USA Spain Brazil Russia France Germany China Korea

Artificial Intelligence driven Marketing Communications

 

Nouvelles

メチルエステルスルホン酸市場は、2026年までに新しいレポートで見直すビジネスチャンス

Jun 16, 2020 8:41 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 「メチルエステルスルホン酸市場:世界の産業分析2013-2017および予測2018-2026」と題する最新レポートでは、持続性市場調査は、世界のメチルエステルスルホン酸市場に関する決定的な情報を提供し、構造化された市場調査を通じて広範な情報を提供します。このレポートは、メチルエステルスルホン酸市場を評価し、フォーム、アプリケーション、地域に基づいて今後の市場シナリオを見積もります。 報告書に示された洞察によると、メチルエステルスルホン酸塩の粉末形態は比較的高い消費を占める(>50%)予測期間全体を通して。世界のメチルエステルスルホン酸市場は、2017年末に807.3Mnの価値でペギングされ、2026年末までに2,199.6 Mnに達し、CAGRは11.8%と予想されています。 レポートSample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/27244の要求 メチルエステルスルホン酸の需要を促進するために環境問題が高まっているため、バイオベースの原材料の需要が増加 環境問題の高まりや規制の増加により、洗濯、パーソナルケア、化粧品など、さまざまな用途に向けて、エンドユース業界のバイオベースの原材料に対する需要が急増しています。 バイオバイアス原材料の需要の高まりは、再生可能な性質と容易な入手可能性のために、メチルエステルスルホン酸の需要を押し上げると予想されます。硬水条件下での高い洗浄性、生分解性、低毒性などの実質的な特性は、メチルエステルスルホン酸を従来のライバル界面活性剤、線形アルキルベンゼンよりも優れたものにします。 新興国における人口増加と急速な都市化は、メチルエステルスルホン酸市場にプラスの影響を与えると予想されます。ライフスタイルの変化と個人衛生に対する意識の高まりにより、中産階級人口のランドリーケアや石鹸、シャンプー、洗剤などのパーソナルケア製品に対する支出能力の上昇は、メチルエステルスルホン酸市場の成長を後押しすることが期待されています。 要求レポートMethodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/27244 また、公営ランドリーを利用する傾向の変化は、バイオ洗剤の大きな機会を生み出し、メチルエステルスルホン酸市場にプラスの影響を与えると予想されます。家庭用および商業用キッチンの清掃活動からの食器洗浄の消費の増加は、メチルエステルスルホン酸市場の成長に寄与するもう一つの重要な要因です。 メチルエステルスルホン酸の製造メーカーは、メチルエステルスルホン酸の製造を妨げる応用技術や製造制御能力などの問題に直面しています。また、メチルエステルスルホン酸は、異なる化学条件下で不安定性を示す。これは、消費者の間で低い製品の認知度と相まって、メチルエステルスルホン酸市場の成長を抑制し、範囲。 優れた化学的および物理的特性による強い需要を目撃するメチルエステルスルホン酸塩の粉末形態 メチルエステルスルホン酸は、世界中の商業市場で粉末、液体およびフレークの形で入手可能です。特定の化学的および物理的条件におけるその不安定な性質に起因し、メチルエステルスルホン酸塩の液体形態は、低需要を目撃している。一方、スルホン酸メチルエステルのフレーク形態は、他の形態と比較して比較的低価格の範囲が高いため、需要の上昇を目撃することが期待される。メチルエステルスルホン酸塩の粉末形態は、洗剤産業からの需要の増加により、顕著なシェアを保持することが期待されています。 APEJ、粉末洗剤の需要増加と原材料の入手容易化により収益性の高い成長を目の当たりに アジア太平洋(APEJ)は、メチルエステルスルホン酸の合成に重要な原料であるパーム油の栽培に関する顕著な地域です。また、中国やインドなどの国々でバイオ洗剤の需要が高まっており、そのため、APEJ地域はメチルエステルスルホン酸の市場として顕著であると推定されています。北米や欧州などの成熟した経済では、液体洗剤の使用傾向が変化するため、メチルエステルスルホン酸の需要はわずかに減速すると予想されます。 この減速にもかかわらず、北米とヨーロッパは、これらの地域でのバイオ洗剤の需要が急増したため、メチルエステルスルホン酸塩の有望な市場であると推定されています。開発途上国における洗濯機の普及、都市人口の増加、個人衛生に対する意識の高まりによるランドリーおよびパーソナルケア製品の支出能力の増加は、LAMEAをメチルエステルスルホン酸塩の潜在的な市場にする要因の一部です。 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/27244を購入 会社プロファイル 株式会社ケミトン KPLインターナショナルリミテッド 河南表面化学工業株式会社 KLK オレオ ウィルマーインターナショナル株式会社 ステタンカンパニー ライオン株式会社 K2インダストリーズ 広州キーリンク化学株式会社... [もっと...]


COVID-19危機期を徹底的に市場成長を促進する機械鉱山クリアランスシステムの需要が急増

Jun 15, 2020 12:41 PM ET

安全な地雷採掘アクションの必要性が徐々に必要になりつつある一方で、世界は手頃な価格の機械鉱山クリアランスシステムの到来を待っています。採掘作用は世界中で引き続き牽引力を獲得し、機械鉱山クリアランスシステムの採用を推進し、アクティブ地雷を植え付けながら死傷者発生率を低下させている。さらに、リハビリテーション目的で地雷を取り除く緊急性も、機械鉱山クリアランスシステムの利用を促しています。パーシスタンス・マーケット・リサーチの最近発表されたレポートは、機械鉱山クリアランスシステムの世界市場が現在38.2Mnで評価されていると見積もっており、2024年末までに51.7Mnをもたらすと予想しています。 「機械鉱山クリアランスシステム市場:世界の産業分析と予測、2016-2024」と題したレポートによると、機械鉱山クリアランスシステムの世界市場は緩やかなペースで成長し、予測期間中に3.9%のCAGRを登録すると予測されています。機械鉱山クリアランスシステムの採用を抑制する要因は次のとおりです。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル >>> https://www.persistencemarketresearch.com/samples/13216 高い設置コスト:機械的鉱山クリアランスシステムを設定するための初期コストは、家賃または完全な購入を通じて、エンドユーザーにさらなる複雑さを追加します。高価なレンタルは、信頼性の低い地域で機械鉱山クリアランス車両を使用することからオペレータを魅了します。1つのユニットのコストでさえ、所有者にかなりの責任を追加する可能性が高いので、それらを購入することは実用的ではありません。 高価なメンテナンス: 機械鉱山クリアランスシステムを購入した後の最も重要な責任はそれらを維持しています.機械鉱山クリアランスシステムのメンテナンスは、採掘活動の恩恵を受ける顧客に余分な負担をかけます。 安全上の懸念: 機械鉱山クリアランス車を使用することは、産業労働者にとって危険です。複雑な運用メカニズムと突然の破壊事故による車両の損傷のリスクも、機械的地雷取り市場での使用を抑制しています。機械鉱山クリアランスシステムは、採掘活動における現場での死傷者率を減らすために開発されたので、そのような安全上の懸念は、潜在的な買い手の前にこれらの車両の逆転画像を描いています。 熟練した専門家の不足: リモートコントロールを持っているにもかかわらず、オペレータはカメラとディスプレイ支援を通じて機械的な地雷クリアランス車を操縦する際の課題に直面しています。オペレータは安全な装甲区域で守られているが、そのような危険な仕事のラインは容易に専門装置オペレータの何百万人を怖がらせることができる。 この市場に関する重要な洞察については、方法論のリクエストはこちら >>> https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/13216 報告書は、2016年に世界で55以上の機械鉱山クリアランスシステムが販売され、この数が2024年末までに71に達すると予想していることを明らかにしています。これらのシステムは、675,000米ドルの単位あたりの平均価格で利用可能です。したがって、採掘車両に50万ドルを費やすことは、機械鉱山クリアランスシステムの積極的な消費の抑止力として機能します。 いずれにせよ、世界の機械鉱山クリアランスシステム市場の60%以上は、高価な鉱山フレールシステムによって支配されています。鉱山フレイルの需要は今後数年間で増加すると予測されていますが、機械鉱山クリアランス車を組み合わせることで4%以上のCAGRで収益成長が記録されます。 世界で販売されている10の機械鉱山クリアランスシステムのうち7台は、手動操作で使用されます。しかし、オペレーターの安全性に関する懸念から、ロボットまたは遠隔制御の機械鉱山クリアランス車の採用が進め、2024年末までに15.9Mnに達すると予測されています。このレポートはまた、ヨーロッパを機械鉱山クリアランスシステムの世界最大の市場として特定しています。 世界の収益が40%を超える中、2024年末までに欧州諸国で約30台の機械式鉱山クリアランス車が販売される見込みです。2行目は中東・アフリカ(MEA)地域で、予測期間の終わりまでに15以上の機械式鉱山クリアランスシステムを消費します。 競争の詳細な分析については、今すぐ購入 >>> https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/13216機械鉱山クリアランスシステム市場レポートに記載されている企業 会社プロファイル ハイドエマ ホールディング ApS アリンメタル アームトラック・リミテッド アードバーククリアマイン株式会社 ディガー... [もっと...]


臭素市場 サイズ別 |成長 |分析 |2016~2024年までの動向と予測

Jun 15, 2020 12:41 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 このレポートのサンプルコピーの取得 @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/4274 2016年の世界の臭素市場需要は483キロトン(KMT)に達し、2015年の470KMTから増加する。特に欧州連合(EU)では、特定の臭化難燃剤の使用が禁止または制限されている規制や法律の強化によって需要が妨げられる。 難燃剤は、2016年に203 KMTの量を占め、2015年に比して2.8%増加し、最大のアプリケーションセグメントであり続けます。石油・ガス掘削における臭素の使用は、2016年も上昇の勢いを続け、すべてのアプリケーションセグメントの中で最も速いボリュームの面で4.3%の成長を続けます。 化学産業は、2016年に292KMTの量を占める臭素の最大の消費者であり続け、1,284 Mn相当の市場価値を表し、石油・ガス部門における臭素の使用も、透明な塩水が掘削目的で牽引力を得るにつれて、着実な成長を目の当たりにし続けるでしょう。臭素化難燃剤の使用はより厳しい規制に直面し続けているため、エレクトロニクス業界での採用の低迷によって需要が相殺されます。エレクトロニクス部門からの臭素の需要は、2015年に比べた2016年の成長率2.1%を見込んでいます。 アジア太平洋地域は、2016年の年間売上高1,087百万米ドル相当の年間売上高を表す臭素の最大の市場であり、2015年の895Mnから増加します。これは主に、APACにおける化学品、医薬品、繊維、電子などのエンドユース産業の拡大によるものです。ラテンアメリカはメーカーに成長の機会を提供し続け、世界的な需要は2015年に2016年に2.0%のボリューム成長を見込んでいます。2016年も北米と西ヨーロッパの成熟市場でも需要が制約を受ける。 このレポートの要求方法 @ https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/4274 世界の臭素市場の主要なプレーヤーは、含ま イスラエル化学品 株式会社ケムトゥーラ アルベマール株式会社 ガルフ・リソーシズ株式会社 東ソー株式会社 テトラテクノロジーズ株式会社 タタケミカルズリミテッドとヒンドゥスタン塩リミテッド。 800-961-0353 [もっと...]


北米特殊溶剤市場:競合企業、タイプ、製品、地域、アプリケーション別 2016年~2022年

Jun 15, 2020 12:37 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 パーシスタンス・マーケット・リサーチが発表した最新の市場レポートによると、 「特殊溶剤に関する北米市場調査:2016年~2022年の予測期間中に平均成長率を上回る医薬品およびパーソナルケアセグメント」と題し、北米特殊溶剤市場は2015年に37.8億米ドルと評価され、2016年から2022年にかけてCAGRで4.5%の拡大が見込まれています。 現在、北米の特殊溶剤市場は、主に化学工業全体の生産量の増加や、様々な産業におけるこれらの化学物質の消費量、医薬品産業からの需要の増加、工業生産全体の急増などの要因によって駆動されています。しかし、市場競争の激化による流通チャネルやサプライチェーンの侵害や利益率の低下などの要因は、予測期間中に北米特殊溶剤市場の市場プレーヤーが直面すると予想される主要な課題の一部です。 レポートの要求Sample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/10712 北米の特殊溶剤市場は、国、エンドユース、製品タイプに基づいてセグメント化されています。国に基づいて、北米の特殊溶剤市場は米国とカナダに分類されています。 米国の特殊溶剤市場は、2015年末までに北米市場全体のバリューシェアに最大の貢献をし、カナダが続くと予想されています。米国市場も、予測期間中(2016-2022年)に最も急速に成長する市場になると予想されています。米国の特殊溶剤市場の成長は、主に建築・建設、医薬品・パーソナルケア、食品・飲料などのエンドユーザー産業の成長に起因しています。 製品タイプに基づいて、市場は10の主要なセグメント、すなわち、アルコール、脂肪族炭化水素、アミン、芳香族炭化水素、キレート剤、塩素系溶剤、エステル、エーテル、脂肪化学物質、ケトンに区分されています。価値の面では、エーテルセグメントは北米の特殊溶剤市場で最も急成長しているセグメントとして出現し、2022年末までに約4.3億米ドルの市場価値に達し、予測期間にわたって6.0%のCAGRで拡大すると予想されています。 エンドユースに基づき、市場はプラスチック&ゴム、エレクトロニクス&IT、食品&飲料、医薬品&パーソナルケア、建築&建設、自動車、農業、鉱業、石油&ガス、家庭用、産業機関(HI&I)などに分類されています。エレクトロニクス&ITセグメントは、北米特殊溶剤市場でのエンドユースにより、予測期間中に最も急速に成長しているセグメントとして浮上すると予想されています。 要求レポートMethodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/10712 北米特殊溶剤市場に関するこの研究で報告された主要なプレーヤーは次のとおりです。 BASF SE. バイエルグループ。 アクゾノーベルN.V. ダウ・ケミカル・カンパニー リヨンデルバーゼル・インダストリーズ・ホールディングス B.V. E.I. デュポン・ド・ヌムール・アンド・カンパニー 三井化学 物質。 ブラスケム SA. PPGインダストリーズ。 イーストマン・ケミカル・カンパニー 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/10712を購入する800-961-0353 [もっと...]


北米およびラテンアメリカのウォーターポンプ市場は、COVID-19ロックダウン期間中に大幅な収益成長を記録

Jun 15, 2020 12:37 PM ET

北米とラテンアメリカのウォーターポンプの需要は、地域の人口の増加と並行して成長し続けています。米国、カナダ、ブラジル、メキシコなどの国で出現するより多くの世帯は、確かに国内の目的のために水ポンプを必要とします。同時に、これらの地域の農業、行政、産業部門も、消費者の急増する需要に追いつくためにそのようなポンプを採用します。北米およびラテンアメリカの住宅部門に配備されているウォーターポンプは、この地域の自治体や郡当局が飲料水の円滑化を改善し、排水処理プラントをアップグレードするために努力するにつれて成長すると予測されています。 それにもかかわらず、ラテンアメリカと北米全体のウォーターポンプの販売から得られた収益が8年間の予測期間にわたって4%の中程度のCAGRで急増するというパーシスタンス・マーケット・リサーチ・プロジェクトによって開発された最近の研究。2016年に推定9,422.9百万米ドルの収益を蓄積した後、北米とラテンアメリカのウォーターポンプ市場は、2024年末までに13,412.8百万米ドルの評価に達すると予想されています。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル >>> https://www.persistencemarketresearch.com/samples/13618 北・中南米におけるウォーターポンプ導入の主な抑止力 安価な中国のウォーターポンプの可用性:北米およびラテンアメリカのウォーターポンプメーカーは、新たに参入した中国のポンプメーカーに市場でのプレゼンスを失う危険性が常にあります。これらの地域の消費者は、安価な中国のウォーターポンプを選ぶことになり、短期間でカプトに行く傾向があります。一方、中国のウォーターポンプは、特に農業活動に展開するために、厳しい予算を持つ消費者にとってより実用的になります。 遠心ポンプの耐久性とエネルギー効率:この地域の遠心水ポンプの製造業者は、自社製品の運転寿命を改善しています。これは、ウォーターポンプが交換される速度を減速しました。低い交換率は、北米とラテンアメリカのウォーターポンプのアフターマーケット販売を引き下げ、それによって総市場収益を妨げている。 この市場に関する重要な洞察については、方法論のリクエストはこちら >>> https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/13618 産業および農業分野における予算の制限:北米の綱渡りに水ポンプ運賃を投入する。水中ポンプもこの地域での遠心水ポンプの採用に影響を与えると予想されます。ラテンアメリカの産業部門は総支出を削減する可能性が高く、この地域のウォーターポンプの販売についでに影響を与えます。北米の農業産業における低い利益率は、農業活動におけるウォーターポンプの設置または交換速度も低下している。 「ウォーターポンプ市場:北米およびラテンアメリカの産業分析と予測、2016-2024」というタイトルのレポートでは、ラテンアメリカと北米のウォーターポンプ収入の90%以上が遠心ポンプの販売によって占められます。936,000台以上のプラス排気量ポンプが予測期間中に南北アメリカで販売されると推定されていますが、遠心ポンプの販売は2024年末までに120億米ドル以上の収益を上げる予定です。2016年には、約30億米ドル相当の遠心ポンプが北米とラテンアメリカの排水および水処理プラントによって消費されると推定されました。この地域の石油・ガス産業は、2016年に20万台以上のプラス排気ポンプを消費したと予測されています。 ラテンアメリカと比較して、北米はウォーターポンプの集団地域市場で引き続き大きなシェアを持つことになります。2016年、米国のウォーターポンプ市場は北米のウォーターポンプ収入の3分の2以上を占め、ブラジルとメキシコはラテンアメリカのウォーターポンプ収入の50%以上の成長に起因しました。 米国に本拠を置くXylem Inc.とFlowserve Corporationは、北米およびラテンアメリカのウォーターポンプ市場の主要なネイティブプレーヤーです。 競争の詳細な分析を行う場合は、今すぐ購入 >>> https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/13618北米およびラテンアメリカのウォーターポンプ市場レポートでカバーされる企業主なプレーヤー KSB AG フローサーブ株式会社 スルザー AG 株式会社エバラ グルンドフォス ウィアーグループPLC ウィロ SE 株式会社シレム... [もっと...]


マンノシラリトリトリトール脂質市場: 主要企業の完全分析、成長率、機会、課題 2016 2022

Jun 15, 2020 12:33 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 持続性市場調査(PMR)は、最新のレポート「マンノシラリストリトール脂質に関する世界市場調査:予測期間中の成長を促進するための天然セラミド代替品としての使用の増加」というタイトルのマンノシラリトリスリトール脂質に関する重要な洞察を提供しています。マンノシラリトリスリトール脂質市場は、予測期間中の価値の点で4.8%の健全なCAGRを登録すると予測されています (2016 - 2022)。これは、PMR がレポートで詳細な洞察を提供するさまざまな要因に起因します。 エンドユース産業に基づき、市場は家庭用洗剤、パーソナルケア&化粧品、医薬品、食品などに区分されています。家庭用洗剤セグメントは、2015年の世界のマンノシラリストリオール脂質市場の29.7%以上の価値シェアを占めており、予測期間中に世界のマンノシラリトリトリトリトール市場で予測されたのと同様の健全なCAGRを登録する見込みです。さらに、パーソナルケア&化粧品セグメントは、2015年に市場全体で29.7%の価値シェアを占め、予測期間中に価値の面で5.7%の最速のCAGRで成長すると予想されています。 レポートの要求Sample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/4594 家庭用洗剤セグメントは、洗濯物、皿洗いなどにサブセグメント化されています。ランドリーサブセグメントは、化学ベースの洗剤に代わる非毒性の代替手段としてMELの需要が高まっているため、予測期間中に最も速い成長率で成長すると予想されています。パーソナルケア&化粧品セグメントは、スキンケア、ヘアケアなどに細分化されています。スキンケアサブセグメントは、スキンケア製品の保湿成分としてのMELの需要が高まっているため、予測期間中に6.1%の最も速い値で成長することが期待されています。 医薬品部門の収益貢献度は2015年に23.3%となり、2020年までに24.6%に成長し、130ベーシスポイントシェアの増加を見込み、健全なCAGRは5.6%と登録しています。食品セグメントは、食品加工におけるMELの適用の増加により、予測期間中に着実な成長を見据える見込みです。 世界のマンノシラリトリトリトールのリピッド市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東・アフリカを含む5つの主要地域に区分されています。すべての地域の中で、ヨーロッパは2015年の全体のマンノシラリトリトリトール脂質の市場ボリュームシェアの32.2%以上で市場を支配しました。北米は2015年に25.9%の市場シェアで2位、アジア太平洋地域が続いた。また、アジア太平洋地域は、世界のマンノシラリトリトリトール脂質市場で最も急成長している地域になると予想されています。 世界のマンノシラリトリトリトール市場の成長は、主に環境に優しい製品の需要の高まり、幅広い用途での使用に対する大きな約束、および天然セラミド代替品としてのMELの需要の高まりによって引き起こされます。世界のマンノシラリトリトール脂質市場の成長を促進するその他の傾向には、サトウキビジュースを主な炭素源として使用するMEL-Bの生産、およびアプリケーションに固有の製品ポートフォリオのカスタマイズが含まれます。 要求レポートMethodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/4594 このレポートは、運転傾向をカバーしています各セグメントとそれぞれのサブセグメントは、特定の地域におけるマンノシラリストリトール脂質市場の可能性の分析と洞察を提供します。欧州は、2015年に34.1%以上の市場シェアを持つ世界のマンノシラリトリトリトール脂質市場を支配し、2022年までに支配的であり続けると予想されています。北米とアジア太平洋地域は、2015年のマンノシラリストリトール脂質市場シェア全体の47.9%以上を占めました。アジア太平洋地域は、2016年から2022年の間に最高のCAGRを登録し、この地域のバイオベース製品に対する意識が高まっているため、ヨーロッパとMEAが続く見込み。 さらに、主要なプレーヤーは、顧客基盤を強化することを目的とした革新的な製品の発売を通じて製品ポートフォリオを拡大することにも注力しています。上記の戦略とは別に、これらの主要なプレーヤーは研究開発活動や様々な小規模MELメーカーとのパートナーシップにも焦点を当てています。 このレポートで取り上げた市場プレーヤーの一部は次のとおりです。 東洋紡株式会社 株式会社ビオトピア ダミケミカル株式会社 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/4594を購入800-961-0353 [もっと...]


