header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


ライドシェアリング市場レポート – 世界|市場調査の未来(MRFR)予測レポート – 2022-2030

Jan 7, 2022 1:00 PM ET

ライドシェアリング市場の概要:市場調査未来(MRFR)、ライドシェアリング市場調査レポート、タイプ、車両タイプ、ビジネスモデル、地域の包括的な調査レポートによると、2027年までの予測では、市場は2027年までに1946億5000万米ドルの価値があると予測されており、予測期間中に19.2%のCAGRを登録しています(2021- 2027)。

ライドシェアリングサービスは、人口が多く、公共交通機関の非効率性が高いため、国際的な都市や大都市の都市や町でユビキタスになっています。モバイルアプリケーションの利便性と手頃な価格のインターネットサービスの可用性は、その人気を高めています。マーケットリサーチフューチャー(MRFR)の世界ライドシェアリング市場レポートは、COVID-19パンデミックの中で業界の包括的な分析を提供し、評価期間(2021-2027)の価値と成長に関する予測を予測しています。


無料サンプルPDFパンフレット
https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/7444を入手 


競合分析

世界のライドシェアリング市場の著名なプレーヤーは次のとおりです。

  • ウーバー・テクノロジーズ(米国)
  • ケアレム (アラブ首長国連邦)
  • ディディ・チュクシン・テクノロジー(中国)
  • カル2ゴ (ドイツ)
  • グラブタクシーホールディングスプテ。(シンガポール)
  • カビファイ (スペイン)
  • ゲット (イスラエル)
  • オラ
  • タックスファイ(エストニア)
  • 株式会社ANIテクノロジーズ(インド)
  • Lyft Inc.(米国)

企業が収益を増やすことを目指す中で、パートナーシップとコラボレーションは急増しています。自動運転とベンチャーキャピタルの資金調達の実験は、プレイヤーと市場の価値をさらに増大させる可能性があります。

業界の最新情報

Lyftは、顧客に新しいインセンティブを提供し、収益を増やすためのライドシェアリングサービスの一環として、半自動運転車を導入するためにフォードと協力することを決定しました。


ライドシェアリングに関する詳細な市場調査レポート(135ページ)を閲覧

https://www.marketresearchfuture.com/reports/ride-sharing-market-7444


市場規模

酔っ払いnは、市場の需要を駆動するために死を駆動します

カリフォルニア大学バークレー校の研究者は、飲酒運転による運転関連死の3分の1を占めています。ライドシェアリング会社は、日中に比べて夜間により多くの命を救うことができます。顧客の安全に対する政府の懸念と、飲酒運転による死亡率を下げる取り組みは、ライドシェアリングの需要を押し上げる可能性があります。ライドシェアリングアプリケーションには、乗客の詳細を親戚やアソシエイトと共有するためのオプションが含まれています。

市場需要を推進するコスト意識

運転できない消費者や車両のコストの増加は、ライドシェアリングサービスの需要を押し上げることができます。都市のライフスタイルとトラフィックを削減する必要は、市場のためによく役立つことができます。燃料とメンテナンスコストの高さと都市の混雑した性質は、人々がこれらのサービスを適応させる方向に押し上げる可能性があります。

自動運転が貴重な機会となる

自律走行車は、さまざまな成功を収めたさまざまな地域でテストされています。コネクテッドカーの台頭と都市モビリティの進化は、ライドシェアリング企業の艦隊に含まれる可能性があります。自律走行車メーカーと配車会社とのパートナーシップとコラボレーションは、市場にとって有利な可能性があります。

市場成長を妨げる不快な出来事

見知らぬ人と一緒に乗るなどの不愉快な状況や痴漢のような不利な出来事は、市場の成長を妨げる可能性があります。女性乗客に関する多数の事件は、現場に展開する前に従業員に対して厳格な評価チェックを行っている配車会社に乗り込むにつながっています。


