header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


脂肪アルコールエトキシレート市場2022、包括的な研究レポート、業界規模、活況を呈するシェア、主要プレーヤーレビュー、驚異的な成長とビジネスの後押し戦略2030年まで

Jan 7, 2022 3:34 PM ET

市場規模:

脂肪アルコールエトキシレート市場は、予測期間中(2016-2030年)に4.2%のCAGRで急騰する。

市場の要因と成長要因:

軟膏やクリームの取り付け販売は、脂肪アルコールエトキシレートがこれらの製品の主要な成分であるため、市場を支持することが期待されています。その後、湿潤剤や消泡剤を含む産業用途における製品需要の急増は、長期的には市場にとって驚異を行うに違いない。

メーカーは、一連の化学反応を持つ製品の異なるタイプにエチレンオキシドを変換します。メーカーはまた、消費者の要求に対応し、また、収益を拡大する製品の広い範囲と一緒に脂肪アルコールエトキシレートの大量を生産しています。これらは、レビュー期間中に市場の有利な実行を担当する主要な要因として識別されています。.

このレポートの無料サンプルを入手する @ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/3860

現在、消費者は環境に配慮した安全な製品の使用に重点を置き、より高い価格の製品を求める準備ができています。洗剤や低泡洗浄剤に使用される脂肪アルコールエトキシレートの需要の急増は、次の年に市場のための驚異を行うことが期待できます。

リーディングカンパニー:

世界の脂肪アルコールエトキシレート市場のリーディングカンパニーには、リンプロ-インド(インド)、BASF SE(ドイツ)、ハンツマンインターナショナルLLCなどがあります。(米国)、クラリアント(欧州)、ユニトップケミカルズPvT(インド)、アクゾ・ノーベルN.V.(オランダ)、グジャラート・ケミカルズ(インド)、P&Gケミカルズ(米国)、エコグリーン・オレオケミカルズ(ドイツ)、シュリー・ヴァラブ・ケミカルズ(インド)など

業界の更新:

2022年6月

2022年7月から、Bluesignは、再毒性、変異原性または発がん性を有すると考えられる繊維補助剤を含む完成品の黒い制限をリリースする予定です。ブルーサインシステムブラックリミット(BSBL)は、エチレンオキシド、アクリロニトリルまたはアクリルアミドなどの化学物質と一緒に繊維染料に使用されるモノマーに加えて、POP(持続的な有機汚染物質)規制の一部である他の物質に統合することが期待されています。

市場セグメンテーション:

世界の脂肪アルコールエトキシレート市場 は、誘導体、アプリケーション、およびエンドユーザーに基づいてセグメント化されています。

市場における誘導体依存性セグメントは、ラウリルアルコールエトキシレート、セトステアリルアルコールエトキシレート、ステアリルアルコールエトキシレート、ベヘニルアルコールエトキシレート、オレイルセチルアルコールエトキシレート、トリデシルアルコールエトキシレート、その他である。

アプリケーションに関しては、市場は、精査、洗浄、乳化、発泡、および他のために考えることができます。

レポートに記載されているエンドユーザーは、繊維、農業、パーソナルケア、家庭、紙などをカバーしています。

地域分析:

脂肪アルコールエトキシレートの主要市場は、アジア太平洋(APAC)、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、北米です。

アジア太平洋地域は、主に家庭やパーソナルケア業界で、中産階級の一人当たりの収入の増加に支えられ、最大の脂肪アルコールエトキシレート市場として登場します。現代のライフスタイルの普及、生活費の増加、人口の拡大は、農業、繊維、家庭、パーソナルケアなどのいくつかの産業で界面活性剤の採用を高めています。その結果、地域市場は評価期間中に非常に収益性の高い実行をマークすると見なされます。

ヨーロッパは、第2位の脂肪族アルコールエトキシレート市場として、英国(英国)、イタリア、ドイツ、フランスが主導しています。地域市場は、パーソナルケア部門内の環境に優しい製品に対する需要が高いため、今後数年間で大幅な利益を期待することができます。EU加盟国は、衣料品に存在するNPE有毒物質の使用を禁止し、その過程で市場規模を拡大している。

世界の脂肪アルコールエトキシレート市場の第3位のシェアを持つ北米は、カナダとメキシコの米国が先導します。これらの国々は、脂肪アルコールエトキシレートの需要に関して市場の最前線にあります。興味深いことに、中東とアフリカはラテンアメリカと共に、次の年に世界の脂肪アルコールエトキシレート市場でかなり健全な成長を示したと宣伝されています。この成長は、評価期間中にのみ良くなります, 貿易プンディットは予測します.

47マーケットデータテーブルと13ページで137ページにわたる主要な業界インサイトを閲覧レポートの図とチャート,脂肪アルコールエトキシレート市場情報 – 誘導体別 (ラウリルアルコールエトキシレート, セトステアリルアルコールエトキシレート、ステアリルアルコールエトキシレート、ベヘニルアルコールエトキシレート、オレイルセチルアルコールエトキシレート、トリデシルアルコールエトキシレートなど)、用途別(精練、洗浄、乳化、泡立ち、その他)、エンドユース産業(テキスタイル、農業、パーソナルケア、家庭用、紙など)、地域別 コンテンツの目次と一緒に詳細に@ https://www.marketresearchfuture.com/reports/Fatty アルコールエトキシレート市場-3860

市場調査の未来
オフィスNo.528、アマナチャンバー
マガルパッタロード、ハダプサル、
プネ – 411028
マハラシュトラ州(インド)
1 646 845 9312
電子メール: sales@marketresearchfuture.com

Contact Information:

Market Research Future
Office No. 528, Amanora Chambers
Magarpatta Road, Hadapsar,
Pune - 411028
Maharashtra, India
+1 646 845 9312
Email: sales@marketresearchfuture.com

Keywords:  Fatty Alcohol Ethoxylates Market