COVID-19ロックダウン期間中に大幅な収益成長を記録する世界のパウダーコーティング装置市場

Jun 15, 2020 12:33 PM ET

地域分析は、アジア太平洋地域は、評価された期間を通じて粉末コーティング装置の肥沃な市場であり続けると結論付けています。 液体スプレーから粉体塗装への根本的なシフトは、予測期間中のパウダーコーティング装置の販売が徐々に増加すると予測されています。 持続性市場調査は、2016年から2024年までの8年間で世界の粉体塗装装置市場を分析しています。最近のレポートの見通しによると、「パウダーコーティング装置市場:世界の産業分析と予測、2016年~2024年」によると、パウダーコーティング装置の2,127.7Mn市場は予測期間中に緩やかに拡大し、2024年末までに3,275.2Mnの価値に達する可能性が高い。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル >>> をリクエストhttps://www.persistencemarketresearch.com/samples/8110 主要なドライバーのインサイト 粉末コーティング装置の消費量は、エンドユース産業の採用急増に起因し、前述の期間を通じて1.6倍に増加する可能性があります。 市場は他の表面処理技術との競争が非常に高いと予想されるが、厳しい有利な規制は、近い将来、販売を維持し続けるだろう。 優れた、経済的、実行可能な、運用上、機能的に効果的な技術としての粉体コーティング技術の好みの増加は、今後数年間で粉体塗装装置の需要を促進する重要な要因であることが確認されています。 様々な産業による採用の急増に加えて、一般的な金属および自動車製造部門による顕著な消費は、引き続き売上をエスカレートさせる重要な要因です。 主なトレンドと機会のインサイト バッチ製造用の自動粉体塗装システムの需要の高まりは、増加傾向にあります。 建築・家具事業の需要の高まりも売り上げを押し上げるでしょう。 市場は、多様な商用アプリケーションを網羅するカラーハンドリングソリューションの導入から恩恵を受ける可能性が高い。 垂直リチルポケーターユニットの立ち上げは、市場の成長にもプラスの影響を与えます。 アジア、中東、アフリカの発展市場における家具産業向けのMDF材料の採用は、2024年まで多くの機会を生み出すでしょう。 この市場に関する重要な洞察については、方法論のリクエストはこちら >>> https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/8110 主要なコンポーネントの洞察 部品別では、ブースとシステムセグメントが引き続き支配的であり、2024年の総収益の38%以上を占め、次いで銃とオーブンのセグメントが続きます。ブースとシステムセグメントは、2016-2024年に比較的高いCAGRを目撃すると伝えられています。このセグメント内では、自動サブセグメントは引き続き支配的である可能性が高いが、手動サブセグメントは2024年までより高い成長を見るだろう。 主なアプリケーションインサイト アプリケーションに基づいて、一般的な金属は消費の面でリードし続け、2024年に33%以上の収益シェアを獲得し、予測期間中に460 BPSの利益を目の当たりにします。自動車は2024年も市場価値シェアが15%を超える第2位のセグメントを引き続き表す。その他、家電製品、農業、建設は、次の重要なアプリケーションセグメントになります。しかし、一般的な金属セグメントでは、最も速い成長が見られます。 主要地域のインサイト 地域分析に基づいて、評価期間中に250 BPS以上の利益を得て、APACは地域のトップの市場ポジションを維持します。この地域は、2024年の総収益の38%近くを占める予定です。中国、インド、ASEAN諸国は、アジア太平洋地域の代表的な市場であり続けるでしょう。北米も重要な市場になり、ヨーロッパが続きます。 主要ベンダーのインサイト パーシスタンス・マーケット・リサーチの世界のパウダーコーティング装置市場レポートで注目されている大手企業の中で、ティア1企業は市場収益シェアの約半分を引き続き獲得します。... [もっと...]


ピリジン市場の新レポートでレビューするビジネスチャンス 2015 -2025

Jun 15, 2020 12:30 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 レポートの要求Sample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3521 パーシスタンス・マーケット・リサーチが発表した新しい市場レポートによると、「ピリジンに関する世界市場調査:2015-2025年の予測期間中の成長を促進するための合成ピリジンの需要の増加」と題して、世界のピリジン市場は2015年の786.4 Mnから2025年までに1,741.4 Mnに達すると推定されています。 ピリジンは、独特で強い臭気を有する有毒で可溶性の可燃性液体ベースである。これは、多くの場合、いくつかの天然の有機化合物の親化合物と考えられています。農薬や医薬品の前駆体として好ましい選択肢です。当初、ピリジンはコールタールから抽出し、石炭ガス化の副産物として得られた。コールタールは抽出後のピリジンのわずか0.1〜0.2%を構成していたので、このプロセスは非常に高価で非効率的でした。現在、ピリジンおよびその誘導体は合成的に製造されている。ピリジン合成に最もよく用いられる反応としては、チチバビン合成、ベーネマンサイクライゼーション、コバルト触媒アルキエン-ニトリルシクロトリメリゼーションなどがあります。 要求レポートMethodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/3521 地域別では、アジア太平洋地域の市場は、2015年末までにピリジン市場全体の51.6%のボリュームシェアを占め、次いでヨーロッパと北米と推定されています。アジア太平洋地域の農薬および医薬品部門におけるピリジンとその誘導体の使用量の増加により、この地域のピリジン市場は、収益面で2015年から2025年にかけて平均9.9%以上のCAGRで拡大すると予測されています。米国のピリジン市場は、2015年末までに北米市場全体の89.5%の収益シェアを占めていると推定されており、ピリジンとその誘導体の化学薬品および医薬品セグメントへの採用が増加すると予想されています。中東・アフリカのピリジン市場は、この地域の医薬品・化学品セグメントの成長により、収益の増加を記録すると推定されています。欧州市場は、この地域の景気低迷により、他の地域と比較して、今後数年間で収益の伸びが減少すると予想されています。 世界では、ピリジンN酸化物セグメントの体積は、2015年から2025年の平均CAGR7.4%未満で拡大すると推定されています。2-メチル-5-エチルピリジン(MEP)およびガンマピコリンの需要は、化学品セグメントにおけるこれらの製品タイプの用途の増加により大幅に増加すると予想されます。アルファピコリンは、化学薬品、医薬品、食品産業における溶媒としての幅広い用途を見つけます。このセグメントは、予測期間中に緩やかな成長を示すことが予測されています。アルファピコリンセグメントの主な成長寄与者は2-ビニルピリジン、これはスチレン-ブタジエン-2-ビニルピリジンテルポリマーラテックス(SBVラテックス)の原料として使用されています。ベータピコリンは、ビタミンB3を生成するために使用されます。価値の面では、ベータピコリンセグメントは、予測期間中に大幅な成長率を経験すると予測されています。これは主に、APACや中東・アフリカなどの開発地域におけるナイアシンの需要の高まりに起因しています。 このレポートの一部の市場プレーヤーの特徴は次のとおりです。 ジュビラント・ライフサイエンス・リミテッド ヴェルテルス・スペシャリティ株式会社 ロンザグループ株式会社 レゾナンス・スペシャリティ・リミテッド レッドサングループ 山東ルバ化学株式会社 高エーケミカル株式会社 ウェイファン・サンウィン・ケミカルズ株式会社 詳細な競合分析のために、https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3521now@購入 https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3521800-961-0353 [もっと...]


COVID-19危機時の産業用乾燥機市場収益と成長率の推移

Jun 15, 2020 12:25 PM ET

食品・製薬業界における工業用乾燥機の需要が堅調に推移し、近い将来の産業用乾燥機市場の全体的な成長に影響を及ぼすと予想されます。優れた製品品質と機能価値を維持するために、食品や医薬品などのエンドユーザー産業は高性能ドライヤーシステムに大きく依存しています。さらに、持続可能な産業拡大に対する懸念の高まりと相まって、製造プロセスに関する政府の厳しいガイドラインにより、これらの産業は生産業務を強化せざるを得なくなっています。パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)が実施した調査によると、2024年までに新しい産業用乾燥機の需要は世界で3,049台に達する予定です。 高度な乾燥技術の到来により、近年、産業用乾燥機の用途基盤が急速に拡大しています。産業乾燥機は化学、肥料および鉱物処理産業の製造装置である。ドライヤーメーカーは、加工要件に応じて業界固有のドライヤーシステムを開発しています。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル >>> https://www.persistencemarketresearch.com/samples/12259 ボトルネック 工業用乾燥装置は製品価値と品質の両方を大幅に向上させますが、高い運転コストや過度の煙の排出に関する厳しい環境制限などの制約は、予測期間中に市場の急増する精神を遅くする可能性があります。さらに、追加の分配費用を伴う乾燥機からの煙の厚い排出を最小限に抑えるために、かなりの量の後処理が関与する。 動向 PMRの研究はさらに産業乾燥機システムの技術的側面に光を当て、産業用乾燥機の世界市場の主要企業は研究開発パイプラインへのより高い投資に積極的に焦点を当てています。最近では、エネルギー効率の良い乾燥機の需要が牽引力を得ており、その結果、メーカーはコスト効率の高い低エネルギー乾燥機の開発に集中しています。さらに、70-80%のエネルギー回収を提供し、低い運用コストを有する過熱蒸気乾燥機の好みの高まりは、産業用乾燥機の世界市場を支配する重要な傾向である 。 この市場に関する重要な洞察については、方法論のリクエストはこちら >>> https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/12259 市場概要 製品タイプに基づいて、スプレードライヤーは、予想期間中に市場の主要なセグメントであり、続いて連続乾燥機タイプが予想されます。噴霧乾燥機セグメントは、2024年に市場シェアの26%を占める見込みです。 産業用乾燥機は、直接的または間接的な2つの基本原則に取り組んでおり、間接的な原理を用いる乾燥機は2016年から2024年にかけて比較的高い需要を見込んでいます。間接原理に取り組む乾燥機の需要は、近い将来も堅調に推移すると予想されます。 様々なエンドユーザー産業の中でも、化学、食品、医薬品の各業界で、価値と量の両面で市場の大半のシェアを占める見込みです。また、特に化学工業からの産業用乾燥機の需要は、予測期間中も高い水準を維持すると予想されています。 地域の見通しに基づいて、アジア太平洋地域の市場は今後数年間支配的であり続けると予測されています。この地域は、予測期間中に3%以上のCAGRを目撃する見込みです。北米では、産業用乾燥機の売上収益は1億4,560万米ドルに増加し、CAGRは3.8%に拡大する見込みです。さらに、グローバル市場で事業を展開する主要企業は、これら2つの地域でのプレゼンスを強化するために、特にAPACと北米での買収と合併、施設の拡大、新製品の発売を含む市場戦略を実施しています。競争の詳細な分析を行う場合は、今すぐ購入 >>> https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/12259産業用乾燥機市場レポートに含まれる企業会社プロファイルメトソ株式会社ティッセンクルップ AGアンドリッツAGブーラー AGGEA グループキャリア振動装置株式会社ハインケル乾燥分離群スプーナー・インダストリーズ株式会社常州イブ乾燥装置有限公司常州ファンクン乾燥装置株式会社ミッチェルドライヤーズ株式会社フィーコインターナショナル株式会社コスペイン XXI S.A.ベンティレックス株式会社 私たちについて: パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)は、第3のプラットフォームの調査会社です。当社の研究モデルは、データ分析と市場調査方法論の独自のコラボレーションであり、企業が最適なパフォーマンスを達成するのを支援します。複雑なビジネス課題を克服する企業を支援するために、多分野のアプローチに従います。PMRでは、多次元ソースからさまざまなデータストリームを結合します。 お 問い合わせ持続性市場調査米国営業所305 ブロードウェイ... [もっと...]


保護コーティング市場分析;主要企業、アプリケーション、成長動向、シェア&セグメント予測:2016-2022年

Jun 15, 2020 12:24 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 レポートの要求Sample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3082 「保護コーティングに関する世界市場調査:予測期間中の印象的な成長を反映すると予測される水媒介保護コーティング」と題する持続性市場調査が発表した最新の市場レポートによると、世界の保護コーティング市場は2016年末までに13.8億米ドルと評価され、2016-2022年中に9.0%のCAGRで増加すると予測されています。 保護コーティングは、部品や部品の機能や完全性を損なう可能性のある外部環境からの保護を確保するために表面に塗布される被覆です。保護コーティングは、消費者製品だけでなく、重機、海洋、自動車、石油&ガス業界などでの用途を見つけます。保護コーティングは、一般にエポキシ、アルキド、アクリル、ポリウレタンなどの基本的な樹脂タイプによって分類されます。しかし、樹脂、顔料、溶剤、添加剤のブレンドが異なると、保護コーティングの保守性や特性が異なります。 新興国における新インフラ需要の高まりや、先進国の老朽化したインフラをアップグレードするための投資の増加は、予測期間中の保護コーティング市場の成長を牽引する主な要因として浮上すると予想される。環境に優しくコスト効率の高いソリューションに焦点を当てた製品と技術の革新と、厳しい環境規制による水媒介保護コーティングの採用の増加は、予測期間中の市場の成長を促進すると予想される他の要因です。しかし、VOC排出量の削減、安価なコストでの代替品の入手可能性、原材料コストのボラティリティに焦点を当てた厳しい政府規制は、予測期間中の世界の保護コーティング市場の成長を妨げると予測されています。世界の保護コーティングの消費量は、2016年末までに5,657キロトンから2022年には8,509キロトンに増加し、予測期間中に7.0%のCAGRで増加すると予測されています。 要求レポートMethodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/3082 市場価値の面では、アジア太平洋地域は予測期間中に世界の保護コーティング市場を支配すると予想され、北米は2番目に大きな市場であり、2016年末までに世界の推定市場価値の23.4%の収益シェアを占めています。アジア太平洋地域の保護コーティング市場は、予測期間中に価値の面で約11.8%の最高CAGRで拡大する予定です。 技術に基づいて、水媒介セグメントは、予測期間中に最も速い価値のCAGRで拡大すると予想されます。このセグメントの成長は、VOC排出を制限する厳しい環境規制により、溶剤による水性保護コーティングの採用が増加することによって主に推進されます。樹脂タイプに基づき、エポキシセグメントの収益貢献度は、予測期間中に最高のCAGR 9.4%で増加すると予想されています。アプリケーションに基づいて、インフラセグメントが市場を支配すると予想され、2016年までに22.2%の収益シェアを占めています。商業用不動産・産業プラント・設備セグメントは、予測期間中の消費の面で8.0%と7.7%のCAGRsを目撃すると予想されています。 このレポートで取り上げられた市場プレーヤーの中には、次: アクゾ・ノーベルN.V. 株式会社PPGインダストリーズ シャーウィン・ウィリアムズ・カンパニー バルスパー株式会社 Jotun ヘンペルグループ 関西塗料株式会社 詳細な競合分析については、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3082を購入する800-961-0353 [もっと...]


世界の米国の熱と電力システムの組み合わせ市場は、COVID-19パンデミック後の増分機会の成長を登録する

Jun 15, 2020 12:21 PM ET

パーシスタンス・マーケット・リサーチの最近の市場見通しによると、米国のデータセンター向け熱力発電システムに関する米国市場調査:2017年から2024年にかけて着実な成長を見込む商業用エンドユースセグメントは、米国のデータセンター市場の熱と電力(CHP)システムを合わせて2024年までに3.4%のCAGRで成長する見込みです。米国市場は、評価期間を通じて緩やかな成長を見込んでいますが、引き続き世界市場で最も高い価値シェアを占めます。データセンター向けCHPシステムの売上は、カリフォルニア州、ニューヨーク州、ワシントン州、テキサス州、マサチューセッツ州で主に高くなります。2024年までに、米国のデータセンター向けCHPシステム市場は277.3Mnに達する可能性が高い。予測期間全体のY-o-Y成長率は、3.8%から4.0%の範囲内で緩やかなと予想されます。 「コロケーション施設の導入の増加とグリーンデータセンターの需要の高まりは、データセンターの熱と電力を組み合わせたシステムに対する米国市場で新たな成長機会をもたらすと予想されます。このレポートは、評価期間中に市場を牽引すると予想される重要な要因に関する重要な洞察を提供します。これらには、 競合他社の「先」を維持するには、サンプル >>>をリクエストhttps://www.persistencemarketresearch.com/samples/12958 消費者の嗜好と政府の支援は、市場の成長を加速させます。 従来の発電システムからのCHPシステムへの重要な消費者シフトによって顕著に推進され、米国のデータセンターのための熱と電力システムを組み合わせた市場は、政府の有利なイニシアチブによってさらに押し上げられます。 天然ガスの価格下落とCHP税制優遇措置の拡大は、市場の成長を支持する。 さらに、景気回復と天然ガス価格の抑制は、米国市場におけるデータセンター向けCHPシステムの需要を高める。CHPシステムに対する政府の高い税制優遇措置は、市場の成長に関連する肯定的な兆候を示しています。 大規模な施設サイズは、総収益の半分以上を占めています。 すべての施設規模の中で、2026年には、価値と容量の面で53%以上のシェアを持つ米国市場で最も強い足場を維持することが予測されています。予測期間中、このセグメントは約30 BPSを獲得する可能性が高く、2024年末までに約150.0 Mnの値に達する可能性があります。100-999平方フィートのサイズセグメントは、2024年にUS$ 45.0 Mnを上回ります。 この市場に関する重要な洞察については、方法論のリクエストはこちら >>> https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/12958 機関セグメントは、米国市場におけるデータセンター向けCHPシステムのトップエンドユース消費者であり続けます。 90%近い価値シェアを持つ機関および商業データセンターは、引き続き2つの主要なエンドユースセグメントです。機関データセンター部門の個別シェアは、2024年末までに53%を超え、149.2Mnの価値に達する。2024年の売上高は35%を超え、商用データセンターセグメントはエンドユースで2番目に大きなセグメントであり続けると予測されています。 大学の研究室の優位性が優勢で、ISPが続きます。 アプリケーション別では、市場収益全体の3分の1以上が大学の研究所、すなわち2024年末までに36%以上占める見込み。インターネットサービスプロバイダーはまた、予測期間の終わりまでに25%以上の顕著な収益シェアを表すでしょう。一方、コロスとサーバーファームは、評価期間を通じて着実な成長を維持することが期待されています。 新しいシステムのインストールは、データセンター向けのCHPシステムの米国市場を揺るがします。 インストールタイプに基づいて、新しく導入されたシステムセグメントは、2024年まで81%以上のシェアで独占し続け、2016年以降130 BPSを獲得します。しかし、改造セグメントの成長は、コストの増加と関連する合併症のために比較的遅くなります。 競争の詳細な分析を行う場合は、今すぐ購入 >>> https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/12958 GEとキャタピラーは、2024年末までにトップマーケットプレーヤーであり続けています。 米国の熱と電力システムの複合市場レポートでカバーされる企業 会社プロファイル... [もっと...]


建設市場におけるダイヤモンドコア掘削、COVID-19パンデミック後の段階的機会の成長を登録

Jun 12, 2020 11:18 PM ET

建設におけるダイヤモンドコア掘削の世界市場は、2018年には約420Mnでペギングされ、2019-2029年の予測期間中にCAGRは約8.0%で拡大する見込みです。 従来の掘削技術に比べて、精度の向上、軽量化、静かな作業、低粉塵などの建設活動におけるダイヤモンドコア掘削の優れた特徴と利点は、市場の成長に大きな原動力となる重要なパラメータの一部です。運用上の複雑さと高精度の工具に対する需要が高まる中、建設におけるダイヤモンドコア掘削の世界市場は、今後数年間で堅調な成長を見込んでいます。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル >>> https://www.persistencemarketresearch.com/samples/30767 建設におけるダイヤモンドコア掘削に関する市場調査-キーテイクアウト 建設におけるダイヤモンドコア掘削の欧州および東アジア市場は、2018年の総収益の半分を占めました。 南アジア市場は、今後の住宅および商業インフラプロジェクトの建設・建設機械の需要が高まってくる中、今後10年間で約8%のCAGRを記録すると予測されています。リグが運転するダイヤモンドコア掘削は、2019年以降の売上高が比較的高い可能性が高い。 ステッチ掘削は、建設業界のオペレーターが低コストおよび電力要件で採用した主要な掘削技術として特定されています。水中掘削は採用の遅れを目の当たりにし続けていますが、水没した状況での適用の牽引力を獲得しています。 「建設におけるダイヤモンドコア掘削の世界市場の大幅な成長は、世界中のインフラ開発への継続的な投資と同じ規模で重み付けされています。クラウドが自動化と建設活動のデジタル化を中心に渦巻く中、市場プレーヤーは近代化された機器をターゲットにしており、運用とコスト効率を提供します」とPMRアナリストは言います。 この市場に関する重要な洞察については、方法論のリクエストはこちら >>> https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/30767 ステークホルダーが今後の道をどのようにマッピングしているか? 建設におけるダイヤモンドコア掘削の世界市場は、原材料の高コストが新しいプレーヤーの参入を制限しているので、競争の高いレベルを示しています。主要なプレーヤーは、建設におけるダイヤモンドコア掘削のグローバル市場での地位を強化するために、操作ハンドルの高さ、グリッパーの直径などの機械ハンドリングの人間工学に焦点を当てています。南アジアにおける都市化の継続とインフラ開発への投資の拡大を考えると、利害関係者はターゲット市場の観点からこの地域を見ています。 最先端のツールの導入と導入は、世界の建設業界の成長に重要な役割を果たしてきました。建設におけるダイヤモンドコア掘削などの革新的な技術は、安全性と生産性の向上に対するニーズの高まりに十分であり、今後数年間でトレンドが続く可能性が高い。 新しい研究では、パーシスタンス・マーケット・リサーチは、歴史的期間(2014-2018年)と予測期間(2019-2029年)の建設におけるダイヤモンドコア掘削市場の成長軌跡を概説しています。PMRは、7つの主要地域にわたる運用(ハンドヘルドおよびリグ操作)および掘削技術(スティッチ掘削および水中掘削)の観点から市場を分析します。 建設市場でのダイヤモンドコア掘削でカバーされる企業レポート 会社プロファイル: ヒルティ株式会社 アトラスコプコ(インド)株式会社 ウェカ エレクトロヴェルクゼウゲ KG ロバート・ボッシュ エレクトロヴェルクゼウゲGmbHアイベンストック ミルウォーキーツール ハスクバーナ AB ハスクバーナ... [もっと...]