クエリを共有
 https://www.marketresearchfuture.com/enquiry/7444


セグメンテーション

リードするE-hailingセグメント

タイプ別に、市場は駅ベースのモビリティ、カーシェアリング、e-hailing、レンタカーに分類されています。 e-hailingセグメントは、いつでも乗車を予約する利便性のために、世界的なライドシェアリング業界をリードするように設定されています。の意識

配車会社のモバイルアプリケーションのサービスと普及は、セグメントの成長を強化することができます。

ICE車、ライドシェアリング市場で需要を指揮

車両タイプ別に、市場はLPGまたはCNG、ICE車両、電気自動車で走行中の車両にセグメント化されています。ICE車両セグメントは、ブラジル、中国、インドの経済で人気があるため、評価期間中に巨大な需要シェアを指揮することが予想されます。

主要企業が追うB2Cビジネスモデル

ビジネスモデル別に、ライドシェアリング市場はP2P、B2B、B2Cに分かれています。B2Cビジネスモデルは、Lyftなどの著名な配車会社が顧客に毎日の通勤のための乗り物を提供するため、巨大な市場シェアを獲得することが期待されています。乗客の不安の容易さとライダーの安全性を向上させるための機能の可用性は、セグメントの成長を大幅に促進することができます。

企業のライドシェアリングが主要な市場シェアを獲得

会員タイプ別に、ダイナミックライドシェアリング、固定ライドシェアリング、企業のライドシェアリングに分けられます。企業のライドシェアリング会員は、従業員のカープールの存在と様々なITおよびビジネスハブの出現により、ライドシェアリング業界の収益シェアの巨大な塊を獲得することができます。配達、食事、および企業の旅行管理のための特別割引のオファーは、セグメントのために好まれる可能性があります。

市場収益を獲得するためのアプリベースのサービス

サービス別に、Web およびアプリ ベース、アプリ ベース、および Web ベースに分かれています。アプリベースのサービスセグメントは、顧客の利便性とソフトウェアの使いやすいインターフェースのために市場をリードするように設定されています。

地域分析

北米は世界のライドシェアリング市場をリードすると推定

北米は、電気自動車の急速な発展とカーライディングサービスの採用により、世界市場をリードするに違いない。スマートフォンの普及率が高く、高速インターネットが地域市場の成長を促進します。人気の取り組みを活用して、ライドシェアリング企業は割引やゲームを通じて顧客を引き付けています。政府とサービス会社のパートナーシップだけでなく、市民への雇用の約束は、市場のために有利にオーガリーすることができます。

調査でカバー市場のセグメンテーション:

カーシェアリング、E-Hailing、レンタカー、駅ベースのモビリティ、車両タイプ(ICE車、CNG/LPG車、電気自動車)、ビジネスモデル(P2P、B2B、B2C)、地域別(北米、南米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ)


購入するには:
https://www.marketresearchfuture.com/checkout?currency=one_user-USD&report_id=7444 


市場調査の将来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)は、世界中の多様な市場や消費者に関して完全かつ正確な分析を提供し、そのサービスに誇りを持ってグローバル市場調査会社です。マーケットリサーチフューチャーは、最適な品質の研究ときめ細かい研究をクライアントに提供するという顕著な目的を持っています。製品、サービス、技術、アプリケーション、エンドユーザー、およびグローバル、地域、および国レベルの市場セグメントの市場プレーヤーによる市場調査により、お客様はより多くを見て、より多くを知り、そしてより多くのことを行い、あなたの最も重要な質問に答えるのに役立ちます。

私たちに従ってください:リンクトイン|囀る

 

市場調査の未来
1 628 258 0071(米国)
44 2035 002 764(英国)

電子メール: sales@marketresearchfuture.com
ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com

Contact Information:

Market Research Future
+1 628 258 0071(US)
+44 2035 002 764(UK)

Email: sales@marketresearchfuture.com
Website: https://www.marketresearchfuture.com