header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


鳥インフルエンザワクチン2027年市場規模、シェア、市場動向、事業収益予測統計、成長見通し

Apr 22, 2022 10:52 AM ET

0000000000

市場分析

世界の鳥インフルエンザワクチン市場は、予測期間中に7.25%のCAGRを記録し、2025年までの市場価値は7億3,522万米ドルになると予想されています。鳥インフルエンザまたは鳥インフルエンザは、インフルエンザA型ウイルスのために鳥類に引き起こされる感染症である。これらのウイルスは野生の水生鳥の間で自然に発生し、家畜の家禽、他の鳥類、および動物種に容易に感染する可能性があります。

世界の鳥インフルエンザワクチン市場の成長には、さまざまな要因が加わっています。新しいMRFRの報告書によると、このような要因には、戦略的合意の高まり、R&Dのための政府および非政府組織を通じて実施される民間および公的イニシアチブの増加、およびアウトブレイクの増加が含まれます。市場の成長を増すその他の要因には、この病気を予防するための効果的なワクチンを開発するための継続的な研究、および消費のための家禽の需要の増加が含まれます。

それどころか、非効率的な性能とわずか数時間で室温での急速な劣化は、予測期間中の世界の鳥インフルエンザワクチン市場の成長を制限する要因です。

市場セグメンテーション

MRFRレポートは、世界の鳥インフルエンザワクチン市場レポートを用途別および株別に包括的にセグメント分析しています。

株に基づいて、鳥インフルエンザワクチン市場はH5、H7、およびH9にセグメント化されています。これらのうち、H5セグメントは最も一般的に使用されているため、予測期間中に市場をリードします。

アプリケーションに基づいて、鳥インフルエンザワクチン市場はガチョウ、七面鳥、鶏肉、アヒルにセグメント化されています。これらのうち、鶏肉セグメントは予測期間中の予測期間中に市場を支配します。

無料サンプルコピーをリクエスト:

https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/8769

地域分析

この地域に基づいて、鳥インフルエンザワクチン市場レポートは、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋(APAC)、中東およびアフリカ(MEA)の最近の傾向と成長機会をカバーしています。これらのうち、中東とアジア太平洋地域の両方が予測期間中に市場をリードします。この地域の鳥インフルエンザワクチン市場の成長を後押しする要因には、鳥インフルエンザの流行の増加と相まって、この地域における効果的かつ迅速な鳥インフルエンザ管理のための政府による多数のイニシアチブが含まれます。さらに、この地域のいくつかの主要プレーヤーによる研究開発費の増加も市場の成長を後押ししています。

欧州では、鳥インフルエンザワクチン市場は、民間企業と獣医製品の生産の増加と相まって、動物の健康改善を促進するための政府による共同イニシアチブで、予測期間中に2番目に大きなシェアを保持すると予測されています。EUは、鳥インフルエンザの世界的な脅威に対応するために、世界動物衛生機関、食糧農業機関、世界保健機関と緊密に協力しています。

南北アメリカでは、世界の鳥インフルエンザワクチン市場は、動物/獣医ワクチン研究関連の活動と膨大な量の動物福祉のために、予測期間中に最速のペースで発展する可能性があります。さらに、鳥インフルエンザウイルスに関する意識を高め、鳥インフルエンザワクチンの有効性を向上させるための政府による支援の増加も、この地域の市場成長を促進しています。

中部アフリカの鳥インフルエンザワクチン市場は、鳥インフルエンザワクチンの入手と入手が限られているため、予測期間中に最小のシェアを持つ可能性があります。

 

COVID-19影響分析に関する詳細な目次は、以下で参照できます。

https://www.marketresearchfuture.com/reports/avian-influenza-vaccine-market-8769

キープレーヤー

世界の鳥インフルエンザワクチン市場レポートで紹介されている注目すべきプレーヤーには、Avimex Animal Health(メキシコ)、QYH BIOTECH Company Limited(中国)、Guangdong Wenshi Dahuanong Biotechnology Co., Ltd.(中国)、JOVAC(ヨルダン)、PT Japfa Comfeed Indonesia Tbk(インドネシア)、Medion(インドネシア)、Merck Animal Healthが含まれます。(米国)、成都テックバンク生物製品有限公司(中国)、FATRO S.P.A.(イタリア)、Yebioバイオエンジニアリング有限公司(中国)、天津リンプーバイオテクノロジー有限公司(中国)、CAVAC(韓国)、Zoetis(米国)、セバ(米国)、ベーリンガーインゲルハイムインターナショナルGmbH(ドイツ)。

関連レポートの参照先:

吸入麻酔市場調査報告 - 2027年までの世界予測

ケロイド治療市場調査報告 - 2027年までの世界予測

ラボオンチップデバイス市場研究報告 2027年までの予測

下剤の世界市場研究報告 - 2027年までの予測

光線治療市場調査報告 - 2027年までの世界予測

市場調査の未来について:

Market Research Future(MRFR)では、Cooked Research Report(CRR)、Half-Cooked Research Reports(HCRR)、& Consulting Servicesを通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明できるようにします。MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供するという最高の目的を持っています。

お 問い合わせ: Market Research Future (Wantstats Research and Media Private Limitedの一部) 99ハドソンストリート、5階、 ニューヨーク, ニューヨーク 10013 アメリカ合衆国 1 628 258 0071 メール: sales@marketresearchfuture.com

Contact Information:

Contact us:
Market Research Future (part of Wantstats Research and Media Private Limited),
99 Hudson Street, 5Th Floor,
New York, New York 10013
United States of America
+1 628 258 0071
Email: sales@marketresearchfuture.com


Keywords:  Avian Influenza Vaccine Market,Avian Influenza Vaccine Market Size,Avian Influenza Vaccine Market Share,Avian Influenza Vaccine Market Trends