タイの水ポンプ市場:2019年中の産業調査、成長動向と機会

Jun 12, 2020 11:31 AM ET

タイのウォーターポンプの販売台数は2018年に13,659台に達し、パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)によるタイのウォーターポンプ産業に関する新しい調査報告書を発表しました。調査によると、タイのウォーターポンプ市場は、予測期間中に約6%のCAGRで成長すると予測されています。タイは最近、水の供給が大幅に増加しています。政府はまた、タイの水ポンプの需要を推進する重要な要因であるいくつかの衛生プロジェクトを開始しています。 水ポンプの需要の高まりは、タイの都市における大規模な工業化と都市化の結果です。産業部門と自治体セグメントを合わせる排水は、2018年の世界のポンプ市場の3分の1を占めており、予測期間中もリードすると予想されています。PMRの調査によると、タイのウォーターポンプ市場は、2019年の売上高を〜US$23 Mnと同一視する可能性が高い。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル >>> をリクエストhttps://www.persistencemarketresearch.com/samples/6197 農業産業と食品生産におけるアプリケーションの増加 タイのウォーターポンプ市場は、予測期間中に重要なCAGRを登録する見込みです。需要に影響を与え続ける重要なダイナミクスには、ウォーターポンプの製造費の減少、地域の水供給ネットワークの成長、工業化と都市化、適切な農業土地の増加、穀物生産の下での土地の成長が含まれます。タイは農業に焦点を当てた国であるため、農業部門の成長は、遠心水ポンプの導入を増加させると推定されるコンパクトファームでのマイクロ灌漑の増加傾向につながっています。 エネルギー・水を含む効果的な社会・産業インフラの需要の高まり、先進国における老朽化したインフラ部品の改修・交換が、タイのウォーターポンプ市場の成長を牽引しています。2018年現在、タイは農業産業および食糧生産の目的で水の消費量の面で世界のトップ10カ国の一つです。これは、タイのウォーターポンプ市場の成長に大きな刺激を与えています。 報告書の調査結果によると、ウォーターポンプの販売、特に30HP遠心力を下回り、国内用途に使用されるものは、特に一定の高い軌道に乗ることが予想されています。特に農業や国内用の効率的な給水インフラに対する需要の高まりは、国内の遠心水ポンプの販売を増加させると予想されています。 この市場に関する重要な洞察については、方法論のリクエストはこちら >>> https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/6197 主要企業は引き続き戦略的M&Aを好む PMRの調査で示されるように、タイのウォーターポンプ市場の主要企業は、高度な特性と低ライフサイクルコストを備えた幅広い製品を提供しています。タイのウォーターポンプ市場は、世界中で様々な合併・買収が行われ、統合に向けて動いています。Xylem Inc.、ファインダーポンペS.r.l.によるPiMSグループ、ドーバー社によるファインダーポンペS.r.l.、アラスカポンプ・アンド・サプライ社によるDXPエンタープライズによる買収は、2013年に世界のタイのウォーターポンプ市場で目撃された第一人者の一つです。2014年上半期、GCC最大のポンプメーカーであるサウジポンプファクトリーは、株式の75%をスルザー社に売却する契約を締結しました。これは、市場の統合の拡大と、グローバルおよび地域のプレーヤーにとって強力な将来の成長機会を反映しています。 タイのウォーターポンプ市場レポートでカバーされる企業会社プロファイル: グルンドフォススルザー株式会社KSB AGキロスカル・ブラザーズ・リミテッドフローサーブ株式会社株式会社エバラ上海海泉ポンプグループ株式会社南方ポンプ工業株式会社ハングポンプグループヴェンツインダストリアル株式会社 さらに、タイのウォーターポンプ市場では、新製品の発売や研究開発の大幅な開発など、消費者の需要に関連する様々な戦略を採用し、製品ポートフォリオを強化し、技術面で製品をアップグレードしています。さらに、開発・先進国の政府の公益事業は、排水管理のための公的民間パートナーシップ(PPP)モデルの採用に焦点を当てています。 競争の詳細な分析については、今すぐ購入 >>> https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/6197 私たちについて:パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)は、第3のプラットフォームの調査会社です。当社の研究モデルは、データ分析と市場調査方法論の独自のコラボレーションであり、企業が最適なパフォーマンスを達成するのを支援します。複雑なビジネス課題を克服する企業を支援するために、多分野のアプローチに従います。PMRでは、多次元ソースからさまざまなデータストリームを結合します。 お 問い合わせ持続性市場調査米国営業所305 ブロードウェイ 7階ニューヨーク市、 NY 100071-646-568-7751米国米国... [もっと...]


リキッドリング真空ポンプ市場: ビジネス拡大のための製品の進歩に焦点を当てた大手企業 2029

Jun 12, 2020 11:27 AM ET

2018年に液体リング真空ポンプ市場の世界的価値は約20億ドルに達し、パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)による液体リング真空ポンプ市場に関する最近のレポートを開示しています。調査によると、液体リング真空ポンプ市場は、予測期間中に約5%のCAGRで成長すると推定されています。化学および一般プロセス産業からの液体リング真空ポンプの需要の高まりは、予測期間中に液体リング真空ポンプ市場の成長を促進すると予想される。 分析と詳細な調査によると、石油・ガスへの投資、特に下流セクターへの投資、化学産業からの需要の高まりは、液体リング真空ポンプ市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、化学処理用の液体リング真空ポンプや石油・ガス産業向けの高い需要が、予測期間における液体リング真空ポンプ市場の拡大に直接貢献しています。 鋳鉄真空ポンプの需要が大きく、予測期間中の液体リング真空ポンプ市場の成長を促進しています。世界の液体リング真空ポンプ市場の市場価値は、2029年末まで有望な5%のCAGRで成長すると予想されています。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル >>> https://www.persistencemarketresearch.com/samples/12991 合併・買収 – 主要市場の主な戦略 液体リング真空ポンプ製造環境の著名なグローバルプレーヤーは、製品ポートフォリオに新しい技術を追加し、規模の経済を改善し、運用コストを削減することを目的として、買収に焦点を当てています。液体リング真空ポンプ市場の新たなトレンドは、この地域から期待される液体リング真空ポンプとコンプレッサーの需要の増加により、特にアジア太平洋地域における中小型LRVPメーカーの拡大です。例えば、2018年6月、ブッシュ真空ポンプ・システムズは、スイスに拠点を置くエンジニアリング会社NSBガス処理会社を買収しました。 化学工業における液体リング真空ポンプの適用可能性の拡大 PMRの詳細な分析によると、液体リング真空ポンプ市場の著名な市場プレーヤーは、500 cfm未満、500 cfm tp 1500 cfm、および1500 cfmを超える容量に基づいて、独特の特性を持つ液体リング真空ポンプを提供しています。液体リング真空ポンプの集中需要は、化学産業、一般プロセス産業に続き、予測期間を通じて液体リング真空ポンプ市場の成長が著しい成長を示しています。 加速需要に変換する電力生産の増加 液体リング真空ポンプは、コンデンサーの排気、ホギング、脱硫、フライアッシュ搬送、真空脱気、プライミングなど、さまざまな用途で発電業界で幅広く使用されています。さらに、これらのポンプは発電所の容量と一致し、かなり高い容量を持っている必要があります。石炭火力発電所からの発電量は東南アジア、インド、中国で大幅に増加すると予測されており、液体リング真空ポンプの需要が増加しています。 この市場に関する重要な洞察については、方法論のリクエストはこちら >>> https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/12991 アジア太平洋地域、著名な市場シェアを保有 アジア太平洋地域は、価値の面で顕著な市場シェアを保持することが期待されています。しかし、中東・アフリカ市場は、2019年から2029年の予測期間に世界の液体リング真空ポンプ市場で有利な成長を見込んでいます。アジア太平洋地域における液体リング真空ポンプ市場の成長を後押しする主な要因は、地域の主要市場プレーヤーの存在と合併、買収、およびコラボレーション活動です。 液体リング真空ポンプ市場レポートでカバーされる企業会社プロファイル デッカー真空テクノロジーズ株式会社ブッシュ真空テクニクス株式会社フローサーブ株式会社鶴見製作所アトラスコプコ空軍ガードナー デンバー ナッシュ LLCタトヒル真空・ブロワーシステムグラハム株式会社... [もっと...]


カッティングツールは、市場に2019-2029年に注意すべき最大のトレンドを挿入します

Jun 12, 2020 11:22 AM ET

パーシスタンス市場調査(PMR)は、「切削工具インサート市場 - 世界の産業分析 2014-2018と予測 2019-2029」と題して、切削工具インサート市場に関する改訂された市場調査研究を発表しました。この調査では、2019-2029年の予測期間中の切削工具挿入の世界市場見通しと、CAGRの成長が示されています。世界の切削工具インサート市場は、2019年の評価年度末までに18.1億ドルを占める可能性が高く、2019-2029年の予測期間中にCAGRは約7.0%と拡大すると推定されています。材料の種類の中で、炭化物セグメントは、その費用対効果と耐久性のために注目に値する速度で成長することが予想され、それによって予測期間にわたって炭化物セグメントの比較的高い成長率に寄与する。 スレッディング、フライス加工&せん断、パーティングと溝、掘削&ボーリングなどの切削工具インサートの主要なアプリケーションは、切削工具が市場の成長を著しい速度で促進することが期待されています。ステンレス鋼セグメントは、予測期間中に市場シェアを維持すると推定されています。報告書によると、切削工具の挿入物の需要は、主に自動車産業の台頭、石油・ガスセクター、建設産業、都市化、その他の最終用途産業からの需要の増加によって引き起こされると予想される。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル >>> https://www.persistencemarketresearch.com/samples/21751 さらに、自動車用オリジナル機器メーカー(OEM)、自動車再仕上げサービス会社、建設会社、一般産業メーカー、メンテナンスサービス会社、海洋サービス会社、缶、コイル、木材・輸送産業のメーカーからの需要が、切削工具の需要に貢献し、切削工具の挿入装置の需要を増強します。 例えば、ラテンアメリカの木材加工産業は活況を呈しており、切削工具インサートの販売数の増加を促進しています。切削工具のインサートは、木製家具やアーチファクトに溝を描くために使用されます。木材を加工するために使用される切削工具の挿入物の最も一般的なタイプは、炭化物です。さらに、航空宇宙および海洋分野における競争の激化に伴い、ジェットエンジン、タービン、トランスミッション部品、航空機や潜水艦のその他の重要な部品の要件により、これらの部品を加工する必要性が大幅に高まり、切削工具インサート市場の範囲が拡大しています。 欧州のアジア市場への投資増加が市場成長を促進 アジアへの欧州投資は、コストを削減し、現地のサプライチェーンの利益を活用し、未開拓の顧客基盤に近い環境に立ち、ユーザーのニーズをよりよく理解し、顧客により良いサービスを提供する必要性によって動機づけられています。欧州の工作機械メーカーの海外投資戦略は、戦略的提携から合弁事業まで、外国企業の買収から第三国への生産施設の開設までさまざまです。インド、中国、ブラジルなどの新興国における世界的な自動車メーカーの投資の増加は、これらの国々の公的資金による多額のエネルギーおよびインフラプロジェクトと共に、工作機械メーカーからのヨーロッパの投資にとって十分に魅力的です。 APACとヨーロッパがトップ収益ポケットになる 地理的には、アジア太平洋地域と欧州市場は、産業インフラの拡大と長年にわたる自動車・石油・ガス産業の盛り上がりにより、世界の切削工具インサート市場でペースを上げています。自動車のハブであるヨーロッパは、鉄道を含む輸送産業のための多くの範囲を持っています。この業界で使用される金属のほとんどは、このように同じの販売を改善するために、切削工具の挿入を使用して機械加工されています。輸送セグメントは、ヨーロッパの切削工具インサート市場を急上昇することが期待されています。 この市場に関する重要な洞察については、方法論のリクエストはこちら >>> https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/21751 切削工具インサートの需要は、世界のGDPの成長によって、航空宇宙、自動車、海洋、医療、木工、金型、金型などの様々な分野での用途によって主に駆動されます。さらにインド、ブラジル、中国、ASEANなどの発展途上国の安定した経済成長と、これらの地域における都市化と支出の増加は、切削工具のインサート市場の成長を促進する主要な成長要因として機能します。 さらに、APAC地域は、主に中国が牽引する予測期間中に、市場シェア指数による市場魅力の面でも最も魅力的な地域であり続けると予想されています。この地域の産業活動の拡大に伴い、高い成長率が需要の高まりに寄与することが期待されます。欧州は、自動車やその他のエンドユース産業の成長と地域のインフラ開発により、APAC地域の後の価値とボリュームの両方の面で大きな市場シェアを保持することが期待されています。 カッティングツールの対象企業は市場レポートを挿入します会社プロファイル サンドビック AB住友電工カーバイド株式会社聖ゴバンケナメタル京セラ株式会社三菱マテリアル株式会社アサヒダイヤモンド工業株式会社昭和田工芸株式会社イスカー株式会社株式会社ナイトカーバイド株式会社イルジンダイヤモンド株式会社トーメイダイヤモンドシンター・シュッド S.p.A.エレメントシックス 詳細な競合分析を行う場合は、今すぐ購入 >>> https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/21751 私たちについて:パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)は、第3のプラットフォームの調査会社です。当社の研究モデルは、データ分析と市場調査方法論の独自のコラボレーションであり、企業が最適なパフォーマンスを達成するのを支援します。複雑なビジネス課題を克服する企業を支援するために、多分野のアプローチに従います。PMRでは、多次元ソースからさまざまなデータストリームを結合します。 お 問い合わせ持続性市場調査米国営業所305... [もっと...]


下水道ジェット機器市場売上高、元工場価格、収益、粗利分析 2018 2028

Jun 12, 2020 11:14 AM ET

下水道ジェット機器市場:はじめに 下水道用ジェット機は排水洗浄に使用される機械です。彼らは、商業および住宅用排水管内の障害物を取り除くために高圧ウォータージェットを使用しています。下水道ジェット装置は、一般的に大規模な市下水道システムで使用され、従来のパワーワッシャーと比較して多くの利点を提供しています。最も重要なことは、下水道のジェット機装置と取り付けられたノズルは、ウォータージェットの圧力をかなり増加させます。下水道のジェット機装置のためのpsiの範囲は、通常、約1,000〜4,500であり、通常、操作に使用されるパイプの種類に基づいて選択されます。 真空掘削機は、洗浄プロセスをシステム化するために下水道用ジェット機装置と一緒に使用されます。さらに、一部のトレーラーでは、真空掘削機と下水道ジェット機装置が同時に設置されています。しかし、プロジェクト現場から壊れた破片を処分するために必要な措置を講じる必要があります。下水道用ジェット機機器のメーカーは、自治体や大規模な商業スペースにおける下水道ジェット装置の適用を増加させるために、これらの下水道ジェット機装置が設置されているトレーラーの設計を改善することに焦点を当てています。 競合他社の「先」を維持するには、sample@を要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/24559 下水道ジェット機器市場:ダイナミクス 世界中の消費者の健康意識が時間の経過とともに高まる中、下水管理の重要性が著しく高まっています。これに起因して、下水道ジェット機器などの排水洗浄装置の需要は、今後数年間で増加すると予想されます。さらに、住宅部門は、ドレインクリーニングサービスプロバイダーのための重要な機会を作成することが期待されています。これは、近い将来、下水道ジェッター機器市場の増強の機会をさらに生み出すことになると予想されます。さらに、排水管のメンテナンス期間が決まり、定期的なメンテナンスが必要なため、下水道用ジェット機などの電力排水洗浄装置の需要は、今後も大幅に増加することが予想されます。 各国政府は、下水道・排水システムの維持・運用に向けて投資を増やすために、措置を講じている。これにより、下水道用ジェット機などのパワードレイン洗浄装置の成長を促進することが期待されます。さらに、WHOによると、住宅部門と商業部門の両方で、清潔な衛生施設の提供に重点が置かれています。これにより、下水道用ジェット機の販売をさらに促進することが期待されます。また、経済的で環境に優しい下水システムの開発に向けた取り組みは、評価期間中に下水道噴流装置市場を強化することが期待されます。メーカーは性能特性の向上を実現した高度な下水道用ジェット機装置の開発に注力しており、近い将来、下水道用ジェット機の市場はさらに増強することが期待されています。 しかし、高出力ドレイン洗浄装置の初期コストが高い場合、評価期間中の市場の成長に悪影響を及ぼすと予想されます。さらに、下水道噴射装置の運用に対する熟練労働力の不足は、近い将来の市場の成長をさらに妨げる可能性があります。 下水道ジェット機器市場:セグメンテーション 最終的な使用に基づいて、世界の下水道ジェット機器市場は次の項目に分類できます。 産業 住宅 商業 ノズル圧力に基づいて、世界の下水道ジェット機器市場は次の項目に分類できます。 最大1000 psi 1000-04000 psiの間 4000 psi 以上 下水道ジェット機機器市場:地域の見通し 西ヨーロッパは、下水道ジェット機機器などのハイエンドの技術的に装備された排水装置の採用が増加したため、下水道ジェット機機器市場で大きなシェアを占めることが期待されています。また、下水の清浄性を重視する北米などの地域における政府の取り組みの増加は、この地域の市場の増強の機会を作り出すことと予想されます。さらに、アジア太平洋地域は、人口の増加と下水需要の増加により、長年にわたって大幅な成長を遂げると予想されています。管理サービス。 独占アナリストSupport@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/24559のためのプレブック 下水道ジェット機器市場:市場参加者 ハーベン株式会社 デュランドウェイランド株式会社 スパルタンツール カムスプレー サウスイースト下水道・排水株式会社... [もっと...]


トレーラーマウントワッシャー市場 競争環境予測の最近の動向 2018 2028

Jun 12, 2020 11:09 AM ET

世界のトレーラーマウントワッシャー市場:はじめに トレーラーマウントワッシャーは、ユーザーがサイトまでの距離に関係なく、現場に直接持ち込むことを可能にするモバイルワッシャーです。トレーラー取付けワッシャーは水タンクを含む自己完結型パッケージです。トレーラー取付けされた洗濯機は特定のクリーニングの仕事に基づいて完全にカスタマイズ可能である。それらは産業、商業、農業、構造および他の適用にとって理想的である。クリーニング目的で様々なセクターからトレーラーマウントワッシャーの使用が増加すると、予測期間中にかなりの需要が生まれつきます。 さらに、トレーラーが圧力洗浄システムに提供するアクセシビリティの容易さは、世界市場でのトレーラー搭載ワッシャーの需要を促進する重要な要因です。トレーラー搭載ワッシャーは、任意の車両に取り付けることができ、簡単に移動することができます。また、モバイル操作に定置電源は必要ありません。トレーラー取付けワッシャーは、単軸および二重軸の選択と市場で利用できる。そのため、圧力洗浄の需要が高まる中、多くのエンドユーザーは近い将来、トレーラー搭載ワッシャーに傾くと予想されています。したがって、トレーラーマウントワッシャー市場は、予測期間中に重要なCAGRで成長すると予想されます。 世界のトレーラーマウントワッシャー市場:ダイナミクス モバイルまたはトレーラー搭載ワッシャーの世界市場での使用の増加は、主に操作中および運用後にそれらによって提供される高い柔軟性によるものです。さらに、トレーラー取付けワッシャーは、市販の洗濯機や産業用途に適したワッシャーであり、市場の他のタイプのワッシャーと比較されます。これは、低スペース要件、容易な可搬性、およびトレーラーマウントワッシャーによって提供される容易な機能など、トレーラーマウントワッシャーによって提供される様々な利点に起因することができます。さらに、これらのトレーラーには熱湯技術も装備されており、世界市場でも非常に人気があります。新しいユニットへの設置と交換の範囲は、予測期間中にトレーラーマウントワッシャーの継続的な成長を可能にすることが期待されています。 競合他社の「先」を維持するには、sample@を要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/24556 世界のトレーラーマウントワッシャー市場:セグメンテーション 世界のトレーラー搭載ワッシャー市場は、ドライブタイプ、製品タイプ、電源、タンク容量、エンドユース、地域に基づいてセグメント化することができます。 ドライブタイプに基づいて、トレーラーマウントワッシャーの世界市場は次のようにセグメント化できます。 ベルトドライブ ダイレクトドライブ Vベルトドライブ タイプに基づいて、トレーラー取付けワッシャーの世界市場は次のようにセグメント化することができます。 冷水 温水 電源に基づいて、トレーラー取付けワッシャーの世界市場は次のようにセグメント化できます。 ガス ディーゼル ガソリン タンク容量に基づいて、トレーラーマウントワッシャーの世界市場は次のようにセグメント化することができます。 最大150ガロン 150-300ガロン 300-450ガロン 450ガロン以上 最終的な使用に基づいて、トレーラー取付けワッシャーの世界市場は次のようにセグメント化することができます。 商業 産業 世界のトレーラーマウントワッシャー市場:市場参加者 北米は、予測期間中に世界のトレーラー搭載ワッシャー市場で注目すべきシェアを保持すると推定されています。これは主に、この地域、主に米国での自動車メーカーのかなりの数の存在に起因することができます。さらに、それらによって提供される操作の容易さのためにモバイルまたはトレーラー取付けワッシャーの適応を増やして、トレーラーマウントワッシャーの販売の面で世界市場で支配的なシェアを保持する地域を作るもう一つの要因です。さらに、ヨーロッパや日本の先進国の人々は、新しい時間を節約する技術に惹かれています。これにより、この地域は、予想期間中に世界のトレーラー搭載ワッシャー市場に健全なシェアを貢献する予定です。さらに、中国やインドなどアジア太平洋地域の国々も、重要な世界的なトレーラーの成長は、予測期間中にワッシャーを搭載しました。 独占アナリストSupport@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/24556のための今すぐ事前予約... [もっと...]


電力品質測定市場 最近の動向、主要地域、トッププレーヤー、将来の機会 2017年~2025年

Jun 11, 2020 10:34 PM ET

異なる業界の企業は、再開するだけでなく、成長にも努めています。ビジネスリーダーは、政府からの救済策を活用して、デジタル変換と機敏な組織構造で自分自身を再構築しています。彼らは、通常のビジネスが存在しない将来、より大きな回復力とより良い生産性に備えるために迅速な行動を取っています。業界のリーダーは、社会的な規範に準拠するために、施設や物理的なプロセスを自動化するために将来の技術に投資しています。産業部門は、集中管理および自動化された非コアタスクに向けて変革を遂げつつありつつあり、 企業は、新しい標準に適応するために、サービス機能とネットワークモデルを評価し、再調整しています。サプライチェーンモデルの混乱の影響を克服するために、企業はビッグデータ、コネクテッドエコシステム、インテリジェントシステムの助けを借りて透明なシステムを構築しています。すべての組織レベルの変化に加えて、産業部門の市場プレーヤーは、政府が発行した社会的混乱の規範に沿って落ちるように労働安全対策を増やしています。 レポートSample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/18319の要求 電力品質測定装置市場:概要 電力品質の証明は、世界中の政府、公益事業、産業エネルギー消費者にとって新たな懸念事項となっています。省エネと精製の運用プロセスの主なステップは、電力品質の測定です。電力品質測定装置は、常に電力品質の重要なパラメータを遵守し、サービスの品質を奪われた停電や機器の破壊を減らすのに役立ちます。電源品質測定装置は、電源の概要を把握し、正確な対策を導入するのに役立ちます。また、一般的な有効基準に従って、電力品質も確認できます。(例えばEN50160)。 電力品質の問題は、断続的な現象、すなわち電圧フリッカーと定常現象、すなわち高調波歪みから成ります。広範囲の乱れを計算する装置が開発されているが、調べている現象に応じて、多くの異なる装置が使用され得る。そのため、多くの業界で電力品質の計算に向けて電力品質測定装置の使用が増加するに伴い、近い将来、世界の電力品質測定装置市場を牽引することが期待されています。 電力品質測定装置市場:ダイナミクス 電力品質測定装置市場は、主に電力使用量の増加とエネルギー効率の取り組みによって、その関連する損失や伝送プロセスに関与するその他の騒音によって駆動されます。電力品質測定装置市場は、システムの電力品質性能の向上に対する需要によっても推進されています。多くの商業および産業のお客様は、電力の乱流に敏感なデバイスを持っているので、供給される電力の品質を認識することがより重要です。 コンテンツのレポート テーブル (TOC) @ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/18319の要求 最新技術のインストールに対するユーザーの製品認識と抵抗の低レベルは、電力品質測定装置の有用性の主な関心事です。電力品質測定装置の種類に関係なく、お客様の信頼を得ることは非常に重要です。このような不本意さの主な理由は、電力品質測定装置市場の成長を妨げる主な理由として挙げられる顧客間の電力品質測定装置の重要性に対する認識の欠如です。 電力品質測定装置市場:セグメンテーション 電力品質測定デバイス市場のセグメンテーションは、機器の種類、現在のタイプ、位相、ディスプレイタイプ、エンドユーザー、地域に基づいて行うことができます。 機器タイプに基づいて、電力品質測定装置市場は 配線および接地試験装置 マルチメータ オシロ スコープ 乱れ分析装置 従来の分析装置 グラフィックスベースのアナライザー ハーモニックアナライザとスペクトルアナライザ シンプルメーター 汎用スペクトルアナライザ 特殊用途パワーシステムハーモニックアナライザー 組み合わせの妨害および高調波分析装置 フリッカーメーター... [もっと...]


