header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


ハーブティー市場地域シェア、トップ企業に沿った4.94%の成長率|予報

May 10, 2022 8:03 PM ET

<強い>市場スコープ

Market Research Future(MRFR)は、2020年のハーブティー市場が2017年から2025年(評価期間)にかけて4.94%の割合で開花すると予測しています。MRFRはまた、ハーブティーの市場が2025年までに4,226.9百万米ドルの評価額を計上できると予測しています。私たちは、コロナウイルス感染症の発生後の市場におけるすべての広範な主要な進展とともに、レポートでCOVID-19の影響分析を提供します

<強い>裕福なベンダー

MRFR市場調査で強調された裕福なベンダーには、アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズPLC(英国)、ディルマ・セイロン・ティー・カンパニーPLC(スリランカ)、ヘイン・セレスティアル・グループ(米国)、アダージョ・ティーズ(米国)、オーガニック・インディア・PVT(インド)、ハーニー・アンド・アンド・カンパニーが含まれます。Sons(米国)、Unilever PLC(英国)、Apeejay Surrendra Group(インド)、Tata Global Beverages Limited(インド)、Barry's Tea(アイルランド)などです

<強い>無料サンプルコピー@ <強い>https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/5420

<強>トップブースターと抑止力

近年の世界市場の成長は、消費者のライフスタイルの進化と、その結果、その健康上の利点によるハーブティーの重要性の急増を受けて、称賛に値するものです。これは、顧客基盤が国を超えて有望な速度で拡大しているため、ハーブティー市場にとって重要な立場となっています。ハーブティーは、一般的にラベンダー、ローズ、カモミール、ハイビスカスが含まれているため、天然飲料であり、健康志向の人々の間でその需要が急増しています。市場の勢いは、医療従事者がその消費に対して与える承認のシールによっても加速され、より健康的な食品や飲料に対する消費者の傾向の高まりも製品需要を強化する可能性があります

有意なカフェインレベルは体内に重度の病気を引き起こす可能性があるため、ますます多くの医療従事者がその使用を非難しています。ハーブティーにはカフェインが含まれていないという事実。世界市場は、世界中の消費者からの旺盛な需要を目の当たりにしています。ハーブティーのオートキシド化の利点はまた、消費者の間でその需要を高めます。お茶の脂肪燃焼特性を考えると、それは体重を減らすために努力している人々の間で大ヒットとなり、またヘルスケア業界にとって重要なゲームチェンジャーとして浮上しました

多くの企業は、世界の業界でより大きなシェアを獲得するために、革新的なノベルティ製品を継続的に導入しています。を説明するために、Weikfieldは2020年10月にインドでハーブ注入とオーガニックグリーンティーを発売しました。健康、より良い免疫力、健康に対する消費者のニーズを考慮して、ハーブティーには、スンティ、タルシ、ブラックペッパー、シナモンなどのアーユルヴェーダハーブがいくつか注入されています。これらのハーブ注入は、インフルエンザ、呼吸状態に対して働き、抗酸化物質を多く含みます.

<強い>市場セグメンテーション

ハーブティー産業は、種類、機能、形態、流通チャネルに関して解剖することができ<.>

タイプ的には、ハーブティーマーケットセグメントはタンポポ、シナモン、ジンジャー、カモミール、ブレンド、ウコンなどです。2018年の最高シェアはブレンド部門によって押収され、2025年末までに14億510万米ドルに達すると予想されています。ブレンド'それは2つ以上のハーブで作られていることを考えると、彼らはいくつかの健康上の利点を提供するので、重要な需要を観察してください。先進国と発展途上国で入手可能な豊富なハーブティーブレンドもその需要に貢献しています

機能ベースのセグメントは、多機能、腸および消化器系の健康、認知的健康など。最大の市場は多機能ハーブティーによって所有されており、それはまた、与えられた期間中に最も速い成長率を調達する可能性がある

ハーブティー市場が市場で入手可能な様々な形態には、ティーバッグやルーズリーフが含まれます。ティーバッグは2018年以来トップセグメントであり続けており、小型で多孔質であり、家庭や家庭外での使用にも非常に便利なため、堅調な需要を目の当たりにしていま<>

店舗ベースと非店舗ベースは、世界市場における主要な流通チャネルです。店舗ベースのチャネルがトップにあり、スーパーマーケットとハイパーマーケットが売上の大部分を占めているため、2018年以来続いています。店舗ベースではない流通チャネルは、鑑定評価期間中により良い進歩率を示すことができます

<強>アクセスレポート@https://www.marketresearchfuture.com/reports/herbal-tea-market-5420

<強い>地域別展望

ハーブティーの主要市場のいくつかは、北米、アジア太平洋またはアジア太平洋地域、ヨーロッパ、そしてRoWまたはその他の世界です

2018年現在、APACは36.47%のシェアを持つマーケットリーダーであり、主にお茶が伝統的な飲料であり、この地域が世界有数の生産者として知られているという事実のために、依然として支配的です。中国はハーブティーの最大の消費者および生産者として世界に立っており、この地域で最も収益性の高い市場になる軌道に乗っています。人口の爆発的な増加、可処分所得の増加、消費者の健康意識の高まり、そして新たなウェルネスとフィットネスの傾向が、APAC市場におけるトップの成長ブースターのいくつかとして引用されています

北米の成長は、有機飲料や食品への関心が高まっている消費者の急増に照らして、有機ハーブティーへの嗜好の高まりに大きく支えられています。米国は依然としてこの地域のトップ市場であり、カナダは2番目に収益性の高い国として浮上しています。肥満の症例の増加は、消費者にハーブティーを選ぶよう促しています。この紅茶の健康増進の主張は、南米、特にアルゼンチン、ペルー、ブラジルで市場が力強くなるのにも役立っています

注:私たちの研究者チームは、Covid19とそれがさまざまな業界バーティカルに与える影響を研究しており、必要に応じて、市場と業界のより良い分析のためにCovid19フットプリントを検討します。誠意をこめて詳細について連絡を取ってください.

<強い>お問い合わせ:

Market Research Future (Wantstats Research and Media Private Limitedの一部)、

99 Hudson Street,5Th Floor, New York, New York 10013, アメリカ合衆国

<強い>関連レポートリンク:

<ストロング>ウエディングドレス市場調査レポート - 2027年までの世界予測

<ストロング>冷凍スナック市場調査レポート - 2027年までの世界予測

Keywords:  Herbal Tea Market Industry,Herbal Tea Market Analysis,Herbal Tea Market Types,Herbal Tea Market,Herbal Tea Market Sales,Herbal Tea Market Trends,Herbal Tea Market Uses,Herbal Tea Market Size,Herbal Tea Market Share