header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


物流市場は、2030年のグローバルリーダーであるDTDCエクスプレス・リミテッド(インド)、H・ロビンソン・ワールドワイド社(米国)、シェンカーAG(ドイツ)、GEODIS(フランス)、XPOロジスティクス株式会社(米国)、セバ・ホールディングスLLC(英国)、DHLインターナショナル・インターナショナル・インターナショナル・グローバル・リーダーによる6.8%のCAGRの成長が見込まれています。

Jan 7, 2022 3:00 PM ET

物流は有望な成長市場スペースであり、インドの大手調査会社であるマーケット・リサーチ・フューチャー(MRFR)は述べています。MRFRは、最近の調査レポートで、世界の物流市場は2030年までに指数関数的な評価に触れ、   予測期間中(2022-2030年)に7.2%のCAGRで成長すると主張しています。市場の成長は、国際貿易の拡大と世界経済に直接関係しています。

グローバルなサプライチェーンは絶えず変化しており、倉庫管理、セキュリティ管理、情報・在庫管理、材料処理、梱包、輸送などの統合ソリューションにおける技術の進歩により、長期的には業務が合理化されています。

有利な政府の通商政策は、既存のベンダーに大きな拡大機会を提供し、物流サービスの需要を高めます。同時に、経済改革と製造業の強化に向けた政府の取り組みは、莫大な投資を引き付けます。

専用貨物回廊、物流公園、自由貿易倉庫ゾーン、コンテナ貨物駅など、輸送・物流関連インフラの整備は、輸送効率の向上に役立っています。各国の政府は、国内外の貿易を増やし、雇用を創出し、物流コストと道路の混雑を減らすことで、経済競争力を高めるために努力しています。

無料サンプル PDF パンフレットを入手する

https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/5076

物流は、温度変動の影響を最小限に抑え、物理的な損傷から製品を保護し、製品の仕様を保ちながら、製品の仕様を保ちながら、温かみ、凍結、冷蔵を保つという因果関係を担っています。食品・飲料、化学、パーソナルケアなどの温度に敏感な製品を出荷するためにコールドチェーンを保存できる物流の用途の拡大は、市場規模を刺激します。

COVID-19 インパクト

COVID-19の流行は物流市場業界に深刻な打撃を与え、エンドユーザー産業に巨額の収益損失をもたらしました。また、コロナウイルス主導のロックダウンは、国内および国際市場内の取引を停止しました。しかし、物流市場はすぐに正常に戻り、特にヘルスケア部門からの需要が着実に増加しています。

世界中のコロナウイルスワクチンの流通活動の増加と並んで、ヘルスケア用品とCOVID-19ワクチンに対する絶え間ない需要が、物流市場シェアを拡大しています。医薬品メーカーがワクチンで世界の健康危機に対応する競争を繰り返す中、タイムリーな配達と流通の必要性は依然として優先事項です。

業界の動向

事業環境の改善やビジネスの容易さを実現した政策改革が、市場の成長に寄与します。また、人口増加や消費パターンの変化に伴い、急速なグローバル化により、世界各国の輸出入活動が増加しています。過去数年間の電子商取引の増加は、輸送収入をさらに押し上げました。

サプライチェーン全体で大きな成長を続けています。物流インフラは、2023年まで続くと予想される広大な発展です。サプライチェーンや物流の自動化は、一般的な傾向となっています。特に新しいサプライヤーと競合他社と政策改革との間の戦略的パートナーシップは、消費者主義の高まりとともに、すでに断片化しているサプライチェーンの複雑さを高めます。

ロジスティック・リーダーは、コラボレーション・スキルを向上させ、チームに適切な洞察を提供し、既存のシステム全体のサイロを排除することで、変化する環境に適応します。物流は幅広い製品へのアクセスを提供し、サプライチェーンの無駄や費用を削減し、プレミアムケアで質の高い顧客サービスを提供します。

ロジスティクス業界に関する詳細な市場調査レポート(100ページ)を閲覧  

https://www.marketresearchfuture.com/reports/logistics-market-5076

セグメンテーション:

物流市場分析は、輸送タイプ、ロジスティクスタイプ、エンドユーザ産業、地域に分けられます。輸送タイプ   セグメント   は、気道、水路、および

鉄道、道路。ロジスティクスタイプセグメント   は、第一者、第二者、第三者にサブセグメント化されます。その中で、サブセグメントの第二者物流が最大の市場シェアを占めています。

エンドユーザーセグメントは、工業、製造、小売、ヘルスケア、石油・ガスなどにサブセグメント化されています。その中でも、サブセグメントの製造業が最大の市場シェアを占めています。地域別に、市場はアジア太平洋地域、南北アメリカ、ヨーロッパ、その他の世界にサブセグメント化されています。