ゼロ液体排出市場は、製品の革新と予測期間の増加による収益成長の増加を目撃する 2019-2029

Jun 11, 2020 10:29 PM ET

異なる業界の企業は、再開するだけでなく、成長にも努めています。ビジネスリーダーは、政府からの救済策を活用して、デジタル変換と機敏な組織構造で自分自身を再構築しています。彼らは、通常のビジネスが存在しない将来、より大きな回復力とより良い生産性に備えるために迅速な行動を取っています。業界のリーダーは、社会的な規範に準拠するために、施設や物理的なプロセスを自動化するために将来の技術に投資しています。産業部門は、集中管理および自動化された非コアタスクに向けて変革を遂げつつありつつあり、 企業は、新しい標準に適応するために、サービス機能とネットワークモデルを評価し、再調整しています。サプライチェーンモデルの混乱の影響を克服するために、企業はビッグデータ、コネクテッドエコシステム、インテリジェントシステムの助けを借りて透明なシステムを構築しています。すべての組織レベルの変化に加えて、産業部門の市場プレーヤーは、政府が発行した社会的混乱の規範に沿って落ちるように労働安全対策を増やしています。 ゼロ液体排出(ZLD)は、排水の排出を削減し、水の回収を最大化する産業プロセスでのアプリケーションのための急速に拡大する技術として牽引力を目撃しています。2019年から2029年にかけて、世界的なゼロ液体排出需要は堅調な進歩を遂げ、予測期間末までに市場価値は20億米ドルに達します。 主なテイクアウト - ゼロ液体排出市場調査 ハイブリッドゼロ液体排出システムは、従来のZLDシステムと比較して設備投資の面でより高価であるが、彼らはより少ないエネルギーを消費するので、長期的にははるかに経済的であることが判明した。したがって、これらの低運用コストシステムの採用率は非常に高い。 ゼロ液体排出技術は、特に産業および鉱業部門において、廃棄物流れから貴重で販売可能な鉱物を回収するために実施されています。例えば、ZLDの実装は、塩化ナトリウムおよび硫酸ナトリウム塩の回収に極めて有用であると考えられている。 アジア太平洋地域と北米は、ゼロ液体排出市場において、価値によって支配的な地域であり続けると推定されています。これらの地域の成長は、主に排水の排出と再利用に関する厳しい規制と法律の導入によって駆動されます。 ゼロ液体排出システムは工業プロセスの水の取り込みの最適化を助ける。また、排水処理や廃棄物管理コストも削減できます。 サンプルレポートへのリクエスト @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/12307 発電業界では、排煙ガス脱硫(FGD)や統合ガス化複合サイクル(IGCC)などのZLD技術を使用して、冷却塔の吹き出しによる排水を処理しています。ゼロ液体排出システムプロバイダーは、市場シェアを拡大するために、多様な水源にカスタマイズ可能なエンドツーエンドソリューションに焦点を当てる必要があります。 ZLDシステムは、すべての汚染物質を固形廃棄物に還元し、再利用可能なきれいな水を生産することで、排出排水を処理する高度な技術を利用しています。工業化の拡大により、特にエネルギー・発電による排水量が大幅に増加し、排水処理プラントの数が増加しています。 世界のゼロリキッド排出市場は高度に統合され、主要な市場プレーヤーが市場シェアの半分近くを占めています。このレポートに含まれる主要な市場プレーヤーの一部は、Veoliaウォーターテクノロジーズ、スエズ、IDEテクノロジーです。 ゼロ液体排出市場レポートの詳細を見る PMRは、新しい研究レポートで、世界のゼロ液体排出市場の公平な分析をもたらし、過去の需要データ(2014-2018)と2019-2029年の予測統計を提示します。この研究は、液体排出ゼロ市場に関する洞察を明らかにする。このレポートは、ゼロ液体排出市場バリューチェーンに関与する市場ダイナミクス、市場シェア分析、価格分析、チャネルパートナーを対象としています。また、北米、ラテンアメリカ、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、中東・アフリカなどのシステムの種類、アプリケーション、地域に基づいて、主要な傾向と市場成長シナリオを見つけることができます。 方法論の要求@https://www.persistencemarketresearch.com/方法論/12307 会社概要、 ヴェオリア水技術の概要 IDE テクノロジー スエズ GEA グループ AG サーマックスグローバル アルファ ラバル... [もっと...]


蒸気回収サービス市場予測は、トップリサーチ会社による2025年末の評価を受け入れた

Jun 11, 2020 10:27 PM ET

異なる業界の企業は、再開するだけでなく、成長にも努めています。ビジネスリーダーは、政府からの救済策を活用して、デジタル変換と機敏な組織構造で自分自身を再構築しています。彼らは、通常のビジネスが存在しない将来、より大きな回復力とより良い生産性に備えるために迅速な行動を取っています。業界のリーダーは、社会的な規範に準拠するために、施設や物理的なプロセスを自動化するために将来の技術に投資しています。産業部門は、集中管理および自動化された非コアタスクに向けて変革を遂げつつありつつあり、 企業は、新しい標準に適応するために、サービス機能とネットワークモデルを評価し、再調整しています。サプライチェーンモデルの混乱の影響を克服するために、企業はビッグデータ、コネクテッドエコシステム、インテリジェントシステムの助けを借りて透明なシステムを構築しています。すべての組織レベルの変化に加えて、産業部門の市場プレーヤーは、政府が発行した社会的混乱の規範に沿って落ちるように労働安全対策を増やしています。 世界中の政府当局は、蒸気回収サービスの需要を促進する重要な要因として挙げられています VOC 排出量を制限するために厳しい規制基準を施行しています。また、このようなサービスは、経済的および環境的な大きなメリットにより、人気を集めています。 パーシスタンス・マーケット・インサイト(PMR)が最近発表したレポートによると、世界の蒸気回収サービス市場は、予測期間中(2017-2025年)の7.4%のCAGRを反映して、2025年末までに462.3 Mnの市場評価に達する見込みです。 レポートの要求Sample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/10969 企業は、消費者の需要に対処するために、より大きな備蓄を維持することに焦点を移すにつれて、より多くの蒸気回収ユニットを設置する必要があります。また、企業は、従来の技術よりもはるかに効果的でコスト効率の高い吸収・吸着などの新しい蒸気回収技術に切り替えており、今後の市場成長を支えると予想される成長傾向にあります。 「蒸気回収サービス市場:世界の産業分析と予測、2017-2025年」と題したレポートによると、北米は世界の蒸気回収サービス市場に対して比較的高い貢献をしています。 2017年末までに、この地域の市場は最大の収益シェアを占め、予測期間中に8.3%のCAGRを目撃すると推定されています。主要な蒸気回収ユニットメーカーの存在により、北米は近年、蒸気回収サービスの主要市場となっています。 要求レポートMethodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/10969 世界の蒸気回収サービス市場 – 主要レポートハイライト 2017年末までに、約161.5Mn相当の蒸気回収ユニットが中流/下流プロセス向けに販売されると推定されています。蒸気回収装置は、中流/下流プロセスで重要なアプリケーションを持っています。たとえば、プロセス中に蒸気を圧縮および回収するためによく使用されます。また、規制機関によって設定された環境要件への準拠にも役立ちます。 貯蔵タンクベントにおける蒸気回収サービスの適用は、予測期間を通じて高いままであると予想される。価値の面では、貯蔵タンクベントは2025年末までに市場シェアの64.4%を占める見込みです。貯蔵タンクベントは、2017年の世界の蒸気回収サービス市場収益の3分の1近くを占めると推定されています。 運用により、O&M/サービスの需要は、予測期間中も引き続き高い水準を維持する見込みです。2017年末までに、O&M/サービスは驚異的な77.4%の収益シェアを占め、市場評価額は202.8Mnに達する見込み。 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/10969を購入 蒸気回収サービス市場レポートに含まれる企業 会社プロファイル SGS SA Zeeco株式 会社。 アトラスプロセスイノベーション エリオン ジョン・ジンク・カンパニー ペトロガスシステム グローバル蒸気制御株式会社(GVC)(トライスターの一部)... [もっと...]


風力タービンローターブレード市場は、2017年から2025年の間に21.2%のCAGRで成長すると予想されています

Jun 11, 2020 10:21 PM ET

異なる業界の企業は、再開するだけでなく、成長にも努めています。ビジネスリーダーは、政府からの救済策を活用して、デジタル変換と機敏な組織構造で自分自身を再構築しています。彼らは、通常のビジネスが存在しない将来、より大きな回復力とより良い生産性に備えるために迅速な行動を取っています。業界のリーダーは、社会的な規範に準拠するために、施設や物理的なプロセスを自動化するために将来の技術に投資しています。 産業部門は、集中管理および自動化された非コアタスクに向けて変革を遂げつつありつつあり、企業は、新しい標準に適応するために、サービス機能とネットワークモデルを評価し、再調整しています。サプライチェーンモデルの混乱の影響を克服するために、企業はビッグデータ、コネクテッドエコシステム、インテリジェントシステムの助けを借りて透明なシステムを構築しています。すべての組織レベルの変化に加えて、産業部門の市場プレーヤーは、政府が発行した社会的混乱の規範に沿って落ちるように労働安全対策を増やしています。 世界の風力タービンローターブレード市場は、2017年末までに70億米ドルの収益を上回る見込みです。市場は2017年から2025年の間に21.2%のCAGRで成長し、収益のほぼ33億米ドルに達すると予想されています。 パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)によると、世界の風力エネルギー設備は2012年の282.2GWから2016年には486.7GWに増加しています。これは、世界の風力タービンローターブレード市場の成長にプラスの影響を与えています。 風力発電に対する重点の高まりと、政府の有利な政策や支援を組み合わせることで、風力タービンローターブレードの着実な採用にも寄与しています。この駆け出し市場に投資するベンチャーキャピタリストを魅了する固定価格買取と世代ベースのインセンティブ。 レポートSample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/15535の要求 PMRの報告によると、風力エネルギー利用は先進国に集中していた。しかし、現在はアジア、アフリカ、ラテンアメリカの新興地域で着実に採用されています。風力エネルギーに重点を置くことは、締約国気候変動会議(COP21)で採択された長期目標からもフィリップを受け取ることが期待される。 PMRは世界の風力タービンローターブレード市場に対する前向きな見通しを維持していますが、ソーラーパネルとの技術競争は、風力プロジェクト管理を取り巻く公的な問題と組み合わせることで、長期的な成長を妨げる可能性があります。 パーシスタンス・マーケット・リサーチが特定した主な機会には、洋上風力システムの設置と炭素複合風力タービンローターブレードの開発が含まれます。 要求レポートMethodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/15535 世界の風力タービンローターブレード市場を形作る主なトレンドは、 ロングローターブレードの好みの高まり:オペレータはエネルギー出力を最大化しようとしていますが、その結果、長いロータブレードの需要が大幅に増加しています。 メーカーは均一性と品質管理を目指しています。このため、モジュラーブレード設計の需要が牽引力を増しています。 オフショア農場の極端な状況に対処するために、ヤシの木を模倣するものの折りたたみ式ローターブレードは、着実に需要の上昇を目撃しています。 ブレード長によって、世界の風力タービンローターブレード市場は、 45メートル未満 45-60メートル 60メートル以上 その中で、45~60メートルのローターブレードの需要が最も高く、このセグメントは66%近くの収益シェアを占めています。収益面では、45-60メートルのローターブレードは19.1%のCAGRで成長し、収益は18.93億米ドルに達すると予想されています。 ブレード素材によって、世界の風力タービンローターブレード市場はガラス繊維と炭素複合材料に分類されています。現在、ガラス繊維は炭素複合材料を上回っており、予測期間中もその傾向は変わらないと予想されています。パーシスタンス・マーケット・リサーチによると、ガラス繊維セグメントは市場の95.5%の収益シェアを占めています。 詳細な競合分析を行う場合は、今すぐ購入@https://www.persistencemarketresearch.com/チェックアウト/15535 会社プロファイル TPI コンポジット ノルデックスSE ヴェスタス・ウィンド・システムズ A/S センヴィオン S.A. LM風力発電... [もっと...]


農業機器市場は、この予測期間中に3.5%の成長を引き起こすことを予想し、2016-2024年

Jun 11, 2020 10:17 PM ET

異なる業界の企業は、再開するだけでなく、成長にも努めています。ビジネスリーダーは、政府からの救済策を活用して、デジタル変換と機敏な組織構造で自分自身を再構築しています。彼らは、通常のビジネスが存在しない将来、より大きな回復力とより良い生産性に備えるために迅速な行動を取っています。業界のリーダーは、社会的な規範に準拠するために、施設や物理的なプロセスを自動化するために将来の技術に投資しています。 産業部門は、集中管理および自動化された非コアタスクに向けて変革を遂げつつありつつあり、企業は、新しい標準に適応するために、サービス機能とネットワークモデルを評価し、再調整しています。サプライチェーンモデルの混乱の影響を克服するために、企業はビッグデータ、コネクテッドエコシステム、インテリジェントシステムの助けを借りて透明なシステムを構築しています。すべての組織レベルの変化に加えて、産業部門の市場プレーヤーは、政府が発行した社会的混乱の規範に沿って落ちるように労働安全対策を増やしています。 より良い農産物を得る従来の方法が役に立たないものとしてレンダリングされるにつれて、農業活動の設備への依存度が強くなっています。世界的な人口増加を踏まえて、効果的な農業機器の需要は、食料・飲料の世界的な消費の増加と並行して増加し続けています。 しかし、農業機器の購入に課せられる高い金利は、世界のいくつかの地域の農家にとって大きな障害になりつつあります。 レポートSample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3151の要求 一部の地域の燃料価格のインフレも農業機器の販売を妨げているが、他の地域の農家は十分な設備を持っているにもかかわらず、灌漑などの農業活動を行うための雨に翻弄されている。 パーシスタンス・マーケット・リサーチの最新のレポートによると、農業用機器の世界市場は2024年末までに131.6億米ドル以上の収益をもたらすが、低迷ペースで到達する可能性が高い。 レポートの要求Methodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/3151 「農業機器市場:世界の産業分析と予測、2016-2024」と題する持続性市場調査のレポートは、市場の現在価値を100億米ドルを少し上回ると見積もっており、3.5%のCAGRの低迷成長が見込まれています。この予測期間中、世界の農業機器市場も数量の伸びが鈍化する可能性が高い。 2016年に世界の推定販売台数5,596.5,5,000台を記録した後、2024年末に向けて世界中で約7,000万台の販売を終了する見込み。 詳細な競合分析を行う場合は、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3151を購入 会社プロファイル 株式会社アグコ クラース・クガー・ムブ 株式会社クボタ トラクターおよび農機具リミテッド ディアアンドカンパニー マヒンドラ・アンド・マヒンドラ株式会社 エクセル・インダストリーズ 自衛隊 S.p.A. イセキアンドカンパニー CNHインダストリアルN.V. ブッハー・インダストリーズ AG アナ 先に述べたように、この報告書は、農業機器の購入金利の上昇が一部の地域での販売を抑制していることを観察している。 この報告書は、政府のインセンティブと投資スキームが世界の他の地域の農業機器の販売に及ぼす好影響を意味します。さらに、農業技術に関する質的な教育を受けている農家やこれらの機器の最適な使用も、市場の成長の重要な原動力となっています。800-961-0353 [もっと...]


脂肪バーナーは動作しますか?[注目すべきレポート]

Jun 11, 2020 5:00 PM ET

栄養価の高い食事の不足と不十分な運動や身体活動のために体重を増やす人間の傾向を考えると、脂肪バーナーはもはや単なる製品太りすぎの人々が使用するものであり、すぐにみんなのランチとディナープレートに現れる可能性があります。 しかし, 脂肪バーナーについての誇大宣伝や誤解を考えると, 多くの人々 は、その有効性と結果に疑問を持っているかもしれません。.これらの考えは、市場で入手可能な詐欺的な脂肪バーナーブランドの膨大な数と脂肪バーナーで使用されている成分にメーカーからの透明性の欠如を考慮して有効です. 多くの人々は脂肪バーナーの有用性を主張し、同じ数は彼らの有効性を疑うが、議論は脂肪バーナーの有用性と人々 が彼らの体重を減らし、維持するためにそれらを使用することを検討すべきかどうかについて広く開かれています。 プロ脂肪バーナーである人は、その結果の証人であると主張します, それに反対している人は、科学的に基づいていないとして結果を却下し、脂肪バーナーの有効性とその定期的な使用に直接起因することができる何かで. このようなシナリオは、脂肪バーナーのより良い理解を必要とします。脂肪バーナーの仕組みや結果を示すかどうかを理解するには、まず、彼らが何であるか、その中の成分、そしてそれらの成分が人々の間で脂肪を燃焼するのにどのように役立つかを理解する必要があります。 脂肪バーナーとは正確には何ですか? 脂肪バーナーは、カロリーを燃焼させるのに役立つあなたの体の代謝を高めるために特別な成分で処方されている栄養補助食品です。彼らは特別にあなたの毎日のルーチンのために、運動中に多くの必要なエネルギーを供給するために体内の余分な脂肪を燃やすために設計されています. 脂肪バーナーは、彼らはそれを燃やすことによって体内の脂肪を減らすのを助けるだけでなく、彼らはまた、体内で余分な脂肪の吸収と蓄積を防ぐので、2つのユニークな利点を提供しています。結果は、減量に迅速かつ組織的なアプローチです。ここで最高の脂肪バーナーをチェックしてください。 主な成分 市場で利用可能な脂肪バーナーの一部の主要な成分は、です; カフェイン: エネルギー ブースターとして知られています, カフェインは、あなたの体の代謝を高めるので、また、良い脂肪バーナーです。.それはまたあなたの体の中の脂肪を燃やすことによって、あなたの体にエネルギーを提供するその特性のために認められています。 緑茶抽出物:減量のための最も人気のある、よく認識された製品の一つ、それは多くの脂肪燃焼製品で使用されています。その脂肪燃焼特性と共に, 緑茶はまた、その抗酸化特性を持つ体に他の利点を提供しています。. タンパク質粉末: タンパク質は体の無駄のない筋肉量を構築するための重要な化合物です。.脂肪燃焼製品では、それは高エネルギー活動のための脂肪を燃焼に向けて動作します。 ヨヒンビン: エネルギー ブースター, それは、あなたの体は、任意の活動を実行しながら、その高エネルギーレベルを維持することを保証します, それによってあなたの体内の脂肪の燃焼を支援. 栄養上の利点と脂肪を燃焼するこれらの成分の有効性を考えると, 脂肪バーナーは脂肪を減らすのに効果的に動作すると仮定することができます。.... [もっと...]


油田水処理サービス市場の見積もり主要事業セグメントの驚くべき安定性を示す 2018 2028

Jun 11, 2020 12:30 PM ET

油田水処理サービス市場は、活況を呈する石油産業を裏として、今後数年間で大きな成長を経験する予定です。今後、石油埋蔵量の抽出中に生産され、生成された水は、環境や既存の水供給への影響を軽減するために適切に管理され、処理されなければなりません。油田水処理サービスを利用して処理できます。油田の生産水の化学と割合は非常に可変的で複雑です。これらの生産水は、溶解した塩やミネラルの膨大な量を含む汽水溶液として考えられています。このように、これらの海域の効果的な処理戦略に対する重要な懸念は、廃棄前に溶解した固体濃度の量を除去または減少させることであり、その後、油田水処理サービスが登場した。同様に、油田から年間に大量の水が生成されるには、経済的、効果的、環境に優しい油田水処理サービスが必要です。 重要なのは、生産された水を削減し、淡水供給を抑制する能力は、油田オペレータの収益性を向上させ、水の保全に貢献することができます。いくつかの目的を達成するために、オペレータは、生産された水管理のための様々な物理的、生物学的、および化学的油田水処理サービスを利用してきました。その後、油田水処理サービス研究の目的は、世界および地域の油田水処理サービス市場における最新の動向とダイナミクスを分析することです。 競合他社の「先」を維持するには、sample@を要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/24553 世界の油田水処理サービス市場:市場ダイナミクス 水不足と環境問題は、世界中で最も重要な問題です。世界中の連邦政府は、油田で利用される地下水を保全するための措置を講じ、それによって油田水処理サービスプロバイダーにとってかなりのレベルの機会を拡大しています。さらに、世界の油田水処理サービス市場は、産油地域(イラン、イラク)の不安、新しい油田発見、石油抽出技術の進歩などの出来事に大きな影響を受けています。これに加えて、油田を持つ多くの水ストレス国は、油田水を処理するための油田水処理サービスに関連する経済的かつ効率的な方法に焦点を当てることによって、限られた淡水資源を補う方法を検討しています。 油田水サービス市場の成長分野には、再注入を通じて油田に付加価値を与える処理された水との石油回収の強化が含まれます。油田水処理サービス市場の成長を強化するために、事前技術への投資を促進するための政府の規制が規定されています。前述の要因は、油田水処理サービス市場の肯定的な見通しを引き出します。 世界の油田水処理サービス市場:市場セグメンテーション 世界の油田水処理サービス市場は、サービスタイプ、処理技術、掘削技術、地域に基づいてセグメント化することができます。 サービスタイプに基づいて、世界の油田水処理サービス市場は次のようにセグメント化することができます。 固体除去 池の管理 海水処理 処理技術に基づいて、世界の油田水処理サービス市場は次のように分類することができます。 UVおよび化学酸化処理 胸郭インペラー誘導性サイクロン ガス浮揚 メディアのろ過 膜処理技術 イオン交換 その他(露気化等) 掘削技術に基づいて、世界の油田水処理サービス市場は次のようにセグメント化することができます。 陸上油田水処理サービス 沖合油田水処理サービス 世界の油田水処理サービス市場:地域の見通し 米国、サウジアラビア、ロシア、中国、カナダなどの国々における石油生産の驚異的なレベルは、油田水処理サービス市場の成長を支えています。さらに、EU水フレームワークなど、先進国・途上国で採用されている各種の法律や戦略指令、ノルウェーの環境影響因子(EIF)は、油田水処理サービスの需要を奨励する準備ができています。米国のシェールオイル生産量は近年、大量の生産量に達している。中期的には、シェールオイルの探査・生産活動が進む中、北米油田水処理サービス市場の見通しが強化されそうだ。 米国がイランに対して実施した石油制裁は、油田水処理サービス市場を操縦し、石油価格のボラティリティに正面から影響を与える見込みです。さらに、油田水処理サービス市場は、サウジアラビアとロシアの石油市場管理に関する健全な関係に大きな影響を受けています。地政学的現実の一つは、ロシアの世界的地位を大幅に強化している。また、油田水処理サービス市場のポジティブな傾向を分けています。東南アジア太平洋地域、特にASEANでは、この地域の成熟油田の増加を背景に、油田水処理サービスを含む水処理技術の生産が求められている。その結果、東南アジアでは、費用対効果と効率性の高い油田水処理サービスに重点が置かれています。 独占アナリストSupport@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/24553のための今すぐ事前予約 一言で言えば、公共政策、地政学、石油需要の高まりが油田水処理サービス市場を強化しています。 世界の油田水処理サービス市場:主要な参加者 バリューチェーン全体で識別される世界の油田水処理サービス市場の市場参加者の例は次のとおりです。... [もっと...]


