header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


360度カメラ市場収益、開発戦略、成長ポテンシャル、分析、ビジネス流通

Jan 12, 2022 8:40 PM ET

市場規模

世界の360度カメラ市場2020は、2025年までに2,130百万米ドルの評価額を得る可能性があると、市場調査未来(MRFR)は見積もっています。MRFRはまた、市場の進歩率を28?トゥイーン2019および2025(レビュー期間)と評価しています。我々は、コロナウイルス病の流行に関する広範な市場評価を提供し、報告書と共にcovid-19影響分析を提供する。

トップドライバーと主な課題

COVID-19の流行以来、世界経済はほぼ景気後退に達しており、360度カメラ市場は金融への影響にますます対処しています。写真は必需品というより贅沢だと考えられているので、消費者の可処分所得に合わせて需要は変動し続けています。不況後のパンデミックの出現に伴い、専門家は需要の減少に注意するために写真サービスを投影します。通常の顧客を持ち、一般的に360度カメラの需要が高い強力なブランドを持つ市場プレーヤーは、他の業界と比較して影響を少ないと感じることができます。世界はSARS-CoV-2の悪影響を受けていますが、COVID-19のブレークスルーが達成されるとすぐに収益損失は逆転し、ロックダウンが高まり、経済が回復するとすぐに収益損失が回復する可能性があります。さらに、360度カメラ市場は、新しいコロナウイルスの影響にもかかわらず浮いたままであり、製品コストに関する柔軟性を考えると、レストランや小売店などの中小企業と比較して堅牢性を維持することが期待されています。

360度カメラは主に自動車用途で使用され、ドライバーが安全に車を駐車するのを助けます。日産とトヨタは、360度カメラの早期導入者の一人であり、ドライバーと乗客の安全を確保するために、この最新技術を車に装備するようになっています。例えば、2020年6月、トヨタカローラクロスSUVが今年アジアでデビューするとの報道が出ている。トヨタのSUVは間もなく発売され、リバースカメラ、自動AC、死角センサー、9インチタッチスクリーンインフォテインメントシステムと共に、高度な360度カメラを搭載する予定です。トヨタは、今後、インドでの自動車ユーザー数の増加を考えると、インドでの発売に向けて世界的なSUVレンジを模索する予定です。

360 Degree Camera Market

拡張現実/AR)やバーチャルリアリティ/VRなどの最新技術は、360度のビデオと写真と統合され、マーケティング中に製品の魅力を高め、没入感の高い経験を持つユーザーを有望にしています。たとえば、Facebookは最近、360件の広告がマーケティングにとって重要な側面となっている動画広告に焦点を移しました。したがって、高度な技術の統合の増加は、次の年に360度カメラの市場成長の大きな増強になる可能性があります。

レポート @ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/3688の無料サンプルコピーを入手

市場セグメンテーション

360度カメラ業界は、接続タイプ、解像度、カメラタイプ、垂直と同様に考慮されています。

レポートで調査された主要な接続タイプには、有線と無線が含まれます。

解像度に関する市場カテゴリには、超高精細(UHD)と高精細(HD)が含まれます。

市場調査で説明されているカメラの種類は、個人的かつ専門的です。

360度カメラの使用が増加している主な分野は、軍事と防衛、メディアとエンターテイメント、自動車、旅行や観光、ヘルスケア、商業、および多くです。

地域研究

360度カメラ市場の地理解析は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米で研究されています。

現在、北米は、米国とカナダで拡張現実ゲームとバーチャルリアリティゲームの人気が高まっているおかげで、360度カメラ市場に向かっています。この地域のARとVRゲームベンダーの巨大なプールは、地域産業にも利益をもたらします。スマートデバイスの取り込みの急増と、この地域でのワイヤレス360度カメラの登場は、今後数年間で市場で大きな収益を生み出す要因となり得ることが期待されています。

欧州市場は、自動車セクターにおけるアプリケーション範囲の上昇、高い顧客支出、金融健全なエンドユーザーが地域に存在することを考えると、評価期間中に著しく拡大する予定です。

APACはインド、日本、中国でバーチャルリアリティと拡張現実技術の使用が増加した結果、今後数年間で最も速いペースで繁栄する可能性があります。産業、ヘルスケア、家電、自動車などの多様な業界で360度カメラが取り込まれると、地域市場のもう一つの成長要因になると予想されています。

トップ業界のプレーヤー

報告書に掲載されている業界のトッププレーヤーは、GoPro, Inc.(米国)、ブブルテクノロジー株式会社(カナダ)、ニコン(日本)、ライロ社(米国)、LGエレクトロニクス株式会社(韓国)、サムスン(韓国)、リコーカンパニー(日本)、イーストマンコダック社(米国)、Insta360.com(中国)、Insta360.com(中国)、360fly(米国)などです。

360度カメラ市場で株式を持ついくつかのプレーヤーには、Freedom360(米国)、ヒューマニ(イスラエル)、ジャント(米国)、パナソニック(日本)、ソニー(日本)、デジタルドメインプロダクション(米国)、YIテクノロジー(米国)、イマービジョン(カナダ)、パノノ(プロフェッショナル360GmbH)(ドイツ)、深センハトアテクノロジー株式会社(中国)、フェイスブック(中国)などがあります。

レポートの完成 @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/360-degree-camera-market-3688

360度カメラ市場調査レポート:コンポーネント別(ハードウェア、プロセッサ、バッテリー、メモリデバイス、その他)、ソフトウェア、接続タイプ(有線、無線)、解像度(高精細、超高精細)、カメラタイプ(パーソナル、プロフェッショナル)、垂直(メディア&エンターテイメント、軍事&防衛、旅行&観光、自動車、商業、ヘルスケア、その他)、地域(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、世界の残りの部分)

市場調査の将来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)は、世界中の多様な産業と消費者の詳細で信頼性の高い研究を提供し、そのサービスに大きな喜びを取るグローバル市場調査会社です。MRFRの方法論は、独自の情報をさまざまなデータソースと統合し、クライアントに現在の主要なトレンド、今後のイベント、およびそれらの側面に基づいて実行するステップを包括的に理解できるようにしています。

急速に拡大する市場調査会社は、技術や経済の動向に関する有用な分析とデータを提供する研究アナリストの有能なチームによって支援されています。当社のアナリストは、産業訪問を行い、影響力のある市場プレーヤーから貴重な情報を収集します。私たちの主な目標は、お客様に様々な市場で新しい機会と課題を知らせ続けることです。当社は、経営上の意思決定と実践的な意思決定に到達するための戦略的およびコンサルティングサービスを通じて、大切なクライアントに段階的な支援を提供します。

市場調査の未来(Wantstatsリサーチ・アンド・メディア・プライベート・リミテッドの一部)
99ハドソンストリート、5階
ニューヨーク、NY 10013
アメリカ合衆国
1 628 258 0071 (米国)
44 2035 002 764 (英国)
電子メール: sales@marketresearchfuture.com
ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com

Contact Information:

Market Research Future (Part of Wantstats Research and Media Private Limited)
99 Hudson Street, 5Th Floor
New York, NY 10013
United States of America
+1 628 258 0071 (US)
+44 2035 002 764 (UK)
Email: sales@marketresearchfuture.com
Website: https://www.marketresearchfuture.com
Keywords:  360 Degree Camera,360 Degree Camera Market,360 Degree Camera Market Size,360 Degree Camera Industry,Market Research Future,360 Degree Camera Market Growth