header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

カテゴリー: Extended Distribution

テストポスト ラテンアメリカ 05 10月 01

テストポスト ラテンアメリカ 05 10月 01. 読み続けて>>

ダグ・クラインスミスは質問に答える:良い株式市場は急増する経済の唯一の指標ですか?

ダグ・クラインスミスは、経済の複雑さと 、ワックスと衰退する多くの要因に応じてどのように変化するかを理解しています。そして、彼は株式市場がこれらの変化を測定する上で重要な要素であることを知っていますが、それは経済測定の終わりではありません。彼は最近、金融投資や関連分野に入りたい人のために経済がどれほど複雑であるかを示すために、これらの点について議論しました。   ダグ・クラインスミスが株式市場だけが成功の測定ではないと言う理由 人々が株式市場の増加が経済が繁栄しているという究極の証拠であると主張すると、ダグ・クラインスミスはイライラします.経済に影響を与える多くの要因は、株式の数字など、1つの要素に引き下げるには多様すぎます。株式市場と経済は間違いなくお互いに影響を与え、同じ一般的な生態学的概念の一部ですが、それらは同じではありません。. 読み続けて>>

2026年までにラボ用機器と使い捨て可能な市場規模は4,960万ドルに達すると予測

ラボリー用品および使い捨て可能な市場規模は、2026年までに4,960百万ドルに達すると推定されており、2021-2026年の間に7.1%のCAGRで成長しています。実験室は、機器や使い捨ての助けを借りて科学的実験を行うために装備されている施設です。マイクロマニピュレーションシステムは、顕微鏡下でサンプルと物理的に相互作用する実験室で最も一般的な装置です。実験室では、実験室の空気ろ過システムは安全を提供するために実験室内の空気質を変更するために解決を提供する。実験室では、層流フードは、実験室の人員と材料の両方を防ぐのに役立つ無菌作業領域を提供するために換気装置として使用されます。 ホモジナイザーは、様々な種類の材料の均質化に使用される高品質のハンドヘルドモデルである実験室の一部です。実験室用機器は、波長の関数として光強度を測定するのに役立つ分光光度計を提供しています。人々の間で感染症の罹患率の増加と技術の進歩の増加は、この市場の成長を促進する主な要因です。さらに、医療業界における研究開発活動の増加は、2021年から2026年の間にラボラ機器および使い捨て市場の市場需要をさらに高めるために設定されています。 実験装置と使い捨てセグメント分析 - 製品タイプ別. 読み続けて>>

コールドフロー改善市場予測、2026年までに8億7,420万ドルに達する見込み

コールドフロー・リバイザー市場は、2021-2026年の間に5.4%のCAGRで成長した後、2026年までに8億7,420万ドルに達すると予測されています。燃料部品の混合を防ぐコールドフロー改善機能は、市場拡大の原動力の一つです。市場の成長を促進すると推定されるもう一つの側面は、低温で動作する燃料エンジンの効率を高めるために冷流改良剤を使用することです。 現在、バイオディーゼルなどのバイオ燃料の使用量の増加は、潤滑性向上剤やディーゼル燃料エクステンダーとして、冷流改良剤の需要を高めることが期待されている。また、冷気改善剤はバイオ燃料、石油燃料、原油、残留油の低温処理特性を増加させ、製油所の粗利を押し上げます。さらに、電気自動車や電気自動車の採用を奨励する政府の需要の増加は、予測期間中にコールドフロー改善産業が拡大するためのハードルを作り出す見込みである。 Covid-19 インパクト COVID-19パンデミックは、多数の自動車の販売に影響を与え、その後製造業務を中断しました。また、輸入国におけるコールドフロー改善の供給も、現在の貿易の混乱により大きな影響を受けた。Covid-19の急激な増加に伴い、自動車自動車の世界販売台数は、2019年の90. 読み続けて>>

ミラーコーティング市場は2026年までに9億9,510万ドルに達すると予測

ミラーコーティング市場は、2021-2026年の予測期間中に6.5%のCAGRで成長する2026年末までに9億9,510万ドルと評価される見込みです。集中太陽光発電の普及により、ミラーコーティングの需要が急増しています。ミラーコーティングは、色、質感、耐久性の面で製品全体の品質を維持します。製品は、傷、錆び、化学的侵食、摩耗などを避けるために、ミラーコーティングを持つことは非常に重要です。ポリウレタン、エポキシ、アクリルなどのミラーコーティングを製造するために使用される様々な化学物質は、耐摩耗性、耐久性、メンテナンスが容易な、ミラーコーティング市場をさらに牽引しているなど、さまざまな利点を提供します。保護コーティング、反射コーティング、屈折性コーティングなど、様々な用途にも使用されています。 コヴィッド-19の影響 Covid-19の危機の中で、ミラーコーティング市場は生産、販売、流通の面で大きな影響を受けました。さらに、輸出、輸入、国家間、国間の販売における世界中の制限は、ミラーコーティング市場の成長を引き下げました。しかし、ミラーコーティング業界は2021年の初めに減速すると予想されていますが、ミラーコーティング市場は2021年末までに成長する見込みです。Covid-19は多くの産業に影響を与えていますが、ミラーコーティング市場は大きな影響を受けず、2021年末までに市場シェアを取り戻すでしょう。 ミラーコーティング市場セグメント分析 -. 読み続けて>>

マルチメタル誘電体ナノコンポジット市場規模予測、2026年までに6億6,580万ドルに達

多金属誘電体ナノコンポジット市場規模は、電気・エレクトロニクス、航空宇宙、太陽エネルギーなどの様々なエンドユース産業における多金属誘電体ナノコンポジットの使用が増加したため、2021-2026年の間に2.7%のCAGRで成長した後、2026年までに6億6,580万ドルに達すると予測されています。多金属誘電体ナノコンポジットは、異なる材料を組み合わせて新しい材料特性を形成する混合物またはマトリックスです。 ナノコンポジットは、ゼロ次元(コアシェル)、一次元(ナノワイヤおよびナノチューブ)、2次元(ラメラ)、三次元(金属マトリックス複合材料)とは異なる相を有する。太陽エネルギー産業の急速な成長は、多金属誘電体ナノ複合材料の需要を増加させ、;その結果、市場の成長を促進します。さらに、多金属誘電体ナノコンポジット産業の発展が予測期間中に大きく進んでいくと期待されています。一方、初期設備投資の高いコストは、ビジネスの成長を妨げると予想されます。 マルチメタル誘電体ナノコンポジット市場COVID-19インパクト Covid-19の流行により、マルチメタル誘電体ナノコンポジットのエンドユース産業は、材料の輸出入の制限により、メーカーからのマルチメタル誘電体ナノコンポジットの受け取りが遅れるなどの問題に直面しています。さらに、Covid-19パンデミックは航空業界に大きな影響を与えています。航空機の生産は破壊的に停止し、航空宇宙市場全体で大きな損失を被っています。 例えば、国際航空運送協会(IATA)によると、世界の国内線は70%減少し、旅客収入の損失は3,140億ドルに達しています。ウェールズ政府のサービスと情報によると、世界中の短距離航空機(全体のメーカー)の生産需要は、2025年末までに長距離クラフトで15%(10,000機中約1,500機少ない)、30~65%減少する可能性が高い(2,000機中約600~1,300機)。航空機生産の減少に伴い、各種部品製造用の多金属誘電体ナノコンポジットの需要が大幅に減少し、多金属誘電体ナノコンポジット市場の成長に大きな影響を与えています。. 読み続けて>>

ストリーミング分析市場規模予測、2026年までに325億ドルに達する見込み

世界のストリーミング分析市場は、2026年までに325億ドルに達すると予測され、2021年から2026年までの予測期間中に22.1%のCAGRで成長しています。人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータアナリティクス、機械学習などの技術の成長の増加と、ビジネスの生産性の最適化は、ストリーミング分析市場の主要な原動力となっています。 ストリーミング分析の採用は、より迅速で信頼性の高いデータインサイト/トレンドをリアルタイムで提供する機能により、高度に上昇しており、組織が市場ポジションを維持するのを助けます。さらに、業界全体で自動化が進むとともに、リアルタイムのデータ分析に対する需要の高まりも、ストリーミング分析市場への需要を押し上げている。 ストリーミング分析市場セグメント分析 – 導入タイプ別. 読み続けて>>

