header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

2027年までに31.08%のCAGRを記録し、7億382万米ドルの価値に達するビタミンK2市場規模 |今後の市場調査

ビタミンK2欠乏症の有病率は、食事やライフスタイルの変化の結果として上昇しています。人間の腸では、微生物が自発的にビタミンK2を生成します。西洋型食生活はビタミンK2が不足しているため、ビタミンK2を提供するには医薬品や補助食が必要です。市場拡大の主な推進力には、ビタミン欠乏症の患者ベースの拡大、ビタミンK2を含む栄養補助食品に対する消費者の需要の増加、骨粗鬆症と関節炎の発生率の上昇が含まれます。ただし、栄養補助食品の厳格なガイドラインは、将来の業界の拡大を制限する可能性があります。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、初期、古典的、後期のVKDBは、医療提供者がVKDBを分類する3つのカテゴリです。 ビタミンK2市場は 、31.08%のCAGRで2027年までに7億382万米ドルを超えると予想されています。より一般的に発生する初期および古典的なVKDBは、60人に1人が罹患します。後期VKDBはよりまれであり、新生児の1人に14,000人から25,000人に1人に発生しますが、初期および古典的なVKDBはより一般的であり、60人に1人から250人に1人の新生児に発生します。さらに、国連食糧農業機関(FAO)は、赤ちゃんのビタミンK欠乏出血(VKDB)が深刻な懸念事項であり、タイの有病率は出生10万人あたり72人であると報告しました。 無料サンプルコピーを入手@ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/7495 地域分析...

読み続けて >>

自律型多機能農業ロボットの市場規模は2030年までに12億7,850万米ドルに成長する|食料の需要は大幅に増加します

自律型多機能農業ロボット市場の概要: MRFRの分析レポートによると、 自律多機能農業ロボット の世界市場は、2022年から2030年までのレビュー期間中に、約16.7%の健全なCAGRで大幅に強化されると予測されています。レポートはさらに、市場が2030年末までに約12億7,850万米ドルの評価を達成すると予想しています。 多機能自動車用農業ロボットの世界市場は、最近、大規模な拡大を示しています。この分野は、新しい従業員、投資家、企業を引き付けるダイナミックなハイテクセクターに急速に進化しています。技術は急速に進歩しており、農家の生産能力だけでなく、自動化やロボット工学の状態も向上しています。市場の発展を支える中心的な側面は、食品と高度な技術に対する需要の高まりです。さらに、緩和政策の数の増加は、今後数年間で市場の成長を促進する可能性があります。...

読み続けて >>

マンガン市場は2030年まで5.02%の大幅なCAGR成長を記録しました

市場調査未来(MRFR)は、 マンガン市場 が2030年までに325億8,690万米ドルの価値があると予想しています。 マンガンは銀白色の金属で、鉄と組み合わせると壊れやすくなります。マンガンは鉄と同様の物理的および化学的性質を持っています。一方、マンガンはより脆くて丈夫です。 リチウムイオン電池の需要の増加により、市場は近い将来大幅に発展すると予想されます。さらに、インフラ開発プロジェクトへの投資の増加、自動車産業の製造の増加、新興国と発展途上国における継続的な都市化はすべて、製品需要を直接的に行っています。その他のマンガン産業を補完する側面には、マンガン鉱石とマンガンフェロアロイのコスト回収、および最新のアプリケーション市場の進化が含まれます。それでも、鉄鋼需要の鈍化は市場の成長を抑制すると予測されています。...

読み続けて >>

配管設備および付属品市場は、2021年から2030年の間に5.88%以上のCAGRを示す

世界の 配管設備および継手市場は 、2030年までに9,692億米ドルの価値があると推定され、予測期間(2021年から2030年)の間に5.88%のCAGRを記録します。 配管器具および備品は、商業用または住宅用の建物に設置される配管システムの重要なコンポーネントであり、飲用、洗浄、暖房のために建物に水を効果的に分配し、建物から水系廃棄物を除去するためのものです。 配管と備品の要件は、すべての地域で高まっています。このサービスを必要とするさまざまな構造があります。新しい構造は、備品と付属品の最高の採用に向けて舵を切っています。急速な工業化がこの市場の成長を引き起こしています。また、老朽化した建物の改修や改修があり、備品や備品が非常に必要とされています。...

読み続けて >>

フォトブース/キオスクの市場規模は9.7%のCAGRで成長し、2030年までに74億7,240万米ドルに達すると推定されています|業界分析:製品タイプ別、コンポーネント別、アプリケーション別

フォトブース/キオスク市場の概要: MRFRの調査レポートによると、フォトブース/キオスクの世界の フォトブース/キオスク市場は 、2022年から2030年までのレビュー期間中に約9.7%の健全なCAGRでかなり繁栄すると予測されています。レポートはさらに、市場が2030年までに約74億7,240 万米ドルの規模を達成すると予測しています。 フォトブースとは、主に公文書や娯楽目的で写真を撮るために使用されるフィルムとカメラのプロセッサで構成されるデジタル自動販売機を指します。世界市場は、公開イベントでの採用、ソフトウェアプロバイダーとの買収またはコラボレーション/パートナーシップ、いくつかの場面で瞬間をキャプチャするためのフォトブース/キオスク市場の高い需要、投資の増加などの側面により、最近驚異的な拡大を示しています。...

