header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

カテゴリー: iCN Internal Distribution

マグネタイトナノ粒子市場2020年技術開発需要概要 業界成長率 トップ企業と主要地域 2027年

マグネタイトナノ粒子市場 最新の調査によると、 世界のマグネタイトナノ粒子市場 規模は、2020年から2027年の予測期間中に10.9%の最高のCAGRで1億1,243万米ドルを示すと予想されています。 マグネタイトナノ粒子は、マグネタイト(Fe3O4)から形成されたコロイド状酸化鉄材料である。これらのナノ粒子は、周囲温度で超常磁性特性を示し、磁場を用いて、それらを操作することができる。これは、コロイド形態で利用可能な一般的な磁性ナノ粒子である。反磁性、強磁性、常磁性、反強磁性などの優れた磁気挙動のために、さまざまな用途で使用されています。これらのナノ粒子は生体適合性および高い磁気特性を有するので、それらは生物医学的用途での使用に適している。. 読み続けて>>

2021年超可塑剤市場 戦略、収益、機会、事業セグメントの概要と主要動向 2030年

超可塑剤市場 概要 最近の調査によると、世界の超可塑剤市場規模は88億米ドルに達し、2021年から2030年までの予測期間中に7.70%の大幅なCAGRに達すると予測されています。 高性能可塑剤は、添加剤として優れた性能を発揮するため、高強度コンクリートの製造に広く使用されています。この材料は、コンクリート混合物の強度を上げるのに役立ち、また、セメントに対する水比を低下させる。超可塑剤は硬化プロセスを遅らせることができるため、作業性の向上に非常に人気があります。これらの添加剤は、コンクリート製造プロセスにおけるセメントおよび水使用量の削減に高度に使用されている。 コンクリート混合物に同化する能力、および簡単な使用のために、建設業界における液体可塑剤の採用が増加している。プレキャストコンクリートは、市場の成長を促進している地下鉄、トンネル、橋などの大規模なインフラプロジェクトの建設工事に採用されています。コンクリートおよびセメント混合物の広い範囲との適合性のために、ポリカルボキシレート誘導体 超可塑剤市場は. 読み続けて>>

モノフィラメント市場2022 SWOT分析、トレンドベンダーと成長2030

市場概要 モノフィラメントは、単一のコイル状の合成繊維であり、糸の形態である。釣り、外科用縫合糸、その他のものに利用されています。モノフィラメントまたはモノ短縮バージョンは最高の釣り糸です。多数の編組またはコイル状のねじから形成されたマルチフィラメントラインとは対照的に、モノフィラメントは単一の材料信号糸である。モノフィラメントは、プラスチック、ナイロン、ポリオレフィン、ポリエステルなどのさまざまな材料から作られたモノフィラメントの一種で、ナイロンが最も人気があり、広く使用されています。 ナイロンモノフィラメントには、耐摩耗性、強度の向上、さまざまな程度のストレッチを製造する能力など、いくつかの利点があります。さらに、モノフィラメントは取り扱いが簡単で、柔軟でダイナミックです。モノフィラメントも使いやすく、操作も簡単です。モノフィラメントには、緑、青、透明など、より広い範囲の色があります。これらの利点のすべては、世界的なモノフィラメント市場の人気を高めました。モノフィラメントスレッドは、管理性、結びやすさ、ストレッチ特性をブレンドし、ユーザーフレンドリーにします。 無料サンプルレポートを入手@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/6124   . 読み続けて>>

Fluorspar市場調査レポート2022:生産、サプライヤー、業界動向と2030年までの予測

市場概要 2021年、世界の Fluorspar市場は 7,591キロトンの価値を持つでしょう。市場は、予測期間中に7% 以上のCAGRで 成長すると予想されています。フルオルスパーは、等尺性の立方体習慣で結晶化するハロゲン化物鉱物です。これはフッ化カルシウムの固体形態である。Fluorsparは、純粋なときに紫外線と可視光線で透明ですが、不完全さはそれを装飾用およびラピダリー用途で利用されるカラフルな石に変えます。 フロン由来の製品におけるフルオルスパーの他のマイナーな用途には、道路溶接、アルミニウム、および鋼の製造が含まれる。また、フロン系化合物は、従来、フロン類(CFC)の製造に用いられていた。それにもかかわらず、フッ素樹脂系(ヒドロクロロフルオロカーボン)HCFCは、その環境的制約のために最近CFCに取って代わった。   無料サンプルレポートを入手@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/6032 . 読み続けて>>

プロパント市場2021年エグゼクティブサマリー、セグメンテーション、レビュー、トレンド、機会、成長、需要、2028年までの予測

プロパント市場 の概要 最新のレポートによると、2020年の 世界のプロパント 市場規模は79.5億米ドルで目撃され、2021年から2028年の予測期間中に167.2億米ドルの市場規模で10.15%の最も高いCAGRで成長すると予測されています。 プロパントは粒状で同じ大きさの素材です。地面に作られた開いた割れを保持するために、これらは水圧破砕プロセスで破砕流体と組み合わされます。水圧破砕を使用して、石油と天然ガスの井戸はより多くの石油とガスを生産し、プロパントの需要が高まっています。これらのプロパントソリューションは、新しい掘削技術と超洗練されたフラック設計を組み合わせることで可能な、1日あたりの石油とガスの派遣を通じて、井戸の生産能力を向上させるのに役立ちます。. 読み続けて>>

ミネラルウール断熱材市場2022年の将来の課題、SWOT分析、専門家によるレビュー、および業界成長見通し2030

ミネラルウール断熱材市場 の概要 ミネラルウール断熱材市場規模は、予測期間中にCAGRの実質的な価値で320億に達すると予想されています。溶融状態から繊維状態に変化したガラス、岩石、またはスラグは、ミネラルウール断熱材として知られている。一般的に、ミネラルウール断熱材には2種類あります。溶融玄武岩やダイアベースなどの天然石繊維は、最初のものの大部分を占めています。この種は、摂氏約1,600度の温度で溶けた火山岩から形成されます。この加熱された岩はウールに紡がれ、その後、様々な樹脂や油と一緒に接着されます。2つ目は、鉄鋼生産の副産物である紡績スラグによって製造される。また、天然の岩石を溶融金属やガラスと組み合わせることによっても作成できます。ろ過、防音、断熱、および苗木の発芽はすべて、ミネラルウールの可能な用途です。 2020年、COVID-19は ミネラルウール断熱材市場 を劇的に傷つけました。パンデミックシナリオの結果、産業および輸送産業からの隔壁、自動車の客室、ダクトパイプ断熱材などの熱、火災、音響断熱用途に使用されるミネラルウールの消費量が減少し、分析された市場の需要に悪影響を及ぼしました。COVID-19の流行は、建設業界に短期的および長期的な結果をもたらしました。. 読み続けて>>

