header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

免責事項:以下に表示されているテキストは、サードパーティの翻訳ツールを使用して別の言語から自動翻訳されています。


マイクロ灌漑システムの市場動向、促進要因、機会、課題、主要企業、2030年までの予測

Nov 16, 2022 10:00 AM ET

マイクロ灌漑システム市場の概要:

マイクロ灌漑システム市場は、2022年から2030年にかけて5.75%のCAGRで成長し、2030年末までに9億4,961万米ドルに達すると予想されています。

都市化のレベルの増加は、特に予測期間中に、世界のマイクロ灌漑システム市場の大幅な増加を必要とします。最も重要な要素の1つは、市場の製品が小さくてコンパクトなスペースに収まることです。また、設置、土木、人件費の削減にも役立ちます。これらの要因は、2028年に終了する予測期間中の市場の拡大と運営を支援します。予測期間の終わりまでに市場の成長を推進するもう一つの要因は、淡水資源の利用可能性に対する需要の増加です。農民は、必要な水資源の使用がそのようなシステムで高い収量を保証するため、マイクロ灌漑システムを使用することにより、干ばつの年でも同じ収量レベルを維持できます。これらは、干ばつが一般的である熱帯諸国における マイクロ灌漑システム市場 の成長を推進する主要な推進力の一部です。

Micro Irrigation System Market

新型コロナウイルスのパンデミックの到来は、市場規模に影響を与えています。市場ではリソースと熟練労働者が不足しており、ターゲットオーディエンスの増大するニーズを満たす市場の能力が制限されています。その結果、市場や政府は、水の無駄を防ぎ、最適かつ慎重な使用を促進するために、研究開発部門への投資を増やしています。近年、いくつかの世界的な食品会社が、持続可能な方法で生産された製品を販売するための措置を講じています。これは最終製品の際立った特徴であり、企業にとって有益であることが証明され、市場シェアを拡大しています。マイクロ灌漑システムは、同社が原材料生産が持続可能な方法で行われることを保証する方法の1つです。マイクロ灌漑システムは、作物が消費しない余分な水を除去し、それによって環境の悪化と地下水面の枯渇を制限します。これらの農業および食品会社は、農場を使用するか、小規模農家を通じて契約して、非常に大規模に事業を行っているため、これはマイクロ灌漑システム市場にとっての機会です。

無料のサンプルPDFファイルを入手する@

https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1949

市場セグメンテーション:

世界のマイクロ灌漑システム市場は、作物、種類、コンポーネント、およびエンドユーザーに基づいて分割されます。

作物によると:

  • ブドウ園と果樹園作物
  • プランテーション作物
  • 畑作物
  • 余人

タイプによると:

  • 滴る
  • マイクロスプリンクラー

コンポーネントによると:

  • 灌漑バルブ
  • ドリップエミッタ
  • フィルター
  • マイクロスプレー
  • ポリエチレンチューブ

エンドユーザーによると:

  • 産業ユーザー
  • 農民
  • 余人

地域分析:

世界のマイクロ灌漑システム市場は、地理的に北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、およびその他の地域に分割されています。 

アジア太平洋地域の市場は、有機製品の需要の高まりと農村農家によるマイクロ灌漑システムの採用の増加により、最速のCAGRで成長すると予想されます。さらに、点滴やマイクロスプリンクラー灌漑などの施肥のための高度なマイクロ灌漑システムの広範な使用も、この地域の市場の推進要因です。政府はまた、農業を後押しするためのより大きな農村政策パッケージの一環として灌漑に投資しています。 

レポートの詳細にアクセスする @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/micro-irrigation-systems-market-1949

最近の開発:

  • ネタフィム社の子会社であるネタフィムUSAは、有機汚染物質による目詰まりから灌漑システムを保護するために設計された新しいフィルターである新しいAlphaDiscTMフィルターを2022年2月に発売しました。
  • 2021年8月、ジャイナ教灌漑システム、南インド連合プランター協会(UPASI)、およびナンダンジャイン灌漑は、南インドのイスラエル総領事館と協力して、タミルナードゥ州ウーティでスマートIoT灌漑プロジェクトを立ち上げました。スマートIoT灌漑は、イスラエルの革新的な技術です。
農家がより少ない水でより高い作物収量を達成するのに役立ちます。

ブログをもっと読む:

点滴灌漑市場 調査レポート:エミッタタイプ別(インラインエミッタ、オンラインエミッタ)、適用技術別(表面および地下)、最終用途別(畑作物、果樹園作物、プランテーション作物、景観など)、地域別(北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域)-2028年までの予測

スプリンクラー灌漑システム市場 調査レポート:タイプ別(センターピボット、ラテラルムーブ、ソリッドセットなど)、作物タイプ別(穀物、油糧種子と豆類、果物と野菜など)、モビリティ(固定および牽引可能)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域)-2027年までの予測

注:私たちの研究者チームは、Covid19とそのさまざまな業界への影響を研究しており、必要に応じて、市場と業界のより良い分析のためにCovid19フットプリントを検討します。詳細については、心からお問い合わせください。

接触:

今後の®市場調査

99ハドソンストリート、5階

ニューヨーク市, ニューヨーク州 10013

アメリカ合衆国

Eメール: sales@marketresearchfuture.com

Market Research Future (Wantstats Research and Media Private Limitedの一部) 99 Hudson Street,5Th Floor, ニューヨーク, ニューヨーク 10013, アメリカ合衆国

Contact Information:

Market Research Future (part of Wantstats Research and Media Private Limited),
99 Hudson Street,5Th Floor, New York, New York 10013, United States of America
Keywords:  Micro Irrigation System Market,Micro Irrigation System Market Research Report,Micro Irrigation System Market Analysis,Micro Irrigation System Industry Analysis,Micro Irrigation System Research Company,Micro Irrigation System Analysis Report,Micro Irrigation System Market Size,Micro Irrigation System Market Share,Micro Irrigation System Market Type,Micro Irrigation System Market Trends,Micro Irrigation System Market Forecast
Tags:   News