header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


ポリマーナノファイバー市場の規模、シェア、価値、CAGR、見通し、分析、最新のアップデート、データ、ニュース(2022-2030)

Jan 6, 2022 4:36 PM ET

market research future

市場概要:

ナノファイバーは、ナノメートルの範囲で直径を持つ繊維です。通常、直径は100ナノメートル(nm)未満です。異なるポリマーを用いて合成されたナノファイバーは、異なる物理的性質を有し、その応用可能性は、それに応じて異なる。コラーゲン、セルロース、シルクフィブロイン、ケラチン、ゼラチン、多糖などの天然のポリマーは、 ポリマーナノファイバー市場の製造に適しています。高分子ナノファイバーは、大きな表面積対体積比、高い空隙率、操作性の向上、機械的強度の向上など、いくつかの重要な特性を示します。彼らの用途は、技術と商業的使用の両方で見ることができます。

ポリマーナノファイバーは、組織工学、薬物送達、エネルギー貯蔵、光学センサー、ろ過などの用途を見つけます。世界のろ過分離技術市場は、約6%のCAGRで成長し、予測期間中に製品の需要を促進すると予測される2桁の10億ドルに達すると推定されています。これに加えて、世界の医薬品導入技術市場は、慢性疾患の罹患率の上昇、新製品の発売、生物学的製剤の需要、技術の進歩により、かなりのCAGRで成長しており、医薬品デリバリー技術市場の成長を牽引する主な要因の一部です。これは、その結果、予測期間中にポリマーナノファイバーの需要を押し上げると予想されます。

サンプル Report@ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/4416の取得

競合分析:

世界のポリマーナノファイバー市場の主要なプレーヤーは、eSpin Technologies(米国)、SNSナノファイバーテクノロジー(米国)、アールストローム株式会社(フィンランド)、デュポン(米国)、ホリングスワース&ヴォース(米国)、ドナルドソン社、 (米国)、ジョンズ・マンビル(米国)、帝人リミテッド(日本)、トレ・インダストリーズ(日本)、触媒材料有限公司(米国)など

市場セグメンテーション:

世界のポリマーナノファイバー市場は、方法、エンドユース、地域に基づいてセグメント化されています。方法に基づいて、市場は電気ピン留め、熱誘起相分離(TIPS)、描画、テンプレート、および自己組立に分かれています。エレクトロピン留めは、ポリマーナノファイバーの合成に最も広く使用されている方法です。この器械は高圧供給者、小さい直径のピペットか針が付いている毛細管および金属収集スクリーンを含んでいる電気紡績のために必要である。エレクトロスピニング技術は、多くのタイプのポリマーを容易にナノファイバーに変換するのに役立ちます。エレクトロスパンナノファイバーネットワークは、細胞外マトリックス(ECM)によく似ており、これは他の方法よりもこの方法の主な利点です。近年、この方法は、商業製品製造に大きく進出しています。エレクトロスピニングは、非常に遅いシングルジェット回転から複数のジェット機または針なし回転のシステムに進化し、生産速度が向上しました。全体として、これらすべての有利な要因は、世界のポリマーナノファイバー市場の成長を促進するために収束します。熱誘起相分離もまた、大きな市場シェアを占めています。このプロセスには、熱力学の変化を介して多相系に均質なポリマー溶液を分離することが含まれます。高い引張強度を持つポリマーナノファイバーの形成に役立つ方法により、分離やろ過などの多重な業務で使用することができます。この描画方法は、ナノファイバーの長い一本鎖を一度に1本ずつ合成するのに役立ちます。ただし、唯一の制限は、粘弾性材料がプロセス中に大規模な変形を受けるということです。もう一つの重要な技術は、鋳型合成法であり、これは、直径が均一な円筒状の細孔からなるナノ多孔膜テンプレートを用いて、フィブリル(固体ナノファイバー)と細管(中空ナノファイバー)を作製する。 最後に、自己集合技術は、ペプチドナノファイバーおよびペプチド両親媒性体を生成するために使用される。このプロセスは、疎水性相互作用、静電力、水素結合、ファンデルワールス力などの様々な駆動力を提供し、イオン強度やpHなどの外部条件の影響を受けます。