読み続けて >>

スマートホームプロジェクター市場(2022-2030)タイプ、解像度、技術、地域別の分析 |主要企業:ソニー株式会社、サムスン電子

MRFRの分析レポートによると、インテリジェント向けの世界の スマートホームプロジェクター市場は 、2022年から2030年までの評価期間中に約17.7%の健全な成長率で大幅に繁栄すると予測されています。レポートによると、2020年の市場は18億953万米ドルの価値がありました。 スマートホームプロジェクターとは、一般に、最新のディスプレイ技術とスマートな統合機能を組み合わせたポータブルデバイスを指します。最新世代は、コンテンツサービス、ホームネットワーク、モバイルデバイスに接続して、スムーズな視聴体験を実現します。ビデオゲームをプレイする傾向の高まり、ライフスタイルの変化、新興経済国などの要因が、市場の成長を促進しています。 完全なPDFを入手する@https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/11035...

読み続けて >>

ロボットエンドエフェクター市場の需要、セグメンテーション、主要企業、機会、予測期間中の傾向、CAGR 15.20%および267億8,900万米ドル

ロボットエンドエフェクタ市場分析  新しい市場調査未来レポートによると、世界の ロボットエンドエフェクター市場は 、2030年までに15.20%のCAGRで26, 7億8,900万米ドルに達するでしょう。...

読み続けて >>

重機市場:現在および将来の成長分析:予測別(2022-2030年)

重機市場は 7.5%のCAGRで発生 し、 2030年までに3,463億6,000万米ドルに達する と予想されています  。 インフラ セクター の成長  を刺激する  ための 支出の急増は、 重  機の需要  をエスカレート させるでしょう。   重 機は、建設 活動の成長  により 、  インフラ 部門 で大きな 需要 を認識しています。   オースティン、シアトル、フォートローダーデール、ダラスなどのいくつかの 都市 にまたがる 米国の堅調な 不動産  セクター は、おそらく インフラ 開発 の 演習の数 を増やす  でしょう 。 それは確かに 市場全体に 多大な 影響を与える  でしょう 。   住宅 用不動産の 一貫した コストの上昇  は、住宅 に対する 激しい 需要 と 相まって 、   建設 業界への投資  を促進し ています。製造プロセス  の自動化に説得力のある 焦点を当て ることは 、世界中の 業界に影響を与えるはずです。 道路建設機械の能力 は 、 多くの 州 および 中央 政府によって実施 される 道路  開発 プログラム の成長  に対応して  大幅に 進歩 します。    特にアジア太平洋地域全体でのこれらのイニシアチブ の 急増 も 有益 です  。 ...

読み続けて >>

繊維染料市場2022:2030年までの業界トッププレーヤーの主要要因と競争の見通しをカバー

繊維染料市場の収益は、2030年までに合計109億米ドルに達すると予想されています。繊維染料の市場シェアは、予測期間を通じて6.00%のCAGRで上昇すると予測されています。 テキスタイルに特定の外観を与えるために、テキスタイル染料と呼ばれる着色化学物質または顔料が適用されます。染料は、デニム、ポリエステル、ウール、綿、アクリル、毛皮、ナイロン、シルクなど、さまざまな素材に色を加えるために使用されます。染料は、繊維染料に必要な色を達成するために使用される化学混合物です。テキスタイルに使用される染料の種類は、直接、反応性、VAT、塩基性、酸、および分散です。 さまざまな目的のための繊維に対する消費者の欲求は、繊維染料産業の成長を推進しています。さらに、繊維染料の拡大は、原材料と労働力への安価なアクセスによって引き起こされる製造コストの削減によって促進されています。この事業は、染料中の鉛、ヒ素、有毒金属などの有害化合物によって引き起こされる生態学的汚染の増加によって悪影響を受けています。 TOC を使用したレポートサンプルのダウンロード:...

読み続けて >>

3D印刷フィラメント市場は2030年まで印象的な23%のCAGRで成長しています

3D印刷フィラメント市場は2030年までに81億米ドルと評価され、予測期間(2022年から2030年)にわたって23%のCAGRで成長すると予想されています。さまざまな最終用途分野での3D印刷の使用の増加により、さまざまな材料から製造された3D印刷フィラメントを使用して、企業に高性能コンポーネントを提供できるマルチプロパティ要素と消耗品を作成できます。このアイテムは、その並外れた剛性と適応性、ならびにその驚くべき靭性、耐久性、高い耐久性、および無視できる収縮のために広く好まれています。3D印刷フィラメントの主な用途には、ウェアラブル、航空機、自動車部品などの弾性部品の開発が含まれます。 FDM / FFF法は、プラスチック、金属、セラミックなどの安価な物質から製造されたフィラメントを、他の種類の材料よりも3D印刷に利用します。これらのフィラメントは、複雑なピースを構築するために使用できます。直接的な結果として、航空宇宙などの産業からのカスタマイズされた製品の採用の増加は、3D印刷フィラメント産業の成長を推進する主要な要因です。航空宇宙および防衛分野での設計接続およびプロトタイプのための3D印刷フィラメントの使用が急速に増加していることが勢いを増しています。さらに、自動車分野での高品質印刷への注目が高まっているため、市場は拡大しています。 レポートサンプルコピーのダウンロード:...

読み続けて >>