header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


音響絶縁市場規模、シェア、成長率分析、地域動向、業界をリードするプレーヤー、2022-2030年の将来の計画と機会評価

Jan 6, 2022 5:08 PM ET

音響絶縁市場セグメンテーション:

MRFR レポートは、用途、材料タイプ、およびエンドユーザに基づいて、音響絶縁市場レポートの完全なセグメント分析を提供します。

材料タイプに基づいて、音響絶縁市場は金属、ミネラルウール、ガラスウール、石ウール、木材、ガラス繊維、ポリエチレンなどに分類されています。

用途に基づいて、音響断熱材市場は天井、壁、床などにセグメント化されています。

最終的な使用産業に基づいて、音響絶縁材市場は、航空宇宙および防衛、自動車、建物や建設などにセグメント化されています。このうち、建築・建設セグメントは、予測期間中に市場で最大のシェアを持つことになります。産業、商業、住宅用途に必要な熱および音響絶縁を提供する環境に優しい建物へのトレンドをシフトすることは、業界の成長を後押しします。

無料のSample@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/2862 を入手する

音響断熱材市場:概要

最新の市場調査未来(MRFR)レポート。遮音は、石のウール、金属、ガラス繊維、ミネラルウールなどの様々な形態の音響材料を使用して、吸音や音の反射を通じてノイズを隔離するのに役立ちます。このような断熱材は、音の障壁として機能し、音が出ている同じ部屋内のノイズを維持するのに役立ちます。音が様々な方法で移動するにつれて、使用される材料の選択と遮音を管理するための正確なプロセスが異なります。

様々な要因が、音響絶縁市場の成長を推進しています。MRFRの報告に従って、これらの要因は、講堂、シネマホール、企業の職場、音楽スタジオなどのエンターテインメント業界での需要の高まり、および鉄道駅の音の障壁の設置の増加をもたらした公共の場所で便利で平和な環境を提供するための建物インフラの改善への焦点の上昇を含みます。 空港の滑走路、建設現場、および高速道路。市場の成長を押し上げる要因としては、騒音汚染、建設部門の成長、健康意識の向上、生活水準の向上に関する消費者の意識の高まりが挙げられます。

競合分析:

音響絶縁市場レポートでプロファイリングされた主要なプレーヤーには、オーテックスグループ(ニュージーランド)、プリムアコースティック(カナダ)、U.P.などがあります。 ツイガ・グラスファイバー・リミテッド(インド)、フレッチャー・断熱材(オーストラリア)、トレレボルグAB(スウェーデン)、レクティセル断熱材(ベルギー)、サイドライズ・グループ(英国)、BASF SE(ドイツ)、アルマセル・インターナショナル(ドイツ)、キングスパン・グループ(アイルランド)、オーエンズ・コーニング(米国)、ジョンズ・マンビル(米国)、クナウ断熱材(ドイツ)、ロックウール・インターナショナルA/S(デンマーク) そしてサンゴバン(フランス)主要企業は、調達戦略、技術革新、地理的拡大、製品開発、合併・買収など、業界シェアを拡大するためのさまざまな戦略に頼っています。

レポートから47の市場データテーブルと12の数字とチャートを持つ111ページに広がる主要な業界の洞察を閲覧する、「音響断熱材市場調査レポート:材料タイプ別の情報(ポリエチレン、ガラス繊維、木材、ストーンウール、ガラスウール、ミネラルウール、金属、その他)、アプリケーション(天井、壁、床、その他)、エンドユース産業(建築建設、自動車、航空宇宙&防衛、防衛、保護 その他)、地域(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカ)-目次@https://www.marketresearchfuture.com/reports/acoustic-insulation-market-2862と共に2030年までの予測を詳細に示す

地域分析

地域別の「音響断熱市場」レポートでは、北米、中南米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域(APAC)、中東・アフリカ(MEA)の最新動向と成長機会をカバーしています。このうち、APAC地域は予測期間中に市場で最大のシェアを持つことになります。これは、建設業や自動車産業の繁栄、急速な工業化による。中国は、インドと同様に、建設産業の拡大により、この地域の主要な貢献者であり、政府の支援を受けています。

欧州の音響断熱市場は、予測期間中に市場で2番目に大きなシェアを持っていると予測されています。これは、ノイズコントロールと隔離に関連する厳格な政府ガイドラインによるものです。また、特に商業分野における音響材料の使用の増加は、仕事のための快適でノイズのないスペースを提供するために、市場の成長に追加されています。

北米の音響断熱材市場は、予測期間中に市場で健全な成長を示していると予測されています。これは、建設産業の成長と、この地域の防衛・航空宇宙産業の確立によるものです。さらに、強いGDPは、ストレス、迷惑、病気などの身体的および精神的健康上の問題を引き起こす可能性のある屋外騒音の長期的な暴露から遠ざけるために音響絶縁を使用することを奨励しています。

中東とアフリカの音響断熱材市場は、予測期間中に顕著な成長を示す予測されています。これは、この地域での建設活動の拡大によるものです。

ラテンアメリカの音響断熱材市場は、予測期間中に成長が鈍化すると予測されています。チリ、ブラジル、アルゼンチンがこの地域の主要な貢献者です。

関連レポートの参照:

金属ステアレート市場:製品別情報(ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸アルミニウム、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸カルシウム)、用途(ポリマーと紙、ゴム、医薬品・化粧品、建築・建設)、地域—2030年までの予測

石油化学品市場:種類別情報(エチレン、プロピレン、ブタジエン、ベンゼン、トルエン、キシレン、メタノール、その他)、用途別(ポリマー、塗料およびコーティング、溶剤、ゴム、接着剤およびシーラント、界面活性剤、染料、その他)およびエンドユース産業別(包装、自動車・輸送、建設、電気・エレクトロニクス、ヘルスケア、その他) – 予測 20300年まで

電池セパレータ市場:材料別情報(ポリエチレン、ポリプロピレン、セラミック)、電池タイプ(リチウムイオン、鉛酸、ニッケルカドミウム、ニッケル-金属水素化物)、エンドユース産業(自動車、家電製品)、地域別—2030年までの予測

産業用フィルター市場:種類別情報(液体[織物、不織布]、空気[グラスファイバー、活性炭])、最終用途産業(食品・飲料、金属・鉱業、医薬品、発電)、地域別-2030年までの予測

ナノ材料市場:材料タイプ別(金属・非金属酸化物、炭素系、化学品・ポリマー)、用途(輸送、建設、包装、消費財、電気・電子)、地域別-2030年までの予測

接触:

市場調査の未来
99 ハドソン ストリート 5階
ニューヨーク、ニューヨーク10013
アメリカ合衆国
販売: 1 628 258 0071(米国)
44 2035 002 764(英国)
電子メール: sales@marketresearchfuture.com

Contact Information:

Contact:

Market Research Future
99 Hudson Street,5Th Floor
New York, New York 10013
United States of America
Sales: +1 628 258 0071(US)
+44 2035 002 764(UK)
Email: sales@marketresearchfuture.com
Keywords:  Acoustic Insulation Industry, Acoustic Insulation Market, Acoustic Insulation Market Growth, Acoustic Insulation Market Trends, Acoustic Insulation Market Analysis, Acoustic Insulation Market Share, Acoustic Insulation Market Size