クロム金属粉末市場規模は、2021-2026年中に6.9%のCAGRで成長すると予測

クロム金属粉末市場の規模は、2021年から2026年の間に6.9%のCAGRで成長すると予測されています。金属クロム粉末は、主に溶接電極の製造に使用され、フラックス状電線は、このため、クロム金属粉末産業は需要の増加を目撃しています。また、様々な特殊合金や超合金の製造にも使用されています。さらに、クロム金属粉末は、多くの異なる酸や塩基だけでなく、高温ガスに対して非常に耐食性があります。 しかし、自動車、航空などの様々な産業で製造作業を拡大することは、予測期間中にクロム金属粉末の市場全体の需要をさらに高めるでしょう。コロナウイルスの急速な普及は、世界の主要国がこのパンデミックのために完全にロックダウンされているため、世界市場に大きな影響を与えました。米国の自動車産業は脆弱なままです。8月の販売台数は20%近く減少し(YoY)、133万台に達した。同月のトヨタは24.6%の急落を見て、ホンダ(-23%)が続いた。ヒュンダイ。 クロム金属粉末市場セグメント分析 - 種類別. 読み続けて>>

細胞のリシスとディスラプション市場規模は、2026年までに61億ドルに達すると予測されています

セルのリシス&ディスラプション市場規模は、2026年までに61億ドルに達すると予測され、2021-2026年の予測期間中に8.3%のCAGRで成長しています。細胞リシス&ディスラプションは、細胞膜を破壊して、デオキシリボ核酸(DNA)、リボ核酸(RNA)、タンパク質などの細胞間物質を細胞から放出する方法です。これらの方法は、ポイント・オブ・ケア診断のための免疫測定、ダウンストリーミングプロセス、タンパク質機能および構造を研究するためのタンパク質抽出、薬物スクリーニング、およびmRNAトランスクリプトーム決定のための重要な単位操作である。 超音波均質化の採用の増加、哺乳類細胞を用いたキレート剤の試験需要の高まり、秒オーダーの細胞リシスを提供するドデシル硫酸ナトリウム(SDS)の需要の増加、細菌細胞を用いた浸透衝撃技術の需要の高まりは、2021-2026年の細胞リシス&ディスラプション市場の成長を促進するために設定されている要因です。 細胞のリシスと破壊市場セグメント分析による細胞タイプ 細胞タイプに基づく細胞のリシス&ディスラプション市場は、哺乳類細胞、植物細胞、酵母/藻類/菌類、細菌細胞にさらに分類することができます。哺乳類細胞セグメントは、2020年に最大のシェアを占め、2021年から2026年の間に9.6%のCAGRを持つ最も急速に成長しているセグメントであると推定されています。この成長は、開業医に優しい製品を提供するための技術の進歩に対する需要の高まりや、この市場の主要企業による研究開発活動の増加などの要因によるものです。 哺乳類細胞を用いたキレート剤の試験需要の高まりが、細胞リシス&ディスラプション市場の成長を促進しています。細菌細胞セグメントは、細菌細胞を用いた浸透性ショック技術の需要の高まりや、研究機関による細菌細胞の導入の増加などの要因により、2020年に2番目に大きなシェアを占めた。. 読み続けて>>

インドのソレノイドバルブ市場は、2026年までに6億4000万ドルを超えると予測

インドのソレノイドバルブ市場は、2021年から2026年の予測期間中に5.2%以上の推定CAGRで成長している2026年までに6億4000万ドルを超えると推定されています。ソレノイドバルブは、水性流体と気体流体の両方を制御する流体パワーの制御要素として採用されています。ソレノイドバルブは、安全なスイッチングを通じて液体および気体の流量を調整する必要があるシステムやモータの制御デバイスとして主に使用されます。これらの弁はソレノイドを通して電流を通すことによって内部操縦することができる、従ってプランジャー機構を開くか閉じる磁場を作成する。Enerdataによると、中国、米国、インド、ロシアなどの国々は、2019年に従ってエネルギーの最も高い消費者です。産業の成長の増加は、人口の増加と相まってエネルギー消費の増加を占めています。この傾向には、電力部門への膨大な数の投資が含まれており、ソレノイドバルブの市場を推進します。 インドソレノイドバルブ市場セグメント分析 - タイプ別 -. 読み続けて>>

建設フローリング化学市場規模予測、2026年までに536億ドルに達する

建設フローリング化学市場の規模は、2021-2026年の間に6%のCAGRで成長した後、2026年までに536億ドルに達すると予測されています。建設業界の台頭に伴い、建設用床材の化学品市場は、建設化学薬品が常にあらゆる種類の建設プロジェクトで重要な役割を果たしてきたため、市場の成長が拡大しています。ポリメチルメタクリレート(PMMA)は、低温環境での迅速な設置のための床材ソリューションで主に役立ちます。 さらに、セラミック、磁器、石のタイルを、商業用および国内の用途で多孔質および非多孔質表面に接着するためのセラミックタイル接着剤は、困難で商用アプリケーションに高い強度と柔軟性を提供します。しかし、住宅建設に対する国民の需要の高まりは、予測期間中の建設フローリング化学物質の市場全体の需要をさらに高めるでしょう。 COVID-19 インパクト コロナウイルスの大規模な流行は、世界の主要経済国が完全にロックダウンモードにあったため、世界的な建設フローリング化学産業に大きな影響を与えました。建築や建設を含むすべてのセクターの世界的な危機は、建設フローリング化学物質の需要を減少させている。例えば、米国道路交通ビルダー協会によると、約16の州/州が約50億ドル相当のプロジェクトを延期しました。だから、このため、建設フローリング化学市場は減少しています。. 読み続けて>>

クロマゾン市場は2021-2026年中に2.5%のCAGRで成長すると予測

クロマゾン市場は、2021年から2026年の間に2.5%のCAGRで成長すると予測されています。クロマゾンは、大豆、綿、米、サトウキビ、ピーマン、カボチャの広い葉っぱや溝の草などの多くの年間農業除草剤を制御します。それは化学群イソキサゾールに属し、広い対照スペクトルを有し、葉草の単一性およびユージコチド種の出現前または早期の出現後に適用される。 農業部門の増加に伴い、除草剤の需要も増加し、クローマゾン市場は需要の増加を目の当たりにしています。一方、ビジネスとしての農業に対する国民の関心の高まりは、予測期間中のクローマゾンの市場需要全体をさらに高めるでしょう。 COVID 19インパクト 世界の農業部門は、COVID-19のロックダウン、物流の妨害、生産の減少、および関連する経済的影響によって引き続き挑戦されています。世界的な肥料と農薬の需要は、コロナウイルスの到着以来影響を受けています。コロナウイルスの流行は農業部門全体で最も重大な影響を及ぼし、微量栄養素製品と原材料の内外の動きに影響を与えました。また、このパンデミックは、米国、ブラジル、インド、EU-5諸国の農業産業にも打撃を与える見込みです。したがって、農業部門の減少に伴い、クローマゾン市場はほとんどハードルに直面すると予想されます。. 読み続けて>>

内部外傷固定装置市場は、予測期間中に7.2%のCAGRで成長すると予測

内部外傷固定装置市場の規模は2020年に4,608百万ドルと見積もられ、2021年から2026年の予測期間中に7.2%のCAGRで成長すると予測されています。外傷固定装置は、骨折の動きを制限し、より速い治癒を可能にし、不適切な骨の回復を避けることによって治癒プロセスをスピードアップするのに役立ちます。特に発展途上国では、交通事故の増加により外傷固定装置の需要が増加すると予想されます。技術とユーザーの親しみやすさの面では、外傷固定システムは画期的な改善を受けています。技術の進歩の結果、これらのデバイスの需要は増加しています。 高齢者は、骨粗鬆症、変形性関節症、パジェト病などの変性骨疾患のリスクが高いため、骨折や転位に対してより脆弱です。国連(UN)によると、2019年の世界の老人人口は約7億3000万人で、2050年までに20億人に増加すると予測されており、変性性骨疾患や整形外科の傾向にある高齢者人口の増加は、内部外傷固定装置の需要を高めている。また、先進国では、良好な償還政策が成長を促進することがさらに期待されています。しかし、内部外傷固定装置に関連するアレルギー反応と高コストは、予測期間2021-2026の間に市場の成長に脅威を与える可能性があります。 内部外傷固定装置市場セグメント分析-製品タイプ別 製品別に、内部外傷固定デバイス市場は、骨セメントおよび閉鎖装置(プレート&ネジ、ワイヤ、クリップ、ピン、ケーブル)に分類することができます。閉鎖装置は市場で最大のシェアを占めており、整形外科疾患の発生率と有病率の増加、スポーツ傷害の症例の増加などの要因により、2021-2026年の予測期間に6.7%の安定したCAGRで拡大すると予測されています。 ポリ(メチルメタクリレート)PMMAは、骨セメントとも呼ばれ、骨に対してインプラントを所定の位置に保つためのグラウトとして機能するスペース充填材料です。整形外科手術でインプラント固定に広く使用されており、また、製造会社やエンドユーザーからの製品の容易な受け入れのために大幅な成長を登録することが期待されています。. 読み続けて>>

