header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


エンタープライズ動画の市場規模、シェア、トレンド、ビジネス戦略、収益、主要プレーヤー、機会、予測 2027

Apr 27, 2022 11:00 AM ET

<強い>市場ハイライト

世界のエンタープライズビデオ市場のCAGRは9.13%と予想されており、レビュー期間の終わりまでに310億米ドルの収益を生み出すと予想されています。成功するためには、すべてのビジネスは強力なコミュニケーションに依存しています。新しい戦略を実行したり、劇的な変化を宣伝したり、同僚から意見をもらったりすることになると、最も重要なコミュニケーションチャネルはソーシャルメディアです

既存のオンラインビデオコンテンツの急速な拡大やオンデマンドの重要なサービスに対する要求の高まりなど、さまざまな理由から、ビデオストリーミングソフトウェア業界は急速な発展を遂げています。これらの要因はすべて、業界の急速な拡大に貢献しています。その結果、中小企業と現代の教育分野は、今後 5 年間でエンタープライズ ビデオでより商業的な実行可能性を提供することが期待されています。しかし、ネットワーク接続、ビデオストリーミングに必要な重大な技術的制約、およびこの種の資料によって提起されたプライバシーとセキュリティの問題の追加により、市場の発展は大幅に妨げられています

215カ国以上とビジネスビデオ業界全体がCOVID 19の影響を受けています。ロックアウトの結果、ビジネスビデオ市場データは悪影響を受けました。この流行は、世界中で荒廃している業界に重大な問題をもたらします。買い手と売り手は、継続的な生産、可用性、輸送、労働力の不足、開発プロジェクトの不足などのリスクの影響を受けています。その結果、人々は以前ほど熱心ではありません。しかし、いくつかの重要な戦略的開発が行われています。多国籍企業は、このテクノロジーのために世界中の人事部門から明らかな継続的な成長を遂げているため、企業ビデオへの投資を強化しています

無料サンプルを入手@ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1932

<強い>セグメンテーション:

ローカルサービス、コンテンポラリーアプリ、アクティブデリバリーモード、モダンインダストリー、および地域はすべて、ビジネスビデオ市場をセグメント化するために使用されてきました

組織は、企業のブランド認知度、ビジネス&ビジネスなど、さまざまな方法でビデオ会議ソリューションの恩恵を受けます。組織の個性、企業責任、企業イメージ、緊急時対応計画、プライベートメモ、投資管理、メディア業務、問題管理、メディアアウトリーチ。さらに、ビデオを企業のコミュニケーションツールとして使用することで、社内外の利害関係者にリーチしやすくなります。たとえば、アニメーションビデオのWebキャストにより、リーダーは従業員とより個人的な関係を築くことができます

<強い>地域分類

最大の市場シェアは、その確立されたインフラストラクチャ、多くの業界でのモバイルデバイスの広範な使用、およびこの地域のIBMやCiscoなどの多くの重要な多国籍企業のおかげで、北米にあります。エンタープライズビデオ市場は米国に集中しており、その優位性を占めています

コラボレーションの改善を求める中小企業(SME)の数が増え、大企業はより高度なビデオ会議やWebコンテンツルームに変化しています。アクティブキャンペーンの調査によると、中小企業の40%以上がマーケティングにビデオ会議技術を利用しています

<強い>業界ニュース

ユニファイドコミュニケーションソリューションにおいて、アバイアは2020年12月にヨーロッパで最も人口の多い5カ国(イタリア、オーストリア、ドイツ、ベルギー、スペイン)にアバイアクラウドオフィスを拡張することを確認しました

クリニックやその他の医療会社により良いサービスを提供するために、マイクロソフトは2020年10月にTeamsスイートにいくつかのツールを発表しました。これらのツールには、仮想訪問とEHRの統合、ポリシーのパッケージ化、メッセージング、ケアのコミュニケーションと統合のためのテンプレートが含まれます

Browse Complete Report @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/enterprise-video-market-1932

<><>エンタープライズビデオ市場, コンポーネント別 (ハードウェア, ソフトウェア), アプリケーション別 (トレーニング&トレーニング&)開発、企業学習、配信モード別(ビデオ会議、Web会議), 産業別 (BFSI, 製造, メディア &エンターテイメント、ヘルスケア) - 予測2020-2027

<強い>市場調査について 将来:

Market Research Future (MRFR),調理済みリサーチレポート(CRR)、ハーフクックドリサーチレポート(HCRR)、生リサーチレポート(3R)、連続フィードリサーチ(CFR)、マーケットリサーチ&を通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明できるようにします。コンサルティングサービス.

MRFRチームは、お客様に最適な品質の市場調査とインテリジェンスサービスを提供するという最高の目的を持っています。グローバル、地域、国レベルの市場セグメント向けの製品、サービス、技術、アプリケーション、エンドユーザー、および市場プレーヤーによる当社の市場調査により、お客様はより多くのことを見て、より多くのことを知り、より多くのことを行うことができ、最も重要な質問すべてに答えるのに役立ちます

続きを読む:

https://ext-6022597.livejournal.com/10155.html

https://www.worldwisepeople.net/main/blogs/237069/Service-Virtualization-Market-Will-Generate-New-Growth-Opportunities-in-Upcoming

https://community.wongcw.com/blogs/101656/Service-Virtualization-Market-Technological-Growth-Map-over-Time-to-Understand

https://bigkis.com/read-blog/63010

https://articlescad.com/service-virtualization-market-insight-on-the-important-factors-and-trends-influencing-the-industry-116111.html 

Market Research Future (Wantstats Research and Media Private Limitedの一部) 99ハドソンストリート、5階 ニューヨーク, NY 10013 アメリカ合衆国 1 628 258 0071 (米国) 44 2035 002 764 (英国) メール: sales@marketresearchfuture.com ウェブサイト: https://www.marketresearchfuture.com

Contact Information:

Market Research Future (Part of Wantstats Research and Media Private Limited)

99 Hudson Street, 5Th Floor

New York, NY 10013

United States of America

+1 628 258 0071 (US)

+44 2035 002 764 (UK)

Email: sales@marketresearchfuture.com

Website: https://www.marketresearchfuture.com
Keywords:  Enterprise Video Market,Enterprise Video Market Analysis,Enterprise Video Market Size,Enterprise Video Market Share,Enterprise Video Market Growth,Enterprise Video Market Research