header-logo

人工知能主導のマーケティングコミュニケーション

デリバリードローン市場の将来および最新のイノベーション調査レポート、主要ベンダートップ10、業界ニュース、ビジネスニュース-2030

市場調査の将来の洞察 配達ドローン市場は49%のCAGRで上昇し、2030年末までに71億6800万米ドルの価値があると推定されています。 レポートの範囲 この調査では、世界の 配送ドローン市場の概要を説明し、5つの地域の3つの市場セグメントを追跡しています。レポートは主要なプレーヤーを調査し、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、およびラテンアメリカの市場規模、量、およびシェアを強調する5年間の年次傾向分析を提供します。レポートはまた、各地域の今後5年間の市場機会に焦点を当てた予測を提供します。この調査では、世界の配送ドローン市場をタイプ、コンポーネント、アプリケーション、容量、および地域別にセグメント化しています。...

読み続けて >>

サービスとしてのエンタープライズ高生産性アプリケーションプラットフォーム 市場シェアは2030年までに1,235.7億に達し、2020年から2030年の予測期間中のCAGRは36.09%になると予想されています。

市場調査の将来の洞察- 運用上のビジネス要件を満たすために、 エンタープライズ高生産性アプリケーションプラットフォームは 、ツールと関連するサービスのコレクションにすぎません。それは3つの主要な分野を含みます:アイデアを開発するプロセス。生産業務そして、展開と配信によるサークルの閉鎖。製品のライフサイクルに関連するプロセスの制御は、企業の生産性の高いアプリケーションプラットフォームの主な用途です。エンタープライズの高生産性アプリケーションプラットフォームとしてのサービス市場シェアは、2020年から2030年にかけて36.09%のCAGRで成長し、1,235.7億に達すると予測されています。 無料サンプルレポートを入手:...

読み続けて >>

虹彩認識市場は、2020年から2030年の予測期間中に16.21%のCAGRで、2030年までに97.4億米ドルに達すると推定されています

市場調査の将来の洞察- 2030年までに、 虹彩認識 市場は 97億4000万ドルに達し、2022年から2030年の予測期間にわたって16.21%のCAGRで拡大すると予想されています。この見積もりは、市場の急速な拡大を示しています。虹彩認識として知られる高度な生体認証方法は、数学的パターン認識に依存しています。 虹彩認識の市場規模は、技術開発とセキュリティ目的での生体認証の必要性の高まりにより増加しています。脅威は、個人と企業の両方にとってサイバー犯罪によって生み出されています。虹彩認識市場システムのおかげで、この危険を防ぎ、セキュリティ問題をより適切に管理できます。空港やスーパーマーケットでの虹彩認識システムの使用の増加と、ATMやその他の金融機関のセキュリティ対策の増加は、この市場の迅速な発芽に重要な役割を果たしています。...

読み続けて >>

エッジコンピューティング市場は2022年から2026年の間に16.6%のCAGRを獲得すると、GlobalData plcが確認されます

マーク・ジェフコット 欧州・中東・アフリカ広報部長 mark.jephcott@globaldata.com CC: pr@globaldata.com...

読み続けて >>

モノのインターネット(IoT)市場は、2021年から2026年の間に10%を超えるCAGRを獲得する可能性が高いとGlobalData Plcが確認

マーク・ジェフコット 欧州・中東・アフリカ広報部長 mark.jephcott@globaldata.com CC: pr@globaldata.com...

読み続けて >>

コアバンキングソリューション市場は、2030年までに5.4%のCAGRで103.1億米ドルに達すると推定されています

市場調査の将来の洞察- 2030年までに、 コアバンキングソリューション の市場は103億1000万米ドルの価値があり、5.4%のCAGR(2020年から2030年)で拡大すると予想されています。共通のプラットフォーム上の複数の銀行支店間の銀行取引に続くバックエンド手順は、コアバンキングプロセスとして知られています。近年のオンライン取引とインターネットの普及は、コアバンキングソリューションの市場の成長を推進する主な要因となっています。支払い、取引、ユーザー アカウントの更新、財務記録の履歴などの銀行業務のフローに従うことが、銀行ソリューションのバックエンド機能です。...

読み続けて >>

スマートセンサー市場は、2030年までに19.49%のCAGRで1,907.4億米ドルに達すると予測されています-市場調査未来(MRFR)によるレポート

市場調査の将来の洞察 スマートセンサー 市場は2020年に約366億米ドルと評価され、2030年までに1,907億4,000万米ドルに達し、19.49%のCAGRで成長すると予測されています。スマートセンサーは、センサー、マイクロプロセッサ、および処理されたデータの通信方法で構成されます。ベースセンサーは重要な特性を検出できますが、使用する前に処理する必要があるアナログ信号の形式でのみデータを提供します。一方、スマートセンサーは、バックグラウンドノイズを除去し、センサー信号をデジタル形式に変換できる内部マイクロプロセッサを利用しています。スマートセンサーは、重要な操作を監視および調整するメカニズムで頻繁に使用されます。 医療現場では、温度センサーと圧力センサーが非常に重要です。人工呼吸器、酸素濃縮器、麻酔デリバリーシステム、血液分析装置、腎臓透析装置、医療用インキュベーターなど、数多くの機器に使用されています。これらの機械の需要は、COVID症例数の増加の結果として増加しています。 スマートシティ市場の拡大、医療技術におけるスマートセンサーの使用の増加、および環境への懸念の高まりが、この市場の主な推進力として機能しています。 無料サンプルPDFファイルを入手: https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/2768 ...

読み続けて >>

コグニティブコンピューティング技術市場は、2030年までに28.27%のCAGRで1,562.6億米ドルに達すると予想されています-市場調査未来(MRFR)によるレポート

市場調査の将来の洞察: 世界のコグニティブコンピューティング技術市場は、業界のダイナミクスを変え、 コグニティブコンピューティング 技術 市場の規模に影響を与える可能性のある変数について説明しています。コグニティブコンピューティング技術業界の発展を支援している非構造化データ量の増加と技術の進歩により、コグニティブコンピューティング技術の市場は指数関数的に成長する可能性があります。コグニティブコンピューティングの世界市場は、いくつかの要因によって推進されています。クラウドベースのソリューションの成長は、ハードウェアおよびソフトウェアシステムの改善とブレークスルーとともに、2020年から2030年までのコグニティブコンピューティングテクノロジー市場の拡大をサポートすることができます。 コグニティブコンピューティングの世界市場は、体験型インターフェースの需要の高まりから恩恵を受ける可能性があります。MRFRの分析によると、コグニティブコンピューティング技術の世界市場は、今後数年間で急速に成長すると予想されます。MRFR調査の結果は、コグニティブコンピューティング技術の市場が調査期間の終わりに高い価値に達すると予想されることも示しています。...

読み続けて >>