2020年の再生木材市場の需要、機会、販売エリア、収益分析2027年までの予測

再生木材市場 の概要  再生木材市場規模は、予測期間中に約5%のCAGRを登録すると予想されています。再生木材は、新しい用途で使用するために構造物(古い納屋、工場、寮など)への設置に成功した後に回収された粉砕木材です。木材包装、古代の家屋、鉄道車両、パレットなどの小さな構造物も、ますます大量に埋め立てられています。再生木材は、新木材の使用を最小限に抑えることで熱帯林の乱れを軽減し、廃棄物処理を削減し、新木材製造よりも高いエネルギー密度を有する。建築・建設セクターの再生木材や再生木材由来の商品に対する需要の高まりは、再生 木材市場 の成長を牽引しています。 世界的なCOVID-19問題は、さまざまな既存の建設プロジェクトが延期またはキャンセルされ、数百万ドルから数十億ドルのコストが発生しているため、建設業界に影響を与えています。国際通貨基金(IMF)は、2020年に世界の実質GDPが3%減少し、2019年に見られた2.9%の増加から5.9%ポイント減少すると予測しています。米国の建設業界は、他の多くの産業と同様に、南欧のプロジェクトが60〜70%減少すると予測され、大きな損失を被るでしょう。その結果、建設業界は崩壊し、再生木材市場に上限が設けられました。. 読み続けて>>

タイヤコードファブリック市場2020トレンド、開発履歴、現在の評価、ビジネス戦略、業界の今後のトレンド

タイヤコードファブリック市場 概要 タイヤコードファブリック市場は、予測期間の終わりまでに3.9%のCAGRを記録し、7,923百万米ドルに達すると予想されています。タイヤ製造工程において、タイヤコード繊維は補強材として利用されている。これらのテキスタイルは、タイヤの形状を維持し、車両重量をサポートするように特別に設計されています。彼らはまた、タイヤの寿命を延ばすのに役立ちます。ポリエステルやナイロンなどの合成繊維は、これらの布帛に一般的に使用されている。生地は繊維を撚り合わせて織り込むことによって作られます。ゴムとの接着能力を強化するために、これらの材料はラテックス接着剤溶液に浸される。 長持ちし、低燃費のタイヤに対するニーズの高まりは、市場拡大の主な原動力であることが証明されています。さらに、インド、中国、インドネシア、ブラジルなどの新興国における乗用車の需要の高まりは、予測期間中にラジアルタイヤ、ひいてはタイヤコードテキスタイルに対する大きな需要を牽引すると予想されます。電気自動車のタイヤは、従来の自動車のタイヤよりも30%速く摩耗します。その結果、メーカーはアラミド繊維などの革新的な材料を使用して、電気自動車市場向けに耐摩耗性タイヤを明示的に開発しています。その結果、電気自動車の販売台数の増加は、まもなく製品需要に好影響を与える可能性があります。 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/10544 の無料サンプルPDFパンフレットを入手する. 読み続けて>>

人工大理石の市場規模 2022年 産業シェア、需要、2030年までに大幅な成長

市場規模 人工大理石市場は 2030年までに272億米ドルの価値があると予測され、予測期間(2022-2030)に11.20%のCAGRを記録し、市場は2021年に145億米ドルと評価されました。 COVID-19の影響分析と、コロナウイルス感染症の発生後の動向をレポートとともに提供します。トップブースターと主な障壁 ここ数ヶ月で、建設業界全般と人造大理石市場は、COVID-19の影響にもかかわらずゆっくりと回復しています。いくつかの国で封鎖が解除されているため、建設現場が開放され、新しい注文が行われています。多くの請負業者や建築家が、遅れた建設プロジェクトを完了するために仕事に戻ってきており、新しいプロジェクトも取り組んでいます。SARS-CoV-2の効果は、企業が財政援助や政策緩和の面で政府から莫大な支援を受けているため、減少しているようです。パンデミックは建設業界に大きな収益損失をもたらしましたが、専門家は今後すぐに売上が回復すると考えています。   無料サンプルレポートを入手@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/8538 . 読み続けて>>

合板市場業界動向、2030年までの将来の成長戦略展望

市場概要  合板市場の市場価値は、2027年末までに6.1%のCGARレートで1,081億米ドルに達すると予想しています。 合板は、インテリアを設計するための固体パネルを構築するのに役立つベニヤシートで構成されています。様々な場所でのフローリング用途や工事に使用されています。主に、都市部は、オフィスや住宅地でそのような既製の軽量家具の需要を高めます。このように、合板は環境保護団体の助けを借りて様々な環境にやさしい目的を果たします。しかし、このような耐久性のある家具の人気が高まっているため、合板市場でのプライ の需要が高まっ ています。    さらに、合板は、作業性、耐久性、柔軟性、強度、再利用性など、多くの利点を提供します。また、その耐水性と悪天候での優れた断熱性は、合板市場での家具 の需要の増加につながります。合板は、プライ業界の市場規模、シェア、構造にプラスの影響を与える機械的強度を製品に提供します。 . 読み続けて>>

モジュラー建設市場は2030年までに6.55%で成長する:ボス性の機会、範囲、予測2030

市場概要  モジュラー建設市場の市場 価値 は、予測期間の終わり、すなわち2026年までに1,430億米ドルに達し、 2022年から2030  年の間に6.55%のCAGRに達する と予想しています。 モジュラー建設プロセスは、特定の設計、材料、および標準を使用してオフサイト構造を完了します。しかし、建物はモジュール構造で構築されており、従来の建設形式よりも小さな障害と廃棄物が少なくなります。軍用住宅、産業施設、モジュラーキャンプ、および教室は、一時的または恒久的な施設にモジュラー構造を使用しています。また、環境にやさしい工法に続いて、モジュラー建設市場は業界での需要の高まりを目の当たりにしています。  さらに、モジュラー建設プロセスには、柔軟性の向上、遠隔地へのサービス提供、高品質、廃棄物の削減などの利点があります。これらすべての要因は、モジュラー建設市場の需要の増加に寄与し、その結果、その規模の大幅な成長をもたらします。 . 読み続けて>>

屋外用家具市場は活況を呈しています 世界の動向、需要、成長と予測 2030

市場概要 屋外用家具 市場は 、予測期間(2022-2030)に6%の複合年間成長率(CAGR)を達成すると評価されています。さらに、市場価値は2030年までに最大 293億米ドルに達すると予想されています。 主に観光スポットは、屋外用家具市場の成長の後押しの主な原動力として浮上しました。海外旅行などの消費者の購買力の大幅な増加は、市場の需要を増加させています。したがって、国際旅行率の増加は、市場の需要を大幅に押し上げています。 同時に、公共の庭園、ホテル、リゾート、快適な座席のためのオープンスペースが市場を強化しています。しかし、より多くの潜在顧客を引き付けるために、高品質の必要性が高まっています。これらすべての要因は、屋外用家具市場が予測予測期間に推進するのを助けています。  . 読み続けて>>

高層ビルのモジュラー構造 市場価格、規模、業界動向分析 2022-2030

市場概要 高層ビル市場向けのモジュラー構造は、予測期間2020-202で5.6%の複合年間成長率(CAGR)で成長すると推定されています。     ガイドラインを維持してオフサイトエリアに建物を建設するプロセスは、モジュラー建設と呼ばれます。また、規制の厳格な遵守が必要です。高層ビルのモジュラー構造は、FDI(外国直接投資)の大幅な流入により、予測された予測年に大きな需要を観察すると予想されます。それに伴い、政府は多国籍企業を誘致するための特別区を開発し、 高層ビル市場 の成長を促進するためのモジュラー建設を推進しています。 また、住宅需要と都市部開発の需要は、市場の成長をさらに促進しています。モジュラービルは環境にやさしく、費用対効果が高く、柔軟性があり、需要を増やす理由でもあります。したがって、インフラストラクチャ活動は、増加する需要に対してサプライチェーンにより良い接続性と強度を提供しています。モジュラー建設に使用される持続可能な方法も、市場にプラスの影響を与えるでしょう。しかし、可用性の変動は、市場の成長をある程度抑制する可能性があります。 無料サンプルレポートを入手@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/6195  . 読み続けて>>