長期的な進化市場規模予測は、2026年までに841億ドルに達すると予測

世界の長期進化(LTE)市場は、2026年までに841億ドルに達すると予測され、2021年から2026年までの予測期間中に22.4%のCAGRで成長しています。スマートフォンの普及により、インターネット接続の向上、ワイヤレスブロードバンド接続、特に4Gワイヤレスブロードバンド技術の必要性が高まり、LTEサービスの採用が高まっています。 公共の安全LTEネットワークの需要と共に要求の多いアプリケーションでのデータ使用量の増加による長期的な進化の採用が、LTE市場の成長を促進しています。 また、社内の通信基準の向上に向けた様々な業界の採用や、通信業界の研究開発に向けた高い投資が市場の大きな成長を引き起こしています。GSM、CDMA、UMTSをLTE技術に置き換えるのが、市場の大きな原動力となるだろう。 長期進化(LTE)市場セグメント分析 -. 読み続けて>>

ストレージエリアネットワーク市場は2026年までに179億ドルに達すると予測

世界のストレージエリアネットワーク(SAN)市場は、2026年までに179億ドルに達すると予測され、2021年から2026年にかけて2.5%のCAGRで成長しています。市場の成長は、クラウドベースの直接接続型ストレージ(DAS)システムの導入の拡大、IoT、AIなどの高度な技術の成長の増加、および異なる業界間での作業生産性の向上などの要因に起因しています。また、インフラ開発に向けた様々な分野からの投資の拡大も市場の成長を好んでいる。ストレージ エリア ネットワークを使用する主な要因の 1 つに、集中バックアップがあります。集中型バックアップ. 読み続けて>>

コロケーションとマネージドホスティング市場予測は、2026年までに6億2,580万ドルに達すると予測

世界のコロケーションおよびマネージドホスティング市場は、2026年までに6億2,580万ドルに達すると予測されており、2021年から2026年にかけて12.2%のCAGRで成長しています。市場の成長は、データセンターの成長、技術開発、規制されたクラウドプロバイダーやコロケーションネットワークを通じた支出の増加などの要因に起因しています。さらに、IOTデバイス、エッジコンピューティングなどの採用が進み、市場の成長を後押ししています。 市場の成長は、クラウドベースのストレージ・システムの導入の拡大、IoT、AIなどの高度なテクノロジーの成長の増加、および異なる業界間での作業生産性の向上などの要因に起因しています。さらに、データセンターのインフラ整備に向けた様々なセクターからの投資の増加も市場の成長を活かしています。リモート監視サービスとソフトウェア設計データサービスに対する需要の高まりが、市場の大きな原動力となります。 コロケーションおよびマネージドホスティング市場セグメント分析 – タイプ別. 読み続けて>>

2021-2026年の予測期間中にCAGRの6.2%で成長すると推定される重要な臓器支援システムおよび医療バイオニクス市場

重要な臓器支援システムと医療バイオニクス市場は、2020年に3,700万ドルと見積もられており、2021-2026年の予測期間中に6.2%のCAGRで成長する予定です。重要な臓器支援システムと医療バイオニクス産業の成長率は、重要な臓器支援システムと医療バイオニクス需要に関連する技術の進歩、慢性疾患に苦しむ患者の症例の増加、世界的な高齢者人口の急増に起因し、新たな機会をもたらすことが期待されています。これらの医療機器は、疾患を受けた臓器の位置にある患者に挿入される。 医療バイオニクスは、機械式とエレクトロニクスを使用して、機械的に駆動された四肢または機能する器官の任意の成分を置き換える方法の研究です。臓器移植は一般的な慣行となっており、ヘルスケア業界の成長を後押ししています。人工臓器には、人工心臓、腎臓、膵臓などがあります。人工臓器は、自然器官と同じ機能を果たす様々な部分で構成されています。 さらに、臓器移植手術に対する強い欲求を表明しているが、この需要を満たすために利用可能なドナーの数は限られている。その結果、需給格差が拡大し、世界的な重要な臓器支援システムと医療バイオニクス市場シェアの拡大を支援しています。しかし、高い治療費と厳格な承認プロセスは、重要な臓器支援システムおよび医療バイオニクス産業の市場開発を妨げている。 重要臓器支援システムと医療バイオニクス市場セグメント分析 -. 読み続けて>>

病理学的検査市場規模予測は2026年までに3,784億ドルに達すると予測

病理検査市場規模は2026年までに3,784億ドルに達すると予測され、2021年から2026年の予測期間中にCAGRは9.9%増加しています。病理学的検査は、多くのステップを伴う複雑なプロセスであり、感染、遺伝的異常、および新生物にとって重要なプロセスである。医師は、病理検査によって生じる情報を分析することによって医師が決定し、癌の存在と同様に欠席を決定する上で大きな役割を果たす。また、最良の治療オプションの選択に関する情報も提供します。慢性肺疾患、悪性腫瘍、心臓病、脳卒中などの疾患に関連する症例の増加と、感染症の出現に伴う死亡率の上昇が市場の成長を促進する主要な要因です。研究開発活動の増加と医療インフラの強化は、2021年から2026年の病理検査市場の市場全体の発展をさらに強化するために設定されています。 病理検査市場セグメント分析 -試験別 デジタル病理学は、2020年に病理学的検査市場で最大のシェアを占め、2021-2026年の予測期間中にCAGR 10.6%で成長すると推定されています。デジタル病理は、コンピュータモニタまたはモバイルデバイスとスライド画像スキャナ全体を使用してデジタル画像を分析します。これは病理学者が同じようにスライドを動かすことを可能にする従来の標準的な軽い顕微鏡と同じように働く。これは、病理学のラボの効率、および収益の向上のための進歩をもたらしました。ラボは、人工知能によって動力を与えられた計算可能なデジタル病理を使用して病理学者を助けます。それは実験室の情報システムに情報を統合する量的なイメージ分析を提供する。デジタル病理学は、2021年から2026年の間に高いCAGRを登録すると推定されています。. 読み続けて>>

シンチレータ市場規模予測、2026年までに4億2,500万ドルに達

シンチレータ市場規模は、医療・ヘルスケア、原子力発電所、国土安全保障・防衛、製造業などの様々なエンドユース産業からの需要が高まっているため、2021年から2026年の間にCAGRで6%の成長を続けた後、2026年までに4億2,500万ドルに達すると予測されています。イットリウムケイ酸塩やエチルヘキシルリン酸のようなシンチレータは、医療用レーザー、生物医学用インプラントおよび核制御に使用されます。低量のアルムニウムモリブデン酸サプリメントを有すると、食道癌のリスクが減少する。 モリブデン酸アルムニウムは、正常な身体機能において重要な役割を果たす。出産や授乳と同様に、推奨される食事手当(RDA)は、すべての年齢の女性のための50 mcg /日に設定されています。典型的な米国の成人の食事供給 120. 読み続けて>>

微小循環検出器の市場規模は、2026年までに8億ドルに達すると予測

微小循環検出器市場規模は2026年までに8億ドルに達すると推定され、2021-2026年に比べて9.8%のCAGRで成長しています。微小循環は、筋肉組織と直接相互作用する器官に見られる小さな血管内の血液の動きです。微小循環ユニットは、組織からリンパ液を採取し、間質流体の圧力を調節することを可能にするリンパ毛細血管から構成されています。微小循環における内皮の機能は、循環ホルモンの活性化と不活性化を含み、筋肉の緊張および動脈血流組織を制御することができる。微小血管は毛細血管、細動脈および小静脈を含む組織の健康および機能を確立し維持するために必要な人体の重要な機能の構成要素である。糖尿病の発生率の増加と技術の進歩の増加は、この市場の成長を促進する主な要因です。さらに、2021年から2026年にかけての微小循環検出器市場の市場需要の一層の向上に向けて、研究開発活動の増加が進んでいます。 マイクロ循環検出器セグメント分析 - 製品別 製品に基づく世界の微小循環検出器市場は、ハンドヘルド微小循環検出器とデスクトップ微小循環検出器にさらにセグメント化することができます。ハンドヘルド微小循環検出器セグメントは、2020年に収益を生み出す主要セグメントです。この装置はまたベッドサイドの使用のために利用できるCytoCam-IDFのような手持ち型の装置の助けによって重症の患者の微小循環を観察するのを助ける。デスクトップ微小循環検出器セグメントは、2021年から2026年の間に4.2%の最速CAGRを登録すると推定されています。これは、デスクトップマイクロ循環検出器の需要を増加させ、このセグメントの成長を増加しているデスクトップを介して微小循環の検出が増加したためです。. 読み続けて>>