サーモスタット混合バルブ市場主要地域、企業プロファイル、機会とチャレンジ2018 2028

Jun 11, 2020 12:26 PM ET

サーモスタット混合バルブ市場:はじめに サーモスタット混合弁は望ましい温度の分配システムからの完全混合水供給を達成する最も先進的で、安全で信頼できる方法である。高温と冷水は、サーモスタット混合バルブを通過し、必要な温度で排出される際に混合されます。サーモスタット混合弁では、ワックスセンサは温度に敏感なばねシステムを備えた混合流体に突っ込む。サーモスタット混合弁は温度の変化に従って望ましい混合温度値の維持を保障する。 焼戻し弁と比較して、サーモスタット混合弁は比較的正確であり、冷水または温水供給の中断の場合に信頼性の高い供給を提供する。サーモスタット混合弁は水混合操作のための工業規模の水供給システムの中心とみなすことができる。 サーモスタットミキシングバルブは主に商業および産業用途に使用されていますが、安全性と精度の優れたレベルのために、住宅アパートへの道を顕著なペースで見つけています。さらに、サーモスタット混合弁のインストールは、加熱システムのボイラーの非常に重要なコンポーネントです。 サーモスタット混合バルブ市場:ドライバーと拘束 サーモスタットミキシングバルブは、非常に高い作業温度による火傷のリスクを回避することにより、お湯を使用する際の省エネ、快適性、安全性を提供します。サーモスタット混合バルブの伝統的な消費者は、商業および産業構造のための安全装置メーカーです。 最近では、サーモスタットミキシングバルブメーカーは、住宅建築請負業者からの需要の増加を目撃しています。サーモスタット混合弁の主要な高成長アプリケーションの1つは、国内熱湯の生産のための太陽系での使用です。その結果、二酸化炭素排出量を削減する政府の規範は、ヒーターを製造するためのサーモスタット混合バルブの需要にプラスの影響を与えます。 競合他社の「先」を維持するには、sample@を要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/24550 衛生に対する意識の高まりは、業界全体でのサーモスタットミキシングバルブの販売数も増加します。サーモスタット混合バルブの需要は、醸造所、食品&飲料生産会社および化学処理工場でのアプリケーションのために増加することが期待されています。世界の発展途上地域における産業活動の大規模な急増は、サーモスタット混合弁需要の成長をさらに補完することが期待されています。アジア太平洋地域の恒温混合バルブ市場は、予測期間中に最も高い成長を見込んでいます。 サーモスタット混合バルブ市場:セグメンテーション 容量に基づいて、サーモスタット混合弁市場は次の項目にセグメント化することができます。 1分当たり12ガロン以下(GPM) 12-30 ガロン/分 (GPM) 毎分30~70ガロン(GPM) 毎分70ガロン以上(GPM) 仕上げに基づいて、サーモスタット混合バルブ市場は次の項目にセグメント化できます。 セルフカラーブラス ニッケルメッキ アプリケーションに基づいて、サーモスタット混合バルブ市場は次の項目にセグメント化できます。 住宅 商業 産業 サーモスタット混合バルブ市場:地域的見通し 世界のサーモスタット混合バルブ市場は、北米、ラテンアメリカ、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、アジア太平洋(APEJ)、日本、中東・アフリカ(MEA)の7つの主要地域に分類されています。今後数年間で、西ヨーロッパ、日本、北米の地域は、労働、安全衛生要件基準に従って、病院、児童および老人介護施設などの民間施設に設置する国に設置することが義務付けられているため、サプライヤーにとって重要な市場になると予想されています。アジア太平洋地域とラテンアメリカ地域は、新しい安全規範の導入により、高い成長を記録することが期待されています。中東・アフリカ(MEA)と東欧は、増加に伴うサーモスタット混合バルブの魅力的な市場として期待されています。地域の製造および加工工場。 独占アナリストSupport@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/24550のためのプレブック サーモスタット混合バルブ市場:市場参加者 世界の恒温混合バルブ市場のバリューチェーン全体で特定された市場参加者の例は次のとおりです。 全バルブインダストリーズ Pty Ltd.... [もっと...]


鉄道車両ダンパー市場主要地域、企業プロファイル、機会とチャレンジ2018 2028

Jun 11, 2020 12:22 PM ET

鉄道車両ダンパー市場:はじめに 車両ダンパーは衝撃吸収剤としても知られています。車両ダンパーは主に減衰効果を低減するために使用され、減衰振幅を最小限に抑え、乗客の移動体験を向上させます。ローリングストックダンパーは、低摩擦、ノイズフリーの評価、圧縮&拡張の対称力、自由に定義されたブローオフポイントまでの線形力率などの特徴を持っています。高速鉄道車両や乗客の快適性に対する需要の高まりは、地下鉄や軽線の油圧式車両ダンパーの需要を押し上げます。また、他のタイプの車両ダンパーも、運動エネルギーを熱エネルギーに変換することで、安定と振動の低減を達成するために重要な役割を果たしています。ローリングストックダンパーは主に、プライマリ - 垂直ボギー、二次水平ボギー、および二次垂直ボギーで使用されます。 鉄道車両ダンパー市場:ダイナミクス 大都市圏の人口増加と、特に発展途上国のオフィスワーカーの増加は、予測期間中に世界の鉄道車両ダンパー市場を牽引すると予測されています。ローリングストックは、世界中の公共交通機関の不可欠な部分であり、公共密度の増加、都市化、世界中の旅行行動の変化により、将来的に重要な役割を果たします。さらに、都市経済では、高速鉄道や弾丸の鉄道などの大規模な交通インフラの導入を促進し、旅客輸送をより速くするために多額の資金を投資することに政府が注力しています。ローリングストックに対する政府の投資は、ローリングストックダンパーのOEM市場を直接増加させます。これは、鉄道車両ダンパー市場の成長を後押しするもう一つの要因です 競合他社の「先」を維持するには、sample@を要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/24544 ここ数年、スマート鉄道車両局は多くの国で切り取られています。政府は、鉄道車両ステーションをより魅力的にするための鉄道輸送ハブの改装に焦点を当てています。例えば、インドでは、鉄道車両省と都市開発省が提携してスマートシティミッションを達成し、スペインでは国際ローリングストック連合とスペインの鉄道インフラマネージャーADIFが集まり、「スマートシティのスマートステーション」の目標を達成しました。この要因は、ローリングストックの成長を後押しし、その結果、予測期間を通じて鉄道車両ダンパー市場の成長を加速させると予想されます。 鉄道車両ダンパー市場:セグメンテーション 世界の鉄道車両ダンパー市場は、車両ダンパータイプ、車両タイプ、および販売チャネルに基づいてセグメント化することができます 鉄道車両ダンパータイプに基づいて、鉄道車両ダンパー市場は次のようにセグメント化することができます。 油圧の車両のダンパー ヨー・ローリング・ストック・ダンパーズ アンチロール・ローリング・スタン・ダンパー その他 の 車両ダンパー 車両タイプに基づいて、車両ダンパー市場は次のようにセグメント化することができます。 非常に高速の鉄道車両 メインライン・ローリング・ストック メトロ・ローリング・ストック 貨物車両 特殊車両 販売チャネルに基づいて、ローリング・ストック・ダンパー市場は次のようにセグメント化できます。 相手先ブランド供給 (OEM) アフター マーケット 鉄道車両ダンパー市場:地域の見通し 鉄道車両ダンパー市場は上昇拡大の見込みです。中国、東南アジア、太平洋地域は、この地域の鉄道網の普及により、鉄道車両ダンパー市場の成長を促進すると予想されています。中国とインドの鉄道網は、世界最大の鉄道網の一つです。インドでは、旅客車両は主に長距離輸送のモードを使用しており、国のインフラ整備に伴い、新しい鉄道車両の需要も増加し、予測期間中の鉄道車両ダンパー市場の成長を促進すると予想されています。さらに、日本は、メトロラインの成長に伴い、世界の成長の最前線に立つものと期待されています。そして高速鉄道車両プロジェクト。さらに、北米と欧州の鉄道車両ダンパー市場は、今後数年間の経済不確実性にもかかわらず、健全な成長を記録すると予想されます。また、メキシコとブラジルの経済成長期待は、地域のインフラ整備により、大きな成長を見込んでいます。この要因はまた、鉄道車両ダンパー市場の成長を後押しします。... [もっと...]


北米亜麻仁市場は2022年に堅調なペースで拡大する見通し

Jun 11, 2020 10:49 AM ET

パーシスタンス市場調査が発表した最新の市場レポートによると、「亜麻仁に関する北米市場調査:米国およびカナダの産業分析と予測 2016 - 2022;亜麻仁ベースの食品の用途の増加によって強化された北米亜麻仁市場は、2015年に250.6 Mnと評価され、2016年から2022年にかけて2.9%のCAGRで拡大し、2022年までに308.4Mnを占める見込み。 現在、北米の亜麻仁市場は、主に亜麻仁の健康上の利点に関する消費者の意識の高まり、クリーンラベルやビーガン成分の需要の増加、様々な食品用途における亜麻仁の用途の増加などの要因によって駆動されています。しかし、カナダの流通チャネルが悪いなどの要因は、欧州地域からの需要の減少と相まって、予測期間中に北米亜麻仁市場の成長を抑制すると予想される主要な要因の一部です。 北米の亜麻仁市場は、2016年から2022年にかけて2.9%のCAGRで拡大し、2022年までに308.4Mnを計上する見込み。 北米亜麻仁市場は、米国とカナダに国に基づいてセグメント化されています。 米国の亜麻仁市場は、2015年末までに北米市場全体のバリューシェアに最も貢献し、カナダが続くと予想されています。GCC市場は、予測期間中(2016-2022年)に最も急速に成長する市場になると予想されています。米国の亜麻仁市場の成長は、主に食品セグメントにおける亜麻仁の様々なアプリケーションのためのエンドユーザー企業の数が多いことに起因しています。さらに、オメガ3脂肪酸の需要の増加は、予測期間中の米国亜麻仁市場の成長を支える見込みです。 競合他社の「先」を維持するには、サンプルhere@を要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/10517 米国の亜麻仁市場は、予測期間(2016-2022年)の価値面で3.3%のCAGRで拡大する見込みです。カナダの亜麻仁市場は、2015年の市場全体の24.9%のバリューシェアを占める予測期間中の緩やかな成長を見込んでおり、予測期間(2016-2022年)の価値に関して1.5%の緩やかなCAGRを登録する見込みです。食品セグメントにおける亜麻仁の応用の増加は、オメガ3脂肪酸の含有量が高い卵と相まって、カナダの亜麻仁市場の成長を促進すると予想される主要な要因である。 このレポートは、さまざまな市場動向に関する詳細な情報を提供し、北米地域における亜麻仁市場の可能性に関する分析と洞察を提供します。さらに、乳児用食品市場は、粉砕(粉砕)亜麻仁、亜麻仁全体、亜麻仁油にタイプに基づいてセグメント化されています。 開始粉砕(グランド)亜麻仁セグメントは、バリューシェアの面で北米亜麻仁市場に最も貢献し、2016年末までに亜麻仁油セグメントが続くと予想されています。粉砕された(粉砕された)亜麻仁セグメントは、予測期間中(2016-2022年)に、この地域全体の市場で最も急成長しているセグメントになると予想されています。このセグメントは、収益の面で予測期間中に3.1%のCAGRで拡大する見込みです。亜麻仁セグメント全体は、予測期間中に緩やかな成長を見込んでいます。このセグメントは、予測期間(2016-2022年)の価値に関して2.7%の中程度のCAGRを登録する予定です。 主要な傾向に関する広範な洞察を得るために、カスタマイズの要求here@https://www.persistencemarketresearch.com/request-customization/10517 北米亜麻仁市場の主要なプレーヤーは次のとおりです。 株式会社アグモーション リンウッズヘルスフーズ。 カンマーグレインプロダクツ株式会社 TAフーズリミテッド アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド・カンパニー ストバーファームズLLC. ハートランド・亜麻 株式会社シェイプフーズ 健康食品成分 LLC. 株式会社ゼガーズシード バイオリジナルフード&サイエンス株式会社 北米亜麻仁市場は次のようにセグメント化されています。 製品タイプ別 粉砕... [もっと...]


COVID-19パンデミックを通じた南アフリカのUHTミルク市場は、今後数年間で世界のトップ国全体で増加する

Jun 11, 2020 10:37 AM ET

注: COVID-19コロナウイルスの業界全体の影響の測定に関するPMRの洞察を要求 パーシスタンス・マーケット・リサーチが発表した新しい市場レポート「UHTミルクに関する南アフリカ市場調査:2019年までに半スキムドUHTミルクの市場シェアが2019年までに増加する」と、南アフリカのUHT牛乳市場は2014年から2019年の間に11.2%のCAGRで成長し、2019年には1億8,530万米ドルの推定値に達すると予想されています。     南アフリカは、液体ミルクが乳製品消費量全体の約60%を占めるアフリカ地域の主要な乳製品消費国です。同国の低温殺菌乳市場は減少傾向にあるのに対し、UHT乳市場は急速なペースで成長しています。同国のUHT乳市場は、2013年から2019年の間に2桁のCAGRを展示する予定です。国のすべての経済クラスの間でUHTミルクの受容性の増加は、この市場の成長のための主要な原動力となっています。     全体UHTミルクは、脂肪が豊富な製品に向けて南アフリカ人の傾向に起因する製品セグメントを支配します。しかし、人口の健康上の懸念の高まりにより、予測期間中のシェアは低下すると予想されます。州の中で、ハウテンは南アフリカでUHTミルクの販売を支配しました。しかし、他の州では都市化が進む中、予測期間中のシェアは減少すると予想されています。     競合他社の「先」を維持するには、サンプルhere@をリクエストhttps://www.persistencemarketresearch.com/samples/4330     南アフリカの都市化は増加しています。UHTミルクを含む食料品の大量購入を推進することで、UHTミルク市場の成長を間接的に推進してきました。南アフリカ人種関係研究所(SAIRR)によると、南アフリカの人口の3分の2は2011年に都市部に住み、1990年の52%から増加しました。ポロクワネ、ルステンブルク、ヴァンダービグルパーク、ネルスプロイト、エクルフレニは国内で最も急成長している都市です。UHTミルクの長寿命の利点は、それが他の生鮮食料品の一部になるのを助けました。UHTミルクは、非常に高価ではなく、大きな停電の場合に台無しにならないので、低所得者の間でも人気が高まっています。     南アフリカの動物飼料や飼料の豊富さは、UHTミルクを含む乳製品の生産コストの安定性を維持するために、国内の酪農会社を支援します。これにより、効果的な乳製品チェーンとこれらの製品の安定した小売価格を維持するのに役立ちます。.多数の動物飼料会社の存在は、動物農場への飼料の円滑な供給を促進する。南アフリカ政府は、飼料から同国でエタノール生産の開始を発表しました。しかし、これは、国の余剰サトウキビ生産がエタノール生産に使用することができるので、動物農場への原料供給を妨げることは期待されません。     南アフリカの低温殺菌乳市場はここ数年で減少しており、今後この傾向に追随すると予想されています。急速な都市化が、この減少の主な理由であると観察されている。しかし、これは国のUHTミルク市場のために有利です。酪農会社は、UHTミルクの生産能力を増やし、この機会に現金化しています。他のいくつかの乳製品加工業者も同様にこの市場に参入する予定です。例えば、クローバー・インダストリーズは2014年にDairyBelleのUHTミルク事業を買収しました。一方、ウッドランズ乳製品は、UHTミルクの梱包能力を1時間当たり6,000リットルから2014年には1時間あたり15,000リットルに増やしました。     主要なトレンドに関する広範な洞察を得るために、カスタマイズの要求here@https://www.persistencemarketresearch.com/request-customization/4330     南アフリカの主要なUHTミルク会社は次のとおりです。     パルマラットSA(Pty)株式会社... [もっと...]


COVID-19危機時のエンドユース採用の増加により、乳児臨床栄養市場の収益は36.8%のCAGR増加

Jun 11, 2020 10:33 AM ET

最近開発されたパーシスタンス・マーケット・リサーチのレポートによると、2017年から2026年の予測期間を通じて、世界の乳児臨床栄養市場の壮大な上昇が想定されています。市場からの収益は、2026年末までに31,000 Mnを超える準備ができています。 幼児の臨床栄養の高い栄養・微生物学基準を満たすために重点が高まっている 特別な臨床的注意と要件を必要とする幼児や幼児は、毎日の食物消費における高度なケアと共に、例外的な栄養に値する。世界的に消費者の忠誠心を得ている製剤や成分の普及により、現在、乳児の臨床栄養に対するより高い栄養および微生物学基準の遵守に重点が置かれています。世界中の乳児臨床栄養の需要は、主に消費者の可処分所得の増加に伴い、堅調な出生率によって、最近から大幅に増加しています。さらに、女性の労働人口は急増を目の当たりにしており、栄養豊富で安全な乳児用食品の採用を促進しています。乳児の臨床栄養市場における顕著な発展のいくつかは、低刺激性の調乳、特別な要件を持つ乳児の増加、および市場の著名な企業からのプレミアム品質の提供が含まれます。 臨床試験は、乳の味と匂いを経験する早産児への影響を評価するために強調されています, 女の子と男の子が異なる方法で供給されるかどうかを決定し、発達および成長結果にIGF-1サプリメントとインスリンの効果をテストするため.乳児の臨床栄養学の分野の研究者は、代謝および認知の結果の改善を行う新しい調乳製品の開発に焦点を当てています。長期的な発達の成果を高めるために、早産児への栄養豊富な食事の提供に関する新生児ケア研究に重点が置かれています。 サンプル レポートの要求: https://www.persistencemarketresearch.com/samples/22363 ライオンの市場シェアを占める管理セグメントのオーラルルート 経腸政権からの行政収入の経路に基づいて、2026年までの世界の乳児臨床栄養市場で最も急速な拡大を登録することが期待されています。しかし、経次管理の市場収益シェアは、予測期間中も低迷を続けるだろう。対照的に、乳児の臨床栄養の経口投与は、2017年から2026年の間に市場のライオンのシェアを占めると想定されています。 製品タイプに基づいて、牛乳ベースの乳児臨床栄養は、収益の面で、市場で支配的であり続ける可能性が高いです。牛乳ベースの製品からの収益は、他のすべての製品セグメントを合わせた売上から調達されたものよりも大幅に大きくなると予想されます。さらに, 大豆ベースの収益, 有機, プロバイオティクス/プレバイオティクス製品セグメントは、合計を超えると推定されます$ US$ 8,000 Mn を超える 2026-end. 方法論の要求: https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/22363 APEJは乳児の臨床栄養のための最大の市場を維持する 日本を除くアジア太平洋地域(APEJ)は、乳児の臨床栄養の最大の市場として耐えると予想され、2026年末までに売上高は5分の2以上の市場収益シェアを占める見込みです。欧州と北米も乳児の臨床栄養の報酬市場として優勢になると予想されています。欧州は、APEJが後に続く乳児臨床栄養の最も急成長している市場であるという立場に引き続きラッチします。 乳幼児の臨床栄養の世界市場の企業は、アプリケーションインテリジェンスと製品開発の革新的な技術を組み合わせて、製品に新しい成分を実装しています。これらの企業は、環境フットプリントを削減するための生産プロセスの推進にも注力しています。食品グレードの処理センターでの効率的なアップスケーリングと、特にマイクロバイオーム分野での臨床試験をサポートすることで、企業は規制機関へのプレゼンテーションの前にドシエを強化することができます。 報告書で明示されているように、世界の乳児臨床栄養市場の拡大を積極的に支援する主要企業は次のとおりです。 アボット バクスターインターナショナル株式会社 フレゼニウス・カビ グループダノネ... [もっと...]


CB蒸留所レビュー[2020最近公開されたレポート]

Jun 11, 2020 5:00 AM ET

  CB蒸留所としてミレニアル世代の視聴者の注目を集めている企業は、世界中にほんの一握りしかありません。 単なるブランド以上に、すべてのCBD由来製品の震源地となっているのは、同社の下心です。 CBDは、不安と戦うために現代生活のこの目まぐるしいペースで人々のための人気のエリクサーになりつつあります。これは、多くの健康上の利点と一緒に、周りの誰にとってもヌメロウノの選択肢となっています。 この記事では、特に会社の背景を含むCBDistilleryの要約レビューを作成し、多様な製品ラインを通してあなたを連れて行き、価格と一緒に彼らのサービスに関する最終的な考えを共有し、またあなたがそれを選ぶべきかどうかに光を当てます。 CB蒸留所レビュー:ブランド概要 あなたは不安に苦しむ何百万人もの人々の中にいますか?それとも、理由もなく目を覚まし続けている眠れない夜ですか? 上記のすべての症状があなたの人生に大きな影響を与えている場合は、通常の薬の上に移動し、代わりにCBDを試してみる時間です。 CBD製品は、しばらくの間、市場にあったし、医薬品に関しては素晴らしい代替です。しかし、低品質のCBD製品でバーを高くしようとしている多くの企業があるので、コストと品質についても同じことは言えません。 CB蒸留所があなたの一日を救うために入ってくるとき、それはここにあります。価格に関しては最も合理的なブランドであることとは別に、彼らのCBD製品は品質の面で最高であり、慢性疾患のための多くの健康上の利点を持っています。 材料  これは、CBDの人気の高まりが現在の市場シナリオで多くの企業によって現金化される時代です。製品の完全な範囲で, CBDistillery は、処方された薬に少し健康的な代替を選ぶのが大好きな多くの人々のための希望のビーコンです。. 同社は米国のコロラド州の出身であり、したがって、有機栽培の麻植物から得られた麻を自社製品に使用しています。オンラインストアの製品の広大な配列を閲覧すると、すべてのオイル、グミ、ベープ、カプセルが2つのカテゴリに分かれています。 分離製品は、その成分に99%純粋なCBDを持っていますが、フルスペクトルはカンナビノイドと約0.3%THCが含まれています。 同社の良いところは、CBD製品のそれぞれが様々な純度と品質テストを経て、すべてのラボテスト結果が公式サイトに掲載されているということです。 薬物検査: 通常, カンナビジオールは、任意のTHCを欠いているとして、薬物検査に表示されません。しかし、CB蒸留所の製品リストで行くと、同社は薬物検査に影響を与える可能性のあるフルスペクトル製品のリストを持っています。 フルスペクトル製品の彼らの範囲は、マリファナの主な有効成分でもあるデルタ9-テトラヒドロカンナビノール(THC)の微量が含まれています。 したがって、THCの0.3%でフルスペクトル製品の一部を取っている場合は、大量に消費された場合、薬物検査に現れる可能性があります。 それ以外は、分離製品とカートリッジが薬物検査結果に現れないかもしれない。 ラボ テスト: CB蒸留所は、顧客の信頼を得る上で非常に標準的なプロトコルに従います。彼らは大切な消費者に対して全責任を負うため、ウェブサイトに掲載されているすべての製品は、サードパーティのパートナーによって安全な消費をテストされます。 CBDistilleryは、お客様が公式サイトで公開することでラボテストやその他の情報にアクセスできる最初の企業の1つです。サイトでテストしたサンプルの各バッチの画像と証明書を確認するだけです。 配送時間とポリシー CBDistilleryの公式ウェブサイトに置かれたすべての注文は、無料船上出荷の標準的な手順に従います(FOB)は、買い手のPOを受け取った後。買い手は、配達ポイントからの売り手の書面による通知の3日以内に商品を受け取る準備をしなければなりません。 同社は現在、国際的な注文をサポートしておらず、すべての製品は米国の地理的境界内で販売されています。また、基本的なカットオフコストなしですべての注文に対する送料無料ポリシーがあります。... [もっと...]


