header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


2026年までにヘルスケアチャットボット市場のCAGRは19.5%、推定5億4,365万米ドルの成長

Jan 13, 2022 5:19 PM ET

ヘルスケアチャットボット市場は、2026年までに19.5%の高いCAGRで5億4,365万米ドルを稼ぐと推定されています。持続的な疾患率の上昇と熟練したスタッフの不足は、予測期間中のヘルスケアチャットボット市場規模の進歩に勢いを加すと推定されています。

ヘルスケア技術の発展は、ヘルスケアチャットボットの市場シェアを引き出すと推定されています。市場のレポートは、世界市場の見通しを提供するMRFRに従って効率的に分析されます。

無料サンプルコピーの依頼: https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/6476

healthcare chatbots

セグメント分析

ヘルスケアチャットボット市場のセグメント調査は、コンポーネント、展開、アプリケーション、地域、およびエンドユーザーに基づいて行われます。ヘルスケアチャットボット市場のコンポーネントセグメントは、ソフトウェアとサービスで構成されています。ヘルスケアチャットボット市場の展開セグメントは、オンプレミスとクラウドベースで構成されています。ヘルスケアチャットボット市場のアプリケーションセグメントは、予約のスケジューリング、投薬支援、医療ガイダンスで構成されています。ヘルスケアチャットボット市場の地域セグメントは、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア太平洋、中東、アフリカで構成されています。ヘルスケアチャットボット市場のエンドユーザー展開セグメントは、医療機関と保険会社で構成されています。

地域の概要

ヘルスケアチャットボット市場の地域レビューは、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア太平洋、中東、アフリカで構成されています。欧州連合(EU)は、技術の進歩に対する意識の高まりと仮想アシスタントの普及により、これらすべての地域で最大の成長率を誇っています。アメリカ大陸は、それほど遅れていません。人工知能への投資が大きく、ヘルスケアチャットボット業界は急速に拡大しています。アジア太平洋地域も技術の進歩により急速に成長しており、この地域のチャットボットに関する知識の増大に伴い、ヘルスケア業界の高い成長率が期待されています。インド、日本、中国はいずれも急速な拡大を見ています。

競合分析

市場の高収益意思決定への焦点の高まりは、今後数ヶ月で正常な状態への復帰を急ぐと予想されます。テクノロジーと戦略ベースのアプローチを使用すると、将来の成功の可能性が高まる可能性があります。多くの政府機関は、自国市場の回復を支援するために財政刺激策を提供しており、世界的な需要を押し上げると予想されています。業界の成長は、強力な電子商取引および小売チャネルの構築に対する市場企業の投資によって促進されると予想されます。世界市場を形成している改革的な傾向は、市場を持ち上げることが期待されています。次の数ヶ月で、強力なデリバリーチェーンの作成は、開発を加速することが期待されています。イノベーション率の上昇は、新たな市場機会を開くと予想されます。企業は、COVID-19後の将来に向けてテクノロジーとイノベーションに投資したいと考えており、次の大きな激動に向けて回復力を維持する必要があります。しかし、多くの企業は、パンデミックの成長能力の中で導入されたリスクや潜在的な脆弱性の遅延にまだ対処していません。いくつかの国際貿易協定の締結は、市場の経済の拡大を後押しすると予想される。

ヘルスケアチャットボット市場の有名な企業は、センス、 株式会社(米国)、M.D.(英国)、ブイヘルス株式会社(米国)、インファーメディカ(ポーランド)、PACTケアB.V.(オランダ)、ヘルスタップ社(米国)、バビロンヘルス(英国)、エイダヘルスGmbH(ドイツ)、ウーボットラボ株式会社(米国)、COM(米国)

業界の最新情報:

2021年7月、インド政府のアドバイザリー機関であるサピオ・アナリティクスの支店であるサピオ・スマート・ヘルスケアは、同国の農村部や遠隔地の患者を支援するチャットボットを開発しました。ニュースリリースによると、AKSサピオメドボットは、患者が医療相談の前に治療を受ける際に彼らを支援しながら、彼らの「地元と個人的な」懸念を理解するのを助けるために作成されました。サピオアナリティクスは、インドの小さな町や村で包括的で簡単にアクセスできる医療システムを提供することを目指しています。その戦略には、感度を持つケアを提供するが含まれます。

ソルトレーク・シティーに拠点を置く2021年7月インターマウンテン・ヘルスケアは、25の病院を所有し、2020年春にCOVID固有のAIチャットボットであるスカウトを立ち上げました。最初の2週間で、症状チェック患者アシスタントは、1日あたり9,000以上の取引所の割合で157,000人以上の人々と関わっていました。スカウトは、この迅速な採用により、人々が処理する通話の数を30%削減することができました。COVIDのスクリーニングは、連絡先の90%以上で完了しました。

COVID-19 影響分析で詳細な TOC を参照する : https://www.marketresearchfuture.com/reports/healthcare-chatbots-market-6476

市場調査の将来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では、お客様が調理調査レポート(CRR)、ハーフクックドリサーチレポート(HCRR)、コンサルティングサービスを通じて、さまざまな業界の複雑さを解明することを可能にします。MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供することを最も高い目標としています。

市場調査の未来(Wantstatsリサーチとメディアプライベートリミテッドの一部)

99ハドソンストリート、5Thフロア、ニューヨーク、ニューヨーク10013、

アメリカ合衆国

1 646 845 9312

電子メール: sales@marketresearchfuture.com

Contact Information:

Market Research Future (part of Wantstats Research and Media Private Limited),

99 Hudson Street,5Th Floor, New York, New York 10013,

United States of America

+1 646 845 9312

Email: sales@marketresearchfuture.com
Keywords:  Healthcare Chatbots Market,Healthcare Chatbots Market Trends,Healthcare Chatbots Market Industry,Healthcare Chatbots Market News,Healthcare Chatbots Market Research