デジタルテキスタイル印刷市場規模予測、2026年までに71億ドルに達すると予測

デジタルテキスタイル印刷市場の規模は、2021年から2026年の間に15.8%のCAGRで成長した後、2026年までに71億ドルに達すると予測されています。印刷布やバナー&旗の需要が高まる中、デジタルテキスタイル印刷市場は市場の成長の増加を目の当たりにしています。また、直接分散染料を使用した印刷は、インクの広がり(ドットゲイン)を増加させ、より少ない色彩の生き生きとを生じさせることができます。分散染料は、ポリエステル、アセテートレーヨン、ポリライクラ、アクリルなどの人工繊維に特に使用されます。一方、デジタル印刷技術は、より耐久性のあるインクを利用し、信頼性の向上、印刷寿命の長さ、全体的なコスト削減と効率性を提供するため、予測期間中のデジタルテキスタイル印刷の市場全体の需要がさらに高まります。 COVIDインパクト コロナウイルスの急速な普及は、世界の主要国がロックダウンモードにあったため、世界市場に大きな影響を与えました。この大規模なロックダウンのために、突然、すべての消費者市場は、任意のアパレル製品の購入にゼロの関心を示し始めているし、繊維セクターが苦しんでいるため。市場が直面している大きな困難の一つは、COVID-19の普及の危険性のためにテキスタイルショップを訪問する顧客の間でポストロックダウンの関心です。そこで、この世界的な危機は、デジタル繊維印刷産業の商品生産と輸出の需要を減速させている。 デジタルテキスタイル印刷市場セグメント分析 -. 読み続けて>>

冶金コーラ市場規模予測、2026年までに1,593億ドルに達する

冶金コーラ市場の規模は、鉄鋼加工、ガラス製造などの様々な用途で冶金コークスの使用量が増加したため、2021-2026年の間に3.4%のCAGRで成長した後、2026年までに1,593億ドルに達すると予測されています。冶金コークス(コーキング石炭とも呼ばれる)は、鉄鉱石および石灰岩と共に、鉄骨を金属鉄に変換するために粉砕された石炭注入プロセスに広範囲に重ねられています。鉄鋼産業の急速な成長は、冶金コークスの需要を増加させ、;その結果、市場の成長を促進します。さらに、ガラス産業の繁栄は、冶金コークス市場を大幅に牽引することも期待されています。しかし、ビチューム石炭や無煙炭などの他の代替コークスの入手可能性は、予測期間中に冶金コークス(コーキング石炭)産業にとって大きな抑制をもたらす可能性があります。 COVID-19 インパクト COVID-19パンデミックの流行は、主要生産国の政府が供給を著しく混乱させている輸出制限を課しているので、冶金コークスの輸出と輸出に影響を与えました。また、パンデミックにより、自動車の生産が停止したため、鉄鋼需要は大幅に減少しています。鉄鋼省によると、インドの鉄鋼産業は厳しい状況を目の当たりにした。鉄鋼生産は2月に比べ23%減少し、輸出入は大幅に減少し、鉄鋼の消費も6.6%削減した。 また、自動車や建設などの生産工程に鉄鋼を必要とする産業が停止しているため、鉄鋼需要は破壊的に減少し、冶金コークス(コーキング石炭)市場に悪影響を及ぼしています。 冶金コークス市場セグメント分析. 読み続けて>>

ポリウレタン市場は2026年までに538億ドルに達すると予測

ポリウレタン市場は、2021-2026年の間に5.2%のCAGRで成長した後、2026年までに538億ドルに達すると予測されています。ポリエステルポリオールの多様な範囲は、高品質のポリウレタンを作成する式を可能にします。軽量・耐久財の自動車、建設、エレクトロニクス産業の需要拡大は、ポリウレタンの世界市場成長を刺激すると予測されています。成長するエンドユース業界における耐久性、軽量、支持性、快適性の高い特性により、柔軟なフォームの需要が高まり、市場の成長が見込まれています。自動車の生産・販売の増加は、ポリウレタンコーティングの需要をさらに高めており、今後の市場の成長をリードすると予測されています。さらに、高度な機能を備えた革新的なポリウレタン(PU)処理プロセスの使用拡大により、予測時代における世界のポリウレタン産業の成長に新たな機会が期待されています。 コヴィッド-19の影響 COVID-19パンデミックと政府が命じたロックダウンは、2020年に世界のほぼすべての地域に深刻な影響を与える深刻な不況につながっています。すでに減速している建設市場は特に大きな打撃を受け、原材料の消費と生産に影響を与え、ポリウレタンの需要が減少しました。 ポリウレタン市場セグメント分析 -. 読み続けて>>

グループ購買組織のソフトウェア市場予測は、2026年までに72億ドルに達すると予測しています。

グローバルグループの購買組織ソフトウェア市場は、2026年までに72億ドルに達すると予測され、2021年から2026年までのCAGRは7.3%増加しています。GPO は、購入した製品およびサービスに対する相互インセンティブを提供し、費用の削減、契約条件の強化、リベート管理の改善、ROI の増加、総所有コスト(TCO)の削減による持続可能な価値を提供するように構成されています。購買サイクルにおける特定の機能の自動化とサプライチェーン運営の再構築は、市場の主要な要因です。2020年12月、シングルユース内視鏡の世界的リーダーであるAmbu A/Sは、米国グループ購買組織(GPO)とのシングルユース内視鏡分野における全国使い捨て内視鏡契約を発表しました。このアレンジメントは、取引の長さのために単回使用気管支鏡とシングルユースサイノリンゴスコープの両方で唯一の役割をAmbuに提供します。この事前レバレッジ契約によって提供される購買力の上昇は、組織戦略において会社に大きな影響を与えます。このような取引は、市場の需要に大きな影響を与えます。 グループ購買組織ソフトウェア市場. 読み続けて>>

神経血管ステント取得器市場規模は、予測期間中に6.3%のCAGRで成長する 2021-2026

神経血管ステント取得器市場の規模は2020年に5億6,200万ドルと見積もられ、2021-2026年の予測期間中にCAGRは6.3%と予測されています。脳卒中の間、神経血管ステントレトリバーは血流を回復するために使用される。虚血性脳卒中は、世界中の障害と死亡の主な原因です。重度の神経系の損傷や脳卒中を患った患者も生涯にわたるサポートを必要とし、患者、その家族、社会に負担をかける。神経損傷の治療法を開発するために-頭蓋内出血、新しいおよびパラダイムシフト技術が必要である。機械的血栓切れは、吸引、断片化およびレオローチを含む。全身性血栓溶解のための最も効果的な治療法の1つは、神経血管ステントレトリバー産業の発展を後押ししている組織プラスミノーゲン活性化剤の使用です。合併症や長期傷害は、早期診断とケアで回避することができます。高齢者人口の増加、神経学的および流行性障害の発生の増加、および神経血管ステントレトリバーのための新しい製品の導入は、神経血管ステントレトリバー業界を推進しています。組織プラスミノーゲン活性化剤による全身血栓溶解は、脳卒中を効果的に治療するために使用されたが、他の治療法の有効性は、血栓塞栓性閉塞を伴う極端な脳卒中では限られていた。急性塞栓性脳卒中患者における機械的血栓切れ術のために、ステントレトリバーが最近追加された。急性塞栓脳卒中の場合、神経血管ステントレトリバーは、機械的血栓切れおよび血流回復に使用される。神経血管ステントレトリバーが血流を迅速に回復し、深頭蓋内動脈から血栓や血栓を効率的に除去する能力は、神経血管ステントレトリバー市場の運転需要をよく知られています。さらに、可処分所得が増加し、人々が病気や予防医療に対する意識を高め、神経血管ステントレトリバー産業の需要を押し上げるにつれて、市場は拡大すると予想されます。 神経血管ステント・リトリーバー市場セグメント分析 - タイプ別 タイプに基づいて、神経血管ステント取得器市場は、バルーン拡大ステントと自己拡張ステントにセグメント化されています。バルーン拡大ステントは、2020年に最大の収益市場シェアを占めました。バルーン拡張可能なステントは、高度なコバルトクロム合金で作られたモジュラー性を備えた柔軟なステントです。融着パターンは、強度と適合性の可能な限り最高の組み合わせを達成することを目的として作成されます。コバルトクロムの使用は即時および安全なMRのイメージ投射および急性虚血性の打撃を可能にする。それは容器の壁に合致するより小さく、より一貫した細胞サイズである。バルーン拡張可能なステント装置により、ステントを周辺血管を介して目的の位置まで安全に進められる。業界のプレーヤーは、病気を効果的に治療できる新製品や新技術を導入するために、研究開発活動に集中しています。例えば、テルモは2018年6月にSOFIAカテーテルのFDA承認を受けました。自動自己拡張ステントセグメントは、2021-2026年の予測期間で6.9%の最速CAGRで成長すると予想されています。出産の容易さのために、自己膨張型ステントは、ステント狭窄を最小限に抑えるための薬物溶出ステントの発明と同様に、一般的になってきました。さらに、画像化技術の進歩は、患者固有の神経血管ケア計画の作成への道を開いた。さらに、神経血管管内処置中のイメージング技術の統合により、ステントを使用した治療の改善が可能となり、予測期間中のセグメント成長が促進され、神経血管ステント取得器産業が牽引することが期待されています。. 読み続けて>>

