header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


20年定期保険と10年定期保険の比較

Apr 25, 2022 6:23 AM ET

定期生命保険は、保険期間中に死亡した場合、多額の死亡保険金が支払われます。受益者は、この死亡保険金で収入を補い、葬儀費用などの終末期費用をまかなうことができます。これらの保険は、10年や20年など、さまざまな期間の長さで来る。両方のポリシータイプは似ていますが、2つを比較するときに考慮すべきいくつかの重要な違いがあります。

期間

10年の定期保険は10年間有効です。その期間が過ぎると、生命保険を継続するために新しい保険に加入する必要があり、多くの場合、健康診断を受け直さなければなりません。20年の定期生命保険は、期限が切れるまでの期間がその倍あり、ずっと長い間安心を提供することができます。20年の定期保険は、10年の定期保険に比べて、契約終了時に年齢が高くなることに留意してください。

月々の保険料

10年定期保険も20年定期保険も保険料は平準化されており、保険期間中、毎月の支払額は変わりません。10年定期保険は20年定期保険に比べて保険期間が短いので、保険期間を満了しても保障を継続するためには、新たに保険に加入しなければならない場合があります。一方、20年の定期保険は、2倍の期間、保険料を固定することができます。また、若ければ若いほど、保険料が安くなる可能性があります。例えば、25歳で加入した場合、45歳まで同じ手頃な保険料を支払うことになります。多くのアメリカ人は、定期保険のコストを実際のコストの3倍以上と過大評価していることに注意してください。

20年定期保険と10年定期保険の選び方

10年定期保険と20年定期保険の選び方は、受益者とニーズによって決まります。例えば、あなたとあなたの配偶者が新しい親である場合、20年の定期生命保険契約を検討することができます。これは、彼らが成人に達するまであなたの子供が財政的に保護されていることを保証するのに十分な長さのカバレッジを提供します。また、住宅ローンや学生ローンなど、あなたが亡くなった場合に愛する人が返済しなければならないかもしれない長期債務がある場合にも、20年の定期生命保険を検討することができます。一方、10年定期保険が合理的な場合も多くあります。例えば、お子さんが10代の場合、10年定期保険に加入すれば、成人までカバーでき、保険料も安くなります。また、シニア世代で、子供や愛する人のために経済的な余裕を持たせたい場合にも、このオプションは理想的かもしれません。 また、保険を選ぶ際には、予算と保障内容の両方を考慮することが重要です。適切な定期保険を見つける最良の方法は、期間の長さに関係なく、複数の生命保険の見積もりを見て回ることです。これは、いくつかの選択肢を提供し、銀行を壊すことなく、最高のポリシーを選択するのに役立ちます。

Contact Information:

Name: Carolina Darbelles
Email: press@credello.com
Job Title: Senior PR Specialist