header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


日本家畜輸出推進協議会による特別和牛体験

Jan 14, 2022 2:19 PM ET

ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークのレストランで和牛を使った新メニューを紹介 世界的に有名な和牛の美しさを強調するため、日本家畜輸出推進協議会では、特別和牛体験を開催しています。 このイベントでは、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークのレストランでトップシェフのレシピが登場し、和牛の新しい魅力的な側面を探索する機会を提供します。 このイベントの詳細を紹介するビデオは、EST 3PM / PST 12 PMで2022年1月14日にアメリカのメディアに公開されます 和牛は、品種の中でユニークな口の中で溶けた感覚を作り出す強烈な筋肉内マーリングとトップクラスの牛肉として世界的に有名です。和牛は、選択的な育種と独自の日本の方法で開発され、魅力的な香りと豊かな風味を持っています。 和牛は、リブアイやサーロインを含む人気の高い「ロースカット」のイメージを想起させることがよくありますが、ショルダークロッド、チャックロール、ショートプレート、ラウンドなど、多様で興味深いカットがあります。日本では、これらのカットは、彼らの極端な人気のプライムロースカットに匹敵します。このイベントでは、ラウンドカットを使用して開発されたレシピが登場します。これらのカットは無駄のないが、彼らは十分な霜降りを持っており、ロースト、バーベキュー、しゃぶしゃぶに使用するのに最適な柔らかく、まだ肉質の風味を提供しています。彼らはほとんどすべての準備方法に完全にマッチしています。 和牛の品質は、食品の安全性に対する優れた注意にも見られます。日本では、和牛の各頭部は、認定システムの下で個別に追跡可能です。認定和牛の輸出に関する情報は、15言語のQRコードを通じて容易に入手でき、和牛の消費者に品質と安全性を保証します。 特別和牛体験は、消費者が和牛を体験し、QRコード和牛トレーサビリティシステムを使用することができます。QRコードは、和牛の飼育場所、加工日、肉質グレード、血統に関する豊富な情報を消費者に提供します。 (1)記者会見詳細 日時:EST午後3時/PST 12時から2022年1月14日 プレスリリース動画のURL:https://www.youtube.com/watch?v=a09p8LqmVXE メディアリリース日:EST 4 PM/PST 1 PMから2022年1月14日 (2)記者会見内容

  1. 紹介
  2. 日本の畜産製品輸出推進協議会(和牛ラウンドカットプロジェクトを含む)2021年の取り組み
  3. レシピ開発スニークピーク
  4. 和牛体験イベントについて
  5. 結論

(3)写真や映像をダウンロード https://drive.google.com/drive/folders/1wOzvLMbCtnYFcmLir3_gLmNbzklIZr3O?usp=sharing スペシャル和牛体験イベント詳細

  • 参加レストランは公式キャンペーンウェブサイトに掲載され、ダイナーは最寄りのレストランを検索できます。(URL: https://en.beef-japan.jp/ *完全なリストは2022年1月14日に利用可能になります)
  • 対象の特別メニュー項目を注文するダイナーは、レストランスタッフが食事体験を詳述して料理に関するアンケートを記入するよう招待されます。

*何か不明な場合は、レストランスタッフにお問い合わせ頂けます。 ※各レストランの和牛料理を提供した場合は、イベントが完了したと見なされます。 詳細は以下の施設にお問い合わせください。 プレスコンタクト:ブラボーワークス株式会社 Yoshihito@bravoworks.jp 日本畜産輸出推進協議会(J-LEC) JLECは、日本の畜産や肉・卵生産業に関する情報を世界と共有する複数の地方の自治体の代表者からなる日本の組織です。 J-LECウェブサイト: http://jlec-pr.jp/en/ 特別和牛体験イベントサイト :URL:https://en.beef-japan.jp/ インスタグラム: @beef_japan_official フェイスブック :https://www.facebook.com/Beef-Japan-101603855192050

Contact Information:

Name: Yoshihito Hashitate
Email: Yoshihito@bravoworks.jp
Job Title: Manager