最終的な使用に基づいて、世界のポリマーナノファイバー市場は、ろ過、医薬品、バイオテクノロジー、エネルギーなどに分類されています。これらの用途の中で、ろ過セグメントは、食品などの主要産業からの需要の増加により、最高のCAGRで成長することが期待されています&飲料、医薬品、化学品産業これらの産業では、製品は主に除染、触媒、ろ過、および超吸収剤に使用されます。 これらのエンドユース産業の成長は、今後数年間でろ過セグメントの成長を押し上げる見込み。 これとは別に、ポリマーナノファイバーの主要な最終的な使用は、医学とバイオテクノロジーで見つけることができます。世界の医薬品デリバリー技術市場の成長は、バイオテクノロジーと共に医薬品セグメントの成長を促進する大きな要因です。省エネルギーを支持する環境問題の増大は、エネルギーセグメントにおけるポリマーナノファイバーの需要を推進すると予想され、そこで製品は主にエネルギー貯蔵および断熱材に使用される。

アクセス完了レポート @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/polymer-nanofiber-market-4416

地域分析:

世界の ポリマーナノファイバー市場 は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東・アフリカの5つの主要地域に地理的に分かれています。アジア太平洋地域は、化学品や電気・電子製品、食品・飲料産業などからも需要が高まっているため、世界をリードする地域です。インド、中国、日本は、多くの主要なプレーヤーの存在と主要なエンドユース産業からの需要の高まりと、ナノテクノロジー分野の研究プロジェクトに対する政府支出の拡大により、この地域の主要市場です。

北米は、世界のポリマーナノファイバー市場で2番目に重要な地域です。米国とカナダは、医薬品や食品・飲料などの確立された最先端のエンドユース産業が存在するため、この地域で最大の市場です。

欧州は、世界のポリマーナノファイバー市場における実質的な地域です。この地域の主要市場は、農業、生物医学、ナノセーフティ、エネルギー貯蔵部門によるポリマーナノファイバーの需要の高まりにより、ドイツ、英国、フランス、イタリアです。

ラテンアメリカは、ブラジルとコロンビアの政治経済シナリオを平和にして増加しています。予測期間中、この地域は世界のポリマーナノファイバー市場でかなりのシェアを占める見込みです。中東・アフリカは、世界のポリマーナノファイバー市場で比較的少ないシェアを保有しています。この地域は、未開拓の成長機会を得た上で、今後数年間で成長を目の当たりにすることが予想されています。

関連 Report@https://www.marketresearchfuture.com/reports/mold-release-agent-5019

https://www.marketresearchfuture.com/reports/polymer-nanofiber-market-4416

https://www.marketresearchfuture.com/reports/recycled-polyethylene-terephthalate-market-5812

https://www.marketresearchfuture.com/reports/recycled-carbon-fiber-market-9646

https://www.marketresearchfuture.com/reports/medical-foam-market-9693

市場調査の未来® 99 ハドソン ストリート 5階 ニューヨーク、ニューヨーク10013 アメリカ合衆国 電話: 1 628 258 0071(米国) 44 2035 002 764(英国) 電子メール: sales@marketresearchfuture.com ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com

Keywords:  Polymer Nanofiber Market, Covid-19 Analysis on Polymer Nanofiber Market, Polymer Nanofiber, Polymer Nanofiber Industry, Global Polymer Nanofiber Market, Polymer Nanofiber Market Research, Polymer Nanofiber Market Analysis, Polymer Nanofiber Market Size, Polymer Nanofiber Market Research Report, Polymer Nanofiber Market Forecast, Polymer Nanofiber Market Trends