header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


コンシューマーオーディオ市場は2030年までに2,342億ドル、AGR16.3が予測される- Market Research Future (MRFR)社のレポート

Oct 3, 2022 6:27 AM ET

世界のConsumer Audio Market は、巨大な牽引力を享受しています。人々の間でオーディオ機器の普及と人気の高まりは、ヘッドフォン、ヘッドセット、サウンドバー、スピーカーシステム、およびマイクロフォンの売上を後押ししています。また、接続性とBluetooth技術の上昇の進歩は、市場の成長を後押しする。&ライブエンターテイメントのトレンドをストリーミングする主要なオーディオは、消費者向けオーディオ市場のシェアを後押しします。

電子機器の増加に拍車がかかると、市場は今後数年間で指数関数的に成長すると予測されています。Market Research Future (MRFR) によると、世界のコンシューマーオーディオ市場は、予測期間 (2022-2030) を通じて 16.3% という著しい二桁の CAGR で成長し、2030 年までに 234.2 BN 米ドルに達すると推定されます。一般的な音声アシスタントの出現が、世界的な市場成長の見通しを決定づけます。

レポート範囲:

 

Report Coverage: JINUXDELEPP82

Parameter

Details

Revenue Forecast in 2030

USD 2,341.20億円

成長率:

CAGR 16.3%で、2022年から2030年にかけての成長率。3 2022年から2030年まで

Study Period:

2022 -2030

Report Coverrage.P.P.

 

Revenue Forecast, Competitive Landscape, Growth Factors, and Trends

 

本調査レポートのサンプルリクエスト @ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/10465

若者やトレッキングやキャンプなどのアウトドアで、コンシューマオーディオの利用が拡大している。また、スマートフォンの販売台数の増加や、旅行先で音楽を聴くという嗜好の高まりは、市場価値をさらに高めています。

SpotifyやiTunesなどの統合音楽ストリーミングプラットフォームの人気の高まりは、消費者向けオーディオ機器の販売に影響を与えます。また、これらの動きは、コンシューマーオーディオ市場がまもなく迎える全盛期を予感させます。価格、機能、品質、デザインの面で市場プレイヤー間の競争が激化しているため、R & Dへの投資が高くなっています。

業界動向

音声、音楽、マルチメディアにおける刺激的な体験を携帯スピーカー、サウンドバー、テレビなどで提供するためにAIベースの参照プラットフォームの採用が増えているというのは市場分析で観測された最新の傾向です。また、プロのDJなどは、音の変換やオーディオ消費のパーソナライゼーションのために、曲の作成&オーディオミーム、カラオケ歌唱、カペラの再生、曲のミックスなどの高度なインターフェースをますます使用するようになってきています。

さらに、これらのインターフェイスを使用すると、ユーザーは、バックグラウンド ノイズを排除し、自宅、車内、または職場で特定のアバターに合わせて強化されたクリスタル クリアな音声で、デバイスと楽に対話することができます。しかし、大手ポッドキャストプロバイダーの多くは、人口統計学的な格差や、一般のポッドキャストリスナーがより大きなシェアを占めているという事実など、指標となるトレンドを把握していません。Spotify、Apple、Pandora などの最も人気のあるポッドキャスト ソースは、キャップアウトし始めており、国内の成長は全体的に減速しています。

オーディオ ストリーミング サービスのユーザーと加入者は、加入者と月間平均ユーザーのデータを共有するストリーミング サービスの多数に反映されています。共有の好きで、利用可能である全体像は、ラベルの形をしています。たとえば、AmazonとAppleは音楽サービスに関する情報を共有していませんが、この形式から得られる収益は、すべての主要なサービスが消費者による大きな利用を見ていることを示唆しています。

Browse Full Report: https://www.marketresearchfuture.com/reports/consumer-audio-market-10465

Consumer Audio Market Segments

コンシューマオーディオ市場は、製品、接続ソリューション、地域に区分されている。製品セグメントは、ヘッドフォン、ヘッドセット、サウンドバー、スピーカーシステム、マイクロフォン、その他に二分されます。同様に、接続性セグメントも有線と無線に二分される。地域別では、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域に分かれています。

Consumer Audio Market Regional Analysis

北米はオーディオ機器が広く普及し、一人当たり可処分所得の高さから世界の消費者向けオーディオ市場を支配しています。また、ジェスチャーや音声で家電や電子機器を制御するスマートホームの傾向が強まっていることも、この地域の市場需要を押し上げています。また、この地域のテクノロジープロバイダーとともに、大きな技術的進歩が、この地域の消費者向けオーディオ市場の成長を促進しています。

この地域の消費者向けオーディオ機器メーカーは、デジタルプラットフォームを強化および加速させるために、デジタルオーディオ ストリーミング技術、独占的な永久ライセンスおよび関連資産を獲得しようと努力しています。

Check Discount: https://www.marketresearchfuture.com/check-discount/10465

Consumer Audio Market Competitive Analysis

競争が激しく、コンシューマオーディオ市場は多くの人気ブランドが存在し多様化していると思われます。プレイヤーは、より大きな競争シェアを得るために、コラボレーション、合併 & 買収、拡張、および製品/技術の発表などの戦略的イニシアチブを取り入れています。

例えば、2022年9月2日、脳に着想を得た超低遅延&高精度コンピューティングを提供するGrAI Matter Labs(GML)は、パートナーのStreamUnlimited(接続オーディオ& IoT製品の大手開発者)とともに、IFA-2022で音楽と消費者オーディオにおけるLife-Ready AIを用いて開発した複数の新規アプリケーションを披露しました。世界初のリアルタイム音楽・メディア音源分離AIプラットフォームは、両社のコネクテッドオーディオ、IoT、AIにおけるコンシューマー機器向け製品開発の専門知識を結集したものです。

世界のコンシューマーオーディオ市場を牽引するプレイヤーは、HARMAN International Industries, Inc、Apple Inc、Bose Corporation、ソニー株式会社、株式会社ソノス、株式会社ディーアイホールディングス、VIZIO, Inc、Sennheiser Electronic GmbH & Co.Kg、VOXX International Corporation、Ossic Corporation、Plantronics, Inc.、Phazon、Trüsound Audio、Bragi、Jam、Earin、Human Inc,

マーケット・リサーチ・フューチャーについて:

Market Research Future (MRFR) は、世界中の多様な市場や消費者に関する完全かつ正確な分析を提供し、そのサービスに誇りを持っているグローバル市場リサーチ会社です。マーケット・リサーチ・フューチャーは、クライアントに最適な品質のリサーチと粒度の高いリサーチを提供することを明確な目的としています。当社の市場調査は、製品、サービス、技術、アプリケーション、エンドユーザー、およびグローバル、地域、国レベルの市場プレイヤーを対象としており、当社のクライアントは、より多くを見て、より多く知り、より多く行うことができ、お客様の最も重要な質問に答えることができます。 LinkedIn | Twitter

Contact Information:

Contact
Market Research Future (Part of Wantstats Research and Media Private Limited)
99 Hudson Street, 5Th Floor
New York, NY 10013
United States of America
1 628 258 0071 (US)
44 2035 002 764 (UK)
Email: sales@marketresearchfuture.com
Website: https://www.marketresearchfuture.com