header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


レーザープロジェクター市場:|83.2億米ドルを突破市場詳細分析、規模、シェア、世界動向、将来範囲、成長インサイト、機会、予測2030

Apr 22, 2022 6:27 PM ET

レーザープロジェクターの世界市場規模

世界の レーザープロジェクター市場は 、予測期間の終わりまでに83.2億米ドルに達し、年平均成長率(CAGR)は16.37%に達すると予想されています。2018年の評価額は29.3億ドル。

メンテナンスの低さから大学、映画館、住宅所有者によるレーザープロジェクターの採用は、市場の需要を牽引することができます。RGBレーザープロジェクターの需要の高まりは、市場リーダーにとって好都合です。最近、オプトマは超高精細(UHD)形式で画像を配信するためのCinemaX P2超短焦点レーザープロジェクターを発売しました。また、モバイルアプリケーションを使用して制御することもでき、GoogleアシスタントやAmazon Alexaなどの音声アシスタントと互換性があります。

で無料サンプルコピーを入手: https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/8339

レーザープロジェクターは、画面に画像を投影することができる照明装置です。低メンテナンス、長い明るさ、耐久性の利点は、企業や企業の間でその需要を誘発する可能性があります。Market Research Future(MRFR)によるレーザープロジェクターの世界市場レポートは、業界をより深く見て、2018年から2023年(評価期間)までの動向を予測しています。COVID-19の発生と生産への影響を詳細に分析します。

COVID-19のパンデミックは、政府が大企業の閉鎖と群衆の集まりを世界的に宣言したため、レーザープロジェクターの需要を鈍化させました。また、製造業の需要も停止しています。しかし、ロックダウンの緩和ルールと遊園地や娯楽施設の再開は、レーザープロジェクターの需要を牽引する可能性があります。

セグメンテーション

世界のレーザープロジェクター市場は、照明タイプ、解像度、垂直に基づいてセグメント化されています。

照明タイプにより、

  • レーザー蛍光体、
  • ハイブリッド, RGBレーザー,
  • レーザーダイオード、および
  •  

解像度によって、

  • XGA (1024 x 768 ピクセル)、
  • WXGA (1280 x 800 ピクセル),
  • HD (1920 x 1080 ピクセル),
  • 4K (4096 x 2160 ピクセル)、および
  •  

垂直に基づいて、

  • 小売
  • メディア&エンターテイメント,
  • 医療
  • 教育
  • 産業、および
  •  

地域分析

地域別に見ると、世界のレーザープロジェクター市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋(APAC)、中東・アフリカ(MEA)、中南米に分かれています。

アジア太平洋地域は、世界のレーザープロジェクター市場を支配し、北米、ヨーロッパ、その他の地域が続くと推定されています。中国、日本、韓国のスタジアム、遊園地、公共の場でのレーザープロジェクターの需要は、この地域のレーザープロジェクター市場の成長に起因しています。さらに、4Kおよび8K品質のレーザープロジェクターなどの技術的進歩は、市場の需要を加速させました。メーカーによる投影と画質の開発は、レーザープロジェクターに対する大きな需要を誘発する可能性があります。

一方、北米は、高輝度レーザープロジェクターに対する消費者の意識の高まりにより、最も速い成長を目撃すると予想されています。これに加えて、学習体験を向上させるために学校や大学でレーザープロジェクターが採用されたことは、この地域のレーザープロジェクターの成長に貢献しています。

競争の見通し

  • ソニー株式会社
  • LG電子,
  • リコー、
  • キヤノン株式会社
  • パナソニック株式会社、
  • セイコーエプソン株式会社、
  • オプトーマ、バルコ、
  • 谷間
  • NECディスプレイソリューションズ、
  • ベンQ アメリカ コーポレーション
  • クリスティデジタルシステムズUSA, Inc.、
  • デルタエレクトロニクス株式会社
  • シャオミ、および
  • 日立デジタルメディアグループ

完全なレポートの詳細は、https://www.marketresearchfuture.com/reports/laser-projector-market-8339 で入手できます

市場調査の未来について:

Market Research Future(MRFR)では、Cooked Research Report(CRR)、Half-Cooked Research Reports(HCRR)、Raw Research Reports(3R)、Continuous-Feed Research(CFR)、Market Research & Consulting Servicesを通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明できるようにします。

MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供するという最高の目的を持っています。当社の市場調査は、製品、サービス、技術、アプリケーション、エンドユーザー、およびグローバル、地域、市場プレーヤーによる、国レベルの市場セグメントにより、お客様がより多くのことを見て、より多くのことを知り、より多くのことを行うことができ、最も重要な質問すべてに答えるのに役立ちます。

また読む:

https://www.scutify.com/articles/2022-04-22-factory-automation-sensor-market-share-research-report--global-forecast-to-2030

https://telescope.ac/factory-automation-sensor-market-share-research-report---global-forecast-to-2030-AVwm26dLF https://indutryanalysis.tumblr.com/post/682230122273767424/factory-automation-sensor-market-share-research

 https://indusrtyreports.wordpress.com/2022/04/22/factory-automation-sensor-market-share-research-report-global-forecast-to-2030/

接触:        Market Research Future (Wantstats Research and Media Private Limitedの一部) 99ハドソンストリート、5階 ニューヨーク, NY 10013 アメリカ合衆国 1 628 258 0071 (米国) 44 2035 002 764 (英国) メール: sales@marketresearchfuture.com  ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com

Keywords:  Laser Projector Market,Global Laser Projector Market,Laser Projector Market Size,Laser Projector Market Share,Laser Projector Market Trends,Laser Projector Market Growth