header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


次世代のワイヤレス通信市場規模、シェア、競合分析、研究方法論、急速な成長、早送り研究|COVID-19効果

Jan 12, 2022 9:00 PM ET

市場ハイライト

市場調査未来レポート(MRFR)の調査によると、世界の次世代無線通信市場は、調査期間中に重要なCAGRで発展する可能性があります。買い物客ハードウェアの受信の拡大は、世界の次世代無線通信市場2020を牽引しています。ウェブの着実な進歩やその他の通信の進歩に伴い、通信市場は本質的にアップグレードされました。次世代コミュニケーションは、このようなパターンの最も優れたイラストです。グローバルな次世代通信技術は、近づいている時間枠で巨大な発展に遭遇するために依存しています。オンラインビジネス、IoTなどの革新的な進歩により、最先端のリモート市場は本質的に発展し、関心は印象的に拡大しています。多目的なビジネスの活発な発展、バイヤーのニーズの高まり、新しい行政やアイテムの進歩は、世界レベルでの市場の拡大に役立っています。いずれにせよ、進歩と基盤の重要な費用は、市場の世界的な発展のブロックになることができます。

Next Generation Wireless Communication Market

無料サンプル @https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1148を入手する 

セグメンテーション:

世界の次世代無線通信市場は、アプリケーション、技術、地域に基づいて分離することができます。

アプリケーションに基づいて、世界の次世代無線通信市場は、産業、電気通信、コンシューマーエレクトロニクス、小売、自動車、航空宇宙&防衛、ヘルスケアに分離することができます。

技術に基づいて、世界の次世代無線通信市場は、デジタルテレビ放送、無線LAN、3G、5G、WiMAX、4G LTE、Wi-Fi&Bluetooth、その他いくつかの市場に分離することができます。

地域に基づき、世界の次世代無線通信市場は、ヨーロッパ、北米、アジア太平洋、その他の世界に分離することができます。

地域分析

ヨーロッパ、北米、アジア太平洋、その他の世界(RoW)の地理分析が行われました。分析によると、北米市場は次世代無線通信の市場をリードしています。この地域の技術開発により、市場は非常に速いペースで拡大しています。カナダや米国のような先進国の存在とともに、技術、技術の採用、技術の革新の面で世界を支配しています。今日、北米は市場シェアが大きく、市場価値は大きい。2番目のポジションは欧州市場によって達成されます。これは、ワイヤレス通信のための第二の最も収益性の高い市場であり、市場シェアのかなりの量を保持しています。APAC地域は、有望なCAGRを持つ最も急成長している地域であることが証明されています。インド、日本、中国などの発展途上国の存在により、アジア太平洋地域は猛烈なペースで発展しています。アジア諸国の絶え間ない発展は、アジア太平洋地域における市場拡大の主な理由です。

主なプレーヤー

次世代無線通信市場の第一線のプレーヤーはクアルコム(米国)です。ファーウェイ(中国)、AT&T(米国)、IBMコーポレーション(米国)、シスコシステムズ(米国)、NEC(日本)、ネットギア社(米国)、インテルコーポレーション(米国)、ZTEコーポレーション(中国)、エリクソン(米国)など

業界ニュース

2020 年 4 月、Wi-Fi は 20 年間で最も重要なアップグレードを受けています。連邦通信委員会は、2.4 GHzと5GHzを超えるルータブロードキャストを可能にするのと同じ規制である無認可使用のために、6GHz帯のスペクトルのプロットを開くことに賛成票を投じた。

2020年4月、米国に拠点を置くテレビプロバイダーであるDISH Network Corpは、テキサス州に拠点を置く5Gネットワーク向けモバイルネットワークソフトウェアプロバイダーであるMavenirとの契約を発表しました。ディッシュネットワークは、米国の大手3社の通信大手を引き受けるために、2023年までに5Gネットワークを構築することを誓った。

完全レポート @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/next-generation-wireless-communication-market-1148を参照する

世界の次世代無線通信市場情報:技術別(ワイヤレスLAN、3G、4G LTE、5G)、アプリケーション別(コンシューマーエレクトロニクス、電気通信、航空宇宙・防衛、小売、自動車、ヘルスケア) – 2027年までの予測

市場調査の将来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では調理調査レポート(CRR)、中途半端なリサーチレポート(HCRR)、生研究レポート(3R)、連続飼料研究(CFR)、市場調査&コンサルティングサービスを通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明することを可能にします。

MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供することを最も高い目標としています。当社の市場調査は、製品、サービス、技術、アプリケーション、エンドユーザー、およびグローバル、地域、および国レベルの市場セグメントの市場プレーヤーによる調査を行い、お客様がより多くを見て、より多くを知り、より多くのことを行うことを可能にし、最も重要な質問に答えるお手伝いをします。

市場調査の未来(Wantstatsリサーチ・アンド・メディア・プライベート・リミテッドの一部)

99ハドソンストリート、5階

ニューヨーク、NY 10013

アメリカ合衆国

1 628 258 0071 (米国)

44 2035 002 764 (英国)

電子メール: sales@marketresearchfuture.com

ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com


Keywords:  Next Generation Wireless Communication Market,Next Generation Wireless Communication Market Analysis,Next Generation Wireless Communication Market Size,Next Generation Wireless Communication Market Share,Next Generation Wireless Communication Market Growth,Next Generation Wireless Communication Market Research