header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


CNS疾患を標的とした遺伝子・細胞治療の世界市場|主要プレーヤーは、蠕虫、ラパセラピューティクス、ブレインストーム細胞治療、神経芽細胞、骨細胞、フェレールインターナショナル、神経茎などです。

Jun 14, 2022 4:00 AM ET

CNS障害を標的とする遺伝子および細胞療法の世界市場の市場規模は、2022年から2030年にかけて31.4%のCAGRで拡大すると予想されて

<強い>この最新バージョンのレポートに興味がありますか?レポート Details@ https://www.insightaceanalytic.com/report/global-gene-and-cell-therapies-targeting-cns-disorders-targeting-cns-disorders-market/1258

遺伝子治療は、最も重要な医療フロンティアの1つと考えられています。疾患治癒の分野では大きな成功は見られませんが、このようなアプローチを開発するという点では、将来に大きな期待が寄せられているようです。がんやその他の標的疾患の罹患率の上昇は、対策の可用性の高まりと相まって、世界的な遺伝子治療業界の巨大な台頭のための主要な推進力です。さらに、遺伝子治療はさまざまな保険会社から複数の払い戻しを受けており、予測期間中に市場が生み出す可能性のある収益源を増やしています。遺伝子治療研究への投資の増加と遺伝子治療薬の使用の増加は、予測期間を通じてCNS障害を標的とする世界の遺伝子および細胞療法市場のフットプリントを押し上げる可能性があります。バイオ医薬品企業などの主要な市場プレーヤーによって行われた多くのイニシアチブにより、業界はダイナミックな競争の性質を持つと予測されています。さらに、疾患検出における遺伝子治療の使用拡大と新規薬理学的用途の急速な成長は、今後数年間で新しい市場機会を創出するでしょう。また、非生物学的低分子医薬品と比較して、遺伝子治療の固有の特異性と予測可能性により、医薬品開発時間が短縮され、臨床開発の成功率が向上し、当社の将来の成長を支えています。さらに、市場は不十分な医療アクセスと限られた数の治療センター、不十分な償還と規制上の課題によって制約されていました

<強>CNS障害市場を標的とする遺伝子および細胞療法における著名なプレーヤーのリスト:

ノバルティス

ブレインストーミング細胞治療薬

蠕虫

コアステム

Q治療薬

蠕虫

ラパセラピューティクス

ブレインストーミング細胞治療薬

神経芽細胞

骨細胞

フェレール国際

神経茎

フェレール国際

Semeia Cell Technologies

Labella Gene Therapeutics

サンガモンセラピューティクス

ホフマン・ラ・ロシュ

ロンゴン

ソイ遺伝子治療

Prevail Therapeutics (Eli Lilly and Company)

エアロジェネレーション

脳神経療法バイオ(バイオに聞く)

ユニークなバイオ医薬品

Neurogenic Inc.

パッセージバイオ

アクソバント・サイエンス GMBH

メイラTxリミテッド

アスクレピオスバイオ医薬品(バイオに聞く)

バイオジェン

サレプタ・セラピューティクス

株式会社レーゲンクスビオ

リソゲン

ボイジャー・セラピューティクス

PTC Therapeutics

<強い>市場ダイナミクス:

<強い>ドライバー:

遺伝子治療は、さまざまな保険会社から複数の払い戻しを受けており、予測期間中の市場の収益源を改善しています。遺伝子治療研究への投資の増加と遺伝子治療薬の使用の増加は、予測期間中にCNS障害を標的とする世界の遺伝子および細胞療法市場のフットプリントを後押しすると予想されます。この経済は、バイオ医薬品事業などの主要な市場プレーヤーがとったいくつかのイニシアチブのために、ダイナミックな競争的性質を持つと予想されています。さらに、疾患診断における遺伝子治療の使用の増加と新規医薬品アプリケーションの大規模な開発は、今後数年間で新しい市場機会を開くでしょう

<強い>課題:

主な課題は、発展途上国における意識の欠如であり、CNS障害市場を標的とする遺伝子および細胞療法の成長を低下させると予測されています。限られた医療アクセスと治療センターの割合の低さ、不十分な支払いと規制上の制限はすべて、業界の成長を制限する要因でした。しかし、今後数年間で、ジーンの高いコストと中枢神経系疾患を標的とした細胞療法と合成化学物質の利用可能性は、市場の拡大を抑制すると予測されています

COVID-19のパンデミックにより、患者数が増加し、社会的距離を保つために世界的または部分的に閉鎖されました。最近のレポートによると、業界は、CNS障害を標的とする遺伝子および細胞療法の世界市場で競合する大手企業のグローバルサプライチェーンの中断により、重大な経済的損失を目の当たりにしています

 

<強い>地域の動向:

CNS障害を標的とする北米の遺伝子および細胞療法市場は、とりわけ慢性疾患の有病率の増加および高額で増加する医療費のために、収益の面で大きな市場シェアを持ち、近い将来に高いCAGRで発展すると予想されています。さらに、高度な医療施設と継続的な償還条件を組み合わせることで、CNS障害を標的とする遺伝子および細胞療法の市場におけるフットプリントが拡大します。さらに、この地域の重要な競合他社の増加は、有利な規制当局の承認と相まって、CNS障害市場を標的とする遺伝子および細胞療法に新たな収益機会を創出します。さらに、重要な市場プレーヤーの存在と、この地域での市場浸透のための重要な企業間の協力の高まりは、CNS障害を標的とする遺伝子および細胞療法市場が世界的に拡大する可能性を提示しています

 

<強い>最近の動向:

  • 2021年10月、米国国立衛生研究所、米国食品医薬品局、10の製薬会社、5つの非営利団体は、希少疾患に苦しむ3,000万人のアメリカ人のための遺伝子治療の開発を加速するためのコラボレーションを発表しました。このような取り組みにより、遺伝子治療の需要が高まることが期待されます
  • 2019年6月、バイオジェン(米国)は、市場でのプレゼンスを強化するためにナイトスターセラピューティクス(英国)を買収しました

<強>CNS障害を標的とした遺伝子および細胞療法のセグメンテーション市場

<強い>製品によって

  • 遺伝子治療
  • <リ>細胞療法

<強い>適応症

  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 多発性硬化症
  • 脊髄損傷
  • <リアルツハイマー>/リ<> <リ>パーキンソン病 <リ>ハンティントン
  • その他の適応症」

<強い>地域別

<強い>北米-

    <李>米国/李<> <リ>カナダ <リ>メキシコ

<強い>ヨーロッパ

    <リ>ドイツ <李>英国 <リ>フランス <リ>イタリア <リ>スペイン
  • Rest of Europe

<強い>アジア太平洋

    <李>中国 <李>日本 <リ>インド <李>韓国 <李>東南アジア
  • アジア太平洋地域の残りの部分

<強い>ラテンアメリカ-

    <リ>ブラジル <リ>アルゼンチン
  • ラテンアメリカの残りの部分

<強い> 中東・中東アフリカ-

    <>GCC諸国 <リ>南アフリカ
  • その他の中東・アフリカ

<強い>ToC/提案の要求: https://www.insightaceanalytic.com/request-sample/1258

1 551 226 6109 Eメール: info@insightaceanalytic.com

Contact Information:

+1 551 226 6109 Email: info@insightaceanalytic.com
Keywords:  Global Gene and Cell Therapies Targeting CNS Disorders Market