太陽熱温水器市場は2020年までの需要予測の伸び

Jun 10, 2020 7:24 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 レポートSample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3282の要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3282 太陽熱熱器(SWH)は、太陽エネルギーを使用して水を加熱します。太陽熱温水器(SWH)は、ソーラーパワーコレクタパネルと貯水タンクで作られています。洗濯、入浴、清掃など、様々なハウスフード活動に温水を供給しています。国内利用の他に、太陽熱温水器はホテルや公共機関などの商業施設で広く使用されています。ハイブリッド給湯器の分野での革新は製造業の間で好みの選択の一つとしてそれを作っています。それは一般的に太陽の光の十分な露出を得るために屋根の上部に設置される。 ソーラープレート技術に基づいて、アジア太平洋太陽熱温水器市場はプレートコレクション型給湯器、および避難チューブコレクション型給湯器にセグメント化されています。様々な製品セグメントに基づいて、市場は2つの大きなカテゴリー、すなわちアクティブな太陽熱温水器とパッシブ太陽熱温水器で分類することができます。アクティブな太陽熱温水器では、外部の水ポンプは、水循環のために必要とされます。パッシブ太陽熱温水器は、水循環のための任意のポンプを必要としません。 太陽熱温水器の市場需要の増加は、主にコスト、グリーン、エネルギーの更新源から解放され、太陽エネルギーの様々なコストと環境関連の受益者についての意識の高まりによって駆動されます。政府や国連(国連)から発展途上国への様々な支援の詳細は、世界の太陽熱温水器市場を後押ししています。 太陽熱温水器の効率レベルは、太陽の光の強度に基づいて、ある気候領域から他の気候領域に変化します。冬や寒冷気候地域における太陽熱温水器の制限は、市場の主要な抑制の一つです。 コンテンツのレポート テーブル (TOC)@ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3282の要求https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3282 中国は、全体の市場の約50%を構成する太陽熱温水器(SWH)の最大の市場です。インド、日本、オーストラリアが続きます。アジア太平洋地域は、この地域における太陽光発電の大きな可能性により、急速に成長している市場です。ここ数年、インドと中国は太陽光発電と太陽光発電用の家電製品の開発に多額の投資を行っています。 アジア太平洋地域の太陽熱温水器市場で事業を展開する大手企業の一部には、 エムビーソーラー, システム ジェネアシス, ヌエテックソーラーシステム, 携帯電話ソーラーシステム, シーメンスAG、GE株式会社、 熱伝達製品株式会社 ライム・マニュファクチャリング株式会社 リンナイ株式会社 800-961-0353 [もっと...]


ポリプロピレンフォーム市場の世界分析と最新の研究レポート 2020年までに

Jun 10, 2020 7:19 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 レポートSample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3250の要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3250 ポリプロペンとも呼ばれるポリプロピレンフォーム(PP)は、エネルギー吸収、構造強度、断熱性、音響特性などの高度な化学的および物理的特性を持つエンジニアリングプラスチック材料です。ポリプロピレンフォームは、テキスタイル、高性能プラスチック部品、各種タイプの再利用可能な容器、実験機器、自動車部品、ポリマー紙幣などの用途に使用されています。 化学組成に基づいて、世界のポリプロピレンフォーム市場は、大きく2つの異なる市場の変異体、すなわちポリプロピレン(EPP)と押出ポリプロピレンを使用して分類することができます。ポリプロピレンフォームのエンドユーザーアプリケーションに基づいて、市場は自動車、包装、消費者製品などの4つの大きなカテゴリーでさらにセグメント化することができます。ポリプロピレン市場の自動車アプリケーションセグメントは、2013年に最大のシェアを占めており、ここ数年で急成長しています。 世界のポリプロピレンフォーム市場の主要な要因のいくつかは、環境の持続可能性、厳格な政府規制、ポリプロピレンフォームとしてのポリプロピレンフォームのリサイクル可能な特性に関連するコストの利点を完全にリサイクルすることができる、増大する懸念が含まれます。さらに、品質、軽量性、優れたエネルギー吸収性、耐久性などの物性向上は、自動車や食品・飲料包装などの成長するエンドユーザー産業におけるポリプロピレンフォーム市場の需要を推進しています。 アジア太平洋地域は、ポリプロピレンフォーム市場の最大の生産および消費者です。その後、ヨーロッパと北米が続きます。ポリプロピレン発泡市場は、アジア太平洋地域で2桁成長しています。ここ数年、中国は自動車製造の世界的なハブとなった。 レポートのコンテンツ テーブル (TOC)@ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3250の要求https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3250 また、インドやインドネシアなどアジア太平洋地域の他の発展途上国における自動車市場の拡大は、予想期間中も高い成長率を維持すると予想されます。ドイツとイタリアは、この地域の自動車メーカーの高濃度のためにヨーロッパでポリプロピレンフォームの最大の市場です。米国は北米でポリプロピレン市場の最大の市場を占めています。 ポリプロピレンフォーム市場で事業を展開する大手企業には、 BASF S.E., Ds スミス Plc, ボレアリス・アグ, Jsp株式会社 カネカ株式会社 三井化学 プレギス株式会社 ソノコプロダクツ株式会社 シンブラ,積水アルベオ, 古河電工 K.K.ナグ株式会社 SswパールフォームGmbh, ゾーテフォームス株式会社 800-961-0353 [もっと...]


2020年までの成長傾向と開発戦略をカバーする微生物同定市場予測

Jun 10, 2020 7:17 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 微生物同定は、細菌、病原体、ウイルスなどの微生物を正確かつ確実に検出する科学的方法です。微生物同定法は、病気診断、感染症治療、微生物感染に関連する疾患の疫病の同定などのヒースケアや治療に広く採用されています。細菌同定の他のアプリケーションのいくつかは、微生物法医学、食品安全、飲料水の安全性、犯罪検出と調査、バイオテロリズム識別および土壌汚染や大気汚染などの他の様々な環境研究が含まれます。 製品フットプリントの向上に関する詳細なインサイトについては、こちら@ @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3223 微生物の同定は、政府や民間の研究所、食品製造、水処理プラント、飲料製造および他の研究所によって広く使用されています。 微生物同定は、すなわち2つの技法すなわち、フェノールツ法とジェ能的法によって行われる。微生物同定の様々な用途に基づいて、世界の微生物同定市場は、4つの広範なセグメント、すなわち診断アプリケーション(ヒト疾患診断および動物病診断)、食品および飲料試験、医薬品用途、および環境応用に大きく分類することができる。 製品カテゴリに基づいて、世界の微生物識別市場は、消耗品(キット、プレート、チャネルなど)、機器およびソフトウェア(精密顕微鏡や分光計、マイクロアレイ、デジタル微生物識別機器など)、サービス(微生物検出など)に大きく分類することができます。消耗品セグメントは、従来の微生物同定方法のユーザーフレンドリーな作業プリンシパルに主に起因し、2013年に最高の市場シェアを把握しました。 有害な微生物と厳しい食品安全規制による病気の増加を組み合わせた微生物識別装置の正確な精度と速度の継続的な技術的進歩は、世界の微生物識別市場の支配的なドライバーの一部です。さらに、政策立案者のイニシアチブや医療費の増加は、今後数年間で世界の微生物識別市場を押し上げると予想されます。 重要な地域の広範なリストを受け取るために、ここでTOCを求める@ @ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3223 世界の多くの地域で厳格で複雑な規制の枠組みが生じ、微生物識別機器の高価格と相まって、世界の微生物同定市場の全体的な成長に挑戦しています。 北米は、世界の微生物同定市場の最大の市場であり、ヨーロッパとアジア太平洋地域、そして世界の他の地域(RoW)が続きます。アジア太平洋地域は、健康と食品の安全に対する消費者の関心の高まりに起因し、過去数年間で最も高い成長を示しています。さらに、食料と水の汚染に関する政府のイニシアチブは、長年にわたって市場を助けてきました。 世界の微生物識別市場で事業を展開する大手企業の一部には、 ベクトン ディキンソンとカンパニー バイオメリユーSA ブルカー株式会社 シーメンスヘルスケア サーモフィッシャーシンティフィック 株式会社バイオロジカル チャールズ・リバー研究所株式 会社。 株式会社ミディ キシアゲンN.V. 島津株式会社 詳細な競争分析については、ここで@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3223購入してください800-961-0353 [もっと...]


リネンファブリック市場予測:トップリサーチファームの2020年までの予測

Jun 10, 2020 7:11 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 レポートSample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3218の要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3218 リネン生地は亜麻植物(リナムウシタチシム)の繊維から作られています。リネンフィバーで構成されたテキスタイルは自然な吸収性であり、暑い天候での優れた涼しさと新鮮さで知られています。リネンフィバーで構成される主要な製品の一部は、エプロン、タオル(水泳、ビーチ、バス、タオル、ボディ)、バッグ、ナプキン、テーブルクロス、ベッドリネン、ランナー、椅子カバー、メンズ&ウィメンズウェアなどがあります。 リネン生地は、高音の自然な輝き、鮮明で質感があります。その自然な色は、象牙、コーヒー、またはグレーの色合いの間の範囲です。白色のリネンは、フィバーの重い漂白によっても作成することができます。滑らかで軽量のリネン生地は、一般的に男性と女性の着用に使用されます。一方、粗い、太いリネンは、主にタオル、バッグ、テーブルの布に使用されます。 アジア太平洋や中東など、高温多湿の気候地域でリネン生地が人気です。滑らかさ、涼しさ、糸くずのない、より長い期間にわたって柔らかいなどのリネン生地に関連する様々な利点は、世界的なリネン生地市場を牽引しています。さらに、ブラジル、インド、中国などの発展途上国におけるスタイルステートメントやファッショナブルなアクセサリーとしてのリネン生地の使用は、世界的なリネンファブリック市場を押し上げている。 レポートSample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3218の要求https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3218 リネンは弾力性が悪く、容易に戻りません。さらに、衣類やアクセサリーの特定のクラスで使用するシワを簡単に取得し、したがって、リネン生地の広い受け入れにおける主要な拘束として機能します。また、リネンは高価な生地であるため、綿織物などの代替品による脅威は高いです。 ヨーロッパは世界最大のリネン生地の生産者であり消費者です。その後、アジア太平洋と北米が続きます。イタリアとベルギーは、ヨーロッパでリネン生地の主要な生産者です。中国とオーストラリアはアジア太平洋地域でリネン生地の最大の市場であるのに対し、米国は北米で高品質のリネン生地の最大の市場を占めています。 アジア太平洋地域のリネン生地市場は2桁成長しており、インドや中国などの発展途上国の消費者の購買力の上昇により、予測期間中はさらに高いペースで成長すると予想されています。欧州および北米市場は、予想期間中に緩やかなペースで成長すると予想されています。 リネンファブリック市場で事業を展開する主要企業には、マークス&スペンサー、マックスマラ、ヒューゴボス、中国リネン繊維工業株式会社(CTXIF)、バナナ共和国、ピーコック路地、ラルフローレン、H&Mなどがあります。 独占アナリストサポート@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3218のためのプレブックhttps://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3218https://www.persistencemarketresearch.com/market-research/linen-fabric-market.asp [もっと...]


ウール市場:サイズ別 |成長 |分析 |2029年末までの動向と予測

Jun 10, 2020 7:02 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 サンプルレポートへのリクエスト @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/29272 2014-2018年の世界のウール市場に関するパーシスタンス市場調査(PMR)が発表した新しいウール市場調査レポートと2019-2029年の予測は、ダイナミクス、トレンド、量、価値に関する重要な洞察を提供します。調査によると、2018年の世界のウール市場の価値は約33.8億米ドルでした。 市場が成長する可能性が高いCAGRは〜3%です。世界のウール市場におけるこの大きな成長は、世界のウール市場の成長に寄与しているいくつかの要因に起因する可能性があります。ウール市場を牽引する重要な要因の1つは、様々な地域で消費者の可処分所得の増加であり、アパレルやインテリアテキスタイルに対する消費者の支出能力を大幅に押し上げている。 需要が減少する中、東アジア諸国は明るい機会を提供する 中国は繊維産業の成長という点で顕著な地域の一つである。中国の繊維製品の輸出と同様に、全体の生産の成長は、ここ数年で重要なされています。したがって、世界のウール市場のボリュームの顕著なシェアは、中国に位置する繊維生産者から消費されています。ウールの消費量は、アパレル、インテリアテキスタイル、フローリングの生産を含むウールのすべての最終的な用途に匹敵します。さらに、経済的な繊維生産、原材料の入手可能性、中国の製造業の大幅な成長など、他の好条件も繊維産業からのウールの消費を押し上げると予想されます。このように、中国からの大きな貢献を得た東アジアは、世界のウール市場の成長に魅力的な機会を提供することが期待されています。 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/29272を購入800-961-0353 [もっと...]


ポリスルフィドシーラント市場:競合、タイプ、製品、地域、アプリケーション別 2019-2029

Jun 10, 2020 6:59 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 持続性市場調査(PMR)は、最近のレポートで、世界のポリスルフィドシーラント市場に関する決定的な情報を提供し、非常に構造化された市場調査を通じて完全な情報を提供しています。このレポートは、ポリスルフィドシーラント市場を評価し、フォーム、アプリケーション、地域に基づいて将来の市場シナリオを予測します。報告書に含まれる情報によると、2成分のポリスルフィドシーラントは、市場価値と市場量の面で市場の主な割合を占めていることに注意してください。世界のポリスルフィドシーラント市場における消費の70%以上の割合を占める2成分ポリスルフィドシーラントは、さまざまな用途で目立ち続けています。 サンプルレポート @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/29248へのリクエスト   アプリケーションは賢明ですが、ポリスルフィドシーラントの消費は、土木工学および商業用途で同等の割合を占めると予想されます。予測期間中、これらのアプリケーションは、市場比率のほぼ3/4を消費すると同時に、より速い成長を登録することが予想されます。 地域面では、東アジアのポリスルフィドシーラント市場は、予測期間中に同様の傾向が続くトップ消費市場であることが観察されています。この地域に続いて北米とヨーロッパの成熟市場が続き、予測期間中に200Mn近い価値のある$ 営業案件をまとめて生成します。中国やインドなどの国々は、これらの国々での急速な建設活動のために、ポリスルフィドシーラントアプリケーションの新興市場として識別されています。市場構造が断片化すると、シーラント市場全体が市場統合の軌道に沿っており、今後数年間のポリスルフィドシーラント市場でも同じ傾向が予想されます。世界のポリスルフィドシーラント市場は、2018年末までに10億米ドル以上の価値があり、大幅な成長率で拡大しました。市場は、予測期間を通じて大きな機会を創出することが期待されています。 土木セグメントにおけるポリスルフィドシーラントの需要の増加は、予測期間中の市場成長を後押しする ポリスルフィドシーラント、特に、2つのコンポーネントシステムは、橋、道路、トンネルからなる土木部門で幅広い用途を見つけます。道路を設定するための限られた土地の可用性は、架橋や水中および/または陸上トンネルの建設に寄与する主要な要因の一つです。商業セグメントは、土木セグメントと比較してポリスルフィドシーラントの同等量を消費すると、空港滑走路の建設、そのメンテナンス、駐車場施設の建設、および他の産業用途は、セグメントが予測期間中に急速に成長しているセグメントとして出現するのを助けるために期待されています。建物の構造におけるポリスルフィドシーラントの適用は、主にカーテンウォーリングとして知られている高層ビル構造と低層建築構造物の外側に断熱ガラスを設置することによって駆動されています。また、床と壁のセグメントは、土木事業セグメントの市場全体の成長に大きく貢献することが期待されています。 東アジア市場は、中国などの国々で大規模な建設活動を行っているため、ポリスルフィドシーラントの市場の一つであると見られます。の出現世界的なポリスルフィドシーラント市場のフロントランナーとしての中国は、ポリスルフィドシーラント市場で急速に成長している国の一つになります。東アジアに続き、北米、欧州は世界市場で大きな割合を占めています。世界のポリスルフィドシーラント市場で著しい成長が見られる中、予測期間を通じて500Mnを超える増分$の機会を登録することが期待されています。 Methodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/29248の https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/29248リクエスト 会社プロファイル: BASF SE 3M アクゾ・ノーベルN.V. シカ AG ヘンケル AG アンド カンパニー KGaA H.B. フラー(ロイヤル接着剤とシーラント) フォスロック マパイ... [もっと...]


シリコーンシーラント市場: 主要企業の完全な分析、成長率、機会、課題

Jun 10, 2020 6:55 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 サンプルレポート@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/11707へのリクエスト パーシスタンス・マーケット・リサーチは、2014年から2018年の歴史的期間と2019年から2029年の予測期間におけるシリコーンシーラント市場に関する調査を実施し、世界のシリコーンシーラント市場に主要なインプットを提供しています。シリコーンシーラント市場は、建設業界への投資の増加、溶接および機械的締結方法の接着性の置き換えにより、予測期間中に大きな需要を登録することが予想されます。シリコーンシーラントによる有機シーラントの置換、電気部品の小型化、建設におけるエネルギー効率の良いガラスの使用傾向の上昇は、推定期間におけるシリコーンシーラント市場の成長に寄与すると予想される要因の一部です。世界のシリコーンシーラント市場は、予測期間中に約4%のCAGRを登録する見込みです。 世界のシリコーンシーラント市場:ダイナミクス 世界のシリコーンシーラント市場は、今後数年間の建設、自動車、エレクトロニクス産業が主に牽引すると予想されています。建設業界では、シリコーンシーラントの大量販売が見込まれています。シリコーンシーラントは、世界の建設化学品市場全体のほぼ8%を占めています。建設業界への投資の流入が増加する中、市場は今後数年間でシリコーンシーラントの需要が健全に増加すると予測されています。自動車産業では、シリコーンシーラントの需要も高まっています。溶接や機械的な締結方法の代わりにシリコーンシーラントを使用することは、自動車やその他の業界での需要を牽引する重要な要因の1つになると予想されます。2017年の世界販売台数は約1億4千万台を占めており、今後は着実な成長が予想されています。これは、予測年の間にシリコーンシーラント市場に重要な成長機会を提供します。 Methodology@ https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/11707の要求 世界のシリコーンシーラント市場:セグメンテーションの概要 アプリケーションに基づくセグメンテーション:用途に基づいて、シリコーンシーラント市場は、建物&建設、半導体&エレクトロニクス、自動車、ガラス、木製家具、およびHVACにセグメント化されています。建築・建設部門は、量と価値の市場シェアの面で世界のシリコーンシーラント市場で顕著な地位を占める見込み。自動車部門は、従来の溶接と機械的締結をシリコーンシーラントに置き換えるため、この業界からの需要が高まっているため、堅調な成長率を記録することが期待されています。 製品タイプに基づくセグメンテーション:一般グレードのセグメントは、予測期間中に製品タイプの面でシリコーンシーラント市場をリードすると予測されています。一般グレードのシリコーンシーラントの一般的なグレードおよび硬化期間の成長用途は、このセグメントの成長に寄与する主な要因であると考えられている。 会社プロファイル 3M会社 BASF SE ヘンケル AG アンド カンパニー KGaA 株式会社RPMインターナショナル ボスティク TKK D. O. O H.B.フラー PPGインディウストリー ピディライト GCP応用技術... [もっと...]


ウール糸市場の新レポート20192029で見直しのビジネスチャンス

Jun 10, 2020 6:49 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 パーシスタンス・マーケット・リサーチは、世界のウール糸市場に不可欠な洞察を提供し、構造化された市場調査を通じて広範な情報を提供します。2014年から2018年の歴史的期間と2019年から2029年の評価期間のウール糸市場に関するレポートは、市場を分析し、糸の種類、ウールタイプ、アプリケーション、地域に基づいて今後の市場シナリオを予測しています。世界のウール糸市場は、2018年末に価値の面で33,500Mn以上でペギングされ、2029年末までに50,500Mn近くに達すると予想され、4%以上のCAGRを登録しています。 レポートの要求Sample@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/29236   ライフスタイルの変化によるアパレルおよび布張り生地の消費増加、市場成長の促進 可処分所得の増加と衣料品やその他の繊維製品に対する一人当たりの消費者支出の増加は、ファッショントレンドに対する若者の傾向の高まりと相まって、エンドユース産業におけるウール糸の消費をエスカレートさせている。ウール糸はカーテン、カーペットなどの製造に使用され、消費者の間で家具製造の好みが高まり、ウール糸市場にも有利な影響を与えています。 繊維市場は大きな成長を遂げている。このため、繊維メーカーはウール糸などの原材料を要求しています。このように、成長する繊維産業は、世界のウール糸市場の影響要因として機能しています。エンドユース産業、特にヨーロッパやアジア太平洋地域などの地域におけるウールの消費量の増加は、布の生産を押し上げる予定であり、市場におけるウール糸の需要が増加すると予想されています。モールなどの小売販売インフラの成長は、ウール糸市場にプラスの影響を与えている一方で、衣料品部門におけるオンライン小売業の普及が間接的に市場の成長を促進しています。 オーストラリアやニュージーランドなどの国で生毛ウールが容易に入手でき、これらの地域でウール糸の生産が促進されています。これらの国々では、メリオンウール、シェトランドウール、ティーズウォーターウールなど様々な種類のウール糸を大量に生産しており、ウール糸市場のボリュームが大幅に増加しています。アジア太平洋地域の他の国々では、政府の取り組みがウール糸の生産を促進しています。例えば、インド政府は、食肉生産ではなく、羊毛の生産に焦点を当てるように生産者を説得することに取り組んでいます。このような国での生産は、安価な労働力の可用性によってさらに支えています。したがって、インドで生産されたウール糸のかなりの量は、国際市場に輸出されています。 レポートMethodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/29236の依頼 原料価格の変動と、ウール糸市場を抑制するブレンド糸の消費量の増加 生毛ウール価格の変動は、主に悪天候によるもので、羊が大規模に飼育する羊に直接影響を与え、ウール糸市場に悪影響を及ぼします。綿、ポリエステル、その他のブレンド糸などの代替品の消費量の増加は、市場におけるウール糸の需要を妨げている。 会社プロファイル ウールマーク会社 インドラマ・ベンチャーズ・パブリック・カンパニー・リミテッド オルトヴォックス HTX- 上海華西ウーレン株式会社 ニュージーランドのウールヤーンズ アメリカン・ウーレン・カンパニー サドヴォッレグループ ジョン・マーシャル・アンド・カンパニー (ジョマ) 山東恒泰織株式会社 河南ファーストテキスタイル&アパレル(グループ) 上海チャームキーテキスタイル株式会社 ファーニースピニングミルズリミテッド ロージー・ウーレン・ミルズ株式会社 シャルマン ウーレン... [もっと...]


