header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


企業オーナーが生命保険を検討する3つの理由

Sep 23, 2022 3:04 AM ET

ビジネス・オーナーは、多くのことを抱えています。日々の経営に加え、長期的な視点に立った事業運営や、資産を守るための最善の方法を考えなければならない。突然の資金不足、重要な人材の喪失など、どんな企業にも不幸は訪れます。そのため、多くの起業家が生命保険に加入し、将来を守っています。死亡保障だけでなく、終身保険や終身保険など、多くの終身保険には、企業が変化にうまく対応できるような機能が備わっているのです。

生命保険があなたのビジネスをサポートする3つのシナリオを紹介します:

Succession planning

オーナーを失うことはビジネスにとって難しいことです。生命保険が役に立ちます。ビジネスは、死亡保険金を使って、亡くなったオーナーの会社の株を買い取ったり、負債を返済したりすることができます。この保険は、所有者が死亡した場合の株式の譲渡方法を定めた売買契約に資金を提供することもでき、お役所仕事や費用のかかる法的紛争を回避するのに役立ちます。特に、高度な専門性を持ち、業務や販売に欠かせない重要な人材を失うことは、ビジネスに大きな打撃を与えます。重要な人材を補充することは難しく、費用もかかります。このような場合、従業員の生命保険に加入することで、リスクを軽減することができます。死亡保険は、重要な人材を失う苦難を軽減し、企業が耐え抜くためのリソースと柔軟性を提供します。

Sourcing cash flow through a loan

生命保険はビジネスを支えるための融資を確保するのに都合のよい選択肢になることがあります。多くの終身生命保険は、保険料を払い続けることで保険期間中に蓄積される現金価値を持っています。保険契約者は、現金価値を担保に、事業の拡大、キャッシュフローの増加、新しい機器の購入などのために借入を行うことができます。契約者はどんな理由でもローンを組むことができ、特に予期せぬ出費が発生したときや経済不況の時期には、沈むか泳ぐかの分かれ目になります。ほとんどのビジネスオーナーは、火災、盗難、賠償責任などのリスクから身を守るための保険の必要性を理解しています。しかし、多くの企業は生命保険の必要性を見落としており、生命保険も同様に重要である。生命保険は、経営者の死亡や重要な人物の死亡の際に経済的なセーフティネットを提供し、融資を確保するための担保となることもあります。また、生命保険は、経営者の死亡や重要な人物の死亡時に、経済的なセーフティネットとなり、ローンの担保にもなります。

CAUTION: 生命保険契約に対するローンは、適切に管理されないと悪影響を与える可能性があります。 保険契約ローンおよび自動保険料ローンは、未収利息を含め、解約、失効、被保険者の死亡時に現金または保険金で返済する必要があります。 解約時や失効時に保険価額から貸付金を返済すると、多額の税金が発生する可能性があり、税金を支払うための現金価値が保険にほとんど残っていない可能性もあります。 保険が有効である間にローンが現金価値と等しくなり、追加の現金支払いが行われない場合、保険は失効します。

Contact Information:

Name: Michael Bertini
Email: michael.bertini@iquanti.com
Job Title: consultant