地域セグメンテーション

アジア太平洋地域は、世界の物流市場を支配し、国内外の市場での取引が増加しています。また、アウトソーシング物流サービスの採用が増加し、地域の市場の成長を促進します。輸出入の増加は、経済成長と都市化による物流サービスの巨大な需要と並んで、市場の成長にプラスの影響を与えます。

中国、日本、インド、オーストラリア、インドネシアなどの主要物流市場の中で、中国は最大の市場シェアを占めており、次いでインドが巨大な人口と大規模な製造拠点を占めています。さらに、この地域の物流産業における開発やアップグレードのための莫大な投資は、市場シェアを拡大します。

北米は、主に地域とほとんどのヨーロッパとAPAC諸国との間の貿易活動の増加により、物流の第2位の市場を占めています。さらに、急成長するeコマース部門と並んで製薬セクターからの需要の高まりが市場需要を牽引しています。最大の輸出入セクターを持つ米国は、地域市場を支配しています。


アナリスト@https://www.marketresearchfuture.com/ask_for_schedule_call/5076に話す 

欧州の物流市場は、世界的に収益性の高い市場として登場しています。外国製品の需要の増加は、地域の貿易関係を強化しています。さらに、製薬産業用製品部門向けの物流ソリューションの普及により、地域の市場シェアが拡大しています。製造業の成長と、この地域での電子商取引ビジネスの増加は、市場の成長を後押しします。

競合分析

物流市場では、コラボレーション、合併・買収、拡大、製品発売など、いくつかの戦略的アプローチを目の当たりにしています。業界のトッププレーヤーは、研究開発活動に戦略的な投資を行い、その拡張計画を促進します。

インドは、世界中の取引拠点になりつつあります。この国は、商品やサービスの国際輸出にとって戦略的に重要であり、総額は重要な評価です。国際的なプレーヤーは、インドでのプレゼンスを高めることによって、グローバルなフットプリントを拡大するよう努めています。

例えば、2021年4月1日、新興市場間の取引機会を増やすロイヤルティプログラムであるワールド・ロジスティクス・パスポート(WLP)は、インドでの拡大を発表し、ハイデラバード州を第2のハブとして追加し、ハイデラバード空港で事業を展開する2つのGMRグループの子会社と提携しました。GMRグループ(グランディ・マリカルジュナ・ラオグループ)は、官民パートナーシップモデルを採用しています。

また、インドでは複数のインフラプロジェクトを実施しています。2021年2月3日、WLPはムンバイ国際空港、ニャバ・シェバ国際コンテナターミナル、エミレーツ・スカイカーゴと提携し、世界中の貿易の円滑化に向けた専門知識を共有しました。

インドはまた、軍事物流統合を拡大する予定です。2021年4月1日、インド軍は、安全保障上の脅威が高まる中、軍の資源を最大限に活用するための待望の劇場化計画を正式に展開し、防空司令部と海事劇場司令部は5月までに開始される予定である。

カスタマイズの要求 @ https://www.marketresearchfuture.com/ask_for_customize/5076 

ロジスティクス市場レポートでプロファイリングされた主なプレーヤーには、次のものがあります。

  • セバホールディングス株式会社(イギリス)
  • C.H. ロビンソン・ワールドワイド株式会社 (米国)
  • フェデックス株式会社(米国)
  • エクスペディアダス・インターナショナル・オブ・ワシントン(米国)
  • 株式会社XPOロジスティクス(米国)
  • DHL インターナショナル GmbH (ドイツ)
  • A.P. モラー・マースク (デンマーク)
  • DSVグローバル輸送・物流(デンマーク)
  • シェンカー AG (ドイツ)
  • DTDCエクスプレス・リミテッド(インド)、および
  • ジオディス(フランス)

とりわけ。

関連レポートの参照:

市場調査の将来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では、調理調査レポート(CRR)、中途半端な研究レポート(HCRR)、生研究レポート(3R)、連続飼料研究(CFR)、市場調査コンサルティングサービスを通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明することを可能にします。MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供することを最も高い目標としています。コンポーネント、アプリケーション、ロジスティクス、およびグローバル、地域、および国レベルの市場セグメントの市場プレーヤーによる市場調査は、お客様がより多くを見て、より多くを知り、より多くのことを行うことを可能にし、最も重要な質問に答えるのに役立ちます。

接触:

市場調査の未来®

99 ハドソン ストリート 5階

ニューヨーク、ニューヨーク10013

アメリカ合衆国

電話:

1 628 258 0071(米国)

44 2035 002 764(英国)

電子メール: sales@marketresearchfuture.com

ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com


Keywords:  Logistics,Logistics Market,Logistics Industry,Logistics Market Size,Logistics Market Share,Logistics Market Growth,Logistics Market Trends,Logistics Market Forecast,Logistics Market 2022,Logistics Market Analysis