リン酸塩市場の主要ベンダー、規模、シェア、範囲、予測(2022-2030年)

市場概要 リン酸塩はリン酸の誘導体であり、農業部門で使用される主要な化学肥料であり、リン酸肥料の需要レベルは窒素肥料のすぐ後ろにあります。リン酸塩は、食肉および乳製品産業、炭酸飲料産業、殺虫剤産業、金属産業などでも使用されています。 世界の リン酸塩市場 の価値は、2018年に693億米ドルでした。2021年には751.6億米ドルの価値に達しました。2021-2026年の予測期間では、この値は1億1,215万米ドル増加する と予測されています。この期間のCAGRは5.89%と 予測されています。   無料サンプルレポートを入手@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1921 . 読み続けて>>

屋根コーティングの市場規模、動向、範囲、用途、成長産業 2030年までに

市場概要 屋根 保護コーティング、タイル、およびシートカバーの形のコーティングは、建物の温度を低下させます。コーティングは日光を反射し、建物を冷やします。その結果、建物を冷房するための空調に伴うエネルギーコストが削減される。屋根コーティングはまた、化学的な損傷や錆びから屋根を保護します。 世界の 屋根コーティング市場 の価値は、2026年までに16億米ドルに達すると推定されています。この市場は、2021年から2026年の予測期間に3.48%のCAGRで成長すると予測されています。2016年の屋根コーティング市場は9億5,100万米ドルと評価されました。 環境にやさしい屋根システムに対する需要の高まりは、屋根コーティング市場の成長を牽引しています。温室効果ガスの排出に関する政府の規制や環境問題に対する意識の高まりも、環境にやさしい屋根コーティングの需要を高めています。建物の建設の増加と、より良い屋根コーティングを開発するためのより多くのR&D投資も、この市場の成長ドライバーとして機能します。. 読み続けて>>

AdBlueオイルの市場規模、シェア、範囲、およびCOVID-19アップデートによる調査レポート

市場概要 南アフリカのAdBlue Oilは、67.5の脱イオン水と32.5の尿素で作られたディーゼル排気液です。ディーゼルおよびガソリン燃料ベースの車両に使用されています。AdBlueは排気ガスと反応し、有害な窒素酸化物、主に二酸化窒素の排出を効果的に削減します。液体は窒素の酸化物と反応し、窒素と酸素に分解します。AdBlueオイルは車両に貯蔵され、エンジンに注入されません。 南アフリカのAdBlue Oil 市場 の価値は、2017年に1億3,609万米ドルでした。2023年までに1億8,800万ドルに達する見込み。この期間の推定CAGRは4.83%です。世界市場での生産量は、2017年の327.14千トンから2023年には434.56千トンに4.24%の割合で増加すると予測されています。. 読み続けて>>

アンビエントフード包装市場:世界の産業分析、市場規模、シェア、トレンド、アプリケーション分析、成長と予測、2020-2027年

市場概要 世界の アンビエントフード包装市場は 、このレポートがカバーする期間に6%のCAGRを持つと予想されています。 アンビエントフード包装市場は、ペットフードからスープまで、食品包装の全範囲をカバーしています。これは、滅菌および低温殺菌食品を包装するために使用されます。そうすることで、人間の消費のために新鮮で安全な状態を長く保つことができます。これは、缶詰や加工品が開封されていない限り、新鮮さを保つことを意味します。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手. 読み続けて>>

ポリビニルアルコール(PVA)市場 2022 |トップメーカーのシナリオ、規模、範囲、見通し業界2030

市場概要 世界の ポリビニルアルコール(PVA)市場は 、2027年までに4.59% 以上の CAGRで成長すると予想されています。予測期間中、ポリビニルアルコール市場は、エレクトロニクス、紙、建設、食品包装、および繊維、印刷、コーティングなどの最終用途部門における需要の高まりによって牽引される可能性が高い。ポリビニルアルコールは、水 - 溶媒合成ポリマーであり、いくつかの最終用途産業を処方する上で重要な成分であった。 ポリビニルアルコールは、蛍光増白剤、共バインダー、透明サイジングとして製紙に利用されています。パンデミックは、新聞などのさまざまな紙を消費するセグメントからのニーズが低下し、市場の需要が低下したため、紙生産業界に悪影響を及ぼしました。それにもかかわらず、食品業界での包装の使用は劇的に拡大しており、ポリビニルアルコールの需要を押し上げています。. 読み続けて>>

フードサービス包装市場の概要、下流アプリケーション、開発履歴、需要2021-2028

テイクアウト文化の台頭は、フードサービス包装市場 2020に利益をもたらす と推定されています。包装・輸送業界のレポートは、市場調査の未来によって作成されており、市場拡大のための市場オプションを強調しています。  4.5%のCAGRは、近づく期間に市場を後押しすると推定されています。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/3278  . 読み続けて>>

2020年の硬質包装市場規模、動向、業界分析、主要企業、2027年までの将来予測

リジッドパッケージング市場の概要 硬質包装 は、板紙または紙に由来するパッケージを含む。揮発性の物体やアイテムを外部からの衝撃から保護するのに貴重です。消費財部門からの高い需要は、パッケージメーカーに大きな圧力をかけています。マーケットリサーチフューチャー(MRFR)による世界の硬質包装市場レポートは、市場を混乱させる可能性のある最新の技術革新とトレンドで構成されています。 世界中の輸送および物流部門の高成長は、市場の成長を牽引する主な要因です。世界中で電子商取引ビジネスが拡大し、硬質包装市場の需要が注がれています。 目次付き無料サンプルコピーをリクエスト@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1772  硬質包装市場の見通し. 読み続けて>>

物流市場2022年のシェア、トレンド、セグメンテーション、2030年までの予測 |DTDC Express Limited(インド)、H. Robinson Worldwide, Inc.(米国)、Schenker AG(ドイツ)

市場概要 世界の 物流市場は 、2022年から2030年にかけて年平均成長率6.8%で成長し、15兆8,000億米ドルに達すると予想されています。 レポートのサンプル コピーを次の場所に取得 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/5076  . 読み続けて>>

産業用ラベルの市場動向、調査アプローチ、データ分析、2028年までの予測

市場概要 さまざまな一次および二次データソースに基づいて詳細な市場調査を行った後、市場の専門家は、世界の 産業用ラベル市場 規模が2022年から2028年の間に5.4%の複合年間成長率(CAGR)で成長すると推定しています。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1848  . 読み続けて>>

ホモジナイザー市場は2030年までに28億3000万米ドルの価値があると予測されており、予測期間中に4.3%のCAGRを記録しています

市場概要 市場の専門家は、世界の ホモジナイザー市場 価値 が2022年から2030年にかけて28億3000万米ドルに達すると 予測しています。2021年の総市場収益は20.2億米ドルでした。市場は4.3%のCAGRで拡大します。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/1939  . 読み続けて>>

乾式壁および石膏ボード市場:2020年:収益分析、成長、機会、生産、2027年までの予測別

市場概要 乾式壁&石膏ボード 市場は 、予測期間中に5.95%の世界市場CAGRで1,042億米ドルに達すると予想されています。市場は、この地域での建設活動のレベルが絶えず高まっていることに牽引されています。予測期間中、乾式壁および石膏ボード業界は、市場に成長と拡大のための良い機会を提供する関連性の高い信頼できる市場要因の出現を経験しています。建設業界の最速の拡大は、そのようなシステムの現在の人気の大幅な増加と相まって、国際市場環境で市場を前進させることが期待されています。また、可処分所得の大幅な増加により、セカンドハウスローンの頭金に占める割合は低下しています。さらに、一般住宅が売上税を免除されているという事実は、市場が高水準で成長し機能する能力にとって有益です。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/5280  . 読み続けて>>