非侵襲的出生前検査市場規模は、2026年までに98億ドルに達すると推定される

非侵襲的出生前検査市場の規模は2026年までに98億ドルに達すると推定され、2021-2026年の予測期間中にCAGRは13.1%増加しています。出生前検査は、母親の胎児が遺伝的異常を伴って生まれるかどうかのリスクを決定する手順である。この方法はまた、妊娠中の血液中を循環しているデオキシリボ核酸(DNA)の断片を分析する。この非侵襲的な出生前検査は、胎児との直接接触を避けたいという願望から生まれた。遺伝的状態のリスクを予測するための無細胞DNAスクリーニングの採用の増加、病院での超音波検出方法の採用の増加、母親の年齢の上昇に伴う染色体異常のリスクの増加、実験室での絨毛性ビラのサンプリングと羊水穿刺診断の需要の増加は、2022-200年の非侵襲出生前検査市場の成長を促進するために設定されている要因である。 非侵襲的出生前試験市場セグメント分析法 この方法に基づく非侵襲的出生前検査市場は、超音波検出、生化学的スクリーニング検査、母体血漿検査における無細胞DNAスクリーニング、および母体血液検査における胎児細胞にさらに分類することができる。母体血漿検査セグメントにおける無細胞DNAスクリーニングは、2020年に最大のシェアを占め、2021年から2026年の間にCAGRが14.7%の最も急速に成長しているセグメントであると推定されています。 この成長は、新製品開発への取り組みの増加や、提供されるテストの利用をさらに進めるための研究研究の拡大などの要因によります。遺伝子状態のリスクを予測するための無細胞DNAスクリーニングの採用の増加は、非侵襲的出生前検査市場の成長を促進しています。超音波検出セグメントは、母親と胎児の両方のための非侵襲的で安全な方法の需要の高まりや、無細胞DNAスクリーニングを補完する超音波検出の採用の増加などの要因により、2020年に2番目に大きなシェアを占めていました。 サンプルレポートのリクエスト. 読み続けて>>

男性不妊市場の規模は、予測期間中に4.8%のCAGRで成長20212026

男性不妊市場の規模は2020年に31億8000万ドルと見積もられ、2021-2026年の予測期間中に4.8%のCAGRで成長すると予測されています。男性不妊症は、12ヶ月以上の無保護活動の期間後に妊娠を達成するために、男性の生殖器系の障害によって特徴付けられる状態である。世界中の生殖年齢の何百万人もの人々が不妊の影響を受けており、家族や社会にも影響を与えています。WHOの推計によると、不妊症は世界中で4,800万組のカップルと1億8,600万人に影響を及ぼします。男性の不妊症は、精子の排出、精子の不在または低量、または異常な形態および運動(運動性)を有する精子の問題によって引き起こされることが最も多い。補助生殖技術は、精子数の少ない、精子含有量の悪さ、運動性の悪さなどの問題を持つ男性にオプションを提供する不妊治療の広い範囲に取り組んでいます。さらに、医薬品とは対照的に、生殖技術の進歩により、男性不妊の需要が今後大幅に拡大することが期待されます。さらに、低侵襲手術の受け入れの増加は、市場を牽引すると予測されている世界中の患者に医療保険と払い戻しを提供する改善された医療政策の恩恵を受けるでしょう。しかし、訓練を受けた人員の不足と治療に関連する高いコストは、2021-2026年の予測期間中に市場の成長に脅威を与える可能性が予測されています。 男性不妊市場セグメント分析-テストタイプ別 テストタイプに基づいて、市場はDNA断片化技術、酸化ストレス分析、精子凝集、コンピュータ支援精液分析、精子浸透アッセイ、および他のテストタイプに分かれています。診断技術は精子DNAの完全性の信頼できる検査を提供することができるので、DNA断片化は2020年に最大の市場シェアを占めました。DNA断片化は、急速に人気を集め、現在は発展途上国で広く使用されている比較的新しい技術です。それでも、コストが高いため、先進国では受け入れられていないか、通常の慣行として受け入れられません。 しかし、他のテストタイプは、より高いCAGRで成長すると予測されています。例えば、コンピュータ支援の精液分析は、技術の進歩により、予測期間中にCAGR 0f. 読み続けて>>

圧電スマート材料市場規模予測 2026年までに96億ドルに達

圧電スマートマテリアル市場の規模は、2021-2026年の間に5.3%のCAGRで成長した後、2026年までに96億ドルに達すると予測されています。世界的に見て、航空宇宙・防衛用途、エネルギーハーベスティング、その他の主要なアプリケーションにおける圧電スマート材料向けの高度なPiezoソリューションに対する研究大学や企業による研究開発投資の増加が市場開発を推進しています。圧電スマート材料は機械的ストレスを受け、その表面を通して電荷を発生させるのは、その結晶構造の非対称性により、電気機械トランスデューサ、アクチュエータ、センサ用途でますます使用されるためです。さらに、流体組成物、流体密度、流体粘度、衝撃の力の測定に対する圧電センサの需要の高まりは、予測期間中に圧電スマート材料産業に新たな機会をもたらし、予測される。 コヴィッド-19の影響 COVID-19パンデミックの状況は、圧電スマート材料の供給に影響を与え、その後、産業業務を中断しました。また、輸入国における圧電スマート材料の供給は、貿易の混乱に大きな影響を及ぼし、2020年の市場成長を低下させる。 圧電スマート材料市場セグメント分析 -. 読み続けて>>

デジタルテキスタイル印刷インク市場規模予測 2026年までに25億ドルに達する

デジタルテキスタイル印刷インク市場規模は、2021-2026年の予測期間中に12.3%のCAGRで成長した後、2026年までに25億ドルに達すると予測されています。ラテックスやUV印刷に使用される技術の代わりに、デジタルテキスタイル印刷インクは耐久性と高品質の外観と光沢を与え、このため、デジタルテキスタイル印刷インク市場は需要の増加を目の当たりにしています。デジタルテキスタイル印刷では、直接分散(分散インクを使用)および反応性染料(反応性インクを使用)プリンタは、デジタル印刷の最も一般的なインクまたは技術です。反応性染料プリンタが直接分散染料インクで印刷に変更したい場合、変更するものはごくわずかです。デジタルテキスタイル印刷に対する需要の高まりは、予測期間中のデジタルテキスタイル印刷インク業界の市場全体の成長を高めるでしょう。 COVID-19の影響 コロナウイルスの急速な普及は、世界の主要国が完全にロックダウンされていたため、世界市場に大きな影響を与えました。この大きなロックダウンにより、突然、すべてのアパレル市場は、任意のアパレル製品の購入にゼロの関心を示し始めている、と繊維部門は多くの苦しみを抱えています。これは大きな困難の一つであり、この市場は直面しており、ロックダウンが解除された後でさえ、多くの国では、繊維店や産業はcovid-19を広げる危険性があるため、まだ閉鎖されていました。したがって、この世界的な危機はアパレルの需要を減速させ、デジタルテキスタイル印刷インク市場も減少しています。 デジタルテキスタイル印刷インクセグメント分析 -. 読み続けて>>

ニッケルベース合金市場規模予測、2026年までに5,114.6百万ドルに達する

ニッケルベース合金市場規模は、自動車、航空宇宙、石油・ガス、発電所、エレクトロニクスなどの様々なエンドユース産業におけるニッケルベース合金の使用量が増加したため、2021-2026年に2.6%のCAGRで成長した後、2026年までに5,114.6百万ドルに達すると予測されています。ニッケル基合金は、耐食性、強度、靭性、冶金安定性、高温強度、加工性、溶接性などの優れた特性を有し、電子合金の市場需要が高まると予想されています。 石油・ガス産業の急速な成長はニッケル基超合金、ニッケル基耐食合金、およびニッケルベース形状記憶合金の需要を増加させてきた。その結果、市場の成長を促進します。さらに、繁栄する航空宇宙・防衛産業は、予測期間中にニッケル基合金産業を大幅に推進することが期待されています。 COVID-19 インパクト Covid-19の流行により、ニッケル基合金のエンドユース産業は、材料の輸出入の制限により、メーカーからのニッケル基合金の受け取りが遅れるなどの問題に直面しています。船舶の不用意や空の航行により、出荷受注も大きな影響を受けます。また、COVID-19のパンデミックは航空業界に大きな影響を与えています。. 読み続けて>>