マイクロ化Ptfe市場分析;主要企業、アプリケーション、成長動向、シェア&セグメント予測:2019年と2029年

Jun 10, 2020 6:45 PM ET

化学業界は、COVID-19パンデミックの中で労働安全を確保するとともに、事業運営を継続することに焦点を当てています。様々な製品の需要減少による損失を回復するために、消毒剤や個人用保護具などの製品需要の増加を活用しています。化学業界の多くの主要なプレーヤーは、安全製品の生産に入るために彼らのビジネスを拡大しています。企業は、労働力への依存を減らすために、生産の高度な技術に頼っています。 レポートの要求Sample@ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/4855 サプライチェーンとロジスティクスを統合して製品の効果的な納品を実現するために、高度なデジタル機能を採用するようになっています。業界の責任者は、サプライチェーンのリアルタイムの状況を求めて、特に地域の観点から潜在的な弱点を特定し、それを強化しています。財務開示は、COVID-19パンデミックの中で起きたリスクに対処するために、通常の財務諸表を超えて延長されています。 パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)は、世界のマイクロニオイポリテトラフルオロエチレン市場を研究する2014-2018年の歴史的期間と2019年から2029年の予測期間における、マイクロ化されたPTFE市場に関する新しい市場調査を発表し、今後10年間の深い分析を提供します。世界のマイクロナイズドPTFE市場に関する報告書は、マイクロ化されたPTFE市場の成長を促進すると予測される主要なマクロ経済および予測要因を見積もっています。マイクロナイズ化ポリテトラフルオロエチレン市場に関するレポートでは、世界市場に影響を与えている抑制と、バリューチェーン全体のマイクロ化されたPTFE市場の潜在的な機会と最新の動向についても議論しています。 世界のマイクロナイズドPTFE市場は2014年に300Mn以上と評価され、この値は2019年末に450Mnを超える見込みです。マイクロ化されたPTFE市場は、2019年から2029年の間に約7%のCAGRで成長すると予想されており、2029年末までに世界価値は800Mnを超える見込みです。 マイクロ化PTFE市場:セグメント分析 ソース別に、世界のマイクロナイズドPTFE市場はバージンとしてセグメント化され、リサイクルされています。これらのセグメントの中で、バージンセグメントは、エンドユース産業からのそのような供給源に対する需要の高まりにより、世界市場でかなりの価値シェアで成長すると予測されています。さらに、バージンマイクロ化ポリテトラフルオロエチレンは、その極端な耐薬品性、熱安定性、電気絶縁、および低摩擦係数のためのエレクトロニクスで顕著に使用されています。リサイクルされたマイクロナイズドPTFEは、コーティング用途に使用されます。 適用によって、世界のマイクロナイズされたPTFE市場は、インク、塗料、コーティング、潤滑剤&グリース、熱可塑性、エラストマーに分類されます。インクおよびコーティングセグメントは、包装業界での応用が増加したため、世界のマイクロナイズドPTFE市場でかなりの成長率で成長を続けると予想されています。また、機械や産業機器の工業用塗料の使用が増加したため、コーティングセグメントは、マイクロ化されたPTFE市場にとって大きなチャンスになると予想されています。エンドユース産業では、世界のマイクロ化ポリテトラフルオロエチレン市場は、自動車、繊維、食品、医薬品、医薬品、エレクトロニクスなどに分類されています。これらのセグメントの中で、自動車および医薬品および医薬品セグメントは、予測期間中に世界のマイクロ化PTFE市場で注目すべき速度で成長すると推定されています。自動車分野では、OEMおよびアフターマーケット分野での自動車車両の塗装にマイクロナイズPTFEが使用されています。予測期間中の自動車需要の増加は、マイクロナイズドPTFE市場を牽引すると予想されます。 マイクロナイズされたPTFE機器に関する医薬品・薬分野の技術進歩は、長年にわたって増加すると予想されます。熱可塑性ギヤ用のマイクロナイズ化PTFE粉末の使用は、MIMを通じて容易な再現性と迅速な製造のために安定した速度で増加することが期待されています。そのため、これらの産業の成長は、世界的に、予測期間中にマイクロナイズ化されたPTFEの販売を加速することが期待されています。 世界的なマイクロナイズ化されたPTFEポリテトラフルオロエチレン研究は、北米、ラテンアメリカ、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、中東、中東の6つの地域に分かれています。アフリカ。 マイクロ化されたPTFE市場は、自動車、繊維、食品、医薬品、エレクトロニクスなどの各地域の産業のパフォーマンスに直接的および間接的に依存しています。 PMRの深い調査によると、北米、アジア太平洋、西ヨーロッパの市場はフロントランナーになると予測されており、世界のマイクロナイズドPTFE市場では大幅な成長率が見込まれています。これらの地域は、世界のマイクロナイズ化されたPTFE市場における健全な株式を占めることも期待されています。 レポートMethodology@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/4855の要求 会社プロファイル 3M シャムロック・テクノロジーズ株式会社 ソルベー 株式会社マイクロパウダー グジャラートフルオロケミカル株式会社 マロン S.p.a. ザ・ケマーズ・カンパニー ダイキン工業株式会社 上海3F新素材株式会社 江西エイドマーシール&パッキング株式会社 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/4855を購入800-961-0353 [もっと...]


ローリングミル市場セグメント、機会、成長、予測:エンドユース産業別 2019 2029

Jun 10, 2020 4:25 PM ET

ローリングミル 市場: はじめに 圧延ミルは、金属をシートやバー、または異なる形状に転がすために使用される機械です。転がり金属は、生地を転がすプロセスに似ています。圧延機では、金属は1組以上のロールを通過し、金属の厚さを必要な形に変更します。金属ロールの温度に応じて、ローリングは、ホットローリングとコールドローリングの2種類のことができます。金属の温度が再結晶を上回る場合、プロセスは熱転がりであり、低温転がりは温度が再結晶を下回る時である。 圧延機は、幅を小さくすることで金属の硬度を高めるために使用されます。一般的に、鋼材産業では、角度ストック、棒ストック、レール、チャネルストック、Iビームなどの製品を製造するために、製鉄所が使用されます。金属をジュエリーに変える前に金属の厚さを減らすには、小さなローリングミルが宝石商によって使用されます。また、金属にパターンを課すために使用することができます。ローリングミルは、まっすぐな金属シートを曲げたフォーマットに曲げながら、家具の作成にも使用されます。ローリングミルは生産の速度を上げるので、長期的にはコスト効率が良いです。 ローリングミルの歴史は何世紀も前にさかのぼります。後の段階では、溝付きロールを転が鉄棒に使用した。今、ローリングミルは、金属製品に最終的な形状と仕上げ操作を与えるために使用されています。鋼板などの製品はホットローリングのみを必要としますが、自動車や白物家電に使用される鋼はホットローリングとコールドローリングの両方を必要とします。 リクエストサンプルレポート @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/30431 ローリングミル 市場: ダイナミクス 建設業界は、ローリングミル市場の成長に依存する自動車および輸送業界の盛り上がりと相まって、驚異的な成長率を持っています。鉄鋼業界は主にローリングミル市場を牽引しています。新興国とのインフラ開発の増加は、ローリングミル市場を押し上げている。ジュエリー製造に使用される金属の面付けのための小型の圧延工場の可用性は、市場のためのもう一つのドライバーです。 熱い圧延プロセスは、金属製品の変形を引き起こし、強度指数を低下させる可能性のある不均一な冷却によって引き起こされる残留応力などの一定の欠点を有する。もう一つの懸念事項は、構造用鋼/金属は耐火性が低く、高い製造コストとともに腐食を受けやすいため、これらの要因はすべて圧延機市場に影響を与える可能性があります。 ローリングミル市場の成長は、寸法許容度の向上、熱いローリングプロセスにおける冷却装置、より良い形成性、高強度鋼、高表面品質、それに対応する軽量化などの開発を推進しています。 ローリングミル 市場:セグメンテーション 世界のローリングミル市場は、タイプ、プロセス、アプリケーション、およびエンドユースに基づいてセグメント化することができます。 機械タイプ別に、ローリングミル市場は次のようにセグメント化できます。 2つの高い転がり場 3つの高い転車場 4つの高い転車場 タンデム圧延機 クラスターローリングミル 惑星製転車 プロセスによって、ローリングミル市場は次のようにセグメント化することができます。 制御されたローリング 鍛圧ローリング プロファイルローリング リングローリング... [もっと...]


包括的なインサイトのためのコールドソー市場インテリジェンス研究 2019 2029

Jun 10, 2020 4:21 PM ET

コールドソー 市場: はじめに 冷たいのこぎりまたは円形の鋸は、切断される金属から生産されたチップに熱を移す歯付き刃の助けを借りて金属を切断するために使用される。コールドソーは比較的低いRPMで実行されていますが、金属をより速くカットし、冷却剤の助けを借りて金属を冷たい状態に残します。コールドソーは、幅広いブレード歯のオプションとRPMの範囲を提供し、鉄と非鉄の両方の材料を切断することができます。 使用される高速歯の刃は再研ぎの利点がある。適切に研ぎ澄まされた場合、直径が縮小しすぎて使用できない前に、ブレードを30〜40回再利用することができます。コールドソーは、金属が冷却し、金属が切断された後にバリを取り除くために金属を待つ必要が不要な正確でクリーンなカットを提供します。高速鋼、炭素鋼、炭化タングステン鋼は、使用されるコールドソーブレードの3種類です。 最初の炭化物円形鋸刃は比較的厚く、技術の向上により厚さが減少し、コストを下げた。これらのブレードは、一般的に鉄合金を切断するために使用され、仕上げが重要な場合は、高速炭化切り鋸は高価ですが、劇的に時間を削減するために使用されます。 コールドソー切断技術は精度を提供し、それ以上の機械的操作は必要ありません。 リクエストサンプルレポート @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/30429 コールドソー 市場: ダイナミクス コールドソー機の技術進歩は、冷たいこぎりで人気を集めている。高い生産が必要な場合には冷間こみ切断が好ましい。摩擦ソーイング、バンドソーイング、ホットソーイング、ハックソーイングなどの他のソーイング方法の中で。冷たい鋸は最もコスト効率が良いです。ブレードの再利用性は、技術に多くの利点を追加します。コールドソーは、主に世界規模で成長している金属加工産業に使用されています。 冷間鋸刃は脆く硬さによる衝撃を受け、振動の任意の量は鋸歯を損傷する可能性があります。冷たいこぎりはまた、生産損失につながる材料の損失であるカーフ損失を示す。コールドソー産業の使用に関与する特定の危険は、金属チップの飛行による目の怪我、冷却剤によって引き起こされる皮膚刺激および切り傷をもたらす極端な高速である。これらの要因は、世界のコールドソー市場への挑戦です。 材料の広いスペクトルにわたって高速切断と高い耐性、改善された生産性は、コールドソー市場における最近の技術の進歩です。半自動および自動の冷たいこぎりはより大きいより硬い金属をRPMの範囲で切るために使用される。 コールドソー 市場:セグメンテーション 世界のコールドソー市場は、ブレードタイプ、オペレーション、エンドユース業界に基づいてセグメント化することができます。 ブレードタイプによって、コールドソー市場は次のようにセグメント化することができます。 高速鋼(HSS) 炭素鋼 タングステンカーバイドスチール 操作によって冷たい鋸市場は次のようにセグメント化することができます: 手動コールドソー 半自動コールドソー 自動コールドソー エンドユース業界のコールドソー市場は、次のようにセグメント化できます。 独立したワークショップ 自動車用製作者 補助メーカー... [もっと...]


超音波発電機市場の収益成長は2019年までに予測

Jun 10, 2020 4:17 PM ET

世界の超音波発生器市場:はじめに 超音波発生器は、超音波洗浄システムの中心要素であり、システムの超音波トランスデューサに電気エネルギーを提供するソースとして機能します。通常、超音波発生器は、電気エネルギーを50または60Hzの交流電流から超音波周波数で電気エネルギーに変換します。これは、様々な超音波発電機メーカーによっていくつかの方法で達成されています。超音波洗浄装置の有効性を高める可能性のある超音波発生器技術の最近の技術革新がありました。 さらに、金属・プラスチック部品、宝飾品、パイプ、レンズ等の用途での油の除去に一般的な洗浄には、低周波超音波発生器が利用されています。一方、電子半導体、HDD/セラミックなどの用途は、高周波超音波発生器が好ましい。  その後、世界の超音波発生器市場における最新の動向、ダイナミクス、および潜在的な戦略を分析することを目的としています。 世界の超音波発生器市場:ダイナミクス ほとんどの場合、洗浄は汚染物質(例えば可溶性土壌)を溶解し、変位(例えば非可溶性土壌)、または変位および溶解の両方(例えば、グリースまたは油などの可溶性結合剤によって保持されている不溶性粒子)を必要とする。超音波発生器を利用することにより、超音波エネルギーの機械的効果は、粒子を変位し、溶解を高速化の両方に使用することができます。医療用電子機器、自動車、携帯電話、タブレットなどのエレクトロニクスエンドユーザーへの投資は、近い将来に向けて有望です。その後、超音波発生器市場のための重要な機会を作成するために、製造活動や施設の拡大の増加。さらに、ジュエリーに対する消費者の需要は、ジュエリーの製造ニーズを推進し、洗浄目的のための超音波発電機を推進し、世界レベルでこれまで以上に勇敢に表示されます。 リクエストサンプルレポート @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/30427 世界の超音波発電機市場:セグメント 世界の超音波発電機市場は、電力範囲、周波数、洗浄アプリケーション、エンドユース産業、および地域に基づいてセグメント化することができます。 電力レンジに基づいて、世界の超音波発電機市場は次のようにセグメント化することができます。 300 Wまで 300 – 800 W 800 W - 1200 1200 W - 1800 W 1800 W -... [もっと...]


インフラ検査ロボット市場レポート、2019年までに現在の動向と大手のフォーチュン企業に焦点を当てた

Jun 10, 2020 4:13 PM ET

世界のインフラ検査ロボット市場:はじめに Roboticsシステムは、インフラストラクチャの運用ライフサイクルと生産性の向上、オペレータのリスクとコストの削減、データ収集の品質の向上、環境への影響の最小化を通じて、回復力のあるインフラストラクチャに適合するように設計されたモバイルサービスロボットです。さらに、インフラ検査ロボットは、一般的に、価値の高い重要なインフラの検査に使用される。インフラ検査ロボットは完全に自律的で、自分自身をナビゲートしたり、確立されたパスに取り組むために半自律的に動作することができます。インフラストラクチャの検査は、インフラ検査ロボットが長時間停止することなく運用できるため、より正確です。また、インフラ検査ロボットは、特に危険で危険な環境において、手動プロセスよりも包括的な検査を行います。 さらに、インフラ検査ロボットは、特に複雑なシナリオにおいて、手動検査に対して多くの見返りを提供します。大規模なインフラの点検の必要性が高まる中、インフラ検査ロボットの需要も高まる。インフラ検査ロボットは、重要なインフラストラクチャの完全性を保護する上で価値があることが既に証明されています。その後、世界のインフラ検査ロボット市場における最新の動向、ダイナミクス、潜在的戦略を分析することを目的としています。 リクエストサンプルレポート @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/30425 世界のインフラ検査ロボット市場:ダイナミクス インフラ検査ロボットの成長を促進する主な要因は、石油・ガスおよび石油化学産業における大規模で価値の高いインフラ構造の検査の必要性です。インフラ検査ロボットの能力の向上や投資収益率(ROI)を迅速に蓄積する企業の能力も、インフラ検査ロボットの成長に起因しています。市民インフラは、高齢化、環境要因、自然/人的要因による損害、積載量の増加、不十分または貧弱なメンテナンスのために徐々に悪化しています。市民インフラのサービスの設計寿命を延長または達成できるように、定期的な検査とメンテナンスの適切な操作が必要です。その後、インフラ検査における手作業の補インフラ検査ロボットの開発には大きなチャンスがあります。 さらに、インフラ検査ロボットに自律性を組み込むには、パイロット用のロボットに対して幅広い利点があります。インフラ検査ロボットの基盤となる技術的課題には、知覚&パッチ、修理&止まり木、プランジ&プロテクト、火災と忘れ、解体、廃棄、建設、確認などがあります。 世界のインフラ検査ロボット市場:セグメント 世界のインフラ検査ロボット市場は、製品の種類、操作、エンドユース、アプリケーション、地域に基づいてセグメント化できます。 製品タイプに基づいて、世界のインフラ検査ロボット市場は次のようにセグメント化できます。 ドローン、または無人航空機(UAV) クローラー 潜水 艇 運用に基づき、世界のインフラ検査ロボット市場は次のようにセグメント化できます。 自律 半自律型 エンドユースに基づいて、世界のインフラ検査ロボット市場は次のようにセグメント化できます。 建築・建設 石油・ガス 発電 化学 石油 化学 市立 汎用 アプリケーションに基づいて、世界のインフラ検査ロボット市場は次のようにセグメント化できます。 パイプ... [もっと...]


ロボットアームツール市場規制と競争環境見通し 2019 2029年までの展望

Jun 10, 2020 4:08 PM ET

ロボットアームツール市場の終わり:はじめに ロボットアームツールの端は、ロボット周辺機器の最も重要なコンポーネントの1つです。アームツールのロボットエンドは、ロボットアームの端に取り付けられたツールのセットです。ロボットのアームツールの端は、エンドエフェクタとしても知られています。アームツールの端は、さまざまなセンサーとコントローラの助けを借りて、複数のアプリケーション固有のタスクを達成するために環境と対話するロボットの手首として機能します。 ロボットアームの終わりツール(EOA)には、ロボットグリッパー、工具チェンジャー、材料除去ツール、溶接トーチが含まれます。溶接、パッケージング、仕上げ、流通などのさまざまな用途に対して、さまざまな業界の業界でのアームツールのロボットエンドの普及が進み、市場の成長が見込める世界中の採用率がさらに向上します。 アームツール市場ダイナミクスのロボットエンド アームツール市場のロボットエンドは、共同ロボットを含む産業用ロボットの新しい販売と設置ベースと経験的な関係を持っています。ロボット用アームツールの製造メーカーは、さまざまな産業用途におけるロボット工学の需要の高まりに応える新製品の開発に積極的に取り組んでいます。特に、溶接、材料取り扱い、組立、機械の傾向、品質試験など、いくつかのエンドユース産業業務において、協働ロボットの需要は高い成長率とともに増加しています。この要因は、予測期間中のアームツール市場のロボットエンドの成長を促進すると予想されます。 リクエストサンプルレポート @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/30423 静電グリッパー、自動工具チェンジャー、家具仕上げ工具、衝突センサー、その他のコンプライアンスデバイスなどのアームツールランドスケープのロボットエンドの新しい開発は、自動車および非自動車アプリケーションへの展開に成功した現在、脚光を浴びています。さらに、市場におけるプレーヤーの統合は、近い将来にアームツールのロボットエンドの採用率を高めることができるコスト効率の高い製品を開発することが期待されています。これらの要因は、評価期間中にアームツール市場のロボットエンドの成長を加速することが期待されています。 アームツール市場のロボットエンド:セグメンテーション ロボットアームツール市場の端は、製品の種類、エンドユース業界とアプリケーションに基づいてセグメント化することができます 製品タイプに基づいて、ロボットアームツール市場は次のようにセグメント化できます。 グリッパー 溶接トーチ 材料除去トーチ ツールチェンジャ エンドユース産業に基づいて、アームツールのロボットエンドの市場は次のようにセグメント化できます。 自動車・輸送 エレクトロニクス・半導体 食品・飲料 化学薬品・医薬品 物流 医療 他 アプリケーションに基づいて、アームツール市場のロボットエンドは次のようにセグメント化することができます。 組み立てライン マテリアルハンドリング 溶接工程 包装ライン 塗装ライン... [もっと...]