タラ肝油市場業界調査レポート、成長動向と競合分析2018-2027

市場概要 市場に出回っている他の魚油と同様に、タラ肝油はオメガ3脂肪酸が高い栄養補助食品です。これはまた、ビタミンAとDを多く含んでいますタラ肝油は、タラの肝臓に由来し、その名前が示すように人間の消費に適したものにするために処理を加えました。 タラ肝油は、健康的な脂肪酸とビタミンの最高の供給源の一つです。そのビタミンA、オメガ3、プラスビタミンD含有量のために、タラ肝油はますます世界的に人気が高まっています。世界の魚油市場におけるタラ肝油の必要性は、精神的健康および心血管障害に対するその利点のために非常に高い。タラ肝油は、医薬品および食品産業における栄養補助食品および栄養補助食品を製造するために使用される。タラ肝油は、主に北極海と大西洋で見つけることができるタラ(Gaddus morhua)の肝臓から作られています。  . 読み続けて>>

大豆タンパク質成分市場調査レポート – 市場の洞察とダイナミクスを共有するための最新の調査レポート – 2027

マーケットインサイト Market Research Futureは、世界の大豆タンパク質成分市場は、2017年から2023年の予測期間中に6.9%のCAGRに達すると予測しました。 大豆タンパク質は、世界中の消費者の間で地歩を固めている動物性タンパク質と比較して費用対効果が高い。ビーガン人口の増加は、市場の成長も刺激します。さらに、乳糖不耐症人口の増加は市場の成長を刺激する。大豆たんぱく質成分は、加工食品の貯蔵寿命を延ばすためにも使用され、大豆たんぱく質成分市場の成長をさらに刺激します。さらに、大豆たんぱく質成分の高い栄養価は、健康志向の人々の市場需要を刺激します。しかし、大豆製品の悪臭は多くの消費者に好まれず、市場の成長を妨げる可能性があります。. 読み続けて>>

ソース市場:セグメント、主要企業、戦略、CAGRステータス、成長と予測2027の詳細な分析

市場概要 Market Research Future(MRFR)の分析によると、世界のソース市場は800億米ドルの市場価値を獲得し、2019年から2024年までの予測期間中に5.1%のCAGRで拡大すると予想されています。 マルチ料理文化の人気の高まりは、評価期間中に世界のソース業界を牽引する重要な要素になると予想されます。パスタや米、調味料ソースの消費量の増加は、今後の貿易を支えると予想されます。急速な都市化と製品イノベーションの高まりは、ソースの需要を牽引し、世界の産業の成長を促進することが期待されています。電子商取引の進歩によるソースの人気の高まりは、ソースの市場を大幅に刺激すると予想されます。さらに、天然および有機食品に対する要求の急増は、世界のソース市場規模を拡大する可能性もあります。. 読み続けて>>

ビタミンC市場:調査レポート – 市場の洞察とダイナミクスを共有するための最新の調査レポート

市場分析    世界のビタミンC市場は、新しい市場調査未来(MRFR)レポートによると、予測期間(2018-2023)に著しいCAGRで成長すると予想されています。ビタミンCは、皮膚、骨、血管の形成と維持に役立つため、健康に不可欠な栄養素です。それは果物と野菜の両方で自然に起こりますが、今日ではビタミンCサプリメントも利用可能です。    ビタミンCは、L-カルニチン、コラーゲン、およびいくつかの神経伝達物質の産生を含む様々な身体機能において極めて重要な役割を果たしている。それは利点の長いリストを提供します。ビタミンCは強力な抗酸化物質であり、血圧を下げ、免疫系を高め、鉄の吸収を高め、健康な髪と肌を維持し、減量を助け、精神的および肉体的健康に良いです。 . 読み続けて>>

有機穀物市場は、予測期間2020-2027で大幅な成長を示すと予想されます

市場規模 マーケットリサーチフューチャー(MRFR)は、有機穀物市場が2020年から2027年の間に5.32%の成長率を調達できると考えています。市場規模は2027年末までに36,100百万米ドルになるとMRFRは予測しています。   成長の原動力と障害 健康上の利点に関する消費者の知識の高まりに沿って、自然で健康的な食品に対する需要の高まりは、将来の強力な市場成長の主な理由となります。健康的なライフスタイル。世界的なビジネスの成長は、人々の間の化学薬品や無肥料食品に対する嗜好の高まりにも対応しています。有機栽培を奨励する政府の支援イニシアチブと、有機栽培中の急増する土地は、今後数年間で有機穀物ブランドに大きな機会を提供するでしょう。. 読み続けて>>

冷凍断熱材市場2020年地域課題、用途、開発履歴、推進要因、2027年までの動向と予測

市場概要 推進する市場動向とそれに続くビジネスチーフによる運用分析によると、冷凍断熱材市場は 5%以上のCAGRを記録し、 2027年末までに約50億米ドルの価値に達すると予測されています。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/9699  . 読み続けて>>

塩化ベンジル市場:製造業者、種類、地域、用途別 調査レポート 2027年までの予測

市場概要 ビジネスチーフによる市場分析によると、ベンジルクロリド市場は、アジア太平洋地域が市場 を支配し、 2020年から2027年の予測期間中に4%以上のCAGRを登録すると予測されています。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/9642  . 読み続けて>>

抗菌コーティング市場分析、成長、シェア、業界規模、将来の動向、需要供給、新興技術の予測と2027年までの売上高

市場概要 抗菌コーティングの市場 価値は 、2020年に33億ドルでした。最近の市場動向と業界動向に基づいて、2025年までに56億ドルに達し、CAGR率は10.7%になると予想されています。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/9636  . 読み続けて>>

2027年までの新興技術、地域動向、競争環境、地域分析および予測に焦点を当てた消毒剤化学品市場

市場概要 世界の市場動向と市場投資家とビジネスチーフの分析によると、消毒剤化学品市場は 2019年に約50億米ドルと評価され、 5%のCAGRで2027年までに72億米ドルに達すると予測されています。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/9639  . 読み続けて>>

鉄筋市場の概要とハイライト、主要調査結果、主要企業の分析と2028年までの予測

市場概要 鉄鋼鉄筋市場シェア は 、2019年末までに1,987億米ドルに相当する世界市場価値を保有しています。現在の期間中、市場は2,463億米ドルに達すると予測されているため、2021年から2028年の間に4.4%の世界CAGR。建設・建設活動が増加しており、建設部門と欧州の活動の回復に重要な役割を果たしています。同様の傾向が世界のさまざまな場所で推進されており、2028年の予測期間の終わりまでに世界レベルでの鉄筋市場シェアに役立ちます。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/9631  . 読み続けて>>

フッ素化プラズマ表面処理市場の生産、シェア、需要、用途、機会市場調査レポート2027

市場概要 フッ素化プラズマ表面処理市場は  、13.5%のCAGRを記録し、継続的な予測期間までに約3,071百万米ドルに達すると予想されています。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手 https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/9517  . 読み続けて>>