デジタル・スセント・テクノロジー市場予測、2026年までに3,030万ドルに達する見込み

デジタル・セント・テクノロジー市場は、2026年までに3,030万ドルに達すると予測しており、2021年から2026年までの12.2%のCAGRで成長しています。デジタル・セント・テクノロジー市場は、オンラインコミュニケーションにおける嗅覚の開発技術が高まっているため、予測期間中の持続的な成長を目の当たりにしていると推定されています。現在、オンラインコミュニケーションには、聴覚、感動、視力の感覚を持つ3つの感覚だけが関係しています。デジタル匂いは、バーチャルリアリティの概念の一つです。デジタルの香りは、一般的にハードウェアとソフトウェアの技術の組み合わせです。 電子鼻、香りシンセサイザー、キャトリッジ、セントグラフなどのハードウェアの役割は、香りを生み出すことであり、ソフトウェアの役割は、香りの方程式を評価し、異なる匂いのための明確な信号を生成することです。最後に、デバイスはその匂いを生成します。デジタル香りの技術を使用すると、インターネット上でデジタル的に嗅覚、送信、再現、および嗅覚、香り、味を取り戻すことができます。臭い機能は、正確な時間に適切な臭いを発することになっているUSB電源デバイスによって行われます。しかし、防衛・ヘルスケア分野でのデジタル香り技術の急速な採用により、予測期間の市場成長が向上することが期待されます。 デジタル・ス香技術市場セグメント分析 - ハードウェア・デバイス別. 読み続けて>>

AGVソフトウェア市場は2026年までに26億ドルに達すると予測

AGVソフトウェア市場は、2026年までに26億ドルに達すると予測され、2021年から2026年までの14.2%のCAGRで成長しています。AGVソフトウェア市場は、自動誘導車(AGV)が倉庫の周りや定期的に監視および制御する必要がある工場の周りに材料を輸送するために広く利用されているため、主に予測期間中の持続的な成長を目撃すると推定されています。これらの監視および制御の要件を達成するために、AGVソフトウェアが使用されます。 それは主に3つのタイプ、すなわち、艦隊管理ソフトウェア、ナビゲーションソフトウェアとマッピングソフトウェアに分かれていますが、それはAgvで内蔵されているか、倉庫管理システムと一緒に統合されたソフトウェアを構成しています。 自動化と産業用モノのインターネット (IIoT) の需要が様々な業界で高まり、クラウド上の倉庫管理システムソリューションの採用が高まる中、世界のAGVソフトウェア市場は、今後数年間で急速なペースで上昇しています。しかし、ビッグデータ分析と統合されたソフトウェア導入に伴う初期コストが高く、AGV. 読み続けて>>

医療用超音波浴の市場規模は、2026年までに2,2億ドルに達すると推定される

医療用超音波浴槽の規模は2026年までに22億ドルに達すると推定され、2021-2026年に比べて6.5%のCAGRで成長しています。医療超音波浴は、超音波の20〜40 Hzを介して攪拌される洗浄液に置かれている手術器具をきれいにするために使用されます。Piezoセラミックトランスデューサは、医療工学、溶接、フロー、レベル測定など、さまざまな機械操作で実装されており、超音波センサーやパワーアプリケーションで主に使用されています。キャビテーションの浸食は、洗浄プロセスが超音波洗浄器で行われた後に発生し、また、超音波クリーナーの水槽を損傷します。 医療超音波浴は、インプラントの拒絶の可能性を減少させるために、医療用インプラントをきれいにするためにも使用されます。人々の間で外科的処置を増やし、職場の衛生に対する意識の高まりは、この市場の成長を促進する主な要因です。さらに、医療産業における研究開発活動の増加と技術の進歩の増加は、2021年から2026年の間の医療超音波浴場市場の市場全体の需要をさらに高めるために設定されています。 医療用超音波浴セグメント分析 -. 読み続けて>>

放射線治療および画像診断装置の市場規模は、2026年までに13,430百万ドルに達すると予測されています

放射線治療および画像診断装置の市場規模は、2021年から2026年の予測期間中に6.0%のCAGRで成長する2026年末までに13,430百万ドルに達すると予測されています。放射線治療および画像診断装置の産業の成長率は、世界中の放射線治療を必要とする腫瘍学やその他の慢性疾患などの疾患の発生率の上昇に起因し、新たな機会をもたらすことが期待されています。 放射線療法は、高エネルギー線を使用して腫瘍細胞などの機能不全細胞を殺し、これらの細胞の増殖と分裂を阻止する。放射線は、線形加速器(LINAC)などのコンピュータ(外部放射)または放射性物質の小さな容器から作成されます。画像診断装置は、電磁放射を使用して、コンピュータ断層撮影(CT)スキャナ、磁気共鳴画像(MRI)システムを使用して正確な診断を行うために、人体の内部構造の画像を作成します。これとは別に、業界は腫瘍学情報システム(OIS)の需要の増加と医療費の着実な増加によって推進されています。 しかし、市場の発展は、医療従事者やシステムの不足によって妨げられます。それにもかかわらず、自動化などの技術の進歩、プラズマ放射線療法や画像診断装置などの新しい放射線療法は、予測期間中に放射線治療および画像診断装置市場の成長の道を開くと予想されています。 放射線治療・画像診断機器市場セグメント分析 -. 読み続けて>>

眼科粘弾性デバイス市場は、2021-2026年の予測期間中に4.3%のCAGRで成長すると予測されています

眼科粘弾性デバイス市場の規模は2020年に26億ドルと見積もられ、2021年から2026年の予測期間中に4.3%のCAGRで成長すると予測されています。眼科粘弾性デバイス(OVD)は、眼科手術における一般的な方法と考えられている。これらの装置は前房の圧力を作成し、目の中で区分し、患者がより速くより速くより安全な回復とのより速くより安全な外科をすることを可能にすることによって壊れやすい眼構造を保護するのを助ける。状況に応じて、眼科医は様々な眼科器具を使用します。OVDは、その特性と利点のために、過去10年間で多くの注目を集めています。 最も人気のあるOVD物質はヒアルロン酸ナトリウムです。OVDは眼科処置、眼の病気、眼科器具の前房、特に白内障手術および眼内レンズの移植に大きな影響を与える。OVDは、手術の成功率を向上させるためにいくつかの研究で示されています。世界中で増え続ける白内障や緑内障手術、OVDの進歩、有利な払い戻し政策は、眼科粘弾性デバイス産業部門の原動力となっています。 世界中の視力障害の増加に対処するためのガイドラインを策定することを目的とした政府支援プログラムの大幅な増加の結果、メーカーは新しい製品ラインの開発を余儀なくされています。これは、眼用粘弾性製品の世界市場の拡大を支援しています。 眼科粘弾性デバイス市場セグメント分析 –. 読み続けて>>

2026年までに生殖支援技術市場規模は462億ドルに達すると推定

援助生殖技術市場の規模は2026年までに462億ドルに達すると予測され、2021年から2026年の予測期間中に9.6%のCAGRで成長しています。補助生殖技術は、不妊症に対処するのに役立つ医療処置をカバーしています。凍結保存、体外受精、その他多くの方法をカバーしています。状況に応じてこれらの手順はまた、ドナー卵、精子、および以前に凍結胚を使用し、また、代理および妊娠キャリアを伴う。この手順は、妊娠を生成するための精子と胚の操作を含みます.先進国における排卵誘導、人工授精、ヒステロスピンググラフィーの導入の増加、初めての母性の中央値の増加、不妊治療に対する有利な政策の高まりは、2021年から2026年の生殖補助技術市場の成長を促進する要因です。 補助生殖技術市場セグメント分析 - 手順別 手順に基づく生殖補助技術市場は、フレッシュノンドナー、冷凍ノンドナー、フレッシュドナー、冷凍ドナーにさらに分類することができます。フレッシュノンドナーセグメントは2020年に最大のシェアを占め、2021年から2026年にかけてCAGRが10.4%の最も急速な成長セグメントであると推定されています。この成長は、最初の試みにおける処置の成功率の上昇や、凍結保存や人工授精などの生殖補助技術の需要の増加などの要因によるものである。. 読み続けて>>

分散型ポリマーパウダー市場予測 2026年までに28億ドルに達する

分散型ポリマーパウダー市場は、2021-2026年の間に6.8%のCAGRで成長した後、2026年までに28億ドルに達すると予測されています。世界的に、建設業界からの分散性ポリマー粉末の需要の増加は、市場の成長を高めています。住宅建設の増加に伴い、建築・建設業界のメンテナンスや修理への高い支出に伴い、分散性ポリマー粉末の市場需要が高まる見込み。塩化ビニル共重合体やテルポリマー(VC)、酢酸ビニルエチレン(VAE)ポリマー、酢酸ビニル-エチレン(VAc-VC-E)などの分散性ポリマー粉末の需要が高まり、様々なエンドユーザー用途でも市場成長が高まっています。また、エンドユーザー用途の異なるハードコーティングに対する需要が高まっているため、分散性ポリマー粉末産業は予測期間内にさらに増加が見込まれています。 Covid-19 インパクト COVID-19の間に人手不足と政府閉鎖の規範のために、建設業界は深刻な被害を受け、分散性ポリマー粉末市場の需要の発展に影響を与えました。国際通貨基金(IMF)によると、2020年の世界の国内総生産(GDP)は3%縮小し、2019年の2.9%から減少しました。国際通貨基金(IMF)は、COVID-19のパンデミックにより、米国の建設業界やその他のセクターが大幅な解雇を経験し、予測期間中の分散性ポリマー粉末市場の成長に影響を与えたと推定した。 分散性ポリマー粉末市場セグメント分析. 読み続けて>>

