフトウェアツールとプラットフォームに分かれています。
  • アプリケーションに基づいて、世界の計算創造性市場は、マーケティングとウェブ設計、製品設計、音楽構成、写真とビデオ撮影、ハイエンドビデオゲーム開発、自動ストーリー生成などにセグメント化されています。その他のセグメントは、トレーニングシミュレーションと研究開発にさらに分かれています。マーケティングおよびウェブ設計セグメントは、数回のクリックでユーザーが創造的なウェブサイトを簡単かつ迅速に構築するのを支援する計算創造性ソリューションの能力のために、2019年に市場を支配しました。さらに、ブランディング、広告、効果的なマーケティングキャンペーンの構築の傾向の高まりは、マーケティングおよびWeb設計アプリケーションのための計算創造性ソリューションの使用に起因する可能性があります。製品設計セグメントは、予測期間中に最高のCagrを登録する予定です。製品設計とは、消費者のニーズに対応する製品を想像、作成、反復するプロセスです。

地域分析:

計算創造性市場の地域分析は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米で行われています。2019年、北米で開催

最大の市場シェア。計算創造性技術への投資の増加により、研究期間中に力強い成長が見込まれる。アジア太平洋地域の市場は、主にクリエイティブコンテンツの開発にAi技術が使用されているため、研究期間中に最も高いカグルを占める見込みです。

Computational Creativity Market

目次

  1. エグゼクティブサマリー

市場の魅力分析

1.1. 世界の計算創造性市場、技術別

1.1.2 世界の計算創造性市場:コンポーネント別

1.1.3 世界の計算創造性市場アプリケーション

1.1.4 世界の計算創造性市場:地域別

  1. 市場紹介

2.1. 定義

2.2. 研究の範囲

市場構造

続けた。

アクセスレポートの詳細 @ Https://Www.Marketresearchfuture.Com/Reports/Computational-Creativity-Market-10404

テーブルの一覧

表1 前提事項の一覧

表 2 世界の計算創造性市場:技術別 20182026 (100万米ドル)

表 3 世界の計算創造性市場:コンポーネント別(20182026百万米ドル)

表 4 世界の計算創造性市場:用途別、20182026 (100万米ドル)

表 5 世界の計算創造性市場:地域別、20182026(100万米ドル)

続けた。

フィギュア一覧

図1 市場の概要

図2 Mrfrの研究過程

図 3 トップダウン snd ボトムアップ アプローチ

図 4 世界の計算創造性市場:技術別 20182026 (100万米ドル)

図 5 世界の計算創造性市場:コンポーネント別20182026 (百万米ドル)

続けた。

市場調査の将来について

市場調査未来(MRFR)は、市場調査の世界でニッチを作り出しました。これは、あらゆる規模の企業に十分に調査され、更新された市場調査レポートと洞察を提供するトップの市場調査会社の中に数えられる。私たちを引き離しているのは、様々な市場で将来の課題と機会を顧客に取り入れ続ける質の高い仕事を提供する超応答性チームです。私たちのチームは、彼らのスペースに熟達しているだけでなく、忍耐強くすべてのクライアントに耳を傾けます。

最も良い部分は、彼らが自分の仕事を裏返しに知っていて、クライアントを正しい方向に導き、厳しい締め切りに結果を達成するための専門知識を持っていることです。当社は、あらゆるデータ調査ニーズに対応するワンストップソリューションです。私たちのチームは、1つのサイズが詳細で簡潔なレポートを作成するためのすべてのアプローチに適合するとは考えていない。ヘルスケア、化学品・材料、情報通信技術、半導体・エレクトロニクス、エネルギー・電力、食品・飲料・栄養、自動車、消費者・小売、航空宇宙・防衛、産業オートメーション・機器、包装・輸送、建設、農業など13の業界を取り扱っています。すべての市場レポートに対する独自のアプローチで、質的なビジネスインテリジェンスとシンジケート市場調査の絶頂に到達することを目指しています。

 

接触
市場調査の未来(Wantstatsリサーチ・アンド・メディア・プライベート・リミテッドの一部)
99ハドソンストリート、5階
ニューヨーク、NY 10013
アメリカ合衆国
1 628 258 0071 (米国)
44 2035 002 764 (英国)
電子メール: sales@marketresearchfuture.com
ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com

Contact Information:

Contact
Market Research Future (Part of Wantstats Research and Media Private Limited)
99 Hudson Street, 5Th Floor
New York, NY 10013
United States of America
+1 628 258 0071 (US)
+44 2035 002 764 (UK)
Email: sales@marketresearchfuture.com
Website: https://www.marketresearchfuture.com


Keywords:  Computational Creativity Market,Computational Creativity Market growth,Computational Creativity Market trends,Computational Creativity Market Share,Computational Creativity Market Size