太陽光発電パネル市場は2019年までに活発な拡大を見る見通し

Jun 10, 2020 4:02 PM ET

太陽光発電パネル:市場展望 太陽光発電パネルは、光子や太陽光を取り込んで電気に変換できるシリコンパネルです。太陽光発電パネルは、光子を電圧(光を電気に)変換する1954年に発見されたPVエフェクトと呼ばれるプロセスからその名前を取得します。太陽電池パネルも太陽電池や太陽電池パネルという名前で行きます。太陽光発電パネルは、シリコンで構成された太陽光発電セルで構成されています。第2世代の太陽電池パネルは、テルル化カドミウムや非晶質シリコンのような非シリコン材料の薄層から作られた薄膜太陽電池と呼ばれています。 これらは、太陽光発電パネルの第一世代に比べて柔軟性が高く、ファサード、屋上帯状疱疹やグレージングの構築にしばしば使用されます。技術の進歩に伴い、第3世代の太陽光発電パネルは、現在、導電性プラスチック、太陽染料、ソーラーインクなどのシリコン以外の様々な材料で作られています。一部の太陽光発電パネルは、ミラーやプラスチックレンズを使用して、非常に高効率でありながら小さなPVパネルに光を集中させることさえあります。二酸化炭素排出量に対する懸念の高まりとエネルギー消費の再生可能エネルギー源への依存への徐々なシフトは、今後数年間の太陽光発電パネル市場の成長を促進すると予想される主要な要因の一部です。 リクエストサンプルレポート @ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/30421 太陽光発電パネル:市場ダイナミクス 地球温暖化や化石燃料による発電源への依存度が高まり、世界各国の懸念が高まっています。温室効果ガスの排出を抑制し、環境上の二酸化炭素排出量を削減する取り組みは、エネルギー発電のための代替および再生可能エネルギー源の必要性を促進してきました。これは、太陽エネルギーの出現とその後の太陽光発電パネルの需要の成長の原動力となっています。 太陽エネルギーは二酸化炭素排出量を削減するだけでなく、エネルギーコストの残業を大幅に削減し、メンテナンスコストをほぼゼロにします。それに伴い、各国の政府は、太陽光パネルの設置に対して顧客に補助金を提供しており、太陽光電池パネルをエネルギー源として設置するエンドユースを推進しています。技術の進歩に伴い、太陽光発電パネルの平均モジュールプロセスが低下する傾向は、ここ数年で一貫しており、その傾向は今後も進むと予想されます。灌漑、国内の電力消費量は、長年にわたって太陽光発電パネル市場に大きな成長機会を生み出すことが期待されています。 太陽光発電パネルの平均価格は過去10年間で大幅に下がっていますが、太陽光発電パネルの所有と設置のコストは依然として非常に高く、ほとんどの農村部で抑制として機能します。人口の大きな塊は、ソーラーパネルに関するコストと環境上の利益をまだ認識しておらず、主要な地理的地域の市場成長を制限すると予想されています。 太陽光発電パネル:市場セグメンテーション 太陽光発電パネル市場全体は、製品タイプに基づいて次のようにセグメント化できます。 グリッド接続 オフグリッド 太陽光発電パネル市場全体は、技術に基づいて次のようにセグメント化できます。 薄膜 結晶シリコン 他 太陽光発電パネル市場全体は、エンドユースに基づいて次のようにセグメント化できます。 住宅 商業 ユーティリティ 太陽光発電パネル市場:地域の見通し 欧州と北米は、住宅レベルと商業レベルの両方でエネルギー消費のための再生可能エネルギー源に焦点を移す最前線にいます。住宅や商業規模の工場での太陽エネルギーの普及により、今後も太陽光発電パネルの需要が大きく高まると予想されています。オーストラリアは、2050年までに太陽エネルギーによる総エネルギー消費量を50%に引き上げることを目標に、同国における太陽エネルギーの採用を積極的に推進している。 政府によるこれらの取り組みは、強固な成長を生み出し、今後も今後10年間でオセアニア地域で太陽光発電パネル市場を開きます。インドと中国は、再生可能エネルギーの依存を再生可能エネルギー源に移すためにソーラーパネルの設置を急いでおり、中国は世界で最も高いソーラーパネル需要を生み出している。したがって、東アジア地域は太陽光発電パネルの量需要をリードすると予想され、南アジアは今後数年間で急速なペースで成長すると予想されます。 独占アナリストサポート@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/30421のためのプレブック 太陽光発電パネル市場:市場参加者 世界中の太陽光発電パネル市場で特定された主要な市場参加者の一部は次のとおりです。 ファーストソーラー シャープ株式会社... [もっと...]


世界の電気コイル巻線市場は、COVID-19危機の終結後10年間で堅調な成長率を記録

Jun 9, 2020 2:58 PM ET

電気コイル巻線は、電気および電子デバイスの多数の用途を見つける。アプリケーションは、トランスミッション&流通部門、産業部門、エレクトロニクス&通信部門、医療機器部門などから幅広い範囲です。市場の支配的なシェアは、必要なインフラの規模と、変圧器などの機器に必要な広範な電気コイル巻線の種類を考えると、送電および流通部門によって保持されています。また、開発途上国における送配電インフラの拡販の必要性は、このような機器の需要を高め、電気コイル巻線市場の成長に直接影響を及ぼしている。 パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)が新たに発表したレポートによると、電気コイル巻線市場は2019-2029年に比べて4%のCAGRで拡大すると推定されています。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/16681をリクエストしてください 電気コイル巻線市場レポートの主なテイクアウト アプリケーションセグメントでは、電力伝送・流通部門が引き続き主要な市場シェアを占める。しかし、医療、自動車、エレクトロニクス、通信の各分野では、成長が加速します。 銅は、電気コイル巻線に最も広く使用されている材料であり、その高い導電特性と全体的に大きな電気効率を備えています。材料は銅よりも30%以上軽いため、スペースと重量の要件が重要な懸念事項である場合は、アルミニウムが好まれます。しかし、銅の導電率の約60%しか提供していないアルミニウムでは、高性能なデバイスには使用できません。 アジア太平洋地域は、電気コイル巻線の消費に大きなシェアを持っており、予測期間中も高い成長率で優位に立ち続けると予想されています。 電気コイル巻線用の銅クラッドアルミニウム線の登場は、銅の信頼性を必要とするが、重量とスペースの制約を持つエンド用途のための主要な新しいオプションを提供しています。これらの巻線のアルミニウムコアは製品を軽量に保ち、表面の銅コーティングは全体的な導電性と電気効率を高めます。 「銅は、機器の変圧器、スイッチギア、ハイパワーモーター、リアクターなど、引き続き選択の材料です。銅張りアルミニウム材料の効果は、銅製品よりもアルミニウム製品に不釣り合いに多く及ぼすであろう。地域的には、アジアはほとんどの新しい需要創出を促進する市場です」とPMRアナリストは言います。 競争の状況:高いフラグメンテーションは新規参入者の範囲を意味する 電気コイル巻線市場は、国内、地域、地域のサプライヤーの数が多く、世界的なリーダーが非常に少ないため、非常に細分化されています。世界の電気コイル巻線市場で事業を展開する主要企業の一部は次のとおりです。 ストマイトコイル株式会社、 APWカンパニー、 マイルズ・プラッツ、Rベイカー(電気)株式会社、 ナショナル・エレクトリックコイル セルコ株式会社 クアルツェレック株式会社、サグハーバーインダストリーズ株式会社など 参入障壁が低く、市場の断片化が大きい場合、新規参入者の幅広い範囲があり、特に破壊的な製品提供の機会が広がっています。 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/16681を購入 エンドユーザーは高品質&手頃な価格の製品を好む 高品質製品の需要の増加は、電気コイル巻線の需要を推進することが期待されています。しかし、エンドユーザーは利益率を向上させるために、コストの削減を同時に要求しています。銅張りのアルミニウム巻線のコストは、銅の巻線よりも少ないです。さらに、銅張りアルミニウム巻線システムは、銅の巻線に比べて長い運用寿命を持っています。したがって、最も合理的なコストで最高品質の製品を提供する企業は、電気コイル巻線市場で大きな競争上の優位性を得るために立っています。 知るにはレポートの詳細. 電気コイル巻線市場に関する持続性市場調査(PMR)の新たに発表された調査では、巻線材、巻線技術、巻曲タイプ、用途の4つのセグメントを通じて、6つの地域にわたる市場需要の理解と需要を強調しています。このレポートには、2014-2018年の過去の年と2019-2029年の予測の分析が含まれています。PMR レポートでは、親市場の概要、生産分析、主要な開発、および多数の企業の市場構造分析が提供されます。 私たちについて:パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)は、第3のプラットフォームの調査会社です。当社の研究モデルは、データ分析と市場調査方法論の独自のコラボレーションであり、企業が最適なパフォーマンスを達成するのを支援します。複雑なビジネス課題を克服する企業を支援するために、多分野のアプローチに従います。PMRでは、多次元ソースからさまざまなデータストリームを結合します。 お 問い合わせ持続性市場調査米国営業所305 ブロードウェイ 7階ニューヨーク市、 NY... [もっと...]


COVID-19危機フェーズを通じて収益を押し上げる検査および認証市場の進歩

Jun 9, 2020 2:55 PM ET

世界のテスト、検査、認証(TIC)市場は、新しい持続性市場調査(PMR)レポートで示されるように、2019年から2029年にかけて1.7倍の成長を見込んでいます。組織のデジタル化と民営化は、TICサービスのアウトソーシングに対する需要を増やし続けています。市場のベンダーは、モノのインターネット(IoT)などの高度な技術を活用して、市場分野での製品やサービスを強化しています。 また、世界中でサイバー攻撃が増加する中で、技術的に高度なシステムのセキュリティに対する要求が大幅に増加し、テスト、検査、認証市場の成長にプラスの影響を与えています。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/28060をリクエストしてください 試験、検査、認証市場調査の主な取り上げ テストはTIC市場で収益の大部分を生み出し続けています。 アウトソーシングの導入率は、予測期間(2019年から2029年)を通じて上昇傾向を見るでしょう。 産業アプリケーションは、引き続き重要な市場シェアを占めています。 欧州は、世界の試験、検査、認証市場でリードを維持します。 厳しい規制により、TICサービスは輸送部門で引き続き高く求められています。 IoTなどの高度な技術は、テスト検査および認証市場においてベンダーにとって有利な機会を生み出しています。 「テスト、検査、認証市場のベンダーは、技術的に高度なサービスを顧客に提供することで、市場でのプレゼンスを大幅に高めることができます。自動車分野における標準化と認証の需要の増加は、今後数年間でTIC市場プレーヤーにとって有益な機会を生み出すことと予測されています」とPMRアナリストは言います。 検査検査・認証市場の競争環境 この調査で取り上げられている世界的な試験、検査、認証市場分野の著名なプレーヤーには、以下が含まれますが、これらに限定されません。 局ベリタスSA, インターテックグループplc, TUV SUD AG, DNV GL, Dekra ミストラスグループ株式会社 アトラックグループ, アプラス。 Tic 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/28060を購入 市場のプレーヤーは、買収、合弁事業、パートナーシップを通じて、その拡大を戦略化しています。企業は、ビッグデータなどの先進技術の助けを借りて、従来の検査サービスを復活させている。デジタル検査と予測メンテナンスの高度なサービスを提供し、テスト、検査、認証市場で競争力を獲得しています。 より価値のあるインサイト 試験、検査、認証市場 グローバルなテスト、検査、認証プラットフォーム市場に関するパーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)が発表した新しい市場調査レポートには、2014-2018年の世界の業界分析と2019-2029年の機会評価が含まれます。このレポートは、世界の7つの主要地域で、サービス(試験、検査、認証)、調達(社内およびアウトソーシング)、エンドユース業界(消費者&小売、食品・農業、電気・エレクトロニクス、石油・ガス・化学品、鉱業・鉱物、産業、輸送)に基づいて貴重な洞察を提供します。... [もっと...]


産業ディスペンサー市場は、COVID-19パンデミックを通じて高い需要のために指数的成長を記録する

Jun 9, 2020 2:52 PM ET

エンドユース業界のメーカーは、ロボットで生産速度を制御し、労働力の削減を可能にするために自動化システムの組み込みを好んでいます。運用コストや人件費の削減、生産効率の向上に注力するとともに、ロボット工学に採用されている産業用ディスペンサーの利用は高い割合で増加しています。 そのため、世界の産業ディスペンサー市場は、2019-2029年の予測期間中に5%のまともなCAGRを示すことが予測されています 。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/29140 産業ディスペンサー市場調査の主なテイクアウト メーカーは、スループットを向上させ、サイクル時間を短縮できる新製品の導入に注力しています。例えば、2019年10月、アーセナルは大量のポンプを提供できる新しい3カートリッジベースのディスペンスシステムを発売し、同等のロボットポンプシステムよりもほぼ50%少ない費用がかかります。 自動化されたディスペンサーセグメントは、世界の産業ディスペンサー市場を支配すると予想され、予測期間中に市場シェアの70%以上を占めると推定されています。 GS製造やDOPAGなどのメーカーは、カスタムメイドの調剤システムの開発を専門とし、これまでに多くの製品を供給してきました。これらのプレーヤーは、顧客と密接に協力して、クライアントの要件に応じて製品を開発します。 タイプによって、液体ディスペンサーは、化学産業などの一部の産業のように、需要の増加を目撃しており、これらのディスペンサーは揮発性化学物質の取り扱いに重要な役割を果たしています。これにより、化学物質に関連する危険が低減され、また、化学業界でのカスタマイズ中の精度が向上します。 「産業ディスペンサー市場はテクノロジー主導の市場であり、画像認識システムやビジョンガイダンスシステムが精度向上に重要な役割を果たしています。画像認識システムの進歩は、今後数年間で産業ディスペンサー市場に利益をもたらす新しいトレンドにつながることが期待されています」とPMRアナリストは言います。 産業用ディスペンサー市場:競争の概要 接着剤とシーラント塗布が重要な役割を果たす自動車産業では、より優れた画像認識と塗布精度のディスペンスシステムを使用することで、生産プロセスをスピードアップできます。そのため、産業用ディスペンサー市場に関与するプレーヤーは、より優れた画像認識技術の開発に注力しています。例えば、ノードソンEFDはCCDと鉛筆カメラを使用して製品の位置を正確に認識し、レーザー高さセンシング技術を使用してディスペンサーからの製品の距離と高さを測定します。これらの技術は、ディスペンスシステムの精度を大幅に向上させ、ディスペンスの速度も向上させました。また、統合ディスペンスソリューションカンパニーは、自動車業界の大量アプリケーション向けに、ディスペンスシステムがミリ秒単位の流体塗布精度を調整し、改善することを可能にする適切な機器と共に独自のソフトウェアを開発しました。 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/29140を購入する 産業ディスペンサー市場の長期展望 北米、欧州、東アジアなどの地域では、産業ディスペンサーの売上が注目に値する増加が見込まれています。予測期間中、中国、インド、ブラジルは産業ディスペンサーの新興市場になると予想されています。一方、オセアニアや中東・アフリカ地域は、ここ数年、成長率が比較的遅い。 もっと知りたいですか? 持続性市場調査は、2014-2018年の世界的な産業分析と2019-2029年の機会評価2019–2029を含む産業ディスペンサー市場に関する市場調査レポートを発表しました。このレポートは、オペレーション、タイプ、エンドユース、地域の4つの異なるセグメントを通じて、産業ディスペンサー市場の洞察に満ちた分析を提供します。産業ディスペンサー市場レポートは、市場のダイナミクスの詳細な概要と、需要と供給の動向を提供します。 私たちについて:パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)は、第3のプラットフォームの調査会社です。当社の研究モデルは、データ分析と市場調査方法論の独自のコラボレーションであり、企業が最適なパフォーマンスを達成するのを支援します。複雑なビジネス課題を克服する企業を支援するために、多分野のアプローチに従います。PMRでは、多次元ソースからさまざまなデータストリームを結合します。 お 問い合わせ持続性市場調査米国営業所305 ブロードウェイ 7階ニューヨーク市、 NY 100071-646-568-7751米国米国 - カナダ フリーダイヤル: 800-961-0353電子メール ID- sales@persistencemarketresearch.comウェブサイト:... [もっと...]


COVID-19ロックダウンフェーズを通じて、産業用バーナー市場の需要が大幅に増加

Jun 9, 2020 2:49 PM ET

機械構造の少ない、かなりの動作、低資本コストは、世界市場で販売されているほぼすべての産業用バーナーの重要な特徴と見なされています。さらに、このようなバーナーの製造は費用対効果が高く、価格対電力比に対して経済的になってきています。低窒素酸化物(NOx)燃焼技術の採用は、2019年から2029年の予測期間中に産業用バーナー市場の成長に一層貢献すると予想されます。 PMRの最近の市場調査によると、産業バーナー市場は予測期間中に4%のCAGRを示すことが予測されています。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/28051をリクエストしてください 産業用バーナー市場調査の主なテイクアウト バーナーオートメーションユニットの統合は、全体的な産業ユニットの動作電圧の制御と手をつないで行きます。産業用バーナーの操作に伴う生命リスクを考慮すると、メーカーは可能なすべての機能を自動化して人間との接触を最も低くすることに焦点を当てます。 運用の観点から、FGRで開発された工業用バーナーや、その他の低NOx燃焼技術の採用が今後、奨励される。このような採用は、産業事業の環境インプリントを制御することが最も重要である先進国市場の産業部門においても義務となる可能性があります。 製造の観点から、世界の産業用バーナー市場の一握りのプレーヤーは、多様なアプリケーション環境での有効性はまだテストされていないので、複合原料とハイブリッド原料の採用に焦点を当てるかもしれません。 産業用バーナーのメンテナンスに向けたプラントオペレーターの投資は、エンドユーザー企業が良好に維持された産業用バーナーに伴う効率性と費用対効果の恩恵を受けるため、担保費用とは見なされません。 最終的な使用に基づいて、金属&冶金業界は、他のエンドユース産業の中で産業ボイラーのための重要な機会を今後数年間で作成することが期待されています。 北米は、数量と価値の面で、予測期間を通じて世界の産業バーナー市場で支配的な地位を維持することが期待されています。 「定期的なメンテナンス活動と非効率的な工業用バーナーの交換は、燃焼性能の向上に役立ちます。アフターサービスは、メンテナンス活動に対する意識の高まりにより、市場参加者にとって重要な勝利戦略です」とPMRアナリストは言います。 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/28051を購入 産業用バーナー市場:競争環境 世界の産業用バーナー市場は非常に細分化しており、ティア1プレーヤーは世界市場のシェアの約35~40%を占めています。レポートに含まれる主要な市場プレーヤーのいくつかは、ハネウェル・インターナショナル社、バルターS.p.A.、およびフォルプスマーシャルプライベートリミテッドです。市場参加者は、効率的な熱伝達と低燃費で新製品を開発するために研究開発活動に投資しています。さらに、メーカーは、最適なレベルの業務効率で、エンドユース産業の特定の要件を達成するために、カスタマイズされた費用対効果の高い工業用バーナーを開発しています。 産業用バーナー市場に関するより価値ある洞察を見つける PMRは、新しい調査レポートで、世界の産業バーナー市場の公平な分析を提供し、2014-2018年の過去の需要データと2019-2029年の予測統計を提示しています。このレポートは、産業用バーナー市場に関する洞察を明らかにし、産業バーナー市場バリューチェーンに関与する市場ダイナミクス、市場シェア分析、価格分析、チャネルパートナーをカバーしています。また、バーナータイプ、バーナー設計、アプリケーション、燃料タイプ、エンドユース産業、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、南アジア、東アジア、オセアニア、MEAなどの地域に基づいて、主要なトレンドと市場成長シナリオを見つけることができます。 私たちについて:パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)は、第3のプラットフォームの調査会社です。当社の研究モデルは、独自のコラボレーションです。データ分析と市場調査の方法論により、企業が最適なパフォーマンスを達成できるよう支援します。複雑なビジネス課題を克服する企業を支援するために、多分野のアプローチに従います。PMRでは、多次元ソースからさまざまなデータストリームを結合します。 お 問い合わせ持続性市場調査米国営業所305 ブロードウェイ 7階ニューヨーク市、 NY 100071-646-568-7751米国米国 - カナダ フリーダイヤル: 800-961-0353電子メール ID- sales@persistencemarketresearch.comウェブサイト: www.persistencemarketresearch.com... [もっと...]


COVID-19の危機期間中の世界市場収益成長を強化するための機械横隔膜ポンプ市場の需要を増強

Jun 9, 2020 2:45 PM ET

粘性、腐食性、攻撃的な、その他のすべてのタイプの流体を伝達する機械的なダイヤフラムポンプの能力は、石油&ガス、鉱業、化学品、石油化学製品、食品&飲料を含むエンドユース産業の中で様々なプロセスに好ましい選択肢となっています。そのため、エンドユース産業からの需要の増加は、機械式ダイヤフラムポンプ市場の成長に向けてプラスの見通しを生み出しています。 パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)が発表した新しいレポートによると、機械ダイアフラムポンプ市場は2029年末までに約10億米ドルの評価に達し、2019-2029年の間に4%のCAGRで成長すると予測されています 。 機械ダイアフラムポンプ市場調査の主なテイクアウト さまざまな粘度や化学特性の流体を処理する能力と相まって、メータリングアプリケーションの必要性は、機械的なダイヤフラムポンプの需要を世界的に推進しています。 インド、中国、南アフリカ、メキシコなどの国々は、エンドユース産業の大幅な成長を目の当たりにしており、機械式ダイヤフラムポンプ市場におけるメーカーにとって堅調な成長機会を創出すると予測されています。 石油・ガス、食品・飲料、水・廃水は、機械式ダイヤフラムポンプの需要の大部分を生み出すことを期待されるエンドユース産業の一部です。 PTFEは、ダイヤフラム材料の中でも、摩擦および耐食性の優れた係数のために、最も好ましいままであると推定される。 多くのエンドユース産業におけるAODDポンプの採用の増加は、機械式ダイヤフラムポンプ市場の成長に大きな課題をもたらすと予想されます。 競合他社の「先」を維持するには、サンプル@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/31268 「特に発展途上国の地下水資源の枯渇は、世界中の水処理活動を推進してきました。飲料水や飲料水へのアクセスを提供する必要性の高まりは、市場における機械的ダイヤフラムポンプの需要を促進すると予測されています」とPMRアナリストは言います。 激化し、断片化された競争の風景 機械式ダイヤフラムポンプ市場は、世界中の多数の国内外のメーカーが存在するため、断片化しています。機械式ダイアフラムポンプ市場の主要メーカーには、グルンドフォス、LEWA GmbH、インガーソルランドPlc、フローサーブ社、キシレム社、SPXフロー、ABELポンプL.P.、ウィアーグループPLC、PSG(ドーバーコーポレーション)、プロミネントGmbHなどがあります。これらのプレーヤーは、現地のディストリビューターやメーカーの買収を通じて、新興市場市場での市場プレゼンスの向上に焦点を当てています。 機械ダイアフラムポンプ市場: 成長見込み客 長寿命と優れた腐食性流体処理能力を考えると、機械式ダイヤフラムポンプは、特に計量用途において、多くのエンドユース消費者にとって引き続き選択が期待されています。 詳細な競合分析のために、now@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/31268を購入 機械ダイアフラムポンプ市場の詳細を知る 持続性市場調査(PMR)は、2014-2018年の世界の産業分析と2019-2029年の予測を含む機械横隔膜ポンプ市場に関する詳細な調査を発表しました。このレポートは、流量、タイプ、ダイヤフラム材料、およびエンドユースの4つのセグメントを通じて、7つの地域にわたる市場需要を明確に理解します。機械式ダイアフラムポンプ市場レポートは、親市場の内訳、設置ベース、地域別の交換比率、ヨーロッパ全域の地域企業やスペイン、イタリア、フランス、ポーランド、BENELUXなどの地域企業の市場構造分析も提供します。 PMRについて - 産業オートメーション パーシスタンス・マーケット・リサーチのインダストリアル・オートメーション・チームが、専門家の意見と切迫したインプットを提供製造業で幅広く使用されている幅広い製品について。チームは、この進化する風景の中で、ギア、バルブ、ベアリング、特殊用途機械、その他の主要セグメントに関する包括的な市場調査レポートをまとめました。シンジケート市場調査研究を提供することに加えて、チームは世界中のクライアントに独自の戦略的ニーズを相談します。次のプロジェクトに関するヘルプが必要ですか?手を差し伸べることは気軽に。 私たちについて:パーシスタンス・マーケット・リサーチ(PMR)は、第3のプラットフォームの調査会社です。当社の研究モデルは、データ分析と市場調査方法論の独自のコラボレーションであり、企業が最適なパフォーマンスを達成するのを支援します。複雑なビジネス課題を克服する企業を支援するために、多分野のアプローチに従います。PMRでは、多次元ソースからさまざまなデータストリームを結合します。 お 問い合わせ持続性市場調査米国営業所305 ブロードウェイ 7階ニューヨーク市、 NY... [もっと...]