世界の自律走行車市場規模は、2021年から2030年までのCAGR47.1%で成長

Renub Researchの最新レポートによると、「自動運転車市場:ドライバーレス車レベル、ハードウェア、ソフトウェア、地域、企業、世界の予測」世界の自律走行車市場は、2030年までに3,259億米ドルに達する見込みです。ここ数十年、輸送技術が急速に進歩しています。将来を見据えて、自律走行車技術の出現は、世界中の人々や物資の輸送方法を変えることを保証する数多くの印象的な進歩の一つです。自律型または無人運転車は、輸送オプションをさらに改善する可能性を秘めています。 さらに、人間の運転者の必要性を取り除くことで、自律走行車は、自ら運転できない人のアクセシビリティを高めることが広く期待されています。さらに、タクシーや配送サービスを使用するコストも削減します。路上駐車の需要を減らす。道路の安全性と容量を増やす。短期滞在、路上駐車の需要を増加させます。 さらに、自律走行車 (A.V.s)は. 読み続けて>>

航空宇宙・防衛ヘッドアップディスプレイ市場規模予測、2026年までに39億ドルに達

航空宇宙・防衛ヘッドアップディスプレイ市場の規模は、2026年までに39億ドルに達すると予測されており、2021年から2026年の間にCAGRは10.5%増加しています。航空宇宙・防衛ヘッドアップディスプレイ市場の成長は、主に旅客数の増加に起因し、航空機の生産増加につながっています。例えば、航空機の輸出による収入は、2017年の1,431億7,000万ドルから2019年には米国では1,566億1,000万ドルに増加しました。航空宇宙・防衛HUD市場は、ガーミンヘッドアップディスプレイ(HUD)やSmartViewシンセティックビジョンなどのスマートデバイスの登場による大きな恩恵を受けると予想されており、航空宇宙分野におけるヘッドアップディスプレイの需要がさらに高まっています。航空機ステアリングの改善の必要性、計器着陸システムは、航空宇宙や防衛HUDなどの合成ビジョンシステムの採用を推進しています 航空宇宙・防衛ヘッドアップディスプレイ市場セグメント分析 - 技術別 光学導波路ヘッドアップディスプレイは、2020年に世界の航空宇宙・防衛HUD市場で約62%を占める主要なセグメントです。彼らは、データ投影、簡単な設置とコスト効率の面で提供する利点のために、航空部門でのアプリケーションを見つけます。近年、航空宇宙分野への投資が世界的に増加しており、航空機ステアリングおよび計器着陸システムのヘッドアップディスプレイの需要が高まっています。米国は北大西洋条約機構(NATO)諸国に航空宇宙費と軍事費の拡大を奨励している。その結果、2019年にフランス政府は軍事・航空宇宙支出をGDPの2%に拡大すると発表した。さらに、英国国防省は、カリフォルニア州に拠点を置くジェネラル・アトミコズと1250万ドル相当の契約を締結し、英国の防衛部門向けにヘッドアップディスプレイを搭載したドローンを供給した。. 読み続けて>>

RFIDセンサー市場規模は2026年までに107億ドルを超えると予測

世界のRFIDセンサー市場規模は、2021年から2026年の予測期間中に8.1%以上の推定CAGRで成長する2026年までに107億ドルを超えると推定されています。RFID は、車両、製造工場内の品目、設備、人などのターゲットの現在の位置を特定する技術です。RFID タグはオブジェクトにアタッチされ、ほとんどの RFID では、固定参照ポイントはタグからワイヤレス信号を受信し、自動識別とデータ. 読み続けて>>

フレキシブル印刷インキ市場規模予測 2026年までに152億ドルに達する

フレキシブル印刷インク市場規模は、2021年から2026年の間に5.4%のCAGRで成長した後、2026年までに152億ドルに達すると予測されています。フレキシブル印刷インキは、グラフィックの外観を向上させ、また、製品の製造、包装、輸送、使用時の品質画像の性能に貢献します。フレキシブルな印刷インキは、水ベース/溶剤ベースで、表面プリント、ラミネーション、および接着に使用されます。エタノールポリアミド樹脂は、エタノールまたはエタノールの混合物に溶解するように設計されており、優れたエステル耐性を有する。それは共溶媒またはエタノール還元性形態よりニトロセルロースとより一貫しており、より高い低温ゲル抵抗および回復を提供する。ニトロセルロースとの相性が向上し、耐熱性の高い印刷用インクを製造できるようになりました。 ジェット、色相、光学密度、マストーン、光沢、摩擦抵抗、レオロジーおよびフロー特性はすべて、印刷インキ用のカーボンブラック顔料によって提供されます。市場の成長は、コーティング、フィルム、ガラスインク、プラスチック印刷、金属装飾などの様々なアプリケーションでの柔軟な印刷インキの使用の増加によるものです。 COVID-19 インパクト アジア太平洋地域は、中国、インド、その他の急成長国のスルーのおかげで、世界最大の印刷インキ市場に成長しました。このセクターは景気後退が始まって以来、133%成長している。この傾向は、景気後退の結果の多くを最小限に抑える上で重要でした。2019年には、フレキシブル印刷の最大の市場として中国を上回っています。これは、特にCOVID-19の導入によって提起された追加の課題を解決するために衛生的で健康的な包装に新たな重点が置かれた今、増加すると予想されます。現在、産業活動のほとんどが一時的に停止しているCOVID-19パンデミックにより、フレキシブルプリンキの市場が影響を受けています。これは、2020年の成長を制限している需要とサプライチェーンにも影響を与えています。 フレキシブル印刷インク市場セグメント分析. 読み続けて>>

LTEアドバンストプロ市場は2026年までに1億8,860万ドルに達すると予測

世界のLTEアドバンストプロ市場は、2026年までに1億8,860万ドルに達すると予測され、2021-2026年の予測期間中に12.6%のCAGRで成長しています。LTE Advanced Pro は、最適なパフォーマンス レベルと組み合わせたコスト効率の高い高ビット. 読み続けて>>

地域暖房市場規模予測 2026年までに2,034億2,000万ドルに達する

地域暖房市場の規模は2026年までに2,034億2,000万ドルに達すると予測され、2021年から2026年までのCAGRは4.7%増加しています。地域暖房は、暖房や水の加熱などの住宅や商業暖房の要件のための絶縁パイプを介して集中した場所で発生する熱を分配するシステムであるテレヒートとして知られています。熱は一般的に、地熱暖房、セントラルソーラーヒーティング、原子力発電所、空調、産業用冷凍システムからの熱廃棄物によって達成されます。熱と電力を組み合わせた地域暖房は、二酸化炭素排出量を削減する最も安価な方法であり、すべての化石発電プラントの中で最も低い二酸化炭素排出量を有する。発電から化石燃料、天然ガスへと移行する傾向になっており、世界中の地域暖房市場における市場シェアの割合が高い。天然ガスの利点は、安価であり、より高い効率で低炭素排出量を放出することです。 地域暖房市場セグメント分析 - 熱源別 地域暖房市場は、2020年に市場の41%を占める石炭によって支配されています。現在、地域暖房システムは、環境に優しい代替品に代わる柔軟性を備えています。再生可能エネルギーは、自然エネルギーによって生成されるエネルギーであり、地熱、バイオマス、風力エネルギー、水エネルギー、太陽エネルギーを含みます。これらのエネルギーは、温室効果ガスの濃度を高めない温室効果中性エネルギーです。水や風力エネルギーなどの発電に通常利用される熱源は、地域の暖房ではめったに使用されませんが、再生可能エネルギーの大部分は地域暖房の高度に使用されています。. 読み続けて>>

