header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


起業をお考えの方へ。知っておきたい7つのこと

Sep 23, 2022 2:07 AM ET

起業をお考えですか?

起業家になることは、これまでにないほどやりがいのあることの1つかもしれません。また、多くの仕事と強烈な学習プロセスである可能性があります。

ビジネスを始めるための7つのヒントがあります:

1.市場を理解する

起業家であるための基本的なことの1つは、自分の市場を理解することです。

あなたがなりたい業界でまだ働いていないなら、試しに働いてみるのもいい方法です。フリーランスの仕事を引き受けたり、ボランティアをしたりして、経験を積み、その業界をより深く理解するようにしましょう。

何を提供したいのか、理想の顧客は誰なのか、どのようにサービスを販売するのかを慎重かつ戦略的に決定しなければ、成功はありえません。ビジネスプランでは、ビジネスの方向性を定めるだけでなく、財務の予測も行います。

3. 必要なライセンスや許可を知る

ビジネスの種類によっては、商品またはサービスの提供前に取得しなければならない特定のライセンスや許可があるかもしれません。これらは、州および連邦レベルの両方である可能性があります。

4. 資産の保護

ビジネスとして何か仕事をする前に、まず LLC を形成することは良い考えです。LLCまたは有限責任会社は、会社に独自の連邦税ID番号を与えるビジネス指定です。

LLCの最大の利点は、それが訴訟から所有者であるあなたを保護することである。事故やミスは起こり得ます。LLCがなければ、クライアントは会社だけでなく、あなたの家、車、退職金などの個人的な資産も狙って訴えることができる。しかし、LLCでは、あなたの個人資産は保護され、訴訟はビジネスの資産にのみ及びます。

5.大切な人を守る

会社を辞めて自分のビジネスを始めると、職場の生命保険でカバーされなくなります。あなたが死んだときに家族が経済的に保護されるように、そしてあなたのビジネスが継続できるように、生命保険の契約を調べることをお勧めします。

6.メンターを見つける

ビジネスを始めるとき、何かがどう動くのか、次に何をすればいいのか、わからないことがたくさんあるでしょう。そんなときに頼りになるのが、経験豊富なメンターです。 どうやってメンターを探したらいいかわからない場合は、多くの地域の商工会議所にメンタープログラムがあるので、それに参加するといいでしょう。

7. 情熱を保つ

ビジネスオーナーとして、アップダウンや道中の衝突があるでしょう。なぜ自分でビジネスを始めたのか、疑問に思うこともあるかもしれません。しかし、困難な状況に陥ったとき、そもそもなぜこの仕事を始めたのかを思い出してください。自分の好きなことをやり続け、目標を持ち続けてください。

Contact Information:

Name: Michael Bertini
Email: michael.bertini@iquanti.com
Job Title: consultant