難燃剤の世界市場:開発、需要、成長分析、主な調査結果と予測-2027

市場概要 難燃剤市場は  、2025年に6.76%のCAGRで成長します。市場は、進行中の予測期間中に顕著なCAGR成長を期待しています。 難燃剤市場に関するレポートは、難燃剤業界に関する詳細な情報を提供します。複数の用語を含む重要なパラメータを提供し、カバーします。このレポートの重要な概要では、課題、料金、容量、シェア、規模、市場の拡大、技術革新などのパラメータを提供しています。市場の概要には、機会と重要なベンダーと主要プレーヤーも表示されます。 レポートのサンプル コピーは、次の場所から入手. 読み続けて>>

ナチョスの世界市場規模は2027年までに23億ドルに達すると予測

世界のナチョス市場 規模は、2027年までに23億ドルに達すると推定され、2022年から2027年の予測期間中に6.3%のCAGRで成長します。ナチョスはメキシコ北部のメキシコの郷土料理で、加熱したトルティーヤチップスやトトポを溶かしたチーズで包み、軽食や前菜としてよく出されます。料理のより複雑なバージョンは、追加の成分を含み、メインディッシュとして機能するのに十分重要である可能性があります。ナチョスを作るために、コーンミールは温水と塩のピンチと最も早く混合されます。牛ひき肉はナチョスにエネルギッシュで充実感のある風味豊かな成分を提供し、単なる軽食やおかずではなくメインコースに変えます。ほぼすべての高品質のメキシコ料理レストランがアサデロ/オアハカチーズを利用しているのに対し、「メキシコチーズディップ」を販売するほぼすべての食料品店は、ホワイトアメリカンチーズから調製したディップを販売しています。細断されたレタスは、細断された氷山レタスとナチョスと一緒に使用され、本当にナチョスのための素晴らしいトッピングを作ります。健康志向の消費者の中でトルティーヤチップスを含むベイクドナチョスの需要が急増していることは、世界のナチョス市場を牽引するように設定されています。世界中のファストフードチェーンの急増は、2022年から2027年の予測期間中に世界のナチョス市場の成長を促進するように設定されています。これは、世界のナチョス産業見通しを表しています。 ナチョスの世界市場セグメント分析 - 製品タイプ別. 読み続けて>>

モンタンワックスの市場規模は2027年までに1億5,830万ドルに達すると予測

モンタンワックスの市場規模は、2022年から2027年にかけて約2.4%のCAGRで成長した後、2027年までに1億5,830万米ドルに達すると予想されています。モンタンワックスは、褐炭と泥炭から製造され、硬度、脆性、高融点、導電性などの幅広い優れた特性を提供します。モンタンワックスは、蓄音機レコード、接着剤ペーストおよびシーラント、コーティング、プラスチック加工、カーボンペーパーなど、さまざまな用途に使用されています。モンタンワックスは、さまざまな最終用途セグメントで機能する最高のコーティングと潤滑剤を提供します。モンタンワックスは、品質と長持ちする鮮度を維持するために食用コーティングとして使用されているため、モンタンワックス産業は、主に新鮮な果物セグメントからの食品業界からの高い需要とともに大きく成長しています。さらに、自動車、エレクトロニクス、食品、プラスチックなどの主要な最終用途産業における良好な透過性、絶縁性、および低揮発性の特徴による潤滑剤および研磨用途の成長は、予測期間中にモンタンワックス市場に牽引力を生み出しています。 COVID-19の影響 モンタンワックス市場は、COVID-19の発生中に妨げられ、大きな混乱に見舞われました。モンタンワックスは、自動車、食品、化粧品などのさまざまな最終用途セグメントで主に使用されています。需要と供給の混乱、生産の停止、その他のロックダウン制限は、モンタンワックス市場の機能を妨げています。食品業界、主に新鮮な果物のセクターも、世界的なCOVID-19の発生の影響を受けました。社会的距離とロックダウン制限を維持するための食品小売店、食料品店、レストラン、その他の屋外飲食店の閉鎖は、食品業界を妨げました。さらに、自宅から離れた食品セグメントは、COVID-9の発生における食品消費傾向の変化により減少しました。米国農務省(USDA)によると、食品店は2020年2月の690億米ドルから2020年4月の350億米ドルに急激に減少しました。このように、食品産業における大きな障害と衰退に伴い、新鮮なフルーツコーティングや食品添加物などのモンタンワックスの用途が大幅に減少し、パンデミックにおけるモンタンワックス産業の成長が落ち込みました。さらに、自動車部門も、自動車生産の混乱、組立活動、および車両需要の減少により、パンデミックの初期段階で減少しています。これにより、自動車の研磨や防水コーティングとしてのモンタンワックスの使用が減少し、モンタンワックス産業の需要が大幅に減少しました。したがって、主要な最終用途産業からの用途と需要の減少に伴い、世界のモンタンワックス市場はCOVID-19の発生中に苦しんだ。 モンタンワックス市場セグメント分析 -. 読み続けて>>

世界の栄養分析市場規模は2027年までに86億ドルに達すると予測

世界の栄養分析市場規模は、2027年までに86億ドルに達すると推定されています。さらに、2022年から2027年の予測期間中に8.4%のCAGRで成長する態勢を整えています。食品の栄養含有量を決定する技術は、栄養分析として知られている。食品の化学組成、加工、品質管理、汚染に関するデータを提供する分析化学の重要な側面です。それは商業と食糧の規則が守られることを確実にします。防腐剤は、個人衛生用品、食事および飲料、医薬品、木材、生物材料などの最終製品における微生物の発生または望ましくない化学的変化を防止するために使用される。食物繊維は便秘を防ぐのに役立ち、その分析は非繊維成分を除去した後の計量に基づいています。微量金属分析は、金属またはその化合物を非常に低いレベルで検出することです。多くの微量金属は食品中に自然に発生し、栄養素ですが、毒性があり得る十分に高いレベルにあるものはほとんどありません。甘味料は非常に高い栄養価を含み、非常に少ないカロリーを含んでいます。世界保健機関(WHO)によると、広範な研究を通じて食品業界で使用されている甘味料は、使用しても安全であると考えられています。ゲル化剤には、ゼリー、ジャム、デザート、ヨーグルト、キャンディーでの使用を増加させるタンパク質が含まれています。飽和脂肪には、体が特定のビタミンを吸収するのを助け、多くの身体プロセスをサポートするカロリーまたはエネルギーが含まれています。さらに、栄養分析ラベルにより、消費者はより多くの情報に基づいた選択を行うことができます。消費者は、食品の栄養価に関心を持ち続けています。ケトジェニック、グルテンフリー、ビーガン食のいずれに従うにしても、信頼できる情報を求めています。時には、顧客は正確な栄養情報を提供しない企業への信頼を失うことがあります。人々が信頼を失った後、それを再構築することはほとんど不可能です。毎日、人々は健康的な決定を下すためのガイドとして正確な栄養ラベルを利用しています。飲料、ベーカリー&菓子、スナック、乳製品&デザートなどのさまざまな用途における堅調な成長は、2022年から2027年の予測期間に世界の栄養分析業界を前進させる要因の一部です。 世界の栄養分析市場セグメント分析 - タイプ別 タイプに基づく世界の栄養分析市場は、ビタミン分析、ミネラル分析、脂肪分析、タンパク質分析にさらにセグメント化することができます。ビタミン分析は、2021年に支配的な市場シェアを保持しました。今日では、慢性疾患を軽減し、体に栄養を与えるのに役立つため、人々は常にビタミンが豊富な食品を探しています。したがって、製造業者はまた、より多くのビタミンを含む製品を製造しており、製品の分析の必要性が生じています。ビタミンは牛乳など様々な種類の飲料に含まれています。そのため、さまざまな企業がビタミンが豊富な革新的な製品を発売しています。現在、さまざまな政府が製品の栄養価をテストするためにイニシアチブを取っています。しかし、鉱物分析は最も急速に成長していると推定されており、2022年から2027年の予測期間中のCAGRは8.5%です。最近、人々は自分の健康を意識し、それが元気になり、さまざまな種類の病気を減らすのを助けるのでミネラルが豊富な製品を好む。このため、さまざまな組織が製品の栄養価を分析することに焦点を当てています。さらに、健康志向の食品の需要の増加とミネラルが豊富なアイテムの入手可能性の増加により、製品の栄養分析の需要が高まっています。. 読み続けて>>