プロ診断の市場規模は、予測期間中に6.3%のCAGRで成長20212026

2020年のプロフェッショナル診断市場規模は450億ドルと推定され、2021年から2026年の予測期間中にCAGRは6.3%増加しています。専門の診断は、結核、癌、マラリアなどの様々な疾患の迅速な検出に使用される診断方法です。専門的な診断の主な目的は、早期の状態で病気を診断または監視し、この診断が死亡者数を減らすことを目的として治療を開始することです。臨床微生物学、免疫化学、ポイント・オブ・ケア・テスト(POCT)、ヘモロジー、ホメオスタシスなどの診断にはさまざまな製品が使用されています。がん、マラリア、感染症などの慢性疾患の罹患率の増加が、市場の成長を促進する大きな要因です。さらに、高齢者人口の増加は、前述の期間中にプロフェッショナル診断のための全体的な市場需要をさらに高めます。 プロフェッショナル診断市場セグメント分析 - 製品タイプ別 製品タイプに基づいて、専門診断市場は臨床微生物学、免疫化学、ケアポイントテスト(POCT)、血液学、ホメオスタシスに分類されています。ポイント・オブ・ケアテスト(POCT)セグメントは、2021年から2026年の間に市場を支配すると推定されています。これは、ホームベースのPOCデバイスの使用の増加に起因します。さらに、それはより効果的で安全であるだけでなく、診断のプロセスで正確な結果でより迅速な意思決定を与える。臨床微生物学、セグメントは最も急成長しているセグメントであると予測され、2021-2026年の間に5.0%のCAGRで成長すると予測されています。これは主に患者ケアにおいて重要な役割を果たし、治療中に病原体の迅速な診断を提供するためである。. 読み続けて>>

ナノ塗料・コーティング市場規模予測 2026年までに132億ドルに達する

ナノペイント&コーティング市場規模は、塗料およびコーティングにおけるナノテクノロジーの需要が高まっているため、2021-2026年の間に4.8%のCAGRで成長した後、2026年までに132億ドルに達すると予測されています。グラフェン、カーボンナノチューブ、ナノシルバーは、塗料およびコーティング業界で主に採用されているナノテクノロジー樹脂です。摩耗性や耐摩耗性、耐薬品性、防膜防止(AR)特性、難燃性など、製品特性を向上させるために幅広く使用されているナノ塗料や塗料の需要が高まっています。自動車および海洋産業の急速な成長は、超疎水性コーティングナノ塗料とコーティングの需要を増加しました。その結果、市場の成長を促進します。さらに、繁栄する航空宇宙産業は、予測期間中にナノ塗料およびコーティング産業を大幅に推進することが期待されています。 COVID-19 インパクト しかし、コロナウイルスにより、新しい航空機の製造は様々な地域で減少傾向にあり、ナノ塗料およびコーティング材料市場の成長を妨げています。国際航空運送協会(IATA)によると、COVID-19パンデミックによる航空交通の停止によって引き起こされる中東の航空産業と経済への影響は悪化しています。さらに、2020年通期のトラフィックは、2019年と比較して51%減少すると予想されています。ウェールズ政府のサービスと情報によると、世界的に(すべてのメーカーに対して)短距離サイズの航空機の生産需要は、2025年末までに15%(10,000機中約1,500機少ない航空機)、長距離サイズのクラフトで30~65%減少する可能性があります(2,000機中600~1,300機少ない航空機)。航空宇宙製造業のこの落ち込みは、様々な地域におけるナノ塗料およびコーティング市場の成長を妨げると予測されています。 ナノ塗料・コーティング市場セグメント分析. 読み続けて>>

ジェイソン・フレスコスは、より少ない炭水化物を食べるために7つの小さな変更をお勧めします

私たちの好きな快適な食べ物のほとんどは炭水化物が含まれています。しかし、ダイエットはオールオアナッシングの命題である必要はありません。 炭水化物を少なく食べると、水の重量が減り、カロリー摂取量が少なくなります。しかし、あなたはパスタ、ピザ、またはチップを完全にあきらめる必要はありません。より穏健でマインドフルなアプローチは、潜在的に長持ちします。あなたが食べるものについて選択的であることは、あなたの食事の目標を達成するより良いチャンスを作成することができます。 ジェイソン・フレスコスは、 健康的な食事の重要性を最も理解しています。創業者兼CEOとしての仕事に加えて、起業家はまた、 彼. 読み続けて>>

化粧品レーザー市場規模は、予測期間中に6.0%のCAGRで成長20212026

化粧品レーザー市場の規模は2020年に2,3億7,800万ドルと評価され、2021-2026年の予測期間中に6.0%のCAGRで成長した2026年末までに5,743百万ドルに達すると予測されています。化粧レーザー産業の成長率は、高齢化する団塊の世代の需要の増加と、美容手術に費やす中産階級の余剰収入に起因し、新たな機会をもたらすことが期待されています。美容レーザーは、血管病変、顔面のしわ、シミやにきびの傷跡などの皮膚の引き締めを軽減する治療法です。この技術は、皮膚の不均一な表面に短く集中した脈動ビームを導き、層ごとに皮膚層を正確に除去し、ラザブレーション技術、レーザーピール、またはレーザー気化としても知られています。老化した皮膚の問題、年齢スポット、細かい線、顔の発母、クモの静脈、垂れ下がり、乾燥、たるみまぶたの皮膚、暗い円などの多くの病状を治療するために使用されます。また、肌の肌の色合い補正や質感、スモーカーズラインなどにも使用できます。さらに、化粧品のレーザー市場は、彼らの翼を拡大する絶好の機会を作成します。世界中のメーカーの継続的な化粧品レーザー技術は、予測期間中にレーザー市場を牽引しています 化粧品レーザー市場セグメント分析 - 用途別 2020年には、適用に基づいて、脱毛セグメントは、化粧品レーザー市場の最大のセグメント収益を占めました。レーザー脱毛セグメントは、化粧品レーザー意識の高まりと脱毛プロセスのコストのために最大の市場を保持し、除去プロセスのコストは、それが手頃な価格と長期的に安価になり、セグメントの成長にプラスの影響を与える他の化粧品手順よりも比較的少ないです。さらに、従来の脱毛技術は時間がかかり、現在の動きの速いライフスタイルでは実現不可能であることが証明されています。. 読み続けて>>

家具市場の規模は、予測期間中に4.8%のCAGRで成長する20212026

家具市場の規模は2020年に5,340億ドルと見積もられ、2021-2026年の予測期間中に4.8%のCAGRで成長すると予測されています。家具市場は、生活空間における快適さ、美学、機能性におけるその役割に対する大きな需要を目の当たりにしてきました。家具市場には、アクセントチェア、フージャーキャビン、失神ソファ、デスク、スパ、研究所、オフィス、レストラン、住宅目的、屋外、図書館、店舗、その他多くの場所で使用される家具を製造する様々なエンティティによる家具の販売が含まれています。プラスチック、木材、金属、銀などの家具の製造に使用される材料の様々なタイプ。しかし、木材家具は、製造と輸出の両方に好まれます。市場の成長は、主に現在、職場を再配置し、COVID-19の影響から回復している企業が、社会的混乱、商業活動の閉鎖、営業活動の閉鎖につながり、運用上の課題を引き起こしている。家具は、アクセントチェアのような座席のための広い範囲の品種で来ます, 優雅さを追加するためにリビングルームのためのソファを失神, ダイニング, 睡眠, 作業,. 読み続けて>>

熱電モジュール市場規模は2026年までに13億ドルに達すると予測

世界の熱電モジュール市場は、2026年までに13億ドルに達すると予測され、2021年から2026年までのCAGRは7.5%増加しています。熱電モジュールは、温度制御用途で加熱と冷却の両方に使用される半導体装置です。これらの熱電冷却器は、蒸気圧縮冷凍や電気自動車、電気エネルギーの発生など、さまざまな用途で利用されています。これらのモジュールは広い動作温度範囲を有し、小さく、軽量である。 従来の冷却システムは、携帯用食品や飲料容器、冷水ディスペンサー、小型冷蔵庫などの用途に熱電モジュールが必要とされるため、実現不可能です。廃棄物熱回収、消費財、ヘルスケア監視装置、産業オートメーションに対する需要の高まりが、市場の成長を牽引しています。 熱電モジュール市場セグメント分析 - タイプ別. 読み続けて>>

生産プリンター市場規模は2026年までに91億ドルに達すると予測

世界の生産プリンター市場は2026年までに91億ドルに達すると予測され、2021年から2026年にかけて4.7%のCAGRで成長しています。生産プリンタは、デジタルプレス、可変データ印刷、商業用プリンタとも呼ばれ、非常に高速で高品質の印刷を行う機械です。プロダクションプリンタは、世界中の企業の広告ニーズの拡大に理想的なソリューションであるデジタル印刷ビジネスに最適なソリューションです。 折りたたみカートンと柔軟なプラスチック包装は、消費者が自社製品に注目を集めるアウターパッケージの創造的なデザインに焦点を当てたメーカーのために、生産プリンタの成長を促進しています。プロダクションプリンタは、商業、出版、その他のさまざまな用途で使用されるため、低コストで高品質の印刷を提供します。 生産プリンター市場セグメント分析 - 技術別. 読み続けて>>