世界の高張飲料市場規模は2027年までに67億ドルに達すると推定されています

世界の高張飲料市場 規模は、2027年までに67億ドルに達すると推定され、2022年から2027年の予測期間中に3.9%のCAGRで成長します。高張飲料は、人間の血液と比較して電解質、砂糖、塩などの溶解粒子の濃度が高いエネルギードリンクとして描写することができます。等張液などの他のカテゴリーの溶液と比較して、高張飲料は、疲労中のエネルギーの回復をサポートする炭水化物およびグリコーゲンを多量に保持する。通常の水(低張性飲料)は体の水分補給に重要な役割を果たしているため、同様に高張飲料はカルシウム、マグネシウム、カリウムなどの天然ミネラルの豊富な供給源であるため、激しいまたはオーバーザトップのエクササイズ中に全体的なパフォーマンスを高めます。ミネラルに加えて、高張飲料には、モル浸透圧が低いマルトデキストリンのような多糖類が含まれます。マルトデキストリンは、その迅速な吸収のために、飲酒時のエネルギーの持続的な流れを延長する。世界の高張飲料市場の見通しは、エネルギードリンクの需要が高まっているため、かなり魅力的です。健康上の懸念の高まりは、高齢者とミレニアル世代の両方の集団の間で運動とヨガの傾向を刺激しています。さらに、低血糖指数、影響力のある人々を含むハイエンドのマーケティング活動、急増するスポーツ文化、可処分所得の向上、革新的なフレーバー、強力な小売チェーンは、2022年から2027年の期間のグローバルハイパートニックドリンク市場の成長を促進する要因です。 世界の高張飲料市場セグメント分析 - 包装タイプ別. 読み続けて>>

世界の乾燥カシューナッツスナック市場規模は2027年までに8億7,230万ドルに達すると推定されています

世界の乾燥カシューナッツスナック市場規模は、2027年までに8億7,230万ドルに達すると推定されています。さらに、2022年から2027年の予測期間中に5.2%のCAGRで成長する態勢を整えています。カシューナッツは、カシューリンゴの底に付着する腎臓型の種子であり、ナッツ自体は非常に強い殻によって保護されています。しかし、ナットの可食性部分は砲撃後にのみ得られる。スナックとしてのカシューナッツは、幅広い消費者に広く採用されています。第一に、カシューナッツは抗酸化物質の一種であるポリフェノールとカロテノイドの豊富な供給源です。さらに、カシューナッツはフィチン酸またはフィテートの最も豊富な供給源を有し、それはアーモンド、クルミなどの他の植物タンパク質よりも優れています。したがって、研究は、そのようなスナックの健康的な摂取が酸化的細胞損傷を防ぐことができることを明らかにした。植物性タンパク質を消費するケースが増えていることは、カシューナッツ市場にとって最近の助けとなっています。 健康的なスナックの選択肢と多忙なライフスタイルによって補完されたより良い製品提供は、2022-2027の予測期間の世界の乾燥カシューナッツスナック業界にとって重要な推進力となっています。 世界の乾燥カシューナッツスナック市場セグメント分析 - タイプ別. 読み続けて>>

コラーゲンケーシングの世界市場規模は2027年までに29億ドルに達すると予測

世界のコラーゲンケーシング市場 規模は、2027年までに29億ドルに達すると推定され、2022年から2027年の予測期間中に6.5%のCAGRで成長します。コラーゲンケーシングは、動物の結合組織または皮膚から製造される。これらのソーセージの皮は、ビーフスティック、ホットドッグ、フランクフルターなどのいくつかの加工食品や機能性食品を準備する際に頻繁に考慮されます。それらが天然に存在するタンパク質から作られているという事実のために、彼らは使用して食べるのに無害であると考えられています。天然ケーシングと比較して、コラーゲンケーシングは廃棄物を減らし、多くのお金を節約します。その結果、世界中の製造業者および消費者にとって比較的適切な選択です。全体的な管理と包装プロセスをよりリラックスさせる高い柔軟性と均一性に加えて、ソーセージに与える全体的な外観と味は、何百万人もの消費者の目を自分自身に引き寄せました。それに加えて、コラーゲンケーシングは非常に汎用性が高く、ソーセージの品種を作るのに適しており、理想的な保管場所(涼しくて乾燥した環境)に保管された場合に提供される最大1〜2年のより長い貯蔵寿命を有する。大事なことを言い忘れましたが、コラーゲンケーシングはパッケージを開けた後すぐに使用でき、事前に浸す必要はありません。世界のコラーゲンケーシング市場の見通しは、挽肉および加工肉および栄養補助食品の使用が急増しているため、かなり前向きです。それにもかかわらず、柔軟性と機械的強度、肉消費の増加、経済的繁栄による対峙可能な可処分所得、現代の流通チャネルのチェーンの強化など、天然および繊維状のケーシングに対するさまざまな利点は、2022-2027年の期間のグローバルコラーゲンケーシング市場の成長を促進する要因です。 コラーゲンケーシングの世界市場セグメント分析-用途別 アプリケーションタイプに基づく世界のコラーゲンケーシング市場は、食品(=新鮮なブラットヴルスト、朝食調理済みブラット、ポーランドソーセージ、ウインナーなど)、スナックソーセージなどにさらにセグメント化することができます。食品セグメントは2021年に最大のシェアを占めました。この成長は、様々な食品の調製におけるコラーゲンケーシングの広範な使用によるものである。ケーシングは、カロリー摂取量の適切な評価に最も有用な安定した形状とサイズの利便性を拡張します。一方、ケーシングは、全体的な口当たりを改善し、胃の感染症を予防する調理にも役立ちます。ケーシングは、新鮮な朝食ソーセージの準備に広く使用されているため、キッチンの不可欠な部分となっています。同様に、食品セグメントは、2022年から2027年の予測期間にわたって7.1%のCAGRで最も急成長しているセグメントであると推定されています。この成長は、感染抑制後のフードサービスプロバイダーのビジネスへの再参入によるものです。レストランやホテルなどのフードサービスは、調理済み、硬化済み、燻製などのさまざまなソーセージの需要を満たすために、ケーシングの最大のユーザーです。一方、牛ひき肉やその他の肉関連製品に対する需要の芽生えは、食品製造におけるケーシング市場アプリケーションの成長のための安定したプラットフォームを提供しています。 サンプルレポートのリクエスト@https://www.industryarc.com/pdfdownload.php?id=513402 レポート価格:. 読み続けて>>

セルフサービスBiの市場規模は2027年までに92億9000万ドルに達すると予測

セルフサービスBiマーケット 規模は2027年までに92億9000万ドルに達すると予測されており、2022年から2027年のCAGRは15.73%です。セルフサービスビジネスインテリジェンス(BI)は、通常、機械学習、データ分析への人工知能アプローチの統合であり、ビジネスユーザーは、ビッグデータ分析、統計分析、ビジネスインテリジェンスなどのバックグラウンドがなくても、企業データにアクセスして作業することができます。セルフサービス BI ソリューションとサービスの展開により、組織の意思決定の改善、応答時間の向上、リソースの割り当ての改善、組織の結果の向上、および予測期間中の市場成長の主な推進要因となる傾向がある組織リスクの軽減が行われます。さらに、ビジネスデータの量の増加とさまざまな企業でのモノのインターネットの採用は、予測期間中にセルフサービスBi業界で大きく貢献しています。たとえば、シスコによると、2021 年には、クラウド. 読み続けて>>

ファインハイドレートの市場規模は2027年までに6億6,320万ドルに達すると予測

ファインハイドレートの市場規模は、2022年から2027年の間に6.1%のCAGRで成長した後、2027年までに6億6,320万米ドルに達すると予測されています。微細水和物は、メカニカルミルおよびセラミックライニングボールミルを使用して粉砕され、15〜1ミクロンの範囲の粒径を得るために、微粉砕されたアルミナ三水和物(ATH)である。それらは主に熱可塑性プラスチックの難燃剤として、およびケーブル絶縁に使用されるポリエステル樹脂として使用されている。ファインハイドレートは、環境にやさしい鉱物ベースの難燃性材料であり、非常に望ましく、ファインハイドレート市場業界を推進する重要な要素の1つです。このレポートでは、ファインハイドレート市場の業界の見通しを詳しく見て、2022-2027年の予測期間内のファインハイドレートトップ10企業の市場シェアを分析します。 COVID-19の影響 COVID-19のパンデミックの間、多くの産業が激動の時代を被っており、高級ハイドレート市場にとっても例外ではありませんでした。世界中の多くの政府がロックダウン規制を実施し、多くのセクターの工場と生産施設が停止しました。多くの企業がロックダウンプロトコルに従ったため、サプライチェーンは大きく混乱しました。ファインハイドレートは、主に自動車産業、塗料&コーティング産業、エレクトロニクス産業などの最終用途産業に直接提供する難燃剤として使用されています。パンデミックの間、自動車産業は急激に衰退しました。例えば、自動車国際建設機構(OICA)によると、乗用車の生産台数は2019年から2020年にかけて16.9%減少しました。2020年前半の新車登録台数は前年比で約3分の1減少した。欧州全体の乗用車生産は2020年に22.3%減少したが、北米生産は26.3%減少した。これらの要因は、パンデミック中のファインハイドレート市場の成長に悪影響を及ぼしました。しかし、世界人口が予防接種を受け、産業が生産を再開しているため、特に2021年後半にパンデミックは大幅に沈静化しました。このように、ファインハイドレート市場は2022-2027年の予測期間内に成長すると予測されています。 ファインハイドレート市場分析 -. 読み続けて>>

化学試験サービスの市場規模は2027年までに112億ドルに達すると予測

化学試験サービスの市場規模は、2022年から2027年の間に4.5%のCAGRで成長した後、2027年までに112億米ドルに達すると予測されています。化学試験サービスは、品質、純度、揮発性、環境への影響、およびその他の特性を決定するために、幅広い化学物質を試験および分析するために使用されます。これらのサービスは、工業用および商業用から日常生活で使用される化学物質まで、さまざまな用途で使用される化学物質の認証に不可欠です。化学分析の一般的なタイプには、組成分析、汚染検出、化学微量分析、および材料試験があります。これらの試験は、特殊化学品、殺生物剤、医薬品、食品および飲料添加物などの認証に一般的に使用されます。世界中のさまざまな産業における新しい規制の必要性、および遺伝子組み換え生物(GMO)作物などの新しい化学的に誘導された作物の導入は、市場における化学試験サービスの需要を牽引しています。このレポートでは、化学試験サービス業界の見通しを詳しく見て、化学試験サービスのトップ10企業の市場シェアを分析します。 COVID-19の影響 COVID-19のパンデミックの間、多くの業界が激動の時代を被っており、化学試験サービス市場にとっても例外ではありませんでした。世界中の多くの政府がロックダウン規制を実施し、多くのセクターの工場と生産施設が停止しました。多くの企業がロックダウンプロトコルに従ったため、サプライチェーンは大きく混乱しました。化学試験サービスは、食品・飲料部門、農業部門、石油・ガス部門、医療部門など、さまざまな業種で不可欠です。食品・飲料や農業などの産業では生産が減少しましたが、COVID-19の症例数が絶えず増加していたため、医療産業の需要は急激に増加しました。このため、化学試験サービスの需要は非常にダイナミックでした。しかし、パンデミックが収まるにつれて、多くの政府が生産を再開し、ロックダウンプロトコルを解除しています。したがって、化学試験サービス市場の需要は、2022-2027年の予測期間中に大幅に増加すると予測されています。 化学試験サービス市場分析 -. 読み続けて>>

世界の鉱業浮遊化学品市場は、2022-2027年の予測期間中に4.3%のCAGRで成長すると推定されています

世界の鉱業浮選化学品市場規模は、2021年に71億米ドルと推定され、2022年から2027年の予測期間内に4.3%のCAGRで成長すると予想されています。凝集剤としても知られている鉱業浮選化学物質は、それぞれの鉱石から微細な鉱物粒子を凝集させるために使用される化学物質の混合物であり、その表面を疎水性または親水性の状態に変え、化学添加剤および試薬によってさらに最適化される。鉱業浮選化学物質は、硫化物鉱石、鉄鉱石、ガリーナなどからの鉱物の抽出に一般的に使用されています。鉱業の成長は、さまざまな業種でのさまざまな鉱物の需要の増加とともに、世界の鉱業浮選化学品市場産業の成長につながっています。このレポートでは、世界の鉱業浮選化学品市場の業界見通しを詳しく見て、世界の鉱業浮選化学品市場のトップ10企業の市場シェアを分析します。 COVID-19の影響 COVID-19のパンデミックの間、多くの産業が激動の時代を被っており、世界の鉱業浮選化学品市場にとっても例外ではありませんでした。世界中の多くの政府がロックダウン規制を実施し、多くのセクターの工場と生産施設が停止しました。多くの企業がロックダウンプロトコルに従ったため、サプライチェーンは大きく混乱しました。これらの影響には、鉱業生産の停止、市場における鉱物の売上の減少が含まれます。鉱業の主な業種には、エネルギー部門と製造業が含まれます。国際エネルギー機関(IEA)によると、世界のエネルギー消費量は4%減少し、石炭の総消費量は2020年に4.4%減少しました。しかし、パンデミックの初期段階以降、ロックダウン手順が解除され、多くの分野で生産が再開されたため、状況は改善しています。例えば、国連産業開発機関(UNIDO)によると、2021年9月の世界の製造業生産は、2020年の同月と比較して3.5%増加しました。さらに、鉱業部門の需要も急増しています。世界の鉱業浮揚化学品市場業界は、鉱業部門から大きな影響を受けています。そのため、世界の鉱業浮選化学品市場の需要は、2022年から2027年の予測期間内に成長すると推定されています。 鉱業浮選化学品の世界市場分析 -. 読み続けて>>

2-エチルヘキサン酸の市場規模は2027年までに5億6,830万ドルに達すると予測

2 -エチルヘキサン酸の市場 規模は、2022年から2027年の間に1.2%のCAGRで成長した後、2027年までに5億6,830万米ドルに達すると予測されています。2-エチルヘキサン酸は、合成潤滑剤、ポリビニルブチラール可塑剤、アルキド樹脂、安全ガラス、塗料乾燥剤の加工に使用される軽度の臭いを有する化学中間体である。2-エチルヘキサン酸は、建設部門における安全ガラスの製造に広く使用されています。建設業界は、投資と建設活動の増加に伴い世界的に拡大しており、これは予測期間中の市場の成長に影響を与えると予想されます。例えば、インド・ブランド・エクイティ財団の2021年の報告書によると、インドの都市化が進んだため、インドの住宅用不動産の需要が急増しています。さらに、2-エチルヘキサン酸は、フロントガラス、サイドグレージング、クーラントなどの様々な自動車製品の製造に利用されている自動車分野で大量に使用されています。自動車産業は、自動車の生産と販売の増加により世界的に活況を呈しており、これが予測期間中の市場の成長を牽引すると予測されています。例えば、中国汽車工業会の2020年8月の報告書によると、中国の乗用車セグメントは2029年までに3,000万台に達すると予想されており、2019年には2,144万台でした。2-エチルヘキサン酸の使用に関する厳しい規制は、予測期間中の市場の成長を妨げる可能性があります。 COVID-19の影響 2-エチルヘキサン酸市場は、COVID-19パンデミックのために大きな打撃を受けました。市場でのビジネスは、パンデミックの中でサプライチェーンの混乱や原材料の調達などの課題のために苦しんだ。市場関係者は、パンデミックの深刻さに耐えるために新しい作業戦略を採用する必要がありました。さらに、建設や自動車などのいくつかの最終用途産業の停滞した成長は、市場のビジネスにさらに影響を与えました。市場は2020年末にかけてまともな成長を遂げました。今後、建設および自動車セクターの世界的な大規模な拡大により、市場は堅調な成長を目撃すると予測されています。. 読み続けて>>

PAG基油市場規模は2027年までに19億ドルに達すると予測

PAG基油市場 規模は、2022年から2027年にかけて3.7%のCAGRで成長した後、2027年までに19億米ドルに達すると推定されています。ポリアルキレングリコールまたはPAGは、水溶性および不溶性の両方の形態で入手可能な合成基油であり、高品質の潤滑性、高い天然粘度指数および良好な温度安定性を提供する。基油は、自動車および冷蔵庫のコンプレッサー、空調用のポリエーテル、航空宇宙用空気圧縮機用途、石油精製油代替品、金属作動油および作動油として使用されます。可溶性PAG基油は、水に可溶になる親水性分子を有し、装置の洗浄が容易である。航空機の生産規模の拡大、自動車の需要の高まり、建設活動の伸び、繊維製品の高い需要などの要因が、PAG基油市場の成長を牽引しています。しかし、PAG基油は化学的に原油由来であり、原油価格の変動はPAGのようなグレードV合成基油の生産量に悪影響を及ぼす可能性があります。したがって、これはPAG基油産業の成長を妨げる可能性があります。 COVID-19の影響 世界中のさまざまな国が、COVID-19の蔓延を防ぐために、結果的な封鎖、隔離、公共移動の制限、物流の規制などの必要な措置を実施しています。これにより、工場や工場での労働力と原材料の不足が生じ、建設部門の自動車、航空宇宙、重機機器などのPAG基油の主要エンドユーザーの機能が中断されました。例えば、国際自動車製造機構によると、2020年には世界の自動車生産が16%減少し、7,800万台未満の車両が生産されました。また、国際建設・インフラ調査によると、2020年第1四半期にすべての地域にわたる建設およびインフラ活動が減少し、アジア太平洋地域の中国はワークロードが最も急激に減少しました。さらに、一般航空製造業者協会の2021年の報告書によると、世界のビジネスジェットの配達は、COVID-19パンデミックのために2020年に20.4%減少して644機になりました。PAG基油は、自動車および建設車両の圧縮機油、ギヤ油、作動油、航空機の潤滑油および空気圧縮機として使用されます。したがって、これらの部門の生産性の低下は、PAG基油産業の成長に悪影響を及ぼしたPAG基油の使用の減少につながった。 PAG基油市場セグメント分析. 読み続けて>>

仮想拡張可能なローカルエリアネットワークの市場規模は、2027年までに55億ドルに達すると予測

世界の 仮想拡張可能なローカルエリアネットワーク市場 規模は、2027年までに55億ドルに達し、2022年から2027年の予測期間中に10.86%のCAGRで成長すると予測されています。世界的には、データの保存、処理、普及を目的としたハイパースケールデータセンターの数が増えており、VXLAN市場を牽引しています。ハイパースケールデータセンターは、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、サーバー仮想化、リアルタイムアプリケーションの需要の高まりに対応するために必要であり、ネットワークセグメンテーション、柔軟なワークロード配置、動的プロビジョニングなどの課題を解決するためにVXLANの採用可能性を高めます。VXLAN は主に、エンド ホスト、ネットワーク. 読み続けて>>

ラウロイル・イセチオン酸ナトリウムの市場規模は2027年までに1億1,350万ドルに達すると予測

ラウロイルイセチオン酸ナトリウムの市場規模は、2022年から2027年の間に4.6%のCAGRで成長した後、2027年までに1億1,350万米ドルに達すると予測されています。ラウロイルイセチオン酸ナトリウムは、ボディウォッシュ、歯磨き粉、洗顔料、コンディショナーバーなどの幅広いパーソナルケア製品の処方に使用される界面活性剤です。世界のパーソナルケア部門は、パーソナルケア製品の生産と販売の増加に伴い、世界的に驚異的な成長を示しており、これが予測期間中の市場の成長を牽引すると予想されます。たとえば、Cosmetics Europeの統計によると、ヨーロッパのパーソナルケアおよび化粧品市場は小売価格で889億1000万米ドルを占め、2020年には世界最大の市場となっています。また、消費者の外観や衛生に対する意識の高まりにより、スキンケア用途の需要が世界的に高まっており、予測期間中の市場の成長に寄与すると予測されています。例えば、trade.gov の統計によると、2020年にはスキンケア化粧品が2020年の最大の輸入カテゴリーとなり、韓国の化粧品輸入総額の4億9,700万米ドルを占めました。ラウロイルイセチオン酸ナトリウムの使用に関する厳しい規制は、市場の成長を妨げる可能性があります。 COVID-19の影響 ラウロイルイセチオン酸ナトリウムは、パンデミックの中でサプライチェーンの混乱や工場のアイドリングなどの混乱が表面化したため、COVID-19パンデミックの影響を受けました。市場関係者は、COVID-19パンデミックの深刻さに耐えるために緊急時対応計画を組み込んでいます。さらに、化粧品部門のビジネスの落ち込みは、市場の成長をさらに減速させました。ユニリーバの2020年通期業績報告書によると、パンデミックのさなか、人々が自宅にいたため、美容およびパーソナルケア製品の使用が減少しました。市場は2020年末に向けてまともな成長を遂げました。今後、ラウロイルイセチオン酸ナトリウム市場は、パーソナルケア製品に対する世界的な需要の高まりにより、堅調な成長を目撃すると予